現代文参考書特集!MARCH・早慶上智レベルのコツが分かる参考書6選

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

本記事では、MARCHや早慶上智といった難関私立大学の志望者向けの、オススメの現代文参考書を紹介します。安定した実力を育てることでライバルに差を付けましょう!

現代文は、古文・漢文以上に苦手意識を持っている方が多い科目です。苦手意識のある方はもちろん、ある程度点数が取れる人であっても、確かな方法を持たずに「何となく」で読んでいては、点数が安定しませんし、不得意な文章が出たときに失敗する可能性があります。我流で読解問題に取り組まずに、きちんと方法論を学び、常に一定の手続きで解けるようにすることが重要です。そのためにも、まずは解説が丁寧な参考書を用いて学習を進めましょう。

参考書を用いて学習する場合、気を付けなければならないのは、参考書で学んだ方法論を、実際の試験に応用できるレベルまで身に付けるということです。せっかく読み方を学んでも、実際の試験では我流で解いてしまう人が多く、結果として点数が安定しません。参考書に掲載されている素材文は、読解の方法を説明しやすいものが選定されています。読解のコツを掴むには最適の文章なので、集中的に読解法を身に付けましょう。また、過去問を用いて学習する際にも、時間を決めて、学んだ方法を素早く運用できるように練習を積むようにしましょう。

多くの参考書に手を付けず、自分で「これだ!」というものを選定し、それを徹底的にやり込むことが重要です。自分に合った一冊を見つけて一途に勉強しましょう!

参考書名
現代文の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス TOSHIN COMICS)
著者
出口汪
ページ
245ページ
出版社
ナガセ

現代文は読み方を知れば出来る教科。だから読み方を知るためにこれを読むのはアリだと思う。

レビューをもっと見る
参考書名
現代文解法の新技術 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
著者
ページ
230ページ
出版社
桐原書店

理系です。国語全般がもともと苦手で、センターの模試なども200点中80点しか取れませんでしたが、この本に出会って現代文だけはとても得意になり、次の模試160点になりました!しかし古文漢文はひどいので頑張ります!

2年1月進研現代文100点中12点 →2月センター早期100点中95点 (自己採点) 1ヶ月前は、現代文で何を言っているのかすら全くわかりませんでした。しかし、この短期間で文を理解して解けるようになりました! この本では、解くための「技」を身に付けることができます。 まだ「書いてあることがわからない」「解き方がわからない」「現代文の勉強はやり方がわからない」という人でも大丈夫! みんなで現代文を得意科目にしましょう!

レビューをもっと見る
参考書名
現代文読解の基礎講義 (駿台受験シリーズ)
著者
中野 芳樹
価格
1,008円
ページ
215ページ
出版社
駿台文庫

現在、私はセンター現代文では8割から9割、二次試験では6割程度の実力だ。以上を踏まえて参考にして頂きたい。 センター、国立二次、私立二次などの入試体系に囚われず、現代文を現代文として読むことが出来る。第1部で作者の主張を掴み、第2部で記述問題の書き方について取り上げられている。 第2部は個人的に微妙だったのでスタディサプリの京都大学対策講座で代用したが、第1部は素晴らしい内容となっている。是非この参考書を仕上げて現代文を得意にしてほしい。

中野信者にはとっておきです。

この問題集では、どんな文章でも絶対に通用する読み方をまず教えてくれます。他の問題集のように問題がバンッとあって解説がバーッとあるのではなく、先にこうやって解くんだよ!と教えてくれるので、後はそれを実践するだけです。実践して経験を積み重ねて徐々に徐々に出来るようにしていくだけです。その内に、え、答えこれしかあり得ないじゃん!という風に、根拠を持って現代文が解けるようになります。普段何となく解いていてそれでなんか合ってる。という人にオススメです。

レビューをもっと見る
参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)
著者
船口明
ページ
405ページ
出版社
学研マーケティング

この本をマスターすれば、センター現代文は敵なしです。 現代文が苦手で、「現代文はフィーリングだから」と諦めている人も、この本を一通り読むことで、安定した点をとることが出来ると思います。 既に現代文に自信がある!という人も、満点を目指せるのではないでしょうか。 センター現代文対策におすすめの一冊です。

この参考書の小説の基本、事態、心理、行動 を読み取ることができるようになれば満点近く取れるようになります! ただし何度も繰り返さないと全て吸収できないと思います。 本番は語句問題1ミスで47点でした。ごちそうさまです。(隙自語) ほんとおススメです。頑張って下さい!

自分は現代文に波があり良い時は8割以上、悪いと4割以下と安定して点数が取れませんでした。そんな中この本に出会ってからというもの現代文は7割を切らなくなりました。(センター本番は評論満点小説26点でしたが😓) とても分厚いですが(400ページ)サクサク読むことができ、1日1時間程度で100ページほど進むので見た目ほど難しくはありません しかし効果は絶大で分厚さ故の詳しい解説、センター特有のテクニックなどが満載です。 センター現代文の参考書の中では一番良いと思います。おススメです!

レビューをもっと見る
参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]
著者
Z会出版編集部
ページ
360ページ
出版社
Z会

いらない人にはいらない こんなんやってるひまあったら全大入の国語やろうね そっちのほうが力づくンゴねえ 効率悪すぎる(合う人には合うらしい…自分が嫌いな教師が使ってたけどやらないで後悔するよりは一度買ってやってみよってなったけどやっぱ合わなかったわ〜残念

読書は元々好きだったが、極端に教養がなく、現代文を主観で読んでしまっていた。 しかし、本書を使用してから評論のテーマを容易につかめるようになった。 あとは他の問題集に着手して実力をつけようと思う。

本当にオススメできる。現代文のよく分からん横文字の言葉とかの意味とか思想について詳しく端的に説明してある。 背景知識あるだけで論説文の理解が全然変わった気がした

レビューをもっと見る
参考書名
ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)
著者
前島 良雄, 牧野 剛, 三浦 武, 吉田 秀紀, 後藤 禎典
ページ
208ページ
出版社
河合出版

センター試験第1問として出題される評論文を読み解くために最低限必要な用語を、約100語に絞って基礎から解説している。 現代文の偏差値が50あたりで低迷している場合は、そもそも入試頻出のキーワードが理解できていないことが多いので、その対策に本書が適している。本格的な問題演習に取り組む前に済ませておけば、読解がかなり楽になる。 1日1テーマ(4〜6ページ)のペースだと、10〜15分×30日程度で終わるので、遅くとも夏休みまでに完了するのが目標。 その後でセンター対策書(「決める」や田村あなりがオススメ)をこなすと、40/50点以上はコンスタントに期待できるようになる。

日本語アレルギーの奴はまずこの本から! 数が少ないので何回周回しても苦じゃない! 自分の口でスラスラ言えるまで暗記だ!!

現代文を読む上で最低限の語彙を知っておかなければなりません。「アイデンティティ」「共同体」「メタファー」などの他人に説明できない人は必ず読みましょう。 他の参考書と比べて実際の大学入試の問題文が扱われており最も受験生よりの参考書となっています。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    現代文の勉強法!正確な読み方解き方のコツ&参考書・問題集

    【大学受験 現代文勉強法】現代文の解き方のコツとおすすめの勉強法

    現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

    【現代文の問題集&参考書】苦手分野を克服して現代文を得点源に

    【現代文勉強法】読解力+解答力を身につける参考書別勉強法

    【現代文のおすすめ参考書&問題集】センターから難関大対策まで

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に