14966422

化学のおすすめ参考書・問題集を紹介!【センターレベルから二次対策】

はじめに

「化学の勉強方法がよく分からない」
という悩みをあなたは持っていませんか?
丸暗記でも計算問題は解けないし、無機化学で出題される物質の性質はすぐに忘れてしまう…
おかげで化学が大の苦手だという受験生も多いと思います。

私も最初は化学が苦手でした。用語はよく分からない物が多いし、黒板での授業だけじゃイメージが湧かない…
そんな時に化学担当の先生から教わった図録やセミナー化学のような参考書や問題集を活用した勉強法を試してみたところ、化学のイメージを掴むことができました。それに伴い点数も徐々にですが上がってきました。
この経験から、苦手を克服するのに役立つような参考書・問題集を使って勉強することこそ化学の弱点克服に最も大切なのだと実感しました。
最初は化学が苦手だった私でも最終的に成績を上げることができた勉強法や問題集を化学に悩めるあなたに紹介したいと思います!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

化学3大分野(理論、無機、有機)の特色

15195811?w=430

おすすめの参考書を紹介する前に、大学受験の化学という科目についてポイントを紹介します。
大学受験で扱われる「化学」は、大きく分けて理論化学・無機化学・有機化学の3つに分類できます。この3つのうち、理論化学と無機化学は融合問題として出題される場合も多くなっています。
それぞれの特色を見ていきましょう。

理論化学

理論化学では、最初に化学の基となる用語や周期表、考え方を学習します。
この時点で嫌になってしまう人もいますが、用語が理解できないと何もできなくなってしまうので、頑張って基礎事項を覚えましょう。

理論化学で頻出の単元は、
熱化学、酸・塩基、酸化還元反応、電気分解・電池、化学結合・結晶格子、気体、
反応速度・化学平衡・電離平衡
などです。

見てるだけで頭が痛くなりそうな単元名ばかりが並んでいますが、「理論」化学という名前が付いているだけあって実は論理(なぜそうなるのか)が説明しやすいものばかりなのです。
論理を理解して計算問題(物質量、濃度、化学反応式の数値計算)に臨めば問題自体の理解ができ、計算も速くなります。単元別の考え方を捉えることができれば後は単なる計算問題です。

例えば、電気分解・電池の単元であれば、
電極に使われている物質のうちどちらがイオン化しやすいか(電子を放出しやすいか、または得やすいか)を「イオン化傾向」から判断し、電極の図を描いて電子の移動を記入する
という流れで電流が流れる論理を理解し、化学反応式を書くことでイメージができ理解が深まります。

また、反応速度・化学平衡・電離平衡の分野では、化学反応は一方的ではなく双方的に起こることを常にイメージしながら、近似や濃度平衡定数などの独特の考え方や表記法が何を表しているのかを理解することが大切です。

このように、論理を理解するためにはイメージが大切なので、図を書いたり、図録で写真を見て勉強しましょう。

無機化学

無機化学は、C(炭素)を含まない物質の性質がメインとなっています。
物質の性質は丸暗記しなければいけない事がほとんどで、覚えにくかったり忘れてしまうこともあり、苦手な人が多い分野です。
また、理論化学との融合問題として出題されると、知識と考え方両方を用いて解かなくてはいけなくなるので、かなり実戦的な訓練が必要になります。

まずは、定期テストの復習をして知識を思い出し、過去問などの問題演習で知識を固め、考え方を身に着けていきましょう。

また、丸暗記しなくてはいけない知識が多いとはいえ、無機物質の性質は身の回りの物に応用されています。図録で絵や写真を見ることで、身の回りのものと物質を結びつけると覚えやすくなります。

有機化学

有機化学の分野は、暗記が中心の理論や無機とは違ってパズルを解くような楽しさがあります。私のように、有機化学だけは面白いと感じる人も多いかと思います。
有機化合物の構造決定や分離の問題は、パズル問題のような感覚で解くことができるため楽しみながら勉強することが出来ました。風邪薬や鎮痛剤に使われている物質も登場するため、身の回りのことと結びつけることも出来ます。

官能基や有機化合物ぞれぞれの性質がパズルを解くヒントになるため、しっかり覚えなくてはいけないのですが、最初に官能基や有機化合物の性質をすべて覚えるというよりは、パズルを解きながら同時に知らない知識を覚えていく勉強法のほうが楽しめるし定着します。
化学式や化学反応式は省略せずに毎回全部書くことで、記憶に定着します。
数をこなすごとに解くスピードも上がってくる分野なので、どんどん問題を解いていきましょう。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

おすすめ化学問題集・参考書と使い方紹介!

15086319?w=430

この章では化学のおすすめ問題集・参考書と使い方を紹介します。
化学が苦手だった私が使って、成績を上げることができた参考書たちなので、その内容の良さは折り紙付きです。

受験期の私は、学校で与えられた問題集と過去問だけを使って勉強していました。
時折、「友達は分厚くて難しそうな問題集を何冊も解いているし、自分はこれだけで大丈夫なのかな」とかなり不安になってしまう事がありました。しかし、化学のイメージを掴むことが何より大切だと考えて基礎レベルの問題集を徹底して繰り返しました。
この記事を読んでいるあなたも同じような経験があるかもしれませんが、心配しなくても大丈夫です。「自分が気に入っている問題集1冊と過去問を何周もする」勉強法が最も力が付きます。何冊も問題集を解くよりも1冊を完璧にすることが大切です。背伸びをして実力に合わない問題集を使っても勉強するのが嫌になってしまうばかりです。

これから紹介する問題集や参考書は、基礎から丁寧に勉強するのにピッタリのものになっています。あなたもこの中から、「完璧にやり込む1冊」を選んでみてください。

これ一冊で基礎から応用まで『セミナー化学』(参考書)

800112
参考書名
セミナー化学
著者
ページ
256ページ
出版社
第一学習社
Btn amazon
11344127?w=80

やったことないからわからんけど使いやすそうな気がしますねはい

18773154?w=80

よく「セミナーは駄目」と言われるが、セミナー化学に関しては良書だと思う。基礎レベルはもちろん、各単元の後の方にある発展問題も良問が揃っている。解説がよく分からないという声も聞くが、端的にポイントを押さえている。図も使われており、分かりやすい。(もちろん分かりにくいものも少しはあるのだが。)総じて、幅広い層に適する参考書だと思われる。

4867290?w=80

普通〜少し難しめの基本問題を集めている 問題量はちょうど良い

レビューをもっと見る

まずは、『セミナー化学』。
定期テストの勉強からセンター試験、さらにはMARCHレベルの大学であれば、『セミナー化学』を完璧にすることで解けるようになります。

各単元の基礎事項まとめが充実していて、例題や練習問題は詳しくて分かりやすい解説が載っています。『セミナー化学』は苦手を克服する時にぴったりの参考書です。

【使い方】

受験直前まで何度も繰り返し解きました。
最初は応用問題以外を3周することで基本的な知識を覚え、簡単な問題を解けるようにしました。抜けている知識は丸暗記し直すのではなく、問題演習(例題、練習問題)を繰り返すことで補填していきました。
基礎力が付いたら、応用問題に挑戦しました。実際に出題された入試問題が選ばれているため、最初はあまり解けなくても心配する必要はありません。2周目以降で解けるようになりましょう。

毎日30分、『セミナー化学』と『重要問題集』を解き、更に30分復習に時間をかけていました。
どちらも共通して「2分考えて分からなければ次の問題に進む」というルールで勉強していました。化学の入試問題は時間勝負です。自分で新しい考え方を思いつくことを試される試験ではなく、どれだけ速く処理できるかを求められているため、自分で悩んで考え方を思いつくよりも「問題を知っているか知らないか」が鍵になってきます。(有機化学の構造決定では思考力が試されますが…)
化学の問題で使われる考え方は数学ほど難しくないため、理解にあまり時間がかからず、復習することですぐに身につけられ、次回からは解けるようになります。

私は高校1年生の時から『セミナー化学』を使っていたためゆっくり時間をかけて3周することが出来ましたが、高校3年生から使う場合は時間的余裕がないため、次に紹介する『重要問題集』と組み合わせて使うと効率よく学習できます。

実力アップは確実!『重要問題集』

14892388
参考書名
化学重要問題集ー化学基礎・化学 2017
著者
ページ
159ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
14757602?w=80

基礎問題精巧やったあと1ヶ月で一周できた。初見で8割はとけた。

17165052?w=80

センター化学レベルならここまでやっておけば満点取れる(レベルの解き方は身につく。僕はミスりましたw) 最初は結構間違えると思うので何回かとくべき。あと解説は薄めなので何らかの参考書を用意しておくべき。

21903578?w=80

解説が若干分かりづらいので周りに質問できる人がいると良いかも! 自分は高二の秋から半年間で重要問題集5回と新演習2回(新研究も読んだ)しただけで駿台記述模試偏差値75超えました(; ・`д・´)化学は基礎習った時から物凄く苦手意識持っていて、学校の考査すら平均点を超えれなかったのですが、完全にこれのおかげだとおもいます。 難易度も難しめではなくいいとおもいます💪

レビューをもっと見る

国立大学の理系学部を受験するなら『重要問題集』は欠かせません。
かなり難しい問題が載せられているため、初めて見た段階では解けない問題がほとんどです。
私が取り組んだ時でも、1周目では1時間考えても何も進まず、「こんな問題解けるようになるわけない!」と自暴自棄になってしまったこともありましたが、2周目では解けるようになっていました。
私のように初見で1問に1時間もかけるような無駄なことはせず、最初はできないと割り切って「2分考えて分からなければ次の問題に進む」ルールを守り、復習に時間をかけて次回以降解けるようにしましょう。

【使い方】

『セミナー化学』同様、3周しましたが、1周目ではほとんど解くことが出来ませんでした。
「解くことが出来ないと割りきって望む、でも解ける部分は必ず点を取る」スタンスを忘れずに、「2分考えても分からなければ次の問題に進む」ルールを適応して1日30分、『セミナー化学』とセットで解いていました。

ある程度実力がついてきていれば、『セミナー化学』と『重要問題集』で取り組む単元が異なっていても問題ありませんが、時間がない場合や効率的に学習したい場合は『重要問題集』に挑戦し、できなかった単元を『セミナー化学』で学習し直す方法で勉強する方法がおすすめです。

視覚でイメージを掴め『視覚で捉えるフォトサイエンス化学』

8467750
参考書名
改訂版視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
著者
数研出版株式会社
ページ
272ページ
出版社
数研出版
Btn amazon
11892226?w=80

フルカラーで写真もたくさん載ってるし、説明もわかりやすくて化学苦手な人こそ見てほしいです! 単に資料集としても使えるし、参考書としての役割もしてくれます 模試会場、受験会場まで持って行って読んでいました笑

14281318?w=80

化学を基礎から視覚で理解できる。文字だけでは理解できないところが理解しやすい。化学につまづいてるひとは買うべき。ほぼフルカラーで値段も手頃。

レビューをもっと見る

『視覚で捉えるフォトサイエンス化学』は図録であり、問題集・参考書ではありません。
カラー写真やイラストで視覚的に化学を学ぶことができます。炎色反応やイオン溶液の色は図録で目に焼き付けて覚えました。

ノートや参考書だけでは暗記にも限度があります。身の回りの物と化学の繋がりは参考書だけでは学習できないので、図録で調べて知識を蓄えましょう。
カラー写真やイラストでイメージを掴んで、五感で覚えると忘れにくくなります。

仕上げは過去問で!

11636731
参考書名
赤本611 センター試験過去問研究 化学
著者
ページ
928ページ
出版社
教学社
Btn amazon
21274319
参考書名
大学入試センター試験過去問レビュー化学基礎・化学 2017 (河合塾シリーズ)
著者
ページ
335ページ
出版社
河合出版
Btn amazon

大学入試において欠かせないのが過去問です。
過去問を選ぶ時には、「解説が自分に合っているかどうか」を判断基準に選んでください。センター試験過去問の場合、個人的には、赤本の解説が黒本の解説よりも優しめという印象です。

過去問をやる目的は、大きく2つ、
「自分が受ける大学の試験問題形式に慣れること」
「自分が受ける大学の試験問題の難易度を知ること」
の2つですが、私にはもう1つ、
「過去問って、2次対策してる感が大きい」
というものがありました。
何となくやっても勉強した気になれるというのは大きな落とし穴でした。

何となくではなく、十分に過去問を活用し確実な2次対策をするためには「復習」が大切になります。「復習」の方法は後述しますが、大切なのは今正解することではなく、本番で問題を解けることです。本番で問題を解けるには、できない問題を地道に減らしていく「復習」しか方法はありません。

【使い方】

過去問は、夏休み頃から手をつけ始めるのがおすすめです。
時間を確保しやすく、じっくり分析できるからです。

①数年分、試しに解いてみよう!
まずは最近の2、3年分を、どれくらいの難しさなのか知るために解いてみましょう。
自分のレベルや、後どれくらい頑張れば問題が解けるようになるのかが何となくイメージできます。

②単元別に10年分
次に10年分を、単元別に、化学でいえば「理論化学」「無機化学」「有機化学」別に解いて傾向やコツを掴みましょう。(理論化学と無機化学の融合問題は「理論化学」として捉えてください。)
1日1単元2年分を5日間学習することで格段に理解度が上がりますし、単元ごとに勉強することで単元の中でも自分が苦手な問題と得意な問題が見えてきます。
どうしても苦手なままの場合は、『セミナー化学』や『重要問題集』でも問題を解いて復習してみてください。

③試験同様の緊張感を!
最後には、制限時間を本番よりも10分短くして緊張感を経験しながら1年分全部解いてみましょう。
ここでも、できなかった問題を丁寧に復習し、『重要問題集』で類似した問題を学習してみたください。

『化学の新研究』・『化学の新演習』

602615
参考書名
化学の新研究―理系大学受験
著者
卜部 吉庸
ページ
775ページ
出版社
三省堂
Btn amazon
20370018?w=80

値段もアホみたいに高くないし(3000円くらい)理系の化学人にとっての辞書、辞典的な役割としては最適。某youtuberも大好きな一冊である。こいつに載っている例題がうちの学校の考査最終問題とかにひょっこりと現れる。満点を阻止しようと企む高校化学科、予備校、大学にだって対抗し完全勝利を手にすることが出来るはずである。こいつがいる限り高校化学に怖いものなどない。

21084282?w=80

 化学を勉強する中で、一問一答には載ってないし他の参考書は触れてなかったり曖昧だったり「暗記しましょう」だけだったりして納得いかなかったことが、全て(ここ重要)!!!これに載っています。  初めて見たときに内容と活字の細かさに若干引きましたが、辞書として使うのには持ってこいすぎて愛してます笑笑 これ1冊だけで参考書として使うのはきついしきっと化学が楽しいと大方の人は思わなくなってしまうと思うのでおすすめしません。  理解を伴った暗記をしたい人に是非この本をおすすめしたいです。

20767998?w=80

新研究は教科書や他の参考書がごまかして濁った言い方や簡単に解釈して載せている所をかなり詳しく書いてあります。問題はほとんどないのに、かなり分厚いので教科書の超改訂版のようなものです。 難関大学を目指すにあたって化学を極めたい人にはもってこいだと思います。

レビューをもっと見る
1606601
参考書名
理系大学受験 化学の新演習―化学基礎収録
著者
卜部 吉庸
ページ
194ページ
出版社
三省堂
Btn amazon
19142626?w=80

重要問題集が簡単に感じていると そこまで難しいとは感じないかも笑 難関大学へ行くなら必須かもしれない。 東工大京大東大をやりこんでいる人なら やると面白くないと感じるかもしれない。

17165052?w=80

かなり知識や考え方が身につく。 化学が難しい旧帝大以上志望ならやりたい。

20326016?w=80

卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸卜部 吉庸

レビューをもっと見る

この2冊は、私は使ったことはありませんが、友達が使用していて受験生時代に私を不安にさせた参考書・問題集です。
かなり分厚く、威圧感は最強です。
基礎から最難関大学の問題、さらには高校の学習課程を超えた内容まで収録されているので、化学が好きな人には合う参考書・問題集かもしれません。
名前が似ていますが、『化学の新研究』と『化学の新演習』は対応していないので注意してください。

センター対策にもなる化学勉強方法!

14704362?w=430

最後に具体的に私がどのように勉強していたかを紹介します。問題集を使うときの参考にしてみてください。
このなかで良さそうと感じたものがあれば試してみてください。
試す時ですが、自分の中で習慣になっていないうちは忘れてしまうので、勉強法を付箋などに書いて目に見える位置に貼り付けておくと効果的です。(勉強でも毎日目にするだけで復習になります。)

がむしゃらにならないように!

まず気を付けなければいけないのが、「がむしゃらにならないこと」です。
自分の得意な単元、苦手な単元をしっかり理解して、苦手な問題を着実にできるようにしていくことが大切です。
1週間ごとに目標単元を決め、5日間で過去問、残り2日で『重要問題集』や『セミナー化学』で復習するなど、内容をブレさせないことが大切になります。

量だけをこなしても、すぐに忘れてしまうので力になりません。丁寧な「復習」をして一度学習したことを忘れない(忘れても思い出せるような環境を作る)ようにすることが、勉強における効率の良さです。

自分だけの「復習ノート」を作ろう!

受験勉強では「復習」が大事であると何度も繰り返し行っていますが、ここでようやく復習の具体的な方法を紹介をしましょう。

方法はめんどくさいですが、簡単です。
これをめんどくさがらずにやってください、お願いします。


「復習ノート」というものを作ります。
「復習ノート」に、解いた日付、間違えた問題の載っている問題集名、ページ名、間違えた箇所、分からなかった考え方、問題を解くまでの流れ、気付いたことを全て書き込んでいってください。
これだけです。
勉強日記みたいなイメージで、その時思ったことも書き込んだりしていると、後々見返した時に思い出しやすくなります。

この「復習ノート」、書いている時よりも後々見返した時に効果があります。
細かく記録することでその時の様子が鮮明に思い出せ、忘れにくくなります。
寝る前に書いて、朝起きてから確認するだけで効果があります。

効率良い勉強法とは、一度学習した内容を無駄にしない、忘れない勉強法です。
人間ですから、全て覚えているのは不可能です。忘れかけていることを「復習ノート」でおもいだす、これが忘れないための努力です。

これはどの教科でも通じる、どの教科でもやってほしい「復習」方法です。

化学であれば、思い出せなかった化学式や化学反応式、忘れていた物質の性質が載っている図録のページ、思いつかなかった化学平衡での近似の考え方などを細かく書いていきましょう。
最初は何を書いていいかわからないと思いますが、続けているうちに自分の分かっていない部分が見えてきますので、自分の苦手な部分をサポートする助言的なメモを書きながら徐々に自分なりのノートにしていきましょう。

化学反応式は理解から丸暗記へ

化学反応式を覚える際には、酸塩基反応、酸化還元反応など反応式の基となる反応を常に思い浮かべることが大切です。
アンモニアソーダ法などの複数の式を加えた結果の式を覚える場合には、組み合わせる前の式や、行程の順番なども書いて、図録で実際の工場の様子を調べてみましょう。

理論・無機の計算問題は場数を踏んで!

理論や無機の計算(物質量、濃度、化学式の数値計算)は、経験を積むことで速くなります。何度も解いているうちに無意識に化学反応式を書けるようになります。
特に化学平衡の単元は考え方が非常に難しく、何度も計算で躓くことがあるかと思いますが慣れるまでひたすら解いて「復習」してください。

最後に

15086331?w=430

何度も「復習」の大切さを書いてきましたが、最後でも何度でも言います。
「復習ノート」を作り、寝る前に毎日その日に解いた問題についてメモ書きをし、次の日の朝に見返してください。このちょっとした心がけで問題集の定着具合が変わってきます。
毎日しっかり書いていると、入試本番には自分だけの参考書となり、見るだけで落ち着くお守りにもなります。
ぜひ自分だけの「復習ノート」を作って、「復習」してください。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
14720526?w=72
慶應義塾大学 理工学部に通っています。1人旅が趣味で、得意科目は数学と英語です!

関連するカテゴリの人気記事

14966422?w=120

化学のおすすめ参考書・問題集を紹介!【センターレベルから二次対策】

20665636?w=120

高校化学の勉強法を1から解説!理論、有機、無機化学全てをマスター!

17564620?w=120

大学受験化学に役立つイオン化傾向の覚え方を1から解説します!

15299866?w=120

無機化学の勉強法!暗記事項を減らす覚え方のコツ!

17450525?w=120

化学式とは?その意味から大学受験に役立つ化学反応式の覚え方まで!

17911156?w=120

有機化学の勉強法!有機化合物の覚え方・構造決定の解き方を解説します!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay