【大学受験国語】国語偏差値50を確実に突破するための厳選参考書

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

国語の偏差値がなかなか伸びない、国語偏差値が50を超えない。

この記事では、偏差値50を確実に超えるための勉強がしたいあなたに必要な、オススメの国語参考書を紹介します。国語に苦手意識のある方は、この記事で紹介する参考書を使用して着実に偏差値を上げていきましょう!

「入試漢字マスター1800」「現代文キーワード」「船口のゼロから読み解く最強の現代文」などの、国語の基礎を学ぶための最適の参考書を中心に紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

国語偏差値50を超えるためのおすすめ参考書6選

大学受験の国語で、偏差値50を確実に超えるためには、まず基礎を徹底して叩き込むことが必要不可欠です。国語の基礎とは、現代文における漢字・評論文に頻出するキーワード、古文における古文単語・古文法、漢文における句形と語句のことです。これらをしっかりと身に付けることで、偏差値50を超えることは充分に可能です。逆に、基礎が身に付いていない状態では、どれだけ読解問題に取り組んでも、思うように点数が伸びないという状況に陥ってしまうでしょう。

まずは、自分に合った参考書を選んで基礎を徹底的に、完璧に頭に叩き込みましょう。そのうえで、読解問題の解法や解き方のコツを学ぶことで、偏差値50の壁を突破することができます。

単純な暗記学習が多くなりがちな基礎的な知識の勉強ですが、根気よく継続的に学習していきましょう!

入試漢字マスター1800+

参考書名
入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)
著者
川野 一幸, 晴山 亨, 立川 芳雄
ページ
232ページ
出版社
河合出版

わかりやすかった!

センターから2次の対策はほんとこれで網羅できる!!間違えやすい漢字や、意味、熟語も+αで書かれていて時間が無い中でもしっかり定着させれる!

赤のシートが3枚付いてました!過去問題集よりふた回りほどの小ささに驚きました。センター対策があったり、常用漢字以外の字には✳︎マークが付いてあります!カバーのデザインが好きなので大切に扱いたいなと思います!頑張ります!

レビューをもっと見る

現代文キーワード読解

参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]
著者
Z会出版編集部
ページ
360ページ
出版社
Z会

現代文の参考書に欲しい要素がこれでもかってほどに詰まってる。 僕は苦手な教科をやろうって時のエンジン代わりに読んでるよ!! 哲学とか好きな人にとっては楽しいと思うし、特にニーチェとかハイデガーとか好きな人にとっては恋人と同じくらい好きになると思う。 それ以外はきついかも…。 (他の教科の合間に読んでれば、余程苦手じゃない限り1週間くらいで1周できると思うよ。もちろん全文読んでもね)

〈使い始めた時の僕〉 ・現代文超苦手 ・文章の読み方が分からない ・語彙力がかなり足りない ・センター評論が30分かけて8割程度 ・現代文で述べられている内容がチンプンカンプン(時間20分の場合) 〈効果〉 ・速読力が身に付いた(センター評論が15分で8割程度とれるようになった) ・現代文でよく使われる語彙力が身に付いた 〈内容〉 ・キーワードの解説 ・現代文の基本知識が効率よく身に付く ・現代文の基本知識が体系的に身に付く ・本文(語句の解説など)がかなり論理的で、読んでいて納得しやすい 〈個人的使い方〉 ・入試問題の文章は読まなかった(早く回すため) ・キーワードの説明をよく読んで理解した 〈おすすめしたい人〉 ・現代文が苦手で、背景知識、現代文で扱われる内容の概要を知りたい人 ・得意不得意関係なく、体系的に(論理的に)知識を身に付けたい人 ・論理的な説明じゃないとムカつく人 〈備考〉 ・速読力が上がったのは、基礎知識が増え、評論文の内容、主張を予測しながら読めるようになったという理由が大きいと考えます ・僕は現代文の参考書としては漢字以外、ほぼこれだけやりました

読書は元々好きだったが、極端に教養がなく、現代文を主観で読んでしまっていた。 しかし、本書を使用してから評論のテーマを容易につかめるようになった。 あとは他の問題集に着手して実力をつけようと思う。

レビューをもっと見る

船口のゼロから読み解く最強の現代文

参考書名
船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)
著者
船口 明
ページ
236ページ
出版社
学研プラス

船口先生派か出口先生派かで分かれるよな 出口先生は解説のとき文字多いけど船口先生は図にしてくれて対比関係とかわかりやすいからオススメ あと、演習量も出口先生の本より多いと思う あとは本屋で見比べて選ぶのがいいと思う

本文中に出てきた問題と同じものが冊子になってついてるので書き込んで解いても安心して2週できます。カバーを外すとデザインも良く、ツルツルで使いやすいです。

現代文をセンスで乗り切ってきた人に良い。文章構造解釈の方法が練習問題の中で繰り返し説明されており、どうやって現代文を読んだらいいのか分かった。質問の意味の解説も勉強になる。一人一冊持ってほしい名作。

レビューをもっと見る

ビジュアル図解古文単語

参考書名
ビジュアル図解 古文単語
著者
池田修二
ページ
255ページ
出版社
学研教育出版

語句の根幹・イメージを掴める 分かりづらい選択肢や書きづらい記述も語句の根幹を理解していれば、捌けるはず

世間で人気がある古文単語帳と言えばゴロゴシリーズですね。あれを使っている人はみなゴロで覚えているのでしょうがそれの何が面白いのでしょうか。そんな、いい点を取るためだけの、面白くもなんともない(ここでいう面白いとは、笑えるようなものではなく知的探究心を満たすような、そういう面白さです)暗記はそもそも定着しません。興味がもてないからです。 それに比べこの本書は常にその単語の原義、すなわち本質を突いてきます。そしてそこから派生してどんな意味が生まれたのかを視覚的に示してくれています。これが大変わかりやすく、スッと腑に落ちます。言語というのは人に使われ続けることでその意味を派生させ多様になっていくものです。そういった言語の本質をも突いているあたりに、ことばが好きな人、文学が好きな人は面白味を感じてくれるのではないでしょうか。 また言語とは使われる背景に応じて如何様にもその意味を変えてしまいます。その中でどうしてゴロで覚えた、不変的な1つないしは2つの意味が役に立つのでしょうか。本当に役に立つのは常にその単語の本質を頭に置き、コンテクスト(文脈)に応じて意味を自分で紡ぎだすことができるような暗記です。それを可能にしてくれるのがこの一冊なのです。 これらの点から、私にはこの古文単語帳が、単語帳業界の中で最高のものであることを信じて疑いません。古文が好きな人でも古文アレルギーの人でも、是非ゴロゴなど焼き捨ててこちらを手にとってほしいと強く思います。

イラストが可愛くてどんどん読みたくなる👍✨ 暗記系は続けることが大事なのでオススメです😊🌼

レビューをもっと見る

古文教室 古典文法編 改訂版

参考書名
古文教室 古典文法編 改訂版 改訂版 (超基礎がため)
著者
望月光
ページ
264ページ
出版社
旺文社

高1の時に全然授業についていけず、古典文法がヤバいと思い、最初に始めた一冊です。 これを必死に覚えたおかげでかなり古典文法の基礎が固まりました! これを見つつ、ステップアップノートのようなアウトプット系の参考書を同時並行でやると効果絶大です! ぜひ、古典文法が嫌いな人は一度手に取って見てください!

古文の事がめちゃくちゃ分かりやすい! そしてここが本命だけどマルマンノートの腕置きにちょうどいい高さしてる。

古文は好きですか? 僕は嫌いです。 訳が分かりません、あんな教科。 何度古文の事を恨んだかは分かりません。 古文の定期試験はほぼ毎回赤点。 分からないから課題も解けないしやりたくない。 初めこそ優しく課題の催促と応援をしてくれていた教科担当にも次第に見放され、 挙句の果てにはその聖人とまで言われる優しい教科担に 「あんたもう3年に上がらんでいいわ」 と高2春休みの職員室で声を大にして言いつけられる始末。 周りの教師に笑われ、友人に笑われ、心に深い傷とトラウマが生まれました。 絶対に許さない、古文だけは。 そう心から思った高校生活。 結果、現役時のセンター古文 0点 適当にマークしても1つや2つ当たる筈だろうに、古文の神はそれを許してくれませんでした。最早、正解を神回避したとしか言いようがありません。 そしてその後、敢え無く全オチ浪人が確定しました。 このままではいけない。 そう感じた僕は本屋に立ち寄って、超基礎がためと称されたこの本を購入し、勉強を始めました。 正直、またあの嫌な科目を勉強しなければいけないのかと思うとうんざりでしたが、いざ取り掛かってみるとそれは分かりやすく、面白く、楽しんで進めることができました。 そして、あの忌々しきセンター試験本番から一年。 2度目のセンター試験本番。 センター古文  50点 何ということでしょう。 憎かったあの古文で満点をとってしまうなんて。 頑張ったかいがありました。 正直なところ運もかなり味方したのですが、それでも満点には変わりません。 頑張れば人間なんとかなるものです。 さあ、次はあなたの番です。 今すぐ手元のマドンナ古文を捨てて、この古文教室を買いましょう。 きっとこの本があなたを古文の世界に連れて行ってくれるに違いありません。

レビューをもっと見る

古文入門 読解と演習23

参考書名
古文入門 読解と演習23
著者
草土力
ページ
232ページ
出版社
Z会

最後に

国語の偏差値を上げるためには、基礎の積み重ねが重要です。紹介した6冊の参考書を徹底的にやりこんで、国語の偏差値を着実に上げていきましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    〜センターから難関大記述まで〜【大学受験用】現代文・国語参考書のおすすめ一覧

    【大学受験】MARCH合格の国語問題集7選!記述から古文まで

    【国語】生きる漢字・語彙力の使い方と特徴

    【大学受験国語】国語偏差値50を確実に突破するための厳選参考書

    センター国語参考書まとめ!苦手を克服&偏差値UPにオススメの参考書

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に