現代文参考書特集!MARCH・早慶上智レベルのコツが分かる参考書6選

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

本記事では、MARCHや早慶上智といった難関私立大学の志望者向けの、オススメの現代文参考書を紹介します。安定した実力を育てることでライバルに差を付けましょう!

現代文は、古文・漢文以上に苦手意識を持っている方が多い科目です。苦手意識のある方はもちろん、ある程度点数が取れる人であっても、確かな方法を持たずに「何となく」で読んでいては、点数が安定しませんし、不得意な文章が出たときに失敗する可能性があります。我流で読解問題に取り組まずに、きちんと方法論を学び、常に一定の手続きで解けるようにすることが重要です。そのためにも、まずは解説が丁寧な参考書を用いて学習を進めましょう。

参考書を用いて学習する場合、気を付けなければならないのは、参考書で学んだ方法論を、実際の試験に応用できるレベルまで身に付けるということです。せっかく読み方を学んでも、実際の試験では我流で解いてしまう人が多く、結果として点数が安定しません。参考書に掲載されている素材文は、読解の方法を説明しやすいものが選定されています。読解のコツを掴むには最適の文章なので、集中的に読解法を身に付けましょう。また、過去問を用いて学習する際にも、時間を決めて、学んだ方法を素早く運用できるように練習を積むようにしましょう。

多くの参考書に手を付けず、自分で「これだ!」というものを選定し、それを徹底的にやり込むことが重要です。自分に合った一冊を見つけて一途に勉強しましょう!

参考書名
現代文の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス TOSHIN COMICS)

書いてあることはほぼ現代文 講義の実況中継に載ってます。漫画か否かの違いです。ですが、葵ちゃんのノートは可愛いので買うべきだと思います。

今まで現代文の勉強法がよく分からなかったが,この本を読んで何をするべきかがわかった。漫画になっているので内容を頭に入れやすいです。いろいろなことに繋げられるので買って損じゃないです。

現代文は読み方を知れば出来る教科。だから読み方を知るためにこれを読むのはアリだと思う。

レビューをもっと見る
参考書名
現代文解法の新技術 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

この参考書の著者である、柴田先生に、2019年現在、塾で授業を受けさせていただいています。 この参考書には授業で教えていただいていることがそっくりそのまま書いてあり、塾の授業分の価値があると思います。 私自身、この参考書は授業の復習として使っていますが、「現代文の勉強」とはこういうことなのか、と思わせてくれる授業です。 私は受講し始めて間もないですが、私のとなりで1年前から受講している友人は偏差値52から全国模試で全国1位をとれるほどになりました。 おもしろく、人気のある先生で、この参考書からもユーモアが伝わってきます笑。

理系です。国語全般がもともと苦手で、センターの模試なども200点中80点しか取れませんでしたが、この本に出会って現代文だけはとても得意になり、次の模試160点になりました!しかし古文漢文はひどいので頑張ります!

2年1月進研現代文100点中12点 →2月センター早期100点中95点 (自己採点) 1ヶ月前は、現代文で何を言っているのかすら全くわかりませんでした。しかし、この短期間で文を理解して解けるようになりました! この本では、解くための「技」を身に付けることができます。 まだ「書いてあることがわからない」「解き方がわからない」「現代文の勉強はやり方がわからない」という人でも大丈夫! みんなで現代文を得意科目にしましょう!

レビューをもっと見る
参考書名
現代文読解の基礎講義 (駿台受験シリーズ)

多くの現代文の参考書は問題を解く事ばかりに集中しており、読み方については手薄い。なので「そもそも正しく読めないので解けない」状態になる受験生が多い(自分もそうだったように)。 本書はそれら参考書とは格が違います。本書では「レトリック(強調表現などのこと)」に注目するという単純明快な読み方で、客観的に文章を読解する方法を学び実践できる本です。 これは、小手先のテクニックではなく文章表現の原則に沿った読解法なので現代文に限らず、古文や外国語文、さらには小難しい教養本を読解する際にも使える普遍的な読解方法を学ぶことができます。

正直現代文とかセンスやと思ってたけど この本でその考えが払拭させられます。 おそろくこの一冊極めたら私立国公立 どの現代文の文章にも対応できる優れた 応用力が養えます。 現代文を現代文として解ける素晴らしい 一冊だと思います。

現在、私はセンター現代文では8割から9割、二次試験では6割程度の実力だ。以上を踏まえて参考にして頂きたい。 センター、国立二次、私立二次などの入試体系に囚われず、現代文を現代文として読むことが出来る。第1部で作者の主張を掴み、第2部で記述問題の書き方について取り上げられている。 第2部は個人的に微妙だったのでスタディサプリの京都大学対策講座で代用したが、第1部は素晴らしい内容となっている。是非この参考書を仕上げて現代文を得意にしてほしい。

レビューをもっと見る
参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)

自分は理系で今まで現代文の対策など全くしてこなかった。高校受験でも現代文に困ることはないしこのままいけるだろうと思っていたが、だんだん高校のレベルについていけなくなった。ネットで現代文の参考書をある程度調べ、本屋で自分に合った参考書を探した。どの本も現代文嫌いの自分にとっては頭が痛くなるようなものばかりだったが、この本は違った。405ページという分厚さに体が拒否反応を起こしたが、内容をみると、読みやすく、そして小手先のテクニックではなく物語の本質をつかむため読み方が書かれていた。 センターで点を取る方法について書かれているため、共通テストでも同じやり方でいいのかと思う人がいるかもしれないが、物語の本質を掴めればどんな問題形式でも対応できるだろう。 一周する時間もどんなに丁寧に読んでも10時間もかからないだろう10周はする予定だ

センター取りたい人にはおすすめです。 良い裏技、書いてあります。

現代文と言えば、ジェラール・ピケのような感型でお馴染みの小柴先生ですが、こちらの船口先生もとても分かりやすかったです。 小説の【最も当てはまるものにマークせよ】という問いで「全部当てはまるじゃん!」と幾度も思ったことがありましたが、この本のおかげでそれは、決めるセンター生物基礎にかける時間が足りず、うまく間脳にある視床下部が上手く機能していないために起こる現象だと思いました。 決めるセンターシリーズは、ここまで徹底して連動してるのかと本当におったまげました。 これでクソFラン獨協大学にも余裕で受かるので、受験勉強はあと3日やれば良いかなと思いました。あと3日辛抱して受験勉強頑張ろうと思います。

レビューをもっと見る
参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]

現代分で必要なものが全部身につくゾ。 大オススメゾ。

現代文の参考書に欲しい要素がこれでもかってほどに詰まってる。 僕は苦手な教科をやろうって時のエンジン代わりに読んでるよ!! 哲学とか好きな人にとっては楽しいと思うし、特にニーチェとかハイデガーとか好きな人にとっては恋人と同じくらい好きになると思う。 それ以外はきついかも…。 (他の教科の合間に読んでれば、余程苦手じゃない限り1週間くらいで1周できると思うよ。もちろん全文読んでもね)

〈使い始めた時の僕〉 ・現代文超苦手 ・文章の読み方が分からない ・語彙力がかなり足りない ・センター評論が30分かけて8割程度 ・現代文で述べられている内容がチンプンカンプン(時間20分の場合) 〈効果〉 ・速読力が身に付いた(センター評論が15分で8割程度とれるようになった) ・現代文でよく使われる語彙力が身に付いた 〈内容〉 ・キーワードの解説 ・現代文の基本知識が効率よく身に付く ・現代文の基本知識が体系的に身に付く ・本文(語句の解説など)がかなり論理的で、読んでいて納得しやすい 〈個人的使い方〉 ・入試問題の文章は読まなかった(早く回すため) ・キーワードの説明をよく読んで理解した 〈おすすめしたい人〉 ・現代文が苦手で、背景知識、現代文で扱われる内容の概要を知りたい人 ・得意不得意関係なく、体系的に(論理的に)知識を身に付けたい人 ・論理的な説明じゃないとムカつく人 〈備考〉 ・速読力が上がったのは、基礎知識が増え、評論文の内容、主張を予測しながら読めるようになったという理由が大きいと考えます ・僕は現代文の参考書としては漢字以外、ほぼこれだけやりました

レビューをもっと見る
参考書名
ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

詳しく書いてある分、読むのが大変です。

薄くて簡単だなんて言う人が多いけど、ホントに読みづらいから現代文弱者にはキツイと思う。 私はセンター8割くらいの人間だけど、ただただ苦痛だったし、タメになったとも思えない。 ただこれより先にやる現代文の参考書も無いから、現代文に力入れたい人はやったらいい。 オススメはしない。

センター試験第1問として出題される評論文を読み解くために最低限必要な用語を、約100語に絞って基礎から解説している。 センター現代文の偏差値が50あたりで低迷している場合は、そもそも入試頻出のキーワードが理解できていないことが多いので、その対策に本書は適している。本格的な問題演習に取り組む前に済ませておけば、読解がかなり楽になる。 1日1テーマ(4〜6ページ)のペースだと、10〜15分×30日程度で終わるので、遅くとも夏休みまでに完了するのが目標。 その後でセンター対策書(「決める」や田村あたりがオススメ)をこなすと、40/50点以上はコンスタントに期待できるようになる。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    現代文の勉強法!正確な読み方解き方のコツ&参考書・問題集

    【大学受験 現代文勉強法】現代文の解き方のコツとおすすめの勉強法

    現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

    【現代文の問題集&参考書】苦手分野を克服して現代文を得点源に

    【現代文勉強法】読解力+解答力を身につける参考書別勉強法

    【現代文のおすすめ参考書&問題集】センターから難関大対策まで

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に