古文のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

古文のおすすめ参考書・問題集について紹介します。
勉強法が確立できない方は以下で紹介するものをぜひ使ってみてください。古文は勉強する内容が決まっているので、教材の内容を理解できれば模試や入試で確実に得点できるようになります。

古文の勉強にオススメの参考書・問題集

『マドンナ古文常識217 パワーアップ版』(大学受験超基礎シリーズ)

古文常識を勉強する上での王道といえる参考書です。どの参考書でも見たことがない昔の人々の生活の様子を細かく丁寧に説明しています。他の本では知り得ない内容がたっぷり詰まっていて、例題も載せて実践的な考え方も説明してくれるので重宝する1冊です。古文常識はコツコツ暗記するものです。ガッツリ精読せずスキマ時間に読むようにしましょう。

参考書名
大学受験超基礎シリーズ マドンナ古文常識217 パワーアップ版

『ステップアップノート30古文文法基礎ドリル』(河合塾シリーズ)

解説と確認問題を盛り込んだ参考書兼問題集です。出版社が予備校系列だけあって詳しい解説と受験を意識したコンテンツが豊富で初歩的なものから発展的なものまで書かれています。繰り返し読むことで文法に自信がつきますので、ぜひ買って取り組んでみてください。

参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

これでタイ語も完璧です。

高3の夏にやりましたが、簡単でした。文系の高3の夏休みには少し物足りないかなと思います。 逆にこれができていないと文法問題が解けないので、基本の確認には合うのかなと思います。 おすすめなのは、 ・高1・高2の文系の人 ・高2の冬〜高3の春に基礎の確認 ・古典文法が苦手な人 あたりですかね。 見分け方や文法書の比較的細かいところもわかるので、文法書読むのやだな…どこが大事かわからない…という人はぜひ一度開いてみるといいと思います!

とりあえず、古文がちんぷんかんぷんな人はこれをやりましょう。 自分は3周ほどしてそのおかげで基礎は固まったのはもちろん学校での授業はほとんど大丈夫です。文法では十分入試問題に太刀打ちできるようになります(そこら辺の大学等)

レビューをもっと見る

『最短10時間で9割とれる センター古文のスゴ技』

センター古文対策に鉄板の参考書です。最小限の知識で使える解き方のコツを紹介しているので、短期で得点できる力を身につけたいかtにはおすすめです。選択肢の着目すべき部分を丁寧に解説してくれるので実践的に勉強することも可能です。

参考書名
最短10時間で9割とれる センター古文のスゴ技

選択肢の最終決定は単語力。 和訳を見て選択肢を選ぶ練習が何度か入っており、あまり実践的ではないと思いました。 単語帳と文法書を読み込んだ方がいいかもしれません。

高得点を取る人がやってる事を可視化した感じ。 裏ワザでは無くて凄ワザ。正攻法。

レビューをもっと見る

『首都圏「古文」難関私大古文演習』(河合塾シリーズ)

これはMARCHレベルの古文の問題が20題収録された問題集です。出典や問題のパターンに偏りがないので、本番に近い演習ができます。また、口語訳や1問ごとの解説の他に解答する時間や合格点の目安も載っていて参考にできる部分が多いです。過去問に取り掛かる前の最後の演習本として使ってみてください。

参考書名
首都圏「難関」私大古文演習 (河合塾シリーズ)

基礎が固まってないと中々苦しいかなと思います。単語・文法の知識をしっかりとしたものにしてから取り組まないとあまり意味が無いかと思います。中には難問も見受けられますが概ね良問が多くやる価値はあると思います。古文が難しい難関私大を受ける人は是非やって下さい。

ちょっと難しい古文が入ってる バリバリ演習したい人におすすめ でも、志望校の過去問を解くのと変わらないから、過去問期なら過去問解いた方がいい

手頃なサイズ GMARCH早慶上智のそれぞれから2~3問ずつ、計20題の有名出典が収録されている。 [問題] 様々なジャンルからまんべんなく、また難しい問題から簡単な問題まであり、各問毎にそれぞれ制限時間が付せられてある。 [解説] 各設問の河合塾による予想配点、また予想合格ラインの得点も付せられ、自分の立ち位置がわかりやすい。 現代語訳だけでなく、現代風の助詞や省かれた主語と各助動詞の意味などを補った問題本文、そして現代語訳要約が丁寧に載っており、また重要な単語およびその訳は太字になっている。 各設問毎に易~難までの難易度が付せられ、どの難易度であっても丁寧な解説があって、完全な難関の問題集というわけでもない。 難関私大用なので記述の問題は少なく、あっても説明などではなく、数文字補う程度。 難易度で選ばれた問題たちではないので、古文にかなり自信がある人には物足りないかもしれないのかなあ。 [はあ] デザインはあまり目立たないのでそう簡単には見つけ出せない。

レビューをもっと見る

最後に

古文で学ぶべき内容ははっきりしてますので、参考書や問題集で勉強するのも学力を上げる方法の1つと言えます。ぜひ上記で紹介した参考書や問題集を使って勉強してみてください。

古文は苦手という方が多いですが、ぜひ参考書や問題集をベースに勉強し、得意科目にしましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

古文のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

【古文問題集】問題集を使った勉強法で早稲田・上智に合格しよう!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に