英語リスニング強化のコツとおすすめ教材!「できない」を潰そう

はじめに

筆記の英語はある程度できてもリスニングは全然できない…という受験生の方は多いと思います。志望校合格に向けて残りはリスニングを強化するだけなのに、このリスニングで詰まってしまう受験生は後を絶ちません。リスニングをどう勉強していいのか分からず、ただ過去問や演習問題をこなしているだけになっていませんか?自分がなんでリスニングができないのか、それも分からずただ闇雲に問題を解いていても、一向にリスニング能力は身に付きません。
リスニング対策にお悩みのあなたに、この記事ではリスニングができない人の原因と、勉強のコツをお伝えしていきます!また、おすすめの参考書や無料のアプリ・サイトも紹介します!

初心者の特徴 なぜリスニングができないか

そもそも単語や文法・表現を知らない

音声として流れてくる英文の中に、そもそも自分の知らない単語や文法・表現が含まれている可能性があります。知らない英語を聴きとれるわけがないので、これはリスニングが得意不得意以前の問題です。語彙力が不足していると感じるなら、今一度単語帳や文法書などをつかって基礎を詰め込み直す必要があります。この時、その単語や表現が音としてどう聞こえるのかも覚えるために、CD付きの教材で学習するといいでしょう。

音として単語が聴き取れない

単語を知ってはいるものの、ネイティブの発音だとそれがどのように聴こえるのかわからず聴き取れない場合もあります。読める、書けるけど聴けない単語が多いという人は、リスニングには対応できないです。普段の単語学習で、その単語の意味だけでなく発音まで意識して取り組むことが大切です。リスニング試験を受けなければならない人は、単語帳は絶対にCD付きのものを選びましょう。

音の繋がりに惑わされる

一つ一つの単語が聴き取れても、文章として読まれると途端に聴き取りにくくなる、という人は多いのではないでしょうか。これは当然の話で、ネイティブは英文を読む際単語ごとに音を区切って発音するのではなく、単語同士の音を繋げて発音していくからです。これはリエゾンと呼ばれるもので、例えば「How are you?」を日本人は「ハウ アー ユー」と発音しがちですがネイティブは「ハワーユー」と「w」と「a」を繋げ「wa」にして発音します。また、「coming home」は「カミング ホーム」ではなく「カミンホーム」と「g」を省略して発音します。このようなネイティブの発音の癖に慣れていかないと、文章として読まれる英文の中で単語レベルの聴き取りができないのです。
対策としては、ネイティブの実際の発音を聴きながら英語の文章を音読して、体でネイティブの発音を覚えるのが効果的です。

文が読まれるスピードに理解のスピードが追いつかない

読まれる英文中の単語や文法・表現は全部知っている、単語の発音も知っていて聴き取れる、単語同士の音の繋がりにも慣れた、それなのにまだリスニングがうまくできないという人は、おそらく理解スピードの遅さの問題です。英文が読まれる速さに、脳内での英語→日本語変換の速さが追いついていないのです。
もっと言うと、いちいち日本語への変換をしていてはダメです。英語は英語として理解できるレベルにならないと、短いリスニングならまだしも長めのリスニングについていくことはできません。例えば、「This is an apple」、こんな簡単な英文、いちいち「これはリンゴです」なんて日本語に置き換えなくても英語のまま理解できますよね。これをだんだん拡張していけばいいだけの話です。
英語長文をネイティブの読むスピードに合わせて、頭の中で意味を追いながら音読する練習を重ねていけば、英語を英語のまま理解するスキルはついていきます。こうすることで、理解スピードの問題は解決されるでしょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

リスニング力強化のコツ

洋楽や映画で英語に触れる時間を増やす

まず本格的なリスニングの勉強を開始する前に、音としての英語に慣れていない人は洋楽や字幕付き洋画などで楽しく英語に慣れていきましょう。日本人の話す英語には慣れていても、ネイティブが速いスピードで話す英語には慣れていないからリスニングに過度な恐怖心を抱くのです。リスニングのスキルどうこうの前に、リスニング試験で必要以上に焦って実力を発揮できないのは勿体無いです。
英語なんてただの言葉なんだから、恐れる必要はないんです。リラックスして英語を聴きとることができるように、英語で娯楽を楽しむようにするといいでしょう。また、息抜きの時間も英語に触れているようにすることで、英語脳を作り上げていくのにも役立ちます。語学留学があるように、言語はそれに触れている時間が長ければ長いほど身に付きやすくなるものです。

発音練習をする

英語は、自分で発音できるようになってこそ自然に聴き取れるようになるものです。ネイティブの正しい発音を聴いて、真似して発音の練習をしていきましょう。ただ漫然と聴いているだけでは聴き取り能力は向上しません。発音というアウトプットがあって初めて正確に聴き取れるようになるのです。

シャドーイングをする

シャドーイングとは、英語を聴きつつ後を追いながら自分も真似して発音するという学習法です。リスニングの勉強に取り組んでいる方は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これが、リスニングの上達には効果抜群なのです。まずネイティブの読み上げるスピードについていきながら発音しなければならないので、英語のスピードに慣れることができます。また、ネイティブの発音を真似することで、英語独特の抑揚やリズム、息継ぎ(区切り)の場所や音の繋がりも体感的に覚えることができちゃうんです。リスニングができない原因の多くを、シャドーイングは解決してくれます。
長文が掲載されていて、CD付きのテキストならなんでも教材になり得るので、どんどんシャドーイングにトライしていきましょう。

長文音読をする

英語長文を音読していくことは、英文理解スピードの向上を助けます。一度全文意味を把握した長文を、CDに合わせて頭の中で意味を追いながら音読していきます。何度か繰り返しているうちに、スラスラ英文を読めるようになっていくと思います。英語を英語として処理できるようになっているのです。英文を見ながら読んでいける分シャドーイングよりも難易度は低いので、あるテキストを音読→シャドーイングの順で取り組むとスムーズに進むでしょう。

英語ニュースは上級者向け

リスニングの勉強の一環として、英語ニュースを視聴するという方法は有名ですが、これは上級者向けのやり方になっています。リスニングが苦手だという人にとって、英語ニュースは教材としてのレベルが高すぎます。リスニング練習は、自分が聴き取れるレベルのものを使ってやらないと意味が無いのです。自分でリスニング能力がだいぶ上がってきたな、と思う人だけ手を出すようにしましょう。東大や外語大を狙う受験生は、このレベルのリスニングもできている必要があります。

「毎日続ける」こと

リスニングの勉強で一番大事なのは、「毎日続ける」ことです。リスニング能力は身体技能に近いものがあるので、スポーツと同じで1日でも欠かすと遅れを取り戻すのには3日近くかかると言われています。せっかく一定期間頑張って勉強をしていても、突然サボりだしてしまったら身につけた能力は台無しになっていまいます。できれば試験本番までは一日も欠かすことなくリスニングの勉強を続けましょう。継続は力なりです。

おすすめ参考書

速読英単語 必修編

長文の中で出てくる単語を覚えていくというスタイルの単語帳です。CDは別売りです。この単語帳は長文が掲載されていて、しかもCD付きという点からリスニングの教材としても使えます。まずCDの音声だけを聴いて意味を大体把握する→テキストを開いて答え合わせ→テキストを見ながらCDを聴いてどの部分がどう発音されているのか確かめるというやり方で、リスニングの練習ができます。さらに一通り長文を理解した後は、CDを聴きながら長文を音読→CDだけでシャドーイングという使い方で、リスニング能力を鍛えることができます。単語、長文読解、リスニングの勉強がこれ一冊でできちゃう、お得な参考書になっています。

参考書名
速読英単語 (1)必修編 [改訂第6版]
著者
風早寛
ページ
384ページ
出版社
z会

話の内容が面白いです!

まず、太字や意味が赤になっている英単語は他の単語帳に比べて少ないのでこれ一冊で受験を乗り切るのなら、細字を緑のマーカーで塗るなどの工夫をして掲載されてる約3000語を全て覚える程度は必要。 この単語帳の良いところは、テキストの構成や掲載されてる文のレベルなど初学者や英語が苦手な人にも取り組みやすい、厚くなく見た目にビビることもないことであると思う。 英語が苦手、単語を全く覚えてないという人は太字の単語のみで良いのでまず最初に掲載されてる意味を覚えることから始める、はじめの方の文は短く、構文的にも苦労しないので「へービタミンCおもろ笑」くらいの感じで和訳を読み、(出来れば構文を取って)音読すると良いと思う。 この単語帳の短所は割と基本的な単語も載せて3000語なので入試でよく見る単語が載ってないことがしばしばある。 なので、赤字の単語を覚えたら別の単語帳を併用するのも良いかと思う。しかし速単に掲載されている約70の文章は日々音読し、文章における単語の色々な意味や、構文を自分のものにしよう。

単語も英文も易しめ。英文一文は大体300字程度が多いです。 一冊で単語と読解が練習出来るので持ち運びのは便利でしょう。

レビューをもっと見る
参考書名
速読英単語 (1)必修編 CD [改訂第6版]対応
著者
Z会出版編集部
ページ
0ページ
出版社
Z会

メルカリで買ったわ

音源欲しいからってネットで探したら違法で無くて結局買うやつ

レビューをもっと見る

速読英単語 上級編

上に挙げたものの上級版です。より難易度の高い長文が載っているので、2次試験でリスニングが課される大学を志望する受験生は取り組んでおくといいでしょう。

参考書名
速読英単語 (2)上級編 [改訂第4版]
著者
風早寛
ページ
452ページ
出版社
z会

受ける大学によっては必要だと思います。長文で知らない単語を推測することも大事ですが、私はそれが苦手だったのでこれを覚えていました。シス単ほどではないけど、たまに出てくる単語多いです。でもシス単やった後にやるくらいでなくてもいいかも?1冊極める前に手を出すのはおすすめしない。

速読英単語必修(1)の後にやるものではないです。 そこそこ力のある人向け。

約半年間使用して思ったことですが、こちらを単語暗記用として使うことは不向きだと感じました。※長文読解用としては向いています。 単語が早慶頻出と言われていますが、個人的には英検1級の単語帳や単語Kingからの方がたくさん出ていると思いました(特に慶應法)。 なので(あくまでも個人的な意見ですが)、単語暗記は"基礎単語帳1つ+時間があれば上記のうちのどちらかをこなす" という形がベストだと思います。

レビューをもっと見る
参考書名
速読英単語 (2)上級編 CD [改訂第4版]対応
著者
Z会出版編集部
ページ
0ページ
出版社
Z会

センター試験のツボ 英語リスニング

センターリスニング対策用の参考書です。センター試験のリスニング問題を大問ごとに解説しており、模擬テストもついています。センター試験を受ける受験生は直前期にぜひ取り組んでおきたい参考書です。CD付きです。

参考書名
センター試験のツボ 英語リスニング 新装版 CD付
著者
安河内 哲也, 大岩 秀樹, 西田 昌史
ページ
82ページ
出版社
桐原書店

大したこと書いてない 立ち読みで十分

レビューをもっと見る

リスニングの素

これもセンターリスニング対策用の参考書になっています。問題量が大変豊富であり、CD6枚分という圧巻のボリュームです。1.5倍速で読まれる英文も収録されていて、センターリスニングで満点を取りたい人にはおすすめです。ただ、量が多いので早めのうちから取り組んでおく必要があります。

参考書名
リスニングの素 (河合塾シリーズ)
著者
瓜生 豊, 早崎由洋, Suzanne Schmitt Hayasaki
ページ
373ページ
出版社
河合出版

大学入試リスニングのトレーニング 必修編

2次試験でリスニングを課される大学を志望する受験生用の参考書です。様々な文章を扱っており、リスニングが苦手な人でも取り組みやすくなってはいますが、最低限センターレベルのリスニングはできる力を身につけてから本参考書に手を付けるようにしましょう。問題を解くだけではなく、全文をディクテーションさせる練習があるなど、リスニングのトレーニングに適した参考書になっています。CD付きです。

参考書名
大学入試 リスニングのトレーニング 必修編
著者
のとう修一, 井坂保彦
ページ
57ページ
出版社
Z会出版

リスニング激弱だった自分は惰性で進めてしまい、力に繋げることができませんでしたが、メモを取るとかディクテーションしたりする習慣を付けるのにはいいとおもいます。しかし、リスニングガチ初心者には厳しい部分もあるので、本当にリスニングできないよ~という人は無理せず入門編からやった方がいいと思います。

レビューをもっと見る

大学入試リスニングのトレーニング 上級編

上の参考書の上級編です。早稲田や上智、外大など難関大を目指す受験生は必修編に加えてぜひ取り組んでおきましょう。

参考書名
大学入試 リスニングのトレーニング 上級編
著者
のとう修一, 井坂保彦
ページ
70ページ
出版社
Z会出版

必修編すらままならなかったのに惰性で買いました。内容は難関大の過去問なのかな?もちろん満足に解けるはずもなく、最後の実力問題みたいなやつは0点でした。参考書を買う時はただ次の難易度へと進めていくのではなく、一歩立ち止まって本当に今の難易度のものをマスターしたのか?を考えてみることが重要です

レビューをもっと見る

灘校キムタツの東大リスニング

灘高の名物英語教師、木村達哉先生による東大リスニング用の参考書です。東大リスニング形式の問題が30題近く掲載されています。東大を目指す受験生は必ず取り組んでおくべき参考書です。東大向けとありますが、その他の難関大を目指す受験生も力試しとして取り組んでおくのもいいでしょう。CD付きです。

参考書名
灘高キムタツの東大英語リスニング (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
著者
木村 達哉
ページ
252ページ
出版社
アルク

灘高校で長年教えられて来ただけあって、スクリプトも非常に良質。ここでは、巷に溢れているレビューではつまらないから、自分の体験談と共に。 僕は、昔からZ会を受講しており、これを始める頃にはかなりのリスニング力がついていたので、少しやさしめに感じた。寧ろ、第1回東大実戦模試の方が若干難しかっただろうか。 東大のリスニングは、ある程度の実力を付けた人がその形式に慣れれば、かなり得点出来る。本書は、そういう実力者におすすめできるものである。

まだ入試まで時間がある人は、騙されたと思ってiPhoneのアプリなどで1.2〜1.5倍速再生して演習してみてください。全部取り組むとかなりの実力がつきます。自分でも驚きます。(ただしこのやり方はある程度リスニングに慣れた人でないとそもそも全く聞き取れず練習にならないので注意) ちなみにリスニングは1日やらないだけで衰えていくので、特に直前期は毎日英語を聴くことをオススメします。

東大という文字が入っているためなかなか手が出せない教材かもしれませんが東大志望でなくても十分に使えます。 しっかりと復習(シャドーイングやオーバーラッピングなど)することで確実なリスニング力がつきます!

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

おすすめ無料アプリ・サイト

TED

世界で活躍する各界の様々な著名人による英語のスピーチが載せられているサイトです。アプリ版もあります。リスニング教材として使えるかどうかの基準は、スクリプトがちゃんと付いているかに限ります。その点TEDには日本語・英語両方の字幕がついており、学習を進めやすいです。また、スピーチは面白い内容のものばかりなので、興味を持ってリスニングの勉強に取り組めます。

サイトURL
http://www.ted.com/talks?language=ja

itunes版
https://itunes.apple.com/jp/app/ted/id376183339?mt=8

android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ted.android&hl=ja

EnglishUpgrader

TOEICの公式アプリです。TOEIC用の問題構成になっているので、大学受験のリスニング対策にはそのまま直結はしませんが、根本的なリスニング能力向上のための教材としては役に立ちます。リスニングテストに加え単語テストもあるので、単語学習としても使えてお得です。

itunes版
https://itunes.apple.com/jp/app/toeic-presents-english-upgrader/id432266869?mt=8

android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.or.toeic.englishUpgrader

NHK WORLD TV Live

NHKが普段放送しているニュースを英語版にして掲載しているサイトです。日本のニュースが英語になっているだけなので、内容の類推が簡単でBBCニュースなどと比べて聴き取りやすいと思います。しかしスクリプトは実装されていないので、あくまで多聴用の教材と捉えておいてください。

サイトURL
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/

VOA Learning English

アメリカの国営放送局ニュースサイトで、英語学習者向けのニュースを配信しています。難しいイディオムや単語をなるべく避け、読まれるスピードもゆっくり目になっているので、英語学習者には嬉しいニュースサイトになっています。他サイトにスクリプトと音声ファイルが載っているので、紹介しておきます。

サイトURL
http://learningenglish.voanews.com/

スクリプトと音声ファイル
http://gandalf.ddo.jp/

最後に

リスニングができない人には、それなりの理由があります。そもそも単語や文法・表現を知らない、単語の発音を知らないから聴き取れない、単語同士の音のつながりについていけない、理解のスピードが英文が読まれるスピードに追いつかない、などが主な原因です。自分がリスニングを苦手とする原因をしっかり把握し、その弱点を強化するための勉強に取り組んでいくことが大切なのです。
この記事で紹介した勉強のコツや教材を使って、今日からでも毎日リスニング練習に励みましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に