【大学受験国語】国語偏差値50を確実に突破するための厳選参考書

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

国語の偏差値がなかなか伸びない、国語偏差値が50を超えない。

この記事では、偏差値50を確実に超えるための勉強がしたいあなたに必要な、オススメの国語参考書を紹介します。国語に苦手意識のある方は、この記事で紹介する参考書を使用して着実に偏差値を上げていきましょう!

「入試漢字マスター1800」「現代文キーワード」「船口のゼロから読み解く最強の現代文」などの、国語の基礎を学ぶための最適の参考書を中心に紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

国語偏差値50を超えるためのおすすめ参考書6選

大学受験の国語で、偏差値50を確実に超えるためには、まず基礎を徹底して叩き込むことが必要不可欠です。国語の基礎とは、現代文における漢字・評論文に頻出するキーワード、古文における古文単語・古文法、漢文における句形と語句のことです。これらをしっかりと身に付けることで、偏差値50を超えることは充分に可能です。逆に、基礎が身に付いていない状態では、どれだけ読解問題に取り組んでも、思うように点数が伸びないという状況に陥ってしまうでしょう。

まずは、自分に合った参考書を選んで基礎を徹底的に、完璧に頭に叩き込みましょう。そのうえで、読解問題の解法や解き方のコツを学ぶことで、偏差値50の壁を突破することができます。

単純な暗記学習が多くなりがちな基礎的な知識の勉強ですが、根気よく継続的に学習していきましょう!

入試漢字マスター1800+

参考書名
入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)

漢字も大事で、本書の漢字を書けることが大前提。ただ忘れてがちなのは意味。 意味を覚えないと読解力が上がらないのでそこもやらないと意味ない。

暇な時に書く📝 漢字書くのって楽しいなと思うようになりました。 この本のおかげで他の勉強も捗るようになりました。

秋から焦って使いました。これに出てくる漢字書けるようにしとけばわりとどうにかなった印象。逆に載ってないレベルのものは周りの受験生も書けないと思います。多分。

レビューをもっと見る

現代文キーワード読解

参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]

これには現代文の背景知識が載っててこれを読むと大抵の現代文のパターンが分かったと思います。 キーワードは実際の文章で確認できるようになってて、また、その文章には要約文がついてて要約の練習もできます。僕はこれを本格的にやりはじめてから現文が出来るようになった気がするので是非。

現代文の語彙の暗記が主な使われ方だが、要約をすることによって読解力がかなりつく。頻出テーマのページは特におすすめ。現代文が思ったより伸び切らないときはこの参考書をやれば絶対伸びると思う。

現代分で必要なものが全部身につくゾ。 大オススメゾ。

レビューをもっと見る

船口のゼロから読み解く最強の現代文

参考書名
船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)

今まで自分は何となくで選択肢を潰していっていて、内容の構造も把握できていなかったのですが、この参考書はしっかりと一問一問にどこに着目すればよいのかということに付いて解説されており納得して進めていくことができました。 また、厚さはあるのですが、中身はほとんど解説に割かれていて、かと言って内容を習得するための演習量が少ないわけではない為、飽きずに一周終わらせることができました。 現代文に悩んでいる人にはぜひ手に撮っていただきたいです。

センター過去問の評論10点台だった俺を安定して40点前後にしてくれた参考書。 二次試験は知らんが共通テストだけならこれ2周しておけば何とかなるんでおすすめです。

すごく…いいです… 社会的地位を確立したら詳しくレビューさせていただきとうございます。

レビューをもっと見る

ビジュアル図解古文単語

参考書名
ビジュアル図解 古文単語

なんか一番覚えやすかった。 あと帯に書いてる収録語数鵜呑みにして 「○○の単語帳は単語が多く載っている」 とか 「これは単語数少ないからクソ」 とか言うやつたまにいるけど こと古典単語に関しては ・敬語を収録語数にカウントするのか ・助動詞を収録語数にカウントするのか ・見出し語なのか、関連語も含めてなのか ・古典常識用語を収録語数にカウントするのか この四つの判断が参考書によってバラバラだからちゃんと本屋で確認して買った方がいい。 この参考書に関しては見出語の他に 関連語が豊富で古典常識も章末にぎっしり載っているので 正直類書の中でもかなり充実した古典単語だと思う。 あと絵が可愛い。そして目に優しいオレンジ。 手触りよし。 ただ一つ、 例文が古文そのまんまじゃなくて、現代語混じりのマドンナ古典単語スタイルなので 「本格的な例文で覚えたい」と言う人には不向き。 ただその例文の出典はどれも有名な古典だし その単語の使う文脈を狙い撃ちできて さらに その古典のなんとなくの雰囲気も掴めるため 個人的にはいいシステムだと思う。 そこまで例文狂でもないなら 是非一度書店で見ておいて欲しい。

語句の根幹・イメージを掴める 分かりづらい選択肢や書きづらい記述も語句の根幹を理解していれば、捌けるはず

世間で人気がある古文単語帳と言えばゴロゴシリーズですね。あれを使っている人はみなゴロで覚えているのでしょうがそれの何が面白いのでしょうか。そんな、いい点を取るためだけの、面白くもなんともない(ここでいう面白いとは、笑えるようなものではなく知的探究心を満たすような、そういう面白さです)暗記はそもそも定着しません。興味がもてないからです。 それに比べこの本書は常にその単語の原義、すなわち本質を突いてきます。そしてそこから派生してどんな意味が生まれたのかを視覚的に示してくれています。これが大変わかりやすく、スッと腑に落ちます。言語というのは人に使われ続けることでその意味を派生させ多様になっていくものです。そういった言語の本質をも突いているあたりに、ことばが好きな人、文学が好きな人は面白味を感じてくれるのではないでしょうか。 また言語とは使われる背景に応じて如何様にもその意味を変えてしまいます。その中でどうしてゴロで覚えた、不変的な1つないしは2つの意味が役に立つのでしょうか。本当に役に立つのは常にその単語の本質を頭に置き、コンテクスト(文脈)に応じて意味を自分で紡ぎだすことができるような暗記です。それを可能にしてくれるのがこの一冊なのです。 これらの点から、私にはこの古文単語帳が、単語帳業界の中で最高のものであることを信じて疑いません。古文が好きな人でも古文アレルギーの人でも、是非ゴロゴなど焼き捨ててこちらを手にとってほしいと強く思います。

レビューをもっと見る

古文教室 古典文法編 改訂版

参考書名
古文教室 古典文法編 改訂版 改訂版 (超基礎がため)

一応書いてある内容は全て覚えたつもりです。 ちょこちょこやってましたが1ヶ月もあれば十分網羅できるかと。 古文て、意外と知識覚えてなくても感覚で解けること多いと思うんですけど、最低限しっかりやってないとまじで後悔すると思います。(自分も現役の頃そうでした。) 古文の知識が全くない人でも気軽に取り組める内容になってます。 学校の教材でも古典文法のやつ配られることあると思うんですけど、あれって細かいこと聞き過ぎて何からやればいいかわからなくなるんですよね。(ex.細かい助詞の意味など。) 私立の難関を受けるならそういう知識もしっかりないとまずいと思うんですけどセンターだけなら間違いなく大丈夫ですし、大抵の国立大なら対応出来るとおもいます。(古典文法の分野としては。) それに、どうせこの後読解しまくるんだし、自然と知識は溜まっていくので大丈夫とおもいます。 自分もステップアップノート30を2周はやったのですが、正味わざわざやらなくてよかったなと思います。こいつをしっかり覚えればとりあえずは大丈夫と思います。 文法が分かると苦痛だった授業もかなり楽しくなるので単語とかよりも早めにやるのを勧めます!! ですが読解のテクニックなどは全く載ってないのでまた別の参考書でやらないとですね。自分は富井の読解をつかってやってみます。 また感想が変わったらレビューします。頑張っていきましょ。

とても分かりやすく説明してあり、実際に問題を解く際の要点がちゃんと書いてある。 これいい‼️

最初の助動詞で落ちこぼれかけた時にこの本勉強して期末試験望んだらコース1位になった😊 基礎文法が全くわからない人にオススメ‼︎ 古典文法苦手な人は是非試してみて下さい

レビューをもっと見る

古文入門 読解と演習23

参考書名
古文入門 読解と演習23

時代をどんどん遡っていくようになっていてだんだんやっていくうちに基礎がつく。だが問題がないに等しい。文法の問題は少しあるが文章が多め。

レビューをもっと見る

最後に

国語の偏差値を上げるためには、基礎の積み重ねが重要です。紹介した6冊の参考書を徹底的にやりこんで、国語の偏差値を着実に上げていきましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    〜センターから難関大記述まで〜【大学受験用】現代文・国語参考書のおすすめ一覧

    【大学受験】MARCH合格の国語問題集7選!記述から古文まで

    【国語】生きる漢字・語彙力の使い方と特徴

    【大学受験国語】国語偏差値50を確実に突破するための厳選参考書

    センター国語参考書まとめ!苦手を克服&偏差値UPにオススメの参考書

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に