物理の参考書・問題集紹介!レベル・難易度別で苦手な人も安心

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

物理の勉強法や問題集の使い方で悩んだことはありませんか?

物理の勉強法や参考書・問題集を紹介している記事では、何冊もの本が紹介されていて結局どれがいいのか分からないと感じている人も多いと思います。私自身も、書店に並ぶたくさんの本を前に、どれを選べばいいかとても悩みました。

そこで、この記事では偏差値や学年、時期別におすすめの参考書・問題集を1冊ずつ紹介していきます!
また、それらの参考書や問題集の具体的な活用方法についてもお話しします。

何冊も参考書・問題集を買っても受験までの短い時間で全てを解き切ることはできません。
1冊を何度も解くことが勉強の基本です。同じレベルの問題集を何冊も紹介されても分からなくなるだけです。

自信を持ってお勧めできる参考書や問題集なので、是非使ってみてください!

【まず初めに】物理とは?

各偏差値・時期別の問題集についてお話しする前に、「そもそも大学受験において物理とはどんな科目なのか」ということについてお話ししようと思います。
効率の良い勉強計画を立てるためには、どんな科目を受験するのか知ることが何より大切です。

暗記量が少ない

物理の特徴として、暗記しなければいけない量が少ないということがあります。
覚えなければいけないのは公式くらいで、後はその公式を使って答えを導くことが出来さえすれば良いのです。
言い換えると、現在物理の公式を全く覚えていないという人は、本腰を入れて公式を暗記すると一気に点数が伸びる可能性を秘めているということです。

物理における暗記量は化学や生物等他の理科科目と比べると明らかに少ないです。ましてや地歴科目と比べるとその差は圧倒的なものになります。
すると、それらの科目と同じ勉強法をしていてはいけない、ということがおのずとわかりますね。

計算力も必要ない

意外なことに大学受験の物理では複雑な計算は出てきません!「理系に来てしまったけど数字が苦手だよ」という人も安心してください。
文字での計算が基本になるので、2次方程式さえ解ければ計算力的には完璧です。
化学と違って文字に数字を当てはめて計算することはないんですね。

暗記量も少ない、計算力も必要ない、それなのに多くの人が物理を苦手になってしまう…
それでは物理の問題を解くのに大事な力は一体なんなのでしょうか?

大事なのは「物理現象をイメージする」力

物理の勉強において大切なのは「物理現象をイメージする力」です。
物理が苦手だと感じている人の多くは、授業に出て教科書を読み公式を習ったとしても実際に何が起きているのかイメージできていないのです。
暗記した公式を正しく使うためには、その公式で扱う物理現象がどんなものなのか頭のなかで思い描けていることが必要です。
そのため、物理の勉強をする時、特に初めての学習においてはうまく物理現象のイメージができるような勉強法を選ぶことが大切になってきます。
しかし、イメージイメージといっても具体的に何をすれば良いのかわからない人も多いと思います。
そんな方のために、この記事では物理が苦手な人に是非オススメできる、物理現象のイメージを掴むための参考書も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

偏差値~40(高校1・2年生)

高校1・2年生の内容が理解できていない場合、偏差値が40付近になってしまいます。
また、高校1・2年生が高校3年生対象の模試を受けても偏差値40くらいになってしまうでしょう。
そんな時に、成績を偏差値60まで上げるための第一歩として私が基礎力向上のために使っていた参考書を紹介します。

おすすめ参考書

参考書名
橋元の物理をはじめからていねいに【改訂版】電磁気編 (大学受験 東進ブックス 名人の授業)
著者
橋元淳一郎
ページ
208ページ
出版社
ナガセ

勉強法

『橋元の物理をはじめからていねいに』

この参考書は、物理を初歩の初歩から始める人向けです。
『橋元の物理をはじめからていねいに』で物理の「イメージ」を掴みましょう。
全範囲を扱っているわけではなく、『橋元の物理をはじめからていねいに』1冊で受験レベルまで物理の力を上げることはできません。
しかし物理で扱われる現象の理解や公式・定義などの基本事項など、物理ができるようになるために最も大切な力が身につきます。

基礎段階で物理を勉強するために必要なのは「現象をイメージ」できることです。

物理の問題を解くということは、
「問題文を読んで問題にされている状況・イメージを捉えて、図を描くことができ、使う公式を判断して計算する」こと
なのですが、『橋元の物理をはじめからていねいに』では「問題文を読んで問題にされている状況・イメージを捉える」部分の練習ができます。

【使う目的】
『橋元の物理をはじめからていねいに』を使う目的は、「物理現象のイメージ」を掴めるようになることです。

『橋元の物理をはじめからていねいに』では「物理現象のイメージ」を掴むことを目的としていますので、問題演習には向いていません。
解答解説を読んで、公式や物理用語を理解して、練習問題を解いてみてイメージを掴めるようになりましょう。

1周目では、「へ〜」と思いながら公式や物理用語を知り、イメージを持てるように練習問題を解いてみましょう。全部解いてやると思いながら解くのではなく、新しい事を知るという心持ちで読んでみてください。
2周目では公式や用語の確認のため、練習問題を解いてみてください。

意識すること

偏差値が40付近や高校1・2年生の復習をする1周目は、「理解し直そう、イメージを掴めるようになろう」ということを意識してください。「イメージ」がつかめない間は、物理は全く理解できません。
公式や物理用語、図に注意して解き進めましょう。
1周目が最も時間がかかることも頭に留めておくと楽になります。

2周目以降では、確実に「イメージ」を掴み、物理用語や公式に抜かりのないようにしていきましょう。

偏差値40~45(高校3年生1学期)

偏差値45付近や高校3年生の1学期は、まず偏差値50を目指して勉強しましょう。
ここからは更に理解して、イメージを掴むことが求められます。

おすすめ参考書

参考書名
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
165ページ
出版社
河合出版

まず初めにこの参考書を完璧にする、というのはこの参考書の問題を完璧に解けるようにするということではありません。その事象がどうしてこの式で表せられているのか、ということを理解することです。 正直、出題方式に「数ページ前の問題の条件を使ってこの問題を解け」などの解く側からしたら不親切な作りになってると感じるものもありますし、問題の不備(なにを示すのか問題内に注釈の無い文字の使用)もありますから、問題集としてはあまり優れてるとはいえません。セミナー物理の方がいいです。 ですがこの"参考書"はあなたの物理への理解を深めることは間違いないです。本当の意味で物理を「理解る」ことを目指すなら、オススメします。

物理のエッセンスと題してはいるが、公式暗記の元基礎問題を早く解くことを主題としているような問題集で、センター対策にはなれど東大のような本質的な入試問題には全く繋がらない 物理は駿台の教材であったり苑田尚之師の講義(これが最も良い)を、時間をかけてでも噛み締めるよう理解するのが結局のところ近道のように思える 難関大志望者は別の参考書での学習を強く勧める

武田塾生です。 この参考書でその日の宿題が終わらなくてなんとか泣きながらやったり、卒業式の前2日連続でオールしても終わらなくてぶっ倒れて卒業式の日寝坊したり、みんな大学決まって卒業式の前の日にクラスでワイワイしてる中1人黙々とやったり、東大生の先生に初学者レベルだからって馬鹿にされながらやった思い出のある参考書。 正直、初学者には結構というかカナリといっていいほどきつい。だけどこれを完璧に近いレベルまで持っていくと無双し始めるというか、かなり自信ついてきます。偏差値21からのスタートだけど、頑張ります!

レビューをもっと見る
参考書名
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
著者
浜島 清利
ページ
158ページ
出版社
河合出版

この問題はこの解き方。 こっちの問題はこの解き方。 問題ごとに解き方を変えるから、なぜその解き方をするのかの判断ができる人ならいいけど、そうじゃない人はテクニック満載の解説だけのエッセンスはわかりずらいと思う。 普遍的な解法を身に付けるには向いてない

青エッセンスは必須。 青エッセンスから名門の森もしくは良問の風への流れが安定。 ただ基礎の細かいところまで行き届いていないのでそれは他の参考書でやるべき。矛盾やん。

導入は初学者でもわかりやすく平易で無理がないのだが、あるレベルを超えると途端につまらなく感じるようになる。物理現象を逐一書き記しているわけではなくかなりザックリとしているので、表面的な理解はできても深い理解には絶対繋がらない。 良問や名問などに接続するのなら使っても良いが、そうでないなら別にやらなくて良い。本当の「物理のエッセンス」を学べる物理参考書はこれ以外にごまんとある。

レビューをもっと見る

『物理のエッセンス』

『物理のエッセンス』も、問題集というよりは参考書として使っていきましょう。
「問題文で与えられた現象の状況を理解し、図を描き、どの公式を使うのか判断する」トレーニングができます。

いきなり始めると少し難しいと感じるかもしれないので、教科書や『橋元の物理をはじめからていねいに』を読んで公式や物理用語を知識として蓄えた上で読み始めると、かなり物理現象を理解できて、イメージも掴めるようになります。

『物理のエッセンス』に載っている問題を全部理解した上で解くことができれば、センターレベルの問題は理解できるようになります。
問題が単問形式なため、GMARCHレベルの記述式入試問題を解くまでには至りませんが、非常に効率よく公式を学習できるため、非常におすすめの参考書です。

公式を理解するとは、
「どのような数値を使い、どのような場面で用いる公式なのかを判断できる」
ということです。

物理の問題を理解するとは、
「問題文から図を描くことができ、知っている公式から用いるべき公式を確固たる根拠を持って選び、計算して答えを算出することができる」
ということです。
「解答で使う公式を選ぶ理由が説明できること」とも言い換えられます。

【使う目的】
『物理のエッセンス』では、上記の意味での公式・問題を理解できるようになるためのトレーニングができます。

勉強法

ここでもまだ、1周目で全部解いてやろうとは思わずに、解答解説をしっかりと読み、Exを解いてみましょう。
イメージすること、解答に使われている公式が選ばれた理由を納得することを念頭に置いて進めてください。
2周目以降では、どんどん解いて分からない部分は解答を読んで納得してください。

参考書の役割が強い『物理のエッセンス』の効果を上げるには、次に紹介する『良問の風』とセットで学習しましょう。
『物理のエッセンス』の単元を熟読するごとに、『良問の風』で問題演習すると速く身につきます。

意識すること

『物理のエッセンス』では、
状況をイメージできるようにこと
図を描けるようになること
公式を根拠付きで選べるようになること

の3つを意識して勉強してください。
物理では理解が最も大切です。
この記事を書いた人
慶應義塾大学 理工学部に通っています。1人旅が趣味で、得意科目は数学と英語です!

関連するカテゴリの人気記事

物理の参考書・問題集紹介!レベル・難易度別で苦手な人も安心

オームの法則公式覚え方や計算のやり方!電流や抵抗を自在に求めよう

加速度とは?物理基礎で使える加速度の求め方や等加速度運動を解説!

【受験物理勉強法】苦手な物理を独学で克服できる!

物理の公式を「理解する」ための勉強法力学編!「わからない」を脱却!

物理は難しい?難問でも解けちゃう記述対策を教えます!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に