【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

英語の勉強ではやらなければならないことがたくさんあります。単語、文法、長文読解、リスニング、ライティング・・・、その中でも「単語」と「文法」には真っ先に手を付けなければいけません。単語と文法を知らなかったら、英文を読めも、聴けも、書けもしません。「単語」「文法」の2大基礎項目を固めていなかったら、そもそも受験のスタートラインにすら立てていないのです。あなたは英語の基礎力、大丈夫ですか?
この記事では「単語」「文法」の2本柱のうち「文法」をピックアップしておすすめの参考書・問題集を紹介していきます。中学レベルの英文法すらおぼつかない方にも、遅れを取り戻すために最適な参考書を紹介しているのでご安心を!

英文法は基礎だが点にならない しかし…?

まず最初に言っておきたいのは、文法の勉強は英語学習に必須のものですが、それがそのまま試験の点に直結するわけではないということです。センター試験の第2問など文法知識をそのまま問われる問題もありますが、大半の問題では文法の力を直接問われることはありません。長文読解の過程だったり、英作文の減点要素だったりで、間接的に文法の力が点数として現れてくるのです。
だから、英文法の勉強をいくらやっても英語の点数が一向にあがらない…という場合も気にする必要はありません。点数として見えてこなくても、地道にコツコツ勉強していれば文法力は間違いなく身についています。それが結果として現れるのは、長文読解やライティングの勉強に本格的に取り掛かった後なので、焦ることはありません。逆に、英文法の勉強が直接点に結びつかないからといって疎かにしていると、その後長文読解やライティングをいくらやっても点数は伸びていかないでしょう。
英文法の勉強をするときは、今はしっかりと基礎を固める時期なんだということを意識して、焦らずペースを崩さないで取り組みましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

英文法は1〜2冊を徹底的にやり込む

英文法の勉強をするとき、多くの参考書や問題集をつまみ喰いするようなやり方をしているようでは全く力はつきません。勉強のポイントとして、少ない冊数を何周も何周もしてその内容を完璧に覚える、ということが大事です。下に紹介する「大学受験に向けた参考書・問題集」はどれも多くの内容が網羅されており、一、二冊完璧に覚えきれば受験に必要な文法力は十二分に身につきます。
内容が曖昧なまま多くの参考書・問題集に手を出すのではなく、自分にあった参考書・問題集を絞り込んで、一冊の中身を隅から隅まで覚えきるつもりで勉強に取り組みましょう。

中学英文法からやり直したい人向け

くわしい英文法中学1〜3年&くわしい問題集英文法中学1〜3年

「くわしい英文法中学1〜3年」が参考書、「くわしい問題集英文法中学1〜3年」が問題集になっています。文法書の中でもトップレベルに易しい内容なので、中学英語の基礎から怪しいという人はここから取り組みましょう。単語レベルもかなり易しいので、単語力に不安があっても安心です。

参考書名
くわしい英文法 中学1~3年 新訂版 (中学くわしい)
著者
金谷 憲
ページ
328ページ
出版社
文英堂
参考書名
くわしい問題集英文法 中学1~3年 新装版 (中学くわしい問題集)
著者
ページ
200ページ
出版社
文英堂

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく

「ひとつひとつわかりやすく」シリーズ中1〜中3英語の3冊分の内容がまとまった一冊です。収録英文の音声が入ったCDも同梱されているので、目でも耳でも中学英語を振り返ることができます。項目ごとに解説と少量の練習問題が載っており、この一冊で英語の基本を身につけることができます。

参考書名
中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。
著者
ページ
327ページ
出版社
学研プラス

関係代名詞の所有格が載っていません。練習問題は、よく似た文章が沢山出てきます。何度も出てくるから自然に覚えられていいという方もいるかもしれませんが、沢山の表現を覚えようと思う人には向いてません。説明は簡潔すぎます。「こういう場合には」という言葉が沢山出てきますが、具体的にどういう場合なのか書いてません。 くもんの中学英文法は、CDが今のところ付いてないし、Mr. Evine の中学英文法を修了するドリルが、最強だと思います。

レビューをもっと見る

くもんの中学英文法

解説文はあまり多くなく、英文法を一から理解するというよりも基本的な文法事項を覚えているかチェックするのに向いている参考書です。小さなサイズでコンパクトにまとまっているので、持ち運びが容易です。いつでもどこでも手軽に文法事項をチェックできます。

参考書名
くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)
著者
ページ
223ページ
出版社
くもん出版

分かりやすい解説!

自分は高校生ですが中学英語の穴が多いので、穴を埋めるために使ってます。200ページ余りの読み物ですが、読むのに負担は少なく素早くこなしやすいです。 最後には薄いチェック用問題集があるのでそれで確認、反復すれば中学英語はかなり身につくと思います。

10週はして例文も覚えましたが説明が簡素でわかりにくいところが多いので初学者にはおススメできません。例文ばかりで説明が少ないです。基礎が固まっている人向けに感じます。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

高校英文法の基礎が不安な人向け

ここからは、高校英語レベルの英文法に不安を覚えている人におすすめの参考書を紹介します。
高校英語の内容は、センター試験や私立大学の試験などの大学入試に出題されます。
このレベルの英文法の基礎は、大学受験の勉強を始める際にとても重要な範囲ですから、しっかりとマスターしましょう。

大岩のいちばんはじめの英文法

「講義」という語り口調の文体で書かれた解説文を読んだ後、「チェック問題」で学習内容の復習をするというスタイルの参考書です。文の要素ごとに色分けされていたり、イラストが豊富だったりして英語が苦手な方も取り組みやすいです。

参考書名
大岩のいちばんはじめの英文法 超基礎文法編 (東進ブックス 名人の授業)
著者
大岩 秀樹
ページ
230ページ
出版社
ナガセ

英語の文法書だとよくネクステやビンテージが挙げられますがこれらの本は中学文法を完全に理解している前提で書かれてるのでいきなり初学者が使うと躓きやすいです。そこで英文法の下地を作るための本でおすすめなのがこの大岩です。大岩は五文型や品詞の役割から説明があるし、量が少ないので初学者や英弱でも学習しやすいと思います。この本を完璧にしたら大学受験レベルの文法書にも入りやすいと思います(*´・ω・`)b

これと単語やっただけで 進研模試の英語の偏差値が39.1(高1 1月)から54.3(高2 7月)まで上がりました!!!!!!

今年早稲田大学に合格した先輩がこの教材を強く勧めてたのと、大岩先生がその場で授業しているような会話型の教材だったので、使ってみました。 1年生の時、私の学校の英語の先生がするこの不定詞は何用法?動名詞ですか、現在分詞ですか、などといった質問に正確に答えることができない程でした。中学の基礎の確認にもなるし、はじめたばかりなら尚更ぜひ手に取ってもらいたいなも思います。 早稲田に合格した先輩も、周りが難しそうなものをやってるなぁと思いつつこれを進めて正解だったと仰っていました。

レビューをもっと見る

安河内の<新>英語をはじめからていねいに

「入門編」と「完成編」の2つに分かれており、「完成編」では「入門編」より難しい文法事項を扱います。「大岩のいちばんはじめの英文法」と似たようなレベルなので、どちらか好きな方を選んで勉強するといいでしょう。これも講義形式の語り口調で文章が書かれていて読みやすくなっています。

参考書名
安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 1 入門編 (東進ブックス 名人の授業)
著者
安河内 哲也
ページ
240ページ
出版社
ナガセ

気合いで暗記!が一昔前って感じがして古い。 わざわざこれを買う必要はなかったと思った。 でも最後の単語リストはまあまあ優秀。 これを買うなら ・大岩のいちばんはじめ ・佐藤誠司の英文法教室 ・成川のなぜ ・肘井のゼロから ・関正生の世界一わかりやすい英文法の授業 あたりを買うのをオススメする(初学者の前提で)

会話文をそのまま書き写したような文体です。 親しみがわく文章で好きなんですが、悪く言えば無駄な部分が多いです。 苦手な人は読みにくいと思います。

私は、『英語の根本原理は理解してないけど、長文は何とかイケる。だが文法問題はボロボロ』feeling型人間。 そういう人が、英語の仕組みをもう一度勉強し直すのには非常に良いです。 CD付きで面白い。飽きない。 (ただ下の方が仰る通り、本当の本当に英語がチンプンカンプンな方にはペースが速いかと思われます。)

レビューをもっと見る
参考書名
安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 2(完成編) (東進ブックス 名人の授業)
著者
安河内 哲也
ページ
238ページ
出版社
ナガセ

この本は2種類の使い方があると思います。ひととおり高校の英語が終わった人が短期間で知識の整理をする使い方と、独学で英語の先取りを進める人が長文を読むための読解用英文法として最低限の英文法知識を取得する使い方です。前者として使うのであれば非常に良書ですが、後者として使うのであれば大岩先生のほうがいいかもしれません。ネットにある短期間を鵜呑みにした初学者でしたが、単語が難しいのと2冊あって詰め込む量が多いため結構時間がかかりました。

レビューをもっと見る

今井の英文法教室

上巻と下巻に分かれていますが、下巻の方が上巻よりレベルが高いというわけでもなく、内容が多いから2冊に分けてあるだけです。「大岩のいちばんはじめの英文法」「安河内の<新>英語をはじめからていねいに」よりも難しい内容になっており、ある程度の文法知識を前提として必要とするので、それらの内容が完全に分かる状態になってから始めましょう。
問題演習と、その解説を通して文法を理解していく構成になっています。

参考書名
今井の英文法教室 上―大学受験英語 (東進ブックス 名人の授業)
著者
今井 宏
ページ
264ページ
出版社
ナガセ

英文法を総復習したい…でもあの厚い文法書を一からやるのはちょっと…という人(僕ですね)にオススメ 初学者向きではないが既習者にはうってつけ クジラ構文などアタマん中がごっちゃになりやすいところや受験生が間違いやすいところがわかりやすく説明されていてスッキリ整理できるんじゃないでしょうか 僕は受講したことないですが今井先生の人気講座「C組」のエッセンスが凝縮されていると思われます ところどころ挑発的なことが書かれてるのでそこは好みの分かれるところ 個人的には昔の松本人志みたいな強気な感じで面白くよんでますけどね

これを受験期にやったおかげで、受験で文法だけは何故か早慶レベルでも対応できた。またTOEICでも対策なしで文法は87〜91%安定したので、テクニックや対策本より文法そのものを固めるのがオススメ。

レビューをもっと見る
参考書名
今井の英文法教室 下―大学受験英語 (東進ブックス 名人の授業)
著者
今井 宏
ページ
288ページ
出版社
ナガセ

大学受験に向けた参考書・問題集

最後に、大学受験を見据えた英文法の参考書・問題集を紹介します。
実際に大学入試の英語で出題された問題を通して、実戦的な実力を養いましょう。

総合英語Forest

高校英語文法書の大御所、最も有名と言っても過言ではないのがこのForestです。分厚い参考書であり、文法辞典としての使い方がメインになってきます。問題集も兼ねているというわけではないので、これを一読するだけで文法の勉強を完成させることは難しいです。問題集と併用して、文法学習におけるインプット用の教材として活用しましょう。

参考書名
総合英語Forest 7th Edition
著者
ページ
655ページ
出版社
桐原書店

これで十分な感じです。 これを使うと学校の授業が下手に思えます。 学校をサボったり、休みの時はこれを使って自分のペースでやってます。 わかりやすいです。

買った癖に使わなすぎて森生える。(座布団1枚)

フォレストを使って私は英検の対策問題集と同時に勉強をしていたら英検の対策問題にも、間違えることが減り学校の勉強の理解も増えました!私は、フォレストを使ってほんとに良かったと思いました!すごいわかりやすいです!

レビューをもっと見る

一億人の英文法

英語文法書として古株の「Forest」に並ぶ勢いで最近人気が上がってきている一冊です。英文法の教材としては「Forest」と同じような使い方になります。「Forest」も「一億人の英文法」もボリュームがかなりあるので、どちらか好きな方を一冊もっておけばOKです。「Forest」が日本人目線で書かれた英文法書なのに対して、「一億人の英文法」はネイティブのイングリッシュスピーカーが監修した本なので、英語を母語とする人の目線で文法が解説されています。どちらのほうが分かりやすく感じるかは人によって違うので、書店に行って見比べてみましょう。

参考書名
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
著者
大西 泰斗, ポール・マクベイ
ページ
682ページ
出版社
ナガセ

すごく良かった。 英語って面白い!って思わせてくれた1冊 これ読んでから英語の理解がすごく深まった。 文章では伝えきれないけど、個人的にはすごく良かった笑 これよりも好きな参考書はあるけど、やって良かった!って思える参考書でランキングつけるとしたら、ダントツの1位! ホントにやって良かった!

つい昨日購入したばかりなのですが、本当に買ってよかったです! 私は今、他の大学に行きたくて試験のために1から見直してみようと手に取ってみたら、もうこれがすっごい分かりやすい😲 今日は3時間弱で軽く110ページほど読めました。 教科書みたいに、こうだからそのまま覚えろっていうんじゃなくて一つ一つ、イメージとかがあるので意味合いの違いを理解しながら学べます。 もっと早く知りたかったです、イラストとかいっぱいあるので退屈しません!例文も面白いのがあって笑っちゃいます(笑)

この本は、英語に対する難しいとか嫌いとかいう僕の考えを変えてくれました。 そして、例文がとてもユニークで面白い。 僕みたいに英語の勉強に行き詰まった人がいたらぜひ読んでみてください。 英語は楽しい!

レビューをもっと見る

Next Stage

代表的な英文法の網羅系問題集です。英文法に関する解説文はほぼないので、これの他に文法書を一冊取り揃えておくことをおすすめします。英文法の基礎理解がしっかり済んだ人が、問題を解きながら知識を定着させていったり、更に深い知識を吸収したりするのに使う問題集です。膨大な範囲を網羅しているので、量が多くて大変ですがやり切れば難関大の試験でも十分に対応できる文法力が身につきます。

参考書名
Next Stage英文法・語法問題4th edition
著者
ページ
511ページ
出版社
桐原書店

ネクステを完璧にしたら怖いもの知らず。 頑張る。

表紙の文字といい、色合いといい、ビジュアルがいいです!👌👌 とにかく問題数をこなしたいって人にオススメです🤗 英語の力は十分つくと思います!!👼🏻

NEXTAGEをやればセンターはもちろん、一般試験にも対応出来る だが、全てを覚えるのは効率が悪い。 1周するのにも本気で頑張っても1週間はかかる。(1週間これだけに時間を費やすことになる) 薄い参考書を何度もやった方が力がつくだろう。

レビューをもっと見る

UPGRADE

「Next Stage」と並ぶほど有名な網羅系英文法問題集です。「Next Stage」と使い方は同様で、基礎をある程度固めてから取り組むことで基本的文法事項の定着、より詳細な文法事項の学習が期待できます。「Next Stage 」も「UPGRADE」も内容にほとんど違いはないので、見比べてみてレイアウトなど自分の好みの方を選んで一冊に集中して取り組みましょう。

参考書名
三訂版 データ分析 大学入試 アップグレード 英文法・語法問題(CD付き) (アップグレード)
著者
ページ
447ページ
出版社
数研出版

すき

隙間時間で少しずつやれます! …大体3周ぐらいすると 3分の1は問題の答えが 思い浮かんでしまいますが🐥

要点がまとめられてるし特に重要なとこに頻出って書いてあるから特に重要なところから学習できるところがいい! 今は語法極めてます(*¨*) これからもシス単と合わせて使っていこうと思います୧(๑•̀ㅁ•́๑)૭✧

レビューをもっと見る

全解説頻出英文法・語法問題1000

「Next Stage」「UPGRADE」よりも更に高度な問題が掲載されている問題集です。センターレベルは大きく越え、早慶上智レベルの難しい文法問題を解くための力を身につけるのが目的です。国公立を狙うなら、東大志望でさえここまで難しい文法問題を解けるようになる必要はありません。あくまで難関私大向けのハイレベル問題集と捉えてください。

参考書名
全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)
著者
ページ
367ページ
出版社
桐原書店

難関大の入試問題では、高度な思考力を要する問題が大きなウェイトを占めるが、英文法の短答問題に関しては用法を暗記していれば機械的に解くことが可能な問題がほとんどであり、機械的に解くことができれば、確実に点を取ることができるし、時短にもつながる。 本書は機械的に解くための用法の引き出しを確実に増やしてくれる問題集である。 しかしながら、英文法の理屈の部分は説明が少ないので、初学者向きではない。 ある程度英文法の問題に対するアプローチ方法がわかっていて、かつ難関大を目指すという志の高い人にはとてもお勧めできる。

河合塾の浪人生に向けてになるんだけど、英文法の先生の授業受ける価値なし!wって思ったら切ろうね。んでこれやろうね。ほんと英文法に関しては嫌な先生の授業受け続けても何にもならないから。そんな授業出続けるなら自習室でこの本と向き合う方がよっぽどいいよ。そっちの方が成績上がる。 あ、でも英文法の先生わかりやすいなって思ったら切っちゃダメだよ。 あとこんなこと言っちゃなんだけど英文法の先生って暇そうな人が多いから好きになれそうだったら添削頼むのもいいかもね。

オレンジの表紙の某有名文法書などには載っていない細かなニュアンスまで説明されているため、これをマスターすれば早慶上智の"文法問題で"合格ラインを突破できます(eg: canとbe able toの違い など)。 問題集と説明が分けられているので、理屈がわからなくても後者を見れば理解しやすいとは思いますが、前者はモノクロで問題がずらっと並んだものなので、人によっては合わないかもしれません。

レビューをもっと見る

最後に

英語学習において、文法の勉強は地味で点に直接結びつくことは多くありませんが、基礎として単語に並んで重要なものです。基礎がしっかりしていない建物はすぐ崩れてしまうように、文法が固まっていない状態では長文読解も英作文もリスニングもなかなか力はつかないし、安定感なくブレブレになってしまいます。また、参考書・問題集は「少数精鋭」で挑みましょう。多くの参考書や問題集を持っていても、それぞれの理解や暗記が甘かったらそれらはただの「烏合の衆」と化します。大事なのは、一冊一冊を完璧にすることです。この記事で紹介した参考書・問題集を使って、英語の基礎「文法」を早い段階でマスターしましょう!

以下は英文法の関連記事です。併せて読んで見てください。

【センター英語8割取る!】勉強法とおすすめ参考書・過去問対策法

【大学受験】英語文法おすすめ参考書と勉強法をレベル別に紹介

【英作文おすすめ参考書】書き方のコツと表現&例文暗記法を大公開!

【センター英語】おすすめの勉強法を分野別にご紹介!短時間で8割を達成!

【大学受験の英語文法】2ヶ月でできる基礎からの英文法勉強法!

大学受験のための英語勉強法。まずは英文法をマスター!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に