【大学受験】MARCH合格の国語問題集7選!記述から古文まで

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

国語の力を伸ばすには日々の勉強が欠かせません。特に、MARCHなどの難関私立大学を目指すのであれば、継続的に勉強をすることが求められます。
その際に問題集を使った勉強がおすすめです。教材に沿った勉強をして、読み方や解き方を覚えていきましょう!

この記事では、MARCH合格を達成するためのハイレベルな学力を身に付けたい方におススメの、厳選された国語問題集を紹介します。問題集で実践を積むことで偏差値60の壁を突破し、MARCHの合格を実現しましょう!

国語の勉強法

まずMARCHに受かるための国語勉強法をご紹介します。

難関私立大学であるMARCHの国語問題には、知識のみに偏った学力では太刀打ちできません。MARCHでは、現代文も古文も、文章全体を正確に理解する読解力が要求されます。特に、明治大学では記述問題も出題されるために、本文の適切な箇所を自分の言葉に置き換える能力が試されます。記述問題は、センター試験のような選択式の問題では身に付けることができない能力のため、個別の対策が必要になります。必要な対策をしっかりと行うことができなければ、試験で高得点を取ることは難しいのがMARCHの国語問題の特徴です。

現代文では、高度な文章ほど全体像を捉えることが難しく、段落の関係性の整理など、取り組みやすい部分から理解度を高めていくことが重要です。古文では、古文特有の省略や表現に慣れていることが本文を正確に理解するために必要です。話の流れやオチを把握することができれば、内容一致などの読解問題でも高い得点を取ることが可能になります。

MARCH合格のために、読解能力の向上は必須条件です。自分に合った参考書を徹底的にやり込んで読解力を高めましょう!

国語の勉強におすすめの問題集

ここではおすすめの国語問題集を7冊ご紹介していこうと思います。
ぜひ国語の問題集選びの参考にしてみてくださいね。

入試現代文へのアクセス 発展編

参考書名
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)

全部で16個の文章があります。 現代文で出されやすいキーワード(自然、秩序、言語など)の文章が載っていて、各文章の後にそれぞれのキーワードについて、それらがなぜ現代文で取り扱われるのか解説をしてくれます。 各文章毎の問題には、記述と選択問題が入っています。解答編では、選択肢の違うところや、記述のポイントなどを本文の根拠となるところを示しながらとても丁寧に、なおかつめちゃくちゃわかりやすく教えてくれます。 また解答編の後ろの方にある正解へのアクセスにて、記述をするときにどんなことに注意して書けばいいのか、読む時に何を意識して読めばいいのか、といったことが簡潔にまとめられています。 私は現代文の勉強方法がわからず、とりあえず導入として購入したのですが、導入にはかなりいいと思います。より簡単な基本編や、より難しい完成編があるので、自分の学力にあったものを選びましょう。発展編の難しさは標準~ちょいムズらしいです。

このシリーズは基礎編1周→発展編 問題6周・要約4周→完成編 問題5周・要約2周やりました。1番やりこんだのがこの発展編なのでここにレビュー書きます🤗 このシリーズは解説が類を見ないほど丁寧、要約の解答例・ポイントも載っていて、自学用に最適です。私は塾で現代文の授業を取ったのは夏期・冬期講習だけでしたが、模試や過去問ではそれなりにブイブイ言わせてました。基礎編は高2に上がる前の春休みに1周、発展編は高2の夏休みから1日1題やり、1周終わるごとに間隔を少し空けて(正確にはめんどくさくなってサボりつつ)高2の冬に仕上げました。完成編は高3に上がる前の春休みに1周して、夏まで放置し(良い子は真似しちゃダメだぞ)そこから夏の終わりまでに完成させました。だいたい2週間ペースで回せるし、1題30分と時間を決めてたのでほかの勉強の邪魔にもなりませんでした。 私がこんなに繰り返し解いたのは完璧に解けるようになるまでその回数をこなさなければいけなかっただけで、2、3周で出来るならそれが一番です。 ただ間違えたところを繰り返すだけでなく、なぜ間違えたのか?選択肢が文章の内容と一致不一致している箇所はどこか?などを考えながらやりました。はじめのうちは頭で考えるのではなく書き出してやっていました。そのうち頭の中で全部の情報が整理できるようになります。問題だけでなく文章内での対比対応・並列などの関係性に着目するのも徹底してやりました(このシリーズの解説編には文章ごとに関係性の図解での解説が載ってます それをわざと見ないで自分で書き出すのもやってました)。 塾の授業を取っていないから、という理由で周囲より成績が悪いなんて嫌だし言い訳にもしたくない、と考えていました 。(経済的な理由で現代文のレギュラー授業は取るのを諦めました) あと自分に見合ったレベルのものから始めましょう!これ本当大事🥺私は自信なかったので基礎編からやりましたし成績が順調に上がっていったので高3に上がる前に完成編に手をつけました。高3の夏終わりの模試は(現代文だけで)偏差値72でした。ブイブイ!早稲田も受かったぞ!ブイブイ! 高2の秋にいきなり完成編に手を出して「全然点取れないんだよ〜wwwとりあえず繰り返すわ」と言っていた同級生は卒業式の日、「私、#春から駿台 だからwwwwwwww」と騒いでいました(笑い事じゃない)高2のソレが原因のすべてではないとは思いますが、凡人はコツコツやるのが1番です。身の丈にあった受験🥺ぴえん🥺 自信ない人は基礎編からやろうな!!!お姉さんとの約束だぞ💪 成績がスランプで上がらん!!!みたいなのはしょっちゅうでしたし焦らないのが1番です。(受験ラスト3ヶ月毎日のように泣いていた人のセリフとは思えない)学校の先生にも頻繁に質問に行ってました。 このシリーズは本当におススメです。河合出版に足向けて寝られん🥺お世話になりました😭 追記 5月15日 暇つぶしで書いたレビューが思ってたよりも多くの人に読んでもらえてるようなので学習法についてさらに追記します。参考にしてちょ〜だい(タケモトピアノのリズム) 文章を読む時一致不一致や対比対応に注意し整理して読むというのは書きましたが、それ以前に文章の内容や言葉を理解できてないと意味がないですし、英単語と同じで現代文も単語の知識がないとレベルが上がると詰みます。日本語だからいけるっしょ笑とか言ってるそこのお前のお口に広辞苑!😘学校で配布されたもの、本屋で手にとって自分の感覚にしっくりくるものなどなんでも構いませんので一冊現代文単語の本を持って暗記しておきましょう。(私は学校から貰ったやつ使ってました、そっちもレビュー書いたゾ)これに加えて、単語帳に載ってない言葉が出てきた時直接書き込むのも良いですが自分オリジナルの単語帳を作るのもおススメです。自分の弱い文章のジャンルが掴めてきますし、言葉に対して感覚が鋭くなります。片っ端から辞書引いとけ!毎日電子辞書の広辞苑で30項目以上引いてたお姉さんとの約束!(2回目)(オリジナル単語帳作るのに躍起になって時間使い過ぎないように注意) 今年は例年通りに受験が行われるかわからない状況ですが、そのことが今日勉強をサボっていい理由にはならないと思います。受験生の皆さん頑張ってね👍何かあったらコメントで聞いたりわたしのアカウントに直接連絡くださっても構いませんのでお気軽に〜それではアデュー💃💃💃

※誤り:「採用実績」→「著者出題歴」 長文はすべて二次試験や私大入試の採用実績があるもので、極端な難問易問はないと思われる。本文の解説と設問・解答の解説がそれぞれ用意されている点もすばらしい。また、発展編とあるが、ある程度できる人は手をつけてしまってもいいと思う。 ただひとつ欠点をあげるとすれば、記述問題が少ないというところだ。基本的に記述は一問か二問であり、100字を超えるものは無い。そのため文章はいいのだが、難易度自体は「発展」と銘打つほど高くないだろう。過去問へのつなぎとしては確実に完成編を挟む必要がある。

レビューをもっと見る

記述編 現代文のトレーニング

参考書名
記述編 現代文のトレーニング[改訂版]

まず、文章がハイレベルで、記述初学者にはお勧めできない。 入門編、必修編とやってきましたが、レベルが急に上がりすぎのように感じます。なので、ほかの記述の問題集でワンクッション挟まないとかなりきついです。 ある程度記述ができるようになって、数をこなしたいという人におすすめの一冊です。 ちなみに、解説は親切ではありません。

かなりの難易度。京大の理系国語の難易度を軽く超えている。 良問揃いである反面、解説には簡素さが若干目立つが、各要素について根拠立てて説明してあるので、解説を熟読し、良く復習することで読解力と記述の力をつけることが期待出来る。 この参考書を活かせるかどうかは利用者の復習次第だろう。

青色表紙、現代文のトレーニング【必修編】を経て【記述編】に取り掛かり始めました。 タイトル通り、苦行です… かなりキツイ。 (正直申し上げますと、 個人的な感想ですが【必修編】のほうはあまり好みではありませんでした…。) 【必修編】と【読解編】とでは著者が違います。 【読解編】ですが、 文章のレベルとしては丁度良いです。 というより、難関大学文系志望であればこのような堅い文章は抵抗なく読みたいところ。 記述編、というだけあって、かなり書かされます。 しかもかなりレベルが高い。 1題解くのに50分弱かかることもあります…。 でも、なんか楽しいんですよ。 良問、良解説だと思います。 1日1~2題でコツコツ記述力がついてくるんしゃないでしょうか。 少なくとも、記述慣れはできるでしょう。

レビューをもっと見る

現代文と格闘する

参考書名
現代文と格闘する

スタディサプリ東大現代文担当、難関大専門塾現論会代表、現代文ポラリスの著者である柳生好之先生が 「この本は多くの所で薦められているが、これは現代文の偏差値が70を超えてからやるものである。ちゃんと理解するにはそれくらいの力が必要。でも現代文の偏差値が70もあるならほかの教科をやれ」と言っていました。 よって受験生には要りません。ポラリス1.2やって記述練習やって過去問で十分です

傍線の引き方を教えてくれるのは凄く良い点。 だけど、解説が長い。 一問解いて解説見るだけでかなり疲れる。

私は、現代文なんかフィーリングやんと思っていました。そして今まで、そうやって解いてきました。フィーリングで解いてしまうと文の内容が自分に合う合わないがあったので成績は不安定。でも、これをやり始めてから少しずつ安定してきました。現代文の解き方がわかってきたような気がします。 私の場合は1題解く→解説読む→理解する→答え合わせの流れで3~5時間かかります…メンタルと体力をごっそり持っていかれるので1日の最後に格闘することが多いです。でも、解説は面白く、時々豆知識(?)のようなものも入っているので飽きません。 私はこの参考書をやる前に『現代文開発講座』という参考書を2周しました。 こちらもオススメです。

レビューをもっと見る

ステップアップノート30 古典文法トレーニング

参考書名
ステップアップノート30古典文法トレーニング (河合塾シリーズ)

いたって普通

私は理系でセンター試験のみのためにこれを使ったのですが、なかなかいいです。古文を得意にするのにちょうど良い難易度。解きやすい上に解説も丁寧。 薄いので短期集中型の問題集に見えますが、短期でやってもあまり効果は見込めないように感じました。

自分の古文力を爆上げした神書。 文法問題とあまり長くない文章問題がある。どれも難しすぎず良問。 1週目に文法だけやって2週目に問題をやるというやり方もできる。 古文に苦手意識を持ってる人はぜひやってほしい。得意な人も確認の意味でやってもいいと思う。

レビューをもっと見る

「有名」私大古文演習

参考書名
「有名」私大古文演習

有名な大学の過去問から簡単なものが集められています。解説は市販のもので一番丁寧かと思います。

レビューをもっと見る

首都圏「難関」私大古文演習

参考書名
首都圏「難関」私大古文演習 (河合塾シリーズ)

基礎が固まってないと中々苦しいかなと思います。単語・文法の知識をしっかりとしたものにしてから取り組まないとあまり意味が無いかと思います。中には難問も見受けられますが概ね良問が多くやる価値はあると思います。古文が難しい難関私大を受ける人は是非やって下さい。

ちょっと難しい古文が入ってる バリバリ演習したい人におすすめ でも、志望校の過去問を解くのと変わらないから、過去問期なら過去問解いた方がいい

手頃なサイズ GMARCH早慶上智のそれぞれから2~3問ずつ、計20題の有名出典が収録されている。 [問題] 様々なジャンルからまんべんなく、また難しい問題から簡単な問題まであり、各問毎にそれぞれ制限時間が付せられてある。 [解説] 各設問の河合塾による予想配点、また予想合格ラインの得点も付せられ、自分の立ち位置がわかりやすい。 現代語訳だけでなく、現代風の助詞や省かれた主語と各助動詞の意味などを補った問題本文、そして現代語訳要約が丁寧に載っており、また重要な単語およびその訳は太字になっている。 各設問毎に易~難までの難易度が付せられ、どの難易度であっても丁寧な解説があって、完全な難関の問題集というわけでもない。 難関私大用なので記述の問題は少なく、あっても説明などではなく、数文字補う程度。 難易度で選ばれた問題たちではないので、古文にかなり自信がある人には物足りないかもしれないのかなあ。 [はあ] デザインはあまり目立たないのでそう簡単には見つけ出せない。

レビューをもっと見る

古文 入試精選問題集

参考書名
古文 (河合塾SERIES―入試精選問題集)

私立の中の難関も入ってるし何より説明がめちゃくちゃ丁寧。問題になってるとこの単語とか文法、その作品の概要など細かく教えてくれます。

問題は約20問、私大と国公立が半々位で入っています。私大は上智とか早稲田が出典で書いてあるのですが、自分はやった事ないので分からないですけど多分優しい年度の問題になってると思います。国公立は中堅レベルの良質な問題(記述中心)が揃っています。 問題の難易度は低すぎず高すぎずでとても丁度よく、本文を読んで問題を解くだけで得られるものがたくさんあります。ジャンルも豊富にそろっているので、色んなジャンルの対策にもなります。 中堅国公立等を受けるなら、これと過去問で充分対策できると思います。 気になった方は是非1度本屋さんで手に取って見てください(^-^)

有名な国公立・私立の過去問を集めているが 問題文自体が難しい訳ではないので、 読解がある程度できて話の内容が掴みやすい。 そして、そこから「解答を上手く作る」という所に集中することができ、1つ先へ行くための 問題集として使える。 答えが間違いだらけでも、「内容は掴めてるんだから次は気を付けて設問を解こう」と前向きな考えが起き、難しい問題集独特の挫折感を感じることなく進められるので非常に良かった。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    〜センターから難関大記述まで〜【大学受験用】現代文・国語参考書のおすすめ一覧

    【大学受験】MARCH合格の国語問題集7選!記述から古文まで

    【国語】生きる漢字・語彙力の使い方と特徴

    【大学受験国語】国語偏差値50を確実に突破するための厳選参考書

    センター国語参考書まとめ!苦手を克服&偏差値UPにオススメの参考書

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に