【大学受験英語】英文法を確実にマスターするための効率的勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

英文法のおすすめ参考書

さて、ここでは、おすすめの参考書・問題集を紹介します。ほとんどの高校で指定の参考書が配られているかとは思いますが、配られていない、もしくは指定のものでは物足りないあなたは参考にしてください!

Forest

参考書名
総合英語Forest 7th Edition

これで十分な感じです。 これを使うと学校の授業が下手に思えます。 学校をサボったり、休みの時はこれを使って自分のペースでやってます。 わかりやすいです。

買った癖に使わなすぎて森生える。(座布団1枚)

フォレストを使って私は英検の対策問題集と同時に勉強をしていたら英検の対策問題にも、間違えることが減り学校の勉強の理解も増えました!私は、フォレストを使ってほんとに良かったと思いました!すごいわかりやすいです!

レビューをもっと見る
参考書名
総合英語Forest解いてトレーニング 7th Editio

現在、解き始めた段階ですが、素晴らしい!説明が短く分かりやすいです。この説明で分からない場合は、少し苦手な単元だと思いますので、解答にあるForest 7thの参考ページを開けば、即詳細が分かります。Levelが3段階あり、Level1でつまずく人は 、まだそのレベルに達していないので、中学英語からやり直すか、Forest 7thを読み直す必要があるでしょう! 私は、英語完全マップ実践で有名な、なりしか氏を見習って、3周しようと思っています。(なりしか氏は、Forest 5thを3回通読しただけです。7thには、せっかく問題集があるので、解くことにしました。) また、随時進捗と共に追記したいと思います。 追記:2週目Level 2終了時 Level 1 コレが全く分からない人は、高校レベルをやる力がないと思います。力がないことを認めて素直に中学英文法と高校1年レベルの単語までをやり直すべき! Level 2 正直、中学英文法では太刀打ちできない。とにかく、知っているか知らないかという話の文法で、理解するとかの話ではない。特に慣用は、覚えるしかないがこの一冊でなんとかしようと思わないで良いと思います。この本で一通り存在を把握して、他の本で場数をこなして自然と覚えていかないときっと挫折します。 Level 3 Level 2に比べれば、中学文法の基礎がベースとなって、すんなり受け入れられるような応用問題であるため、人によってはコッチの方が簡単に思えるかもしれません。もちろん、中学レベルは超えているため、難しいという覚悟を持って取り組む必要があります。 現在、折り返し地点ですが、3周やってもきっとマスターできないでしょう。しかし、日々レベルが上がっているのは分かりますし、答えを見れば『あぁ〜』となりつつあります。では、たくさん周回を回せば良いかといえば…答えを覚えつつあるので、ドンドン効率が落ちる予感がします。コレは好みで別れるので自己判断が必要でしょう。私は、予定通り3周でやめて、次に移る予定です。また、3周終わったら追記します。 追記2:終了時 予測通り、マスターはしていません。が、英語力は高まりました。一通りは理解できたけど、覚えなければならない部分と高校英文法の部分は、やはり弱いといった感じです。ただ、他の教材などで場数をこなせばマスターできる手応えは感じています。

レベルが3段階に分かれてて使いやすい! 間違えやすい問題も交えてくれてるので、すごく役立ちました。 問題数も多すぎず少なすぎずで、復習するのに最適でした。 forest本誌と交えて使えるので、間違えた問題も解説がしっかりついてるので、スッキリ終えることができました。

入試問題からの抜粋も多くかなりポイントを絞ったワーク、でも演習を積みたい方には不適、量より質を重視したいならぜひこのワークを。 解説もわかりやすく、文法を1からおさらいできる、フォレストの文法参考書がなくてもオッケー、あったら尚更よし。

レビューをもっと見る

定番の「Forest」です。私もこれを使っていました。文章だけでなく、絵や図を使って説明してくれているので、非常にわかりやすいです。また、例文がわかりやすい上、例文のみをまとめた小冊子までついているので、例文ごと覚えるのにも適しています。
さらに、Forestに準拠した問題集も数多く出ています。特に「総合英語Forest(7th Edition)解いてトレーニング」が幅広いレベルを網羅していておすすめです。

Next Stage

参考書名
Next Stage英文法・語法問題4th edition

センター筆記194点、これが高1の僕がこの参考書とシステム英単語を本気で7周(見返した回数含めたらそんなものじゃないが)して掴んだ結果です。高1で駿台全国で5割行かず、危機感を覚え特進クラスで扱っていた参考書をお前には早いと馬鹿にされながらやり続け、遂にここまで来れました。そのメソッドはとにかく解く(これが文法問題の演習になる)、読む、全部解けるまで寝ないの繰り返しです。そして電車や休み時間で見返す。それだけです。 地道に何百回も見返した後のテストは全く感じるものが変わると思います。是非本気で、なるべく早くやって下さい。早くやったモン勝ちです!頑張って!

最初らへん簡単すぎてワロタ 基本1100のほうがやりごたえある 最初のところ、雑魚すぎる 買うの失敗だったかも… 個人の意見です どうぞ気にせずにお買い求めくださいませ

 自分が一番気に入っている所は、問題が左ページ、解説が右ページにあるので見やすく、左下に和訳、右下に解答があり、問題に対して1つのページに収まっていてとてもコンパクトにまとめられているところです。 解答解説が別冊だと紛失する可能性があったり、一つずつ照らし合わせて丸つけをして時間がかかってしまうことがあるのでその点他の教材と比べていいなと思いました。  様々なレベルの大学(センター試験)の問題から抜粋しているので全て解くとかなりのパターンの問題に対応できるようになると思います。 中には早慶やGMARCHなどのハイレベルな大学の問題も含まれていますが良問が抜粋されているので嬉しいです😄💯 また、(他の教材もそうかもしれませんが)赤シートや音声CDもついているので単に英文法だけでなく会話表現に必要なスキルや発音も身に付くようにカバーされています。しっかり取り組めば、英検にもきっと役に立つと思います。  英文法系問題集の中では一番オススメです📚👍

レビューをもっと見る

受験英語に特化した問題集です。基本的な文法をさらったあとに始めるとよいでしょう。
問題のレベルはGMARCHにぴったりですが、詳細な文法説明が省かれているため、Forestを参考書として併用することをおすすめします。

1億人の英文法

参考書名
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

今まで英語は暗記科目だと解釈していたぼくに英語は生きていると教えてくれました、またこの先の英語学習でやるべきことを明確にすることができました。本当にありがとうございます。

文法、単語、前置詞、副詞などがネイティブの視点から説明されていて、大学受験のために覚えるだけの英文法の勉強をしてきた自分にとっては眼から鱗が落ちる内容だった。 ただ、文法用語をできるだけ使わないように書かれているため、他の文法参考者とは説明の仕方の違いもあると思われる。 覚えるだけの英語ではなく、ネイティブの視点を持った英語を学びたい学習者に特にお勧めする。

文法用語をほとんど使わないため、文法をちゃんと理解している人が読むと、かえって混乱する。 「話す英語」に重点をおいているため、最上位が狙うような、(日常会話ではあまり使わない?)高度なレベルのものは書いてないことが多い。また、日本の英語教育では△~✕にされてしまうものもある。英作文がある人は、これらを使うと危険なので、判断が必要になると思う。 ただ限定詞や指示代名詞、英語の配置による役割、前置詞の根幹の意味など、他の文法書ではちゃんと触れられない箇所が丁寧に解説されており、「読解のための文法」にはなると思う。 同じ筆者で、学校むけの教材としてFACTBOOKというのがある。文法用語で解説されているので、ある程度英語ができている人にはそちらがおすすめ。

レビューをもっと見る

少しイレギュラーですが、こちらもおすすめです。ネイティブスピーカーがどのように英語を理解しているのかがわかる参考書です。高校でForestやNext Stageをやってたけど、いまいち英語がつかめない…というあなたにおすすめです。
さらにこちらは、アプリ版まで出ているので、電車の中や空いた時間に確認するのにとても便利です。

最後に

ここまで、英文法の落とし穴と、それを克服するための覚え方・演習の仕方、そしておすすめの参考書と問題集を紹介してきました。
ポイントは「暗唱しながら読む」「自分専用の参考書を作る」「1つ1つの問題集を完璧にする」「過去問演習でも英文法を意識する」この4つです。
着実に英文法を固めれば、英語の成績を短期間で一気に伸ばすことも十分可能です。この勉強法を実践して、志望校に合格しましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
現役で東京大学 文科I類に合格しました。夏からアメリカに1年留学するのですが、マジで太りたくないので野菜しか食べないつもりです。 得意科目は英語と数学で、国公立対策の記事を中心に執筆しています。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に