【現代文のおすすめ参考書&問題集】センターから難関大対策まで

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

現代文は何から手を付ければよいかわからない…。
教材が多すぎてどれを使えばいいの?
センター試験と国立二次と私大で傾向が違いすぎる!
これは多くの受験生が抱える悩みです。

現代文の勉強は、暗記量が多く、教科書や資料集など多くの教材を使う必要があるので大変です。
それゆえ現代文の内容を整理しきれず、苦手意識が芽生えてしまう方は多いのではないでしょうか。
参考書を買おうとしても、実況中継、用語集、センター対策など種類が豊富でますます悩みに直面することもあると思います。
受験本番で高得点を取れるように、前日まで出来る限り知識を詰めていきたいですね。
この記事では、現代文のおすすめ参考書、問題集について紹介します。

センター試験から国立二次、私大の日本史まで、幅広いレベルを網羅していますので、ぜひ受験勉強のスタートダッシュを切りましょう!

現代文の勉強におすすめの参考書

ここでは現代文の勉強におすすめの用語集を2冊、読み方や解き方のコツが解説されている参考書を2冊紹介します。
これらの参考書を活用してぜひ現代文を得点源にしていってください!

評論用語の勉強には『ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES) 』

現代文用語集の鉄板ともいえる良書です。
評論用語の意味・対義語・類義語など、覚えるべきポイントが詰まっています。
また、この参考書の良い所は、「どのテーマでよく使われるか」が書かれていることです。

闇雲に暗記を手助けするのではなく、関連のある話題と交えた説明が載っているので、体系的に評論用語を学習していくことができます。
時間があるときに眺めてみて、日常生活と評論のテーマ、評論用語を重ねて見ると良いです。
身近なものと関連付けることで、早く正しく理解することができます。
また、過去問演習などで評論用語を見たら、この参考書で確認しましょう。
こうすることで、入試現代文での使われ方がわかるようになります。
覚えるだけではなく、常にアウトプットすることを意識して評論用語をマスターしていってください。

参考書名
ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

これと、同じく河合出版のアクセスで独学してました。 私大もセンターも解けるようになります、多分

この本は、現代文とはいかなる科目か…ということが学べる。とは言っても抽象的なので、ざっくり言うと、倫理でやるようなことを学ぶ。この参考書は、単語帖というよりも、むしろ近代、哲学、情報化…等々の現代文のテーマを学ぶことが多い。国弱の私が使ってみると、何かいてあるか分からなかった…けど、そんなもんで大丈夫。大体で良い。ただ、現代文の演習をしてると、この参考書で読んだ内容が基礎となって、文章が非常に読みやすくなっていることに気が付いた。そして、様々な現代文を解いていくなかで、この参考書は、抽象的な概念を、非常に分かりやすく、初心者用に噛み砕いて説明していると思った。おかげで、今では現代文が得意になっている。これなしでは現代文が読めない…そう思っている(現代文が得意なら別だが)ここで一言、この本が難しいと言っている人がいるが、現代文の文章は、それ以上に難しい内容が出る。そしてもう一言(笑)、この本がなんと、意外にも倫理に役立った。倫理をしていると、この本で得た知識が非常に、非常に役にたった。デカルトやベーコン等の哲学とその背景…柳田のハレとケ…近代合理主義…科学万能論…等々、数えあげるときりがない。ほぼ、書いてあること全てが役にたったといっても過言ではない。

薄くて簡単だなんて言う人が多いけど、ホントに読みづらいから現代文弱者にはキツイと思う。 私はセンター8割くらいの人間だけど、ただただ苦痛だったし、タメになったとも思えない。 ただこれより先にやる現代文の参考書も無いから、現代文に力入れたい人はやったらいい。 オススメはしない。

レビューをもっと見る

漢字・慣用句の学習には『生きる漢字・語彙力』

漢字や慣用句の対策にはおすすめの一冊です。
入試に頻出の言葉だけが載っているので、得点にもつながりやすいです。
「試験まで時間がない!」と焦ってしまう方も、この本を使えば必要最低限の語彙力を補充することができます。
また、例文が自然な表現のものばかりで意味や使われ方を知るのに最も適しています。

レイアウトはシンプルで、何周も繰り返しやすくなっています。
解答用ノートを作るかコピーするかして取り組みましょう。
3周もすればかなりの語彙が身につくはずです。
このような暗記物は、隙間の時間を見つけてコツコツ覚えていくことが大切です。

日々の暗記では空き時間を有効活用しましょう。
赤シートを使って勉強できるようになっているので、積極的に使ってください。
がっつり力試しをしたいときはコピーして書き込むのもありです。
MARCH現代文の対策にはこの本に載っている語句を覚えれば十分です。
載っていないものは難解な語句であると割り切って捨ててしまって問題ありません。

参考書名
生きる漢字・語彙力

カバー率えぐい 例文おもろい 語彙力アップする 四字熟語も慣用句もある こんなん嫌いな奴いんの?!

おれ、パソコンの中にしか伴侶の候補がいない。など例文が面白い。だがしかしセンターの漢字の配点はたったの10点である(200点満点)。沢山ある漢字の中からたった5問しか出ないんだぞ。漢字覚える時間あるなら古文単語覚えようぜ。

どんな修羅場だよみたいな例文があって結構笑っちゃう あとは、たまに酷いことをしれっとブッ込んでくる まぁ、漢字の練習としてはいい感じなんじゃ無いんでしょうか?((˶⌒ワ⌒˶)~なんちゃって♪ 難易度別になってるしセンター対策用もあるしで まずは1回書店で手に取ってみてはいかがでしょうか?

レビューをもっと見る

読み方や解き方のコツを覚えよう『現代文読解力の開発講座』

現代文の読み方が分からないというかたにおすすめの参考書です。
対比や逆接、同値などディスコースマーカーを手がかりに文章の論理を追っていったり、筆者の主張を理解するキーワードを紹介しています。
現代文を解くのに必要なスキルはほとんどこの参考書に詰まっているので、ぜひ取り組んでみてください。
また、解説が丁寧で固く難しい表現がありません。非常に読みやすい参考書の1冊です。

参考書名
現代文読解力の開発講座 (駿台受験シリーズ)

私は中学の時から国語が苦手で塾の講座を見てもなかなか成績が伸びず、夏休みに最終手段としてこの本を買い、3か4周ほどやったところ、国語の偏差値が6.5上がり、夏休み前はさっぱり点が取れなかった早稲田の過去問で7、8割をコンスタントにとれるようになりました。

要約むずくないですかね?

だいたいの理系はセンター国語が爆死して死にます。140点取れればいいや 、って思っていると本番は120点くらい、あるいはそれ以下になります。 難関国公立を目指すなら 国語は8割取りたいところ。特に理系は、センター国語に傾斜がかかって配点が高いことが多い。 しかし、センター系の授業を受けても点数が上がらない、上がる気がしない。そんなアナタに この「現代文読解力の開発講座」がオススメ。 小手先のテクではなく、真の現代文の力 を身につけることができます。 読解力=要約力。相手の最も言いたいコトを如何に抽出することが出来るか。この本は要約の解説が充実してます。じっくり答えが出るまで何度でも粘って要約文を作っていくうちに、現代文の真の実力がついてきます。 僕は理系で国語はセンターのみでした。しかし、国語の占めるウエイトを考えれば1点でも点数を取りたい。たが、センター現代文対策の授業を受けても一向に点が取れる気がしない。何故ならテクニック以前にそもそも文章が読めてない。 しっかり文章が 理解できれば、テクニックなんて使わなくても、パパっと選択肢を切れるはず。「センター対策」 ではなく「現代文の真の実力をつける」ことに重きを置くべきだと気づき始めました。そんな時に出会ったのがこの本。 周りの人は、センターしか要らないのにこんな本をやって時間の無駄だと馬鹿にしました。しかし、この本、特に要約に力を入れ続けた結果、自分の中で何かが変わってきました。本文を読んで、選択肢を見れば 違う選択肢は問答無用で直ぐに切れるように、そして正解の選択肢を消去法ではなくハッキリと選べるようになってきました。それは、次第に点数にも現れるようになりました。 7月 142 (61) 9月 141 (77) ※10月辺りからこの本を始めた 11月 156 (86) 12月 176 (84) すべて駿台マーク模試の国語の点数(現代文の点数) 正直、これ程気分の良いことはなかった。今まで絶対に解けないと思っていた現代文がスラスラ解けるようになったのだ。現代文が速く解けるから、古文漢文に充てる時間が増え、国語全体の点数も上がる。12月頃からセンター本試追試に取り組んでいたが2012年追試以外最低でも150点を切ることはなかった。(他のセンター系問題集は役に立たないので使ってません。質が悪いので。) そして迎えた2018年センター本番国語の点数は166点。うち現代文は89/100であった。 古文で少し失敗してしまったが、平均104.68点の難しめの年であったことや現役時126点であったことを考慮すると、自分の中では大成功な点数だった。 突出した得意科目がなかった僕は全科目満遍なく点数を獲るしかなかった。もし国語がここまで点数が伸びなければ、第1志望には受からなかった、あるいは受けることすら叶わなかったかもしれない。 本当にこの本に救われた。受かった最大の要因と言っても過言ではない。 国語に苦しめられる理系の諸君は、是非この本の、特に要約に力を入れて取り組むことを強くオススメします。 ちなみに2019年センター国語を解いてみたら評論文は満点でした (古文漢文はすっかり忘れてしまいましたが) この本の偉大さに改めて感謝を込めてレビューを描きました。 現在は大学で建築を学んでいます。あんなに勉強した物理もいまや使うのはせいぜい力学くらい、化学に至っては消滅しました。けれども、ル・コルビュジエや磯崎新などが著した難解な建築専門書を読みこなす時に、この参考書で鍛えた力は非常に役に立っています。 真に身につけた読解力は、受験のためだけでなく一生モノです。

レビューをもっと見る

センター現代文の対策には『きめる! センター現代文』

センター現代文の対策を考えている方にはこの本がおすすめです。
本書では、どこまで読んでから設問を解けばよいか、本文中の重要な箇所の見つけ方など、読み方を中心に説明しています。
センター現代文で読み方を重視する方にはこの参考書がベストです。
評論文・小説とに分けて解説が載っているので、片方でも苦手があればぜひ買って取り組んでみてください。

参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)

私は理系で、高2の冬までセンター現代文の勉強は一切しておらずフィーリングで解くものだと思っていました。しかしこの本を読んで今までの現代文に対する考えが180°変わりました。初めはページ数の多さにびびるかもしれませんが、読みやすいのですぐ終わります。何度も読んでいくうちにセンター現代文の本質がわかってきて、だんだん点数も安定していきました。 ここで注意してほしいのは何周もしなければあまり意味がないということです。解き方を定着させ、それをセンター過去問に反映させることが重要だと思います! センター前日の日にもう1度この参考書を3時間ほどやり、こうやって解く!と心に決めて本番に臨んだところ、過去最高点の97点を取ることができました。(間違えたのは小説の言葉の意味) センターが共通テストに変わって少し形式が変わるかもしれませんが、本質は同じだと思うので、騙されたと思ってぜひやってみてください!

学校の先生の解説は、抽象的でフィーリングなところがあって分からなかったけど この本は何をどう見ればいいのか明確に書いてあるからいいと思う (国語が全然できない理系の意見) 文系の方はきっと現代文の解き方を分かってるから得意ならいらないと思う あんなに現代文が嫌いだったのに楽しい 授業でのセンター対策も点数が確実に上がってきました

自分は理系で今まで現代文の対策など全くしてこなかった。高校受験でも現代文に困ることはないしこのままいけるだろうと思っていたが、だんだん高校のレベルについていけなくなった。ネットで現代文の参考書をある程度調べ、本屋で自分に合った参考書を探した。どの本も現代文嫌いの自分にとっては頭が痛くなるようなものばかりだったが、この本は違った。405ページという分厚さに体が拒否反応を起こしたが、内容をみると、読みやすく、そして小手先のテクニックではなく物語の本質をつかむため読み方が書かれていた。 センターで点を取る方法について書かれているため、共通テストでも同じやり方でいいのかと思う人がいるかもしれないが、物語の本質を掴めればどんな問題形式でも対応できるだろう。 一周する時間もどんなに丁寧に読んでも10時間もかからないだろう10周はする予定だ

レビューをもっと見る

現代文の勉強におすすめの問題集

ここでは現代文の力試しにおすすめの問題集を紹介します。
分野別・レベル別で紹介しますので、あなたに合った問題集を使ってみてください。

私大対策は『5週間入試突破問題集頻出私大の現代文』

私大の入試問題が主な題材となっている問題集です。
様々なテーマの文章が並んでいて、問題形式にも偏りがありません。
多くのテーマや問題に触れたり、平易な語句や難解な語句に触れることもできます。
また、見開きで1つの文章題ができているので、コンパクトにまとまっています。

だからこそ丁寧な読解が必要になってきます。
いわゆる精読を心がけて、確実に正解できる力を身につけましょう。
解説でも本文に関係するテーマや読解のポイント、設問ごとの解き方のコツが細かく紹介されています。
問題だけではなく、解説もあなたの国語力を高めるサポート役となるはずです。

参考書名
5週間入試突破問題集頻出私大の現代文―30日間スーパーゼミ (アルファプラス)

レベルに応じて使い分けよう『入試現代文へのアクセス』

現代文の勉強にはうってつけの問題集です。
「基本編」「発展編」「完成編」の3冊があり、この順番で難しくなっています。

基本編では、大問ごとに対比、具体例とまとめ、言い換えなど、押さえるべきポイントを意識させてくれるので、現代文を体系的に学ぶことができます。
解説もしっかりとしていて、言い換え表現や重要な箇所を傍線で強調してくれるので、復習もしやすくなっています。

発展編では、幅広いテーマの文章に触れることができます。様々な内容の文章を読んで背景知識を蓄えていきましょう。
また、読解のポイントや解法のポイント、きめ細やかな語句解説も詳細に施されています。
解説も読んでさらに現代文に慣れていってください。完成編は、より高度な学力を身につけたい方におすすめです。
レベルが高いので正解にたどり着くには精読が必須です。
丁寧な読解を心がけて国語力に磨きをかけましょう。

また、200字以内の要約もあり、難関大学の出題形式さながらの問題でトレーニングすることもできます。
入試現代文へのアクセスシリーズも活用して現代文の力を高めていってください。

参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)

現代文が苦手で友達に勧められて買ったはじめての問題集。基本編とある通り、易しめではあるが解説が詳しく現代文にも力を入れたいと思わせてくれた問題集でもあります。苦手な人はぜひぜひ

私自身、高一〜高二でやっておきたかった参考書である。 学校の授業と入試とで1番内容が乖離してる科目は何か? 私は迷わず「国語」と答える。 高校の国語は1つの文章を何時間もかけて読み解き、その考えに対する皆の意見を発表し、共有し合う授業を展開する。 しかし入試の国語はどうか? 限られた時間内で文章を読み解き、与えられた問題に対して、自分の意見は入れず、客観的に解答をまとめなければならないのである。 「現代文はフィーリング」と言われてしまうのも無理はない。 学校で現代文の解き方を学ばないのだから。 この参考書はそんな現代文の解き方の基礎を固めるのに最適である。 どうしてその答えを選んだだろうか? どうしてその答えを書いたのだろうか? 普段から根拠を持って解答を作成できているだろうか。 解説も丁寧で、1人でも無理なく進められる。 早い段階で1度、「入試の国語ってこういうものなのか」と味わっておくことは大切だと思う。 発展編、完成編も余裕があればぜひ。

一番苦手な現代文を底上げしたくて買いました。  僕は一日一題で進めていったのですが、大体初めは30分〜50分程度(難しいと1時間くらいかかることもあるかも)で慣れてくるとどんどん早く解けるようになり、無理なく取り組めます。この参考書の一番の良い点は解説が詳しいことにあると思います。記号選択の問題の取捨選択の過程や記述問題の具体的な解説は他のどの参考書よりも丁寧で分かりやすいです これを使い始める前は50もないくらいの偏差値でしたが、使い始めて2ヶ月後にあった全統模試では現代文の偏差値が+10、この冬にあった進研模試では偏差値70を超えることができました(たまたまかも、けれど)前よりも安定して現代文の点数を模試で取れるようになれました。現代文が苦手な人が初めにやる参考書として、これは最高の一冊です。

レビューをもっと見る
参考書名
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)

※誤り:「採用実績」→「著者出題歴」 長文はすべて二次試験や私大入試の採用実績があるもので、極端な難問易問はないと思われる。本文の解説と設問・解答の解説がそれぞれ用意されている点もすばらしい。また、発展編とあるが、ある程度できる人は手をつけてしまってもいいと思う。 ただひとつ欠点をあげるとすれば、記述問題が少ないというところだ。基本的に記述は一問か二問であり、100字を超えるものは無い。そのため文章はいいのだが、難易度自体は「発展」と銘打つほど高くないだろう。過去問へのつなぎとしては確実に完成編を挟む必要がある。

このシリーズは基礎編1周→発展編 問題6周・要約4周→完成編 問題5周・要約2周やりました。1番やりこんだのがこの発展編なのでここにレビュー書きます🤗 このシリーズは解説が類を見ないほど丁寧、要約の解答例・ポイントも載っていて、自学用に最適です。私は塾で現代文の授業を取ったのは夏期・冬期講習だけでしたが、模試や過去問ではそれなりにブイブイ言わせてました。基礎編は高2に上がる前の春休みに1周、発展編は高2の夏休みから1日1題やり、1周終わるごとに間隔を少し空けて(正確にはめんどくさくなってサボりつつ)高2の冬に仕上げました。完成編は高3に上がる前の春休みに1周して、夏まで放置し(良い子は真似しちゃダメだぞ)そこから夏の終わりまでに完成させました。だいたい2週間ペースで回せるし、1題30分と時間を決めてたのでほかの勉強の邪魔にもなりませんでした。 私がこんなに繰り返し解いたのは完璧に解けるようになるまでその回数をこなさなければいけなかっただけで、2、3周で出来るならそれが一番です。 ただ間違えたところを繰り返すだけでなく、なぜ間違えたのか?選択肢が文章の内容と一致不一致している箇所はどこか?などを考えながらやりました。はじめのうちは頭で考えるのではなく書き出してやっていました。そのうち頭の中で全部の情報が整理できるようになります。問題だけでなく文章内での対比対応・並列などの関係性に着目するのも徹底してやりました(このシリーズの解説編には文章ごとに関係性の図解での解説が載ってます それをわざと見ないで自分で書き出すのもやってました)。 塾の授業を取っていないから、という理由で周囲より成績が悪いなんて嫌だし言い訳にもしたくない、と考えていました 。(経済的な理由で現代文のレギュラー授業は取るのを諦めました) あと自分に見合ったレベルのものから始めましょう!これ本当大事🥺私は自信なかったので基礎編からやりましたし成績が順調に上がっていったので高3に上がる前に完成編に手をつけました。高3の夏終わりの模試は(現代文だけで)偏差値72でした。ブイブイ!早稲田も受かったぞ!ブイブイ! 高2の秋にいきなり完成編に手を出して「全然点取れないんだよ〜wwwとりあえず繰り返すわ」と言っていた同級生は卒業式の日、「私、#春から駿台 だからwwwwwwww」と騒いでいました(笑い事じゃない)高2のソレが原因のすべてではないとは思いますが、凡人はコツコツやるのが1番です。身の丈にあった受験🥺ぴえん🥺 自信ない人は基礎編からやろうな!!!お姉さんとの約束だぞ💪 成績がスランプで上がらん!!!みたいなのはしょっちゅうでしたし焦らないのが1番です。(受験ラスト3ヶ月毎日のように泣いていた人のセリフとは思えない)学校の先生にも頻繁に質問に行ってました。 このシリーズは本当におススメです。河合出版に足向けて寝られん🥺お世話になりました😭

3周くらいやりました。 解説が丁寧で良いと思います。

レビューをもっと見る
参考書名
入試現代文へのアクセス 完成編

発展編と比べて、記述が難しくなった 内容は少し難しくなったかなっていう感じ 特に記述かなー

入試現代文へのアクセスシリーズの最後にして最大の問題集。これを読みこなせれば一部の大学(東大京大阪大早大)を除き、得点源になると思います。一部の大学は現代文と格闘するにつなげれば間違いなく得点源となるでしょう。大抵の受験生はここで終わってもなんら文句のないレベルです。

レビューをもっと見る

参考書や問題集で基礎を固めたら過去問を解こう

基礎が定着したら、いよいよ受験校の過去問を解きましょう。
この時、1つの大問を時間をかけて解いてみてください。
焦らず丁寧に読むことで、参考書で獲得した読み方のコツを応用できるかじっくりと試すことができます。

インプットに終わらずアウトプットも欠かさず行うことで、現代文の力は確実に身につきますよ。
間違えた問題があれば、解説を読んで解答のプロセスを確認するだけではなく、参考書で解き方をもう一度確認してみましょう。
正解・不正解だけではなく解き方もきちんと振り返り、同じミスはしないように心がけていってください。
こうすることでさらに現代文を読み解く精度が上がっていきます。

この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

現代文の勉強法!正確な読み方解き方のコツ&参考書・問題集

【大学受験 現代文勉強法】現代文の解き方のコツとおすすめの勉強法

現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

【現代文勉強法】読解力+解答力を身につける参考書別勉強法

【現代文の問題集&参考書】苦手分野を克服して現代文を得点源に

【現代文のおすすめ参考書&問題集】センターから難関大対策まで

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に