センター地理のおすすめ参考書&問題集!めざせ8割!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

旧帝大など難関国公立大学の理系学部を志望するあなた。
「英語や数学、物理・化学は得意だけど地理は苦手だ。」
「センター試験で地理が足を引っ張ってしまうのではないか。」
そんな不安を抱えていませんか?

私も高3の5月のマーク試験で、他の科目は8割前後なのに地理だけ30点台という点数をとってしまい、とても焦ったことがあります。
もちろん「他の科目と比べて地理をあまり勉強していなかった」ことが大きな原因であって、受験が近づいてきて勉強をするにつれて成績は伸びてきたのですが、センター試験だけで使う科目なのであまり時間を掛けずに対策したいというのが本音だと思います。
しかし、地理という科目は付け焼き刃の勉強で9割や満点に近い成績を狙うのは難しいです。
コツコツ勉強を重ねないとそういった高得点は取れません。

しかし、満点近い点数は無理でも短い時間で要領よく対策すれば8割以上の得点は十分可能です。
ポイントは参考書の選び方や使い方にあります。オススメ参考書を知って入試対策に役立ててください。

地理という科目を知ろう

理系の人で地理に対して苦手意識が強い人、あまり好きになれないという人は、地理という科目が何を勉強する科目なのか、どんなことを覚えればいいのか曖昧になっているのではないでしょうか。
地形や気候などいかにも地理というような分野から、農業などの産業や公害について、はたまた民族や文化について問われるとなると、どうにも一貫したイメージが作りにくいかと思います。何をしていいかもわからず、教科書と地図帳をただ眺めてみる。そういった状況では、勉強の効果もあまり上がりません。

私は地理を「地球に関すること」を勉強する科目だと考えています。
だからこそ地形や気候などの自然環境だけでなく、地球に暮らす人間の活動とそれが地球に与える影響についても出題されるのです。

系統地理と地誌

さて、地理は学ぶことが自然から人間まで広範囲に及ぶということがわかりました。
そんな地理という科目は、一般には2つの大きな分野に分類されます。
それが「系統地理」と「地誌」です。
系統地理と言うのは、自然環境、産業、生活文化など地理で扱うある項目について取り上げ、その基本的な考え方から世界ではどうなっているかということまでを学びます。
例えば温暖湿潤気候は「年間を通して降水量があり、四季がある気候」で、「大陸の東側に分布する」ということは気候についての最もシンプルな知識です。
センター試験ではその知識に基づいて考えることが出来るかどうかを図表の読み取りなどの形で確かめてきます。

系統地理が「地球全土に応用できる考え方」を学ぶ一方、地誌というのは「国、地域」にフォーカスしてその地域の理解を深めていくものになります。
例えば中国の地誌では、「中国の地形、気候、産業、公害、民族」など系統地理で学んだような内容を中国について細かくそれぞれ見ていくことになります。
広く一般的なことを「系統地理」で身に付けそれらを使って「地誌」で各地域ごとに考えていくということになります。

センター試験までの勉強3ステップ

さて、地理という科目がどんなことを扱うもので、どういう分野から成っているのかを知った次は、センター試験本番までどういった手順で何を使って勉強していけばいいのか説明します。

①初心者向け参考書を一読する

地理が全然出来ない、何から初めていいかわからないというあなたがまずするべきことは、初めて地理を学ぶ人向けに書かれた参考書を読むことです。
最初に書いたとおり、地理というのは広範囲に及ぶ科目です。正しい解答をするためには正しい考え方を知っておく必要があります。それにはやはりいきなり問題を解くのではなく参考書を使うことがポイントです。

②問題演習をして実力だめし

参考書を読み地理の全貌を掴んだら問題演習をします。
やはりセンター試験の過去問が最もおすすめですが、1年分通して解くのではなく各分野毎に解いていくのがおすすめです。

③資料集、参考書から実戦的な知識をピックアップ

問題を解いていくと、参考書で見たけれど忘れてしまった知識に出会うと思います。
そういったものは都度資料集や地図帳を使って確認していきましょう。
資料集は大量の知識が網羅された参考書ですが、闇雲に覚えるのではなく問題を解いていく上でわからないものを補っていくという目的で使いましょう。

こうして段階別にしてみるとわかりますが、地理の勉強ではたびたび参考書や資料集を使うのですね。一度インプットしたら問題演習を中心に学習したほうが効果が出やすい数学や物理・化学とはだいぶ毛色が違うことがわかります。理系の人は要注意です。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

【オススメ参考書】初めてでもセンター地理の考え方がわかるおすすめの参考書

何もわからない状態で問題演習を始め、解答解説を読み知らないことを覚えるという勉強は日本史や世界史、また化学の無機分野などでは有効な場合もあります。しかし地理という科目は単純な知識問題というのは少なく、図表の読み取りや複雑な選択肢の組み合わせ問題等を通して知識を正しく使えるかどうかを訊ねてきます。
ということは、初めて地理を勉強するときは実際に問題に答えられるような「応用の利く」知識を整理しながら覚えていけるような参考書を使う必要があるのです。

オススメの参考書は『山岡の地理B教室』や『村瀬の地理Bをはじめからていねいに』などです。
これらは講義形式で地理という科目全体をわかりやすく学ぶことが出来ます。
知識量という意味ではまだまだセンター地理で8割以上突破するだけには及びませんが、地理に最も必要な考え方や図表の見方などの基礎を押さえることができとても役に立ちます。

参考書名
山岡の地理B教室―大学受験地理 (Part1) (東進ブックス―気鋭の講師シリーズ)
著者
山岡 信幸
ページ
284ページ
出版社
ナガセ

国立理系よ。これをやれば地理は取れる。 地理B教室Part1、2→地理B一問一答ターゲット2200の統計資料(旺文社の)でセンター8割いけます。 やる時期は秋で、私は政経の授業中読んでました。 センターだけの教科にのめり込みすぎ注意w 時差の計算とか、テキストの細かい名前とか、センターにいらないところは飛ばしてください。ほんとに面白い。(もちろん、文系の方も) 授業(語り)→テキスト(暗記事項)という、最高の流れを活用して、2冊を最低2周くらいしてくれれば本当に力つきます。覚えやすいし。苦にならなかった。

この本で知識を整理してからウイニングコンパス(センターの重要問題「典型問題」をまとめている問題集【オススメ】)で、その単元ごとの問題を演習していきます。地理は暗記科目ではありません。というのはある意味正しく、ある意味間違えていると思います。数学と同じように、基礎を確認したら典型問題の解き方暗記科目だと、私は思いました。これを地理の授業聞きながらやってます。地理は授業もそこそこ大切だと思うので。 ⚠追記:講義の部分ではなくまとめの部分がページの制約があるのか説明はかなり省かれ、図は少ないので正直分かりづらく、効率が悪いので、これは読み物として割り切り、地理Bセンター面白いほどなんたらのほうをまとめページの代わりとして、使うのが良いと勉強をしていて感じました。

地理が取れない人の特徴 ・定期テスト直前に教科書を無理やり暗記。 ・友達と教科書で太字の言葉を答えさせる問題を出し合う。 ・授業は睡眠時間 ・別に後からでもできるし この本を買おうか迷っている人はまず学校の授業を受けてみてほしい。もし授業で教科書の数ページ分をまとめるプリントが配られて穴埋めするだけだったら速攻これを買うべし。この本を買う必要のない人は授業中に教科書、資料集、データブックなどを行ったり来たりさせられて大変って人くらい。 何が言いたいかっていうと、まず地理は暗記科目じゃない。気候が分かれば農業、宗教がわかる。農業、宗教が分かれば国の産業がわかる。産業が分かれば国の豊かさが分かる。国の豊かさが分かれば他国のとの関係も推測できる。 地理は気候から全てを学ぶ教科なのだ。覚えるしかないのは気候から判断できない例外的なところだけである。 良い教師は教科書を何度も捲らせる。それぞれの単元の繋がりを意識した授業を行うだろう。 反対にクソみたいな教師は単元毎の授業しかしない。 ここで皆さんに問いたい。熱帯モンスーン気候などに出てくるモンスーン。季節によって吹き方が違うが、それを説明できるだろうか。 地理ができない人は冬は大陸から海洋へ、などと覚える。ここで「何故?」と聞いてみたい。一体何人の人が答えられるだろうか。 ここで、地理に関する基礎知識が活きてくる。 世界で一番寒い村と言ったら、そう、オイミャコンだ。自分はこの本を読むまでこんな村は全く知らなかった。暖かい空気は上昇する。するとそこに冷たい空気が流れ込んでくる。これも基礎知識だ。するとどうだ。冬はオイミャコンはめっちゃ寒い。そしてオイミャコンはロシア中部にある。上記した基礎知識を使えば冷たい空気が暖かい空気のあるところに流れ込む。オイミャコンから周りに風が吹き出す。あらびっくり!大陸から海洋に吹いてるじゃありませんか! 我々学生が自分で熟すのが難しいのは単元毎の関連性を捉えることだ。これは長年地理を学んで来た教師だから出来ることである。そんな教師に巡り会えなかった貴方!是非この教材を買っていただきたい。 この教材の特徴はまず、教科書と全然単元の順番が違うということ。当たり前だ。教科書で最初にGPSについて学ぶことに何の意味がある。 この教材は地理を学ぶ上での基礎知識を定着させ、地理的な思考を養う本だ。問題も特にないので読んでるだけで良い。各単元の繋がりを意識して書かれているので覚えやすいだろう。 センター地理に出てくる問題等を総暗記しようとすると膨大な量になってしまう。無理だ。というか、大学はただ暗記してくるような人を求めてない。持っている基礎知識を如何に駆使して正解を導き出せるのかを問うているのだ。 定期テスト対策で教科書の太字にマーカー引っ張って必死に記憶している人も、地理は後からやろうと思っている人も是非この本を読んで頂きたい。 気候から様々なことを考える楽しさを是非味わって欲しい。 長文失礼致しました。

レビューをもっと見る
参考書名
村瀬の地理Bをはじめからていねいに 系統地理編 (東進ブックス センター試験 名人の授業)
著者
村瀬 哲史
ページ
0ページ
出版社
ナガセ

駿台の岡田了一郎先生の授業でいける

学研プライムの出してる村瀬のゼロからわかる地理Bってのがあるんでそっちの方がいいよ! 書かれてることはほとんど一緒やけど統計が新しくなってるから!!! 東進よりも300円高いけどこれから買うつもりの人にはこっちのがオススメ❗️

本書は口語的な文章で構成されていて、”堅い文章お断り”の人でも、すんなり読み進めることが出来るはずです。特に社会科は語録を機械的にインプットしがちですが、本書を読めば地理Bを論理的に学べます。私は『ネプリーグでおなじみの村瀬先生』という、いわゆる村瀬ブランドで本書の内容も確認せずポチったわけですが、センターで地理Bを選択する皆さんは迷わず私のようにポチっちゃってください。きっとセンター目標点到達の手助けとなってくれることでしょう。

レビューをもっと見る

初学者は参考書をまず通して一周読もう

これらの参考書を使う時のポイントとして大事なことは、まず最初の1周目は細かい知識を覚えることには重点を置かずに、できるだけ早く本全体を読み終えてしまうことです。
地理の知識と言うのは、一つ一つが独立してあるものではなく、木の幹から生える枝、枝に付く葉というように根幹となる考え方からどんどん派生していくものになります。
なので、まず初めにすべきことはその木の幹づくりになります。章末の重要知識をまとめたページにあまり時間をかけすぎること無く、サクサクと参考書を一周することで、問題演習と参考書を組み合わせながら勉強を進められる体制を作りましょう。

この記事を書いた人
あなたの勉強を後押しします。

関連するカテゴリの人気記事

センター地理の勉強法+参考書!3ヶ月でセンター4割から8割へ!

センター地理のおすすめ参考書&問題集!めざせ8割!

【参考書】センター地理Bを0から8割にするための勉強法

センター地理はこの問題集で8割突破を目指そう!超実戦的問題集7選

【センター地理】センター地理8割を狙うおすすめ参考書8選

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に