数学参考書の王道!チャート式とフォーカスゴールドの正しい使い方

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

センターで高得点を取りたい人のために

応用問題にチャレンジ

センターで高得点を目指すには応用問題へのチャレンジが欠かせません。応用力はチャートやフォーカスの練習問題に取り組めば養うことができます。応用問題は避けずにチャレンジしてみましょう!最初は解けなくても全く問題ありません。解けなくても、その後に解説を読み、解法を頭に入れることができればバッチリです。「こういう解き方があったのか!」と思いながらしっかり吸収していきましょう。応用問題に取り組めば取り組むほど柔軟な思考力を身につけることができます。ビビらずに挑戦していきましょう!

融合問題にも対応しよう

センター試験の数学では、すべての分野を網羅的に出題するために、複数分野の融合問題が出題されるケースもあります。融合問題は非常に注意したいところです。もし融合問題だと気づけず、「これは図形の問題だ」と強く思い込みすぎてしまうと、本当は三角関数を使えば簡単に解けた問題に苦戦してしまい、相当な時間ロスになってしまった…という失敗談になりかねません。ですので、「センター試験では複数分野が一つの大問で出題されることもある」ということを念頭に勉強してください。一つの分野に絞った勉強法だと、こういった融合問題にはつまずきやすくなります。過去問をフル活用して複合問題にも強くなりましょう!過去問は河合塾が毎年出版している通称「黒本」がおすすめです。解説が丁寧なので理解が進みます。過去問は何回でも繰り返し解きましょう。出し惜しみなどせず、早くからたくさん解いていくことが成長につながりますよ♪

分野に偏らない勉強を

当たり前のことではありますが、センター数学では全範囲から満遍なく出題がされます。どこかの分野や、数学Ⅰや数学Ⅱにだけ力を入れて勉強するという偏った方法は危険です。数学Aや数学Bの細かな範囲にも必ず慣れるようにしましょう。おろそかにしてしまう分野がないように勉強をしないと、高得点は取れません。典型問題を繰り返し解くことで、計算力と思考力は身につきます。また、センター数学の特徴の一つとして、それまでに求めた値や角度、長さ、面積などがヒントになることも頻繁にあるので注意しましょう。「流れをつかむこと」が大切です。満遍なく取り組むことを意識して勉強を進めましょう。「苦手だから…」と避けていたり、「得意だからもっと解きたい」と偏った勉強をしていると、力に差が出てきてしまうので、なるべく同量の勉強を心がけることをおすすめします!

最後に

ここまで、数学の王道参考書、チャートとフォーカスの内容や特徴について詳しく紹介してきました。

この二種類の参考書は、高校数学の鉄板かつ良質な参考書です。どちらを使うのが正しいのか、正解があるわけではありません。自分のレベルを理解したうえで、自分が使いやすいと思った参考書を選び、そして他の参考書に浮気せず、一つの参考書をやりきること、貫き通すこと、これが非常に大切です。参考書は何冊も使うよりも、たった一つの本を網羅する気持ちで徹底的にやり込むことが、結果につながります。

これまでに私が説明したことを参考にして、「これがいい!」と思える参考書を選んでいただけたら嬉しいです。参考書をやり込めばやり込むほど数学力は身につきます。ぜひ、チャートやフォーカスを活用して、数学の力を伸ばしていってくださいね。

この記事を書いた人
現役でお茶の水女子大学に合格しました。お菓子が好きで、中でも和菓子が大好きです!みなさんのお役に立てれるような記事(主に国公立向け)を執筆しています。

関連するカテゴリの人気記事

【センター数学】8割取るためのセンター数学勉強法と解答のコツ!

数学参考書の王道!チャート式とフォーカスゴールドの正しい使い方

誰でも8割狙えるセンター数学2Bの勉強法を全部教えます!

センター数学の過去問の使い方を紹介!【いつから?何年分?】

【センター数学1A】9割超えのための参考書と問題集について解説!

センター7割突破する勉強法・数学編!苦手な人におすすめの対策法

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に