【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

本記事では、英文法を学ぶためのおすすめの問題集や参考書をご紹介します。英語の勉強ではやらなければならないことがたくさんあります。単語、文法、長文読解、リスニング、ライティング・・・、その中でも「単語」と「文法」には真っ先に手を付けなければいけません。単語と文法を知らなかったら、英文を読めも、聴けも、書けもしません。「単語」「文法」の2大基礎項目を固めていなかったら、そもそも受験のスタートラインにすら立てていないのです。あなたは英語の基礎力、大丈夫ですか?
この記事では「単語」「文法」の2本柱のうち「文法」をピックアップしておすすめの参考書・問題集を紹介していきます。中学レベルの英文法すらおぼつかない方にも、遅れを取り戻すために最適な参考書を紹介しているのでご安心を!

英文法は基礎だが点にならない しかし…?

まず最初に言っておきたいのは、文法の勉強は英語学習に必須のものですが、それがそのまま試験の点に直結するわけではないということです。センター試験の第2問など文法知識をそのまま問われる問題もありますが、大半の問題では文法の力を直接問われることはありません。長文読解の過程だったり、英作文の減点要素だったりで、間接的に文法の力が点数として現れてくるのです。
だから、英文法の勉強をいくらやっても英語の点数が一向にあがらない…という場合も気にする必要はありません。点数として見えてこなくても、地道にコツコツ勉強していれば文法力は間違いなく身についています。それが結果として現れるのは、長文読解やライティングの勉強に本格的に取り掛かった後なので、焦ることはありません。逆に、英文法の勉強が直接点に結びつかないからといって疎かにしていると、その後長文読解やライティングをいくらやっても点数は伸びていかないでしょう。
英文法の勉強をするときは、今はしっかりと基礎を固める時期なんだということを意識して、焦らずペースを崩さないで取り組みましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

英文法は問題集・参考書を1〜2冊徹底的にやり込む

英文法の勉強をするとき、多くの参考書や問題集をつまみ喰いするようなやり方をしているようでは全く力はつきません。勉強のポイントとして、少ない冊数を何周も何周もしてその内容を完璧に覚える、ということが大事です。下に紹介する「大学受験に向けた参考書・問題集」はどれも多くの内容が網羅されており、一、二冊完璧に覚えきれば受験に必要な文法力は十二分に身につきます。
内容が曖昧なまま多くの参考書・問題集に手を出すのではなく、自分にあった参考書・問題集を絞り込んで、一冊の中身を隅から隅まで覚えきるつもりで勉強に取り組みましょう。

中学英文法からやり直したい人向け問題集・参考書

くわしい英文法中学1〜3年&くわしい問題集英文法中学1〜3年

「くわしい英文法中学1〜3年」が参考書、「くわしい問題集英文法中学1〜3年」が問題集になっています。文法書の中でもトップレベルに易しい内容なので、中学英語の基礎から怪しいという人はここから取り組みましょう。単語レベルもかなり易しいので、単語力に不安があっても安心です。

参考書名
くわしい英文法 中学1~3年 新訂版 (中学くわしい)
参考書名
くわしい問題集英文法 中学1~3年 新装版 (中学くわしい問題集)

・テストに出る重要ポイント ・重要ポイント確認問題 ・基礎を固める問題 ・力を伸ばす問題 という構成。 基礎を固めるまでは初学者でもちょうどいい難易度だが、力を伸ばす問題はかなり発展した内容。 基礎を固める問題までで1周終わらせてから力を伸ばす、の発展問題に取り組むと良いかも。

レビューをもっと見る

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく

「ひとつひとつわかりやすく」シリーズ中1〜中3英語の3冊分の内容がまとまった一冊です。収録英文の音声が入ったCDも同梱されているので、目でも耳でも中学英語を振り返ることができます。項目ごとに解説と少量の練習問題が載っており、この一冊で英語の基本を身につけることができます。

参考書名
中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

私は学び直し中ですが、中学生の頃にこの本に出会いたかった。 教師によっては説明を省く基礎にして重要な部分がきちんと書いてありました。 私はその基礎を教わらなかった為に英語が全く理解できず挫折したので 今まさに英語を学び始めた方にもおすすめです。 似たような教材は各社から沢山発売していますが コレかコレの学年別になった分冊版でいいと思います。

社会人の学び直しの入り口に良さそうです。私は学生の頃、特に英語が嫌いだったわけではないはずですが、それでも特定の言い回しに苦手に思うところがあったりします。そういう不得意・不慣れな表現を自覚するために、学び直しの入り口にこの本をざっと通読するのをおすすめします。 他の方も書いてるように、文法用語は最小限。説明はとてもシンプル(それゆえ、受験用には即効性がないかも)。

中学英語は入試で(多分)満点取れたってくらい英語が好きで真面目にやってきてたけれども、長いこと社会に揉まれているうちに文法も細かい注釈もすっかりド忘れしてしまってたという私にはピッタリの本でした。 どこから手をつけたらいいのかも分からなかった状態でしたけれども、この余白の多い本を一通りやり終えたら、忘れていて思い出したかったことが、一気によみがえって来ました。 この本の後に中学英文法の入試問題集に取り掛かったんですが、あんなにつっかかってばかりいたのが嘘のようにストレスなくサクサク進められるようになりました。 一度やり終えたら、2度目は回答を本に書き込んで、3周目からは全文音読しながら復習しています。今、6周目の復習中ですが、音源CDにひたすら音読でついていくといった簡単で負荷の少ない復習方法で何とか初心者レベルは脱出できそうです。 とにかく、社会人のやり直し組にとーっても心強い一冊。ホントにお勧め!

レビューをもっと見る

くもんの中学英文法

解説文はあまり多くなく、英文法を一から理解するというよりも基本的な文法事項を覚えているかチェックするのに向いている参考書です。小さなサイズでコンパクトにまとまっているので、持ち運びが容易です。いつでもどこでも手軽に文法事項をチェックできます。

参考書名
くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

基礎の基礎から段階を踏んできっちり書いてある。めちゃくちゃ重要なことがサラッとしか書いていなかったり、薄めの見た目なわりに濃度が濃い。全文アンダーライン必須レベルにポイントが端的にまとめられており、蛇足ゼロの削ぎ落としっぷりが素晴らしい。枠外のおまけとかもサラッとしていて見逃してしまいそうな感じなのに頻出重要案件だろうな的確さで、おそらく中学生にはまだ必要なくてもそのうち必要になるよみたいな感じでオマケにしているんだろう。社会人やり直し学習者にとっては同じ文法のカテゴリーで習えるのでとてもありがたい。 熟語とか動詞と前置詞とのセットとか超基礎なんだけど基礎だからこそ多用されるものなのでキッチリ暗記したい。忘れているものとか覚え違いしているものとか少なからずあった。 関係代名詞やら付加疑問やら完了形やらあやふやなままなんとなく〜ではなく違いを明確にできる。 一周目が終わったので二周目いきます。 テキストと別に超薄い問題集(チェックテストという名の冊子)が付属している。1セクション3問程度で本編をおさらいする感じ。178セクションある。内容も穴埋め問題や並び替えが主で簡単にスイスイ解ける。が、簡単で薄いわりに思ったより濃い。似たような語句を細かく言い換えていかねばならないので文法の違いを明確に理解していなければケアレスミスしたりする。(私だけだろうが) 薄いしシンプルなのでやる気が削がれないし、それなのに全文重要なことしか書いていないので中学英語のやり直しにはとてもいいのではないかと思います。

10週はして例文も覚えましたが説明が簡素でわかりにくいところが多いので初学者にはおススメできません。例文ばかりで説明が少ないです。基礎が固まっている人向けに感じます。

最初の方はi amとかi doとか、すごく基礎的なことです。 僕は性格が真面目なので、そこからやったのですが、途中で飽きました。まあまあ英語に自信があるって人は第2章から始めることをお勧めします

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に