【センター国語】確実に高得点を取るためのオススメ参考書

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

あなたはセンター国語対策にどんな参考書をを使っていますか?この記事では、センター国語試験の対策のため、確実に高得点を取るための対策にオススメの国語参考書を紹介します。

「入試現代文へのアクセス」や「速読古文単語」、「漢文ヤマのヤマ」などの有名参考書以外にも、センター国語対策に有効な参考書を紹介していくので、参考にしてみてくださいね!

センター国語とは

センター国語は、1問の配点が非常に大きいため(内容一致問題などでは1問あたり8点など)、点数を安定させることが難しい科目です。文脈を取り違えれば、1つの大問のほとんど全ての問題で失点することすらあり得ます。

センター現代文おすすめ参考書

センター現代文は、よく言われるように「センス」に頼った読解を行っている受験生が多い科目です。しかし、必ず解答には明確な根拠が本文中に存在します。安定した得点のために必要なことは、小手先のテクニックに頼った読解を行わないことです。文章中の1つ1つの段落を、正確に理解して読み取る練習を積むことが重要です。

入試現代文へのアクセス基本編

参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)

本誌に「どの問題集よりもわかりやすい解説」とあるように⭐丁寧な解説と実力をつけるのに最適な⭐良問で確実に力がつきます これさえやっておけば間違いありません! 断言できます! 語句解説 現代文のキーワード 本文の解説 読解へのアクセス など細かいとこまで丁寧に解説されてるので疑問が、しっかり解消できます レイアウトも見やすくて サイズもちょうど良いです! 基本編の他にも⭐発展編⭐完成編 があります!

現代文の参考書は何を買えばいいかわからなくて、宗先生がおすすめしてたこの本を買ってみた。 ・現代文はなんとなく解いてる ・現代文の勉強したことない ・語彙とか重要表現とか頭に入ってない ・普段、本読まない こんな私でも使いやすい参考書でした。 私的に、直接書きこめて、サッと目を通すだけで復習できるのが一番嬉しい。

現代文 小柴大輔の現代文が面白いほどわかる本→現代文キーワード読解→入試現代文へのアクセス基礎編 小柴大輔の現代文が面白いほどわかる本→入試現代文へのアクセス基礎編 前者と後者どちらがいいですか? 前者は確実性があるのですが、やはりオーバーワークでしょうか?それとも後者でも十分なのでしょうか?教えてくださったらとても嬉しいです。

レビューをもっと見る

きめる!センター現代文

参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)

正直この本は神本です。 この本を使う前は国語の解き方が分からなかったけど読んでからはっきり分かった 模試の点数とかも安定しなかったのに安定してきた。共通テストでも全然使えると思う

神ってます センター試験から共通テストに変わりますが、現代文はどんな出題のされ方するんだろう。 とりあえず、船口先生ありがとう。

学校の先生の解説は、抽象的でフィーリングなところがあって分からなかったけど この本は何をどう見ればいいのか明確に書いてあるからいいと思う (国語が全然できない理系の意見) 文系の方はきっと現代文の解き方を分かってるから得意ならいらないと思う あんなに現代文が嫌いだったのに楽しい 授業でのセンター対策も点数が確実に上がってきました

レビューをもっと見る

センター古文おすすめ参考書

センター国語試験で、確実な得点源となるのは古文です。そのため、早い段階で古文に手を付けることで高得点を取れるようにしていきましょう。古文単語や古文法は学習に時間のかかる分野ですが、現代語訳が直感的にわかるレベルに達すると安定して高得点を狙えます。

古文上達基礎編

参考書名
古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用まで

このスタディプラスのバカ高いレビューを見て先日購入しました。もともと多読目的でしたが、自分が見落としていた文法的な箇所も体系的に学ぶことが出来ました。いきなり💩の話でビックリしますが、最初は決して難しくなく、だんだん難易度が高くなっていく感じなので、取り掛かりやすく、自身の読解レベルの向上に気付かされるでしょう。 本当に良書!こんなに取り組むのが楽しい問題集は他にないと思います!

ある程度の単語力と文法理解があればすぐに取り組めますが、極端に難易度が低いわけでも、高いわけでもなく古文独特の慣れが必要な部分を補ってくれます。 例え早慶志望でも無理に背伸びして最初から難度の高い古文をやっても慣れないうちは解けないので慌てずこれから演習をやるべきだと思いますよ。 45問は多いように感じるかもしれませんが、1問1問が割と軽いので、思っているより時間はかかりません。 ただ、これ1冊で文法もやろうというのはさすがにキツイのでステップアップノートを2.3周してからするべきだと思います。

文法確認と読解演習が同時にできて良いと思いました。一話がそんなに長くないので、コツコツと進められると思います。

レビューをもっと見る

センター試験必勝マニュアル国語(古文)

参考書名
センタ-試験必勝マニュアル国語(古文)[改訂版]

速読古文単語

参考書名
Z会 速読古文単語 改訂版

反復横跳びが去年より5回増えました

女の子の絵が可愛くてストレスなく勉強できた でも収録されてる単語の数が少なくて残念 初学には良いと思う このレベルの単語を暗記できたら網羅性が高い単語帳に手を出しても挫折しない 1冊目の単語帳としては非常に優秀

絵が可愛いからよく覚えられる

レビューをもっと見る

ステップアップノート30古典文法基礎ノート

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

これでタイ語も完璧です。

高3の夏にやりましたが、簡単でした。文系の高3の夏休みには少し物足りないかなと思います。 逆にこれができていないと文法問題が解けないので、基本の確認には合うのかなと思います。 おすすめなのは、 ・高1・高2の文系の人 ・高2の冬〜高3の春に基礎の確認 ・古典文法が苦手な人 あたりですかね。 見分け方や文法書の比較的細かいところもわかるので、文法書読むのやだな…どこが大事かわからない…という人はぜひ一度開いてみるといいと思います!

とりあえず、古文がちんぷんかんぷんな人はこれをやりましょう。 自分は3周ほどしてそのおかげで基礎は固まったのはもちろん学校での授業はほとんど大丈夫です。文法では十分入試問題に太刀打ちできるようになります(そこら辺の大学等)

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【センター国語】9割をとる勉強法とおすすめの参考書を紹介

    【センター国語勉強法】時間内に8割を取り切るコツとおすすめ参考書・問題集

    【センター国語の参考書】単元別正しい対策法で8割9割目指そう

    【センター国語勉強法】時間配分と参考書で確実に8割突破する方法とは

    センター国語の過去問のおすすめは?何年分?過去問の使い方を徹底解説!

    【センター国語】7割をとる勉強法とおすすめの参考書を紹介

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に