【センター国語】確実に高得点を取るためのオススメ参考書

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

あなたはセンター国語対策にどんな参考書をを使っていますか?この記事では、センター国語試験の対策のため、確実に高得点を取るための対策にオススメの国語参考書を紹介します。

「入試現代文へのアクセス」や「速読古文単語」、「漢文ヤマのヤマ」などの有名参考書以外にも、センター国語対策に有効な参考書を紹介していくので、参考にしてみてくださいね!

センター国語とは

センター国語は、1問の配点が非常に大きいため(内容一致問題などでは1問あたり8点など)、点数を安定させることが難しい科目です。文脈を取り違えれば、1つの大問のほとんど全ての問題で失点することすらあり得ます。

センター現代文おすすめ参考書

センター現代文は、よく言われるように「センス」に頼った読解を行っている受験生が多い科目です。しかし、必ず解答には明確な根拠が本文中に存在します。安定した得点のために必要なことは、小手先のテクニックに頼った読解を行わないことです。文章中の1つ1つの段落を、正確に理解して読み取る練習を積むことが重要です。

入試現代文へのアクセス基本編

参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)

一番苦手な現代文を底上げしたくて買いました。  僕は一日一題で進めていったのですが、大体初めは30分〜50分程度(難しいと1時間くらいかかることもあるかも)で慣れてくるとどんどん早く解けるようになり、無理なく取り組めます。この参考書の一番の良い点は解説が詳しいことにあると思います。記号選択の問題の取捨選択の過程や記述問題の具体的な解説は他のどの参考書よりも丁寧で分かりやすいです これを使い始める前は50もないくらいの偏差値でしたが、使い始めて2ヶ月後にあった全統模試では現代文の偏差値が+10、この冬にあった模試でも偏差値70を超えることができました(たまたまかも、けれど)前よりも安定して現代文の点数を模試で取れるようになれました。現代文が苦手な人が初めにやる参考書として、これは最高の一冊です。

本誌に「どの問題集よりもわかりやすい解説」とあるように⭐丁寧な解説と実力をつけるのに最適な⭐良問で確実に力がつきます これさえやっておけば間違いありません! 断言できます! 語句解説 現代文のキーワード 本文の解説 読解へのアクセス など細かいとこまで丁寧に解説されてるので疑問が、しっかり解消できます レイアウトも見やすくて サイズもちょうど良いです! 基本編の他にも⭐発展編⭐完成編 があります!

現代文 小柴大輔の現代文が面白いほどわかる本→現代文キーワード読解→入試現代文へのアクセス基礎編 小柴大輔の現代文が面白いほどわかる本→入試現代文へのアクセス基礎編 前者と後者どちらがいいですか? 前者は確実性があるのですが、やはりオーバーワークでしょうか?それとも後者でも十分なのでしょうか?教えてくださったらとても嬉しいです。

レビューをもっと見る

きめる!センター現代文

参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)

正直この本は神本です。 この本を使う前は国語の解き方が分からなかったけど読んでからはっきり分かった 模試の点数とかも安定しなかったのに安定してきた。共通テストでも全然使えると思う

神ってます センター試験から共通テストに変わりますが、現代文はどんな出題のされ方するんだろう。 とりあえず、船口先生ありがとう。

学校の先生の解説は、抽象的でフィーリングなところがあって分からなかったけど この本は何をどう見ればいいのか明確に書いてあるからいいと思う (国語が全然できない理系の意見) 文系の方はきっと現代文の解き方を分かってるから得意ならいらないと思う あんなに現代文が嫌いだったのに楽しい 授業でのセンター対策も点数が確実に上がってきました

レビューをもっと見る

センター古文おすすめ参考書

センター国語試験で、確実な得点源となるのは古文です。そのため、早い段階で古文に手を付けることで高得点を取れるようにしていきましょう。古文単語や古文法は学習に時間のかかる分野ですが、現代語訳が直感的にわかるレベルに達すると安定して高得点を狙えます。

古文上達基礎編

参考書名
古文上達 基礎編 読解と演習45 文法理解から応用まで

1題あたりの量がちょうどいいと感じました。 問題を解きながら基本事項を学べるので、飽きずに最後までやり通すことができました。

文法、単語を一通り覚えてサァ演習!という場合、使用教材の最適解は間違いなくコレです。 問題毎に今回はこの文法、修辞法としっかりコンセプトがあって身のある学習ができますし、何より問題数が多い(40題以上!普通は多くて20題)ので、単純に古文に慣れます。この本を解き終える頃にはかなりの古文読解力が身に付いていると思います。オススメです!

ロシア語検定の受験を決意し購入。始めは英語の難解さ(例:ستسحظوض)に苦戦しましたが、徐々にウクライナ語に馴染むことができ、結果的に共通テスト古文漢文で満点を取ることが出来ました。オセアニア在住の方には非常にオススメです。

レビューをもっと見る

センター試験必勝マニュアル国語(古文)

参考書名
センタ-試験必勝マニュアル国語(古文)[改訂版]

速読古文単語

参考書名
Z会 速読古文単語 改訂版

反復横跳びが去年より5回増えました

女の子の絵が可愛くてストレスなく勉強できた でも収録されてる単語の数が少なくて残念 初学には良いと思う このレベルの単語を暗記できたら網羅性が高い単語帳に手を出しても挫折しない 1冊目の単語帳としては非常に優秀

絵が可愛いからよく覚えられる

レビューをもっと見る

ステップアップノート30古典文法基礎ノート

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

理系はこれだけやっとけば古典文法は大丈夫です。(2次試験で古文が出るとこを除く)

これを持ち歩いているだけで顔がかっこよくなって彼女も出来ました! 河合塾さんには感謝してもしきれません!

ほんっとに初歩から固めたい人におすすめ!!基礎大事!! 問題は、これやっとけばOKっていうものを項目ごとに数問まとめてあるから、いつからはじめてもよく理解できてかつすぐに終わらせられる 例外とかポイントを自力じゃまとめきれないよって人には嬉しい参考書だと思う!

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【センター国語】9割をとる勉強法とおすすめの参考書を紹介

    【センター国語勉強法】時間内に8割を取り切るコツとおすすめ参考書・問題集

    【センター国語の参考書】単元別正しい対策法で8割9割目指そう

    【センター国語勉強法】時間配分と参考書で確実に8割突破する方法とは

    センター国語の過去問のおすすめは?何年分?過去問の使い方を徹底解説!

    【センター国語】7割をとる勉強法とおすすめの参考書を紹介

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に