〜センターから難関大記述まで〜【大学受験用】現代文・国語参考書のおすすめ一覧

はじめに

国語を今から勉強しようとしているあなた、書店に足を踏み入れてみたものの、そのあまりの参考書の多さに度肝を抜かれていませんか?主要三科目の一つである国語は参考書・問題集の数が大変豊富であり、その中から自力で良い物を選ぶのは大変です。自分に適したレベルのものを使って勉強するのが最も力がつきます。どの参考書がどのくらいの難易度なのかが分かったら、参考書選びはとっても捗ります。
この記事では国語の教材を探しているあなたのために、現代文・古文・漢文・文学史というテーマ毎に特に良質な参考書・問題集を厳選して紹介していきます!問題集は目指す大学のレベル別に分けて紹介しています。その時々で自分にあったレベルのものを選んで勉強するようにしてください!

現代文参考書・問題集

漢字

『漢字一問一答完全版』
収録語数は約2000語と十分なボリュームです。出題漢字の他に「語句の意味」「漢字の訓読み」「類義語・対義語」も掲載されています。特徴としては、問題が全て横書きで書かれています。

『新版完全征服 頻出 入試漢字コア2800』
収録語数は2800語、『漢字一問一答完全版』より若干多めです。漢字により力を入れたい人、志望大学に漢字問題が多い人はこちらを選ぶといいでしょう。

参考書名
漢字一問一答―完全版 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
河本 敏浩
ページ
213ページ
出版社
ナガセ

問題文の下に語句の意味が簡潔に書いてあります。なので一々調べなくてもすっと頭に入ってきます。漢字以外に故事成語、四字熟語などの対策が出来ます。 私的に本書1冊あると便利だと思います。これをメインでやるより少し空いた時間にやるといいです。

この問題集の漢字は、センター等の問題15年分をすべて含んでおり大変優秀な問題集となっています。またこの本の第1章はセンター形式となっており、大変有能です。この本を基礎に漢字を勉強していくことが有効であることは間違いないです。

レビューをもっと見る
参考書名
頻出入試漢字コア2800―新版完全征服
著者
ページ
279ページ
出版社
桐原書店

眺めて勉強する分にはいいが折り目がつけずらいため、開いて赤シートを乗せながら紙に書いて勉強するのは非常にやりずらい。何かで抑えながらやらないと直ぐに閉じてしまう。手で抑えようとしてもノートやプリントも抑えなければいけないから、非常にストレスを感じながらいつも勉強している。書いて覚える人にはおすすめ出来ません。

表紙が可愛くて買いました。 っていうのもありますが、もちろん内容で決めました笑 この本のコンセプトは、「意味で漢字を覚える」ですね。 漢字のすぐ横に意味が書いてあって、漢字と一緒にそこ言葉の意味が理解できるようになっています。 レイアウトもわかりやすくてすごい好きです。勉強する上で、中のレイアウトってモチベーションの面で意外と馬鹿にできないと思います。 河合塾のやつも見ましたが、私は断然こっちのが好きでしたね。 悩んでるなら実際書店で自分の目で見る方が早いですよ!百聞は一見に如かず。 漢字は参考書何冊も買う必要はありませんので、気に入った1冊を買って、それを反復しましょう。

入試漢字の本は手に取ったことがなく高1で初めて国語の先生からの指示で買うことになりました。 読みと書きとがあって、さらに横に詳しい言葉の説明もあるので意味だけではなく、どんなときに使えるのかも予想することができます。 本は重くも大きくもなく赤シート付きでコンパクトです! アプリもあるみたいなので是非!

レビューをもっと見る

語彙力・キーワード

『ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20』
評論の基本用語やちょっと難しい言葉がわかりやすく解説されています。これを読めば評論読解に必要なキーワードの基礎は固めることができます。しかしあくまで初心者向けなので、中堅大以上を受ける人は『現代文キーワード読解』『読解を深める現代文単語<評論・小説>』など難度の高い語彙が載っている参考書も取り組んでおきましょう。

『現代文キーワード読解』
難しい文章を読み解くために必要なキーワードが網羅されています。またキーワードだけでなく、現代文頻出のテーマである経済論や歴史論などについても解説されています。

『読解を深める現代文単語<評論・小説>』
評論読解のキーワードだけでなく、小説に登場する難しい語彙についても載っています。小説を苦手とする人は是非読んでおきましょう。

参考書名
ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)
著者
前島 良雄, 牧野 剛, 三浦 武, 吉田 秀紀, 後藤 禎典
ページ
208ページ
出版社
河合出版

センター試験第1問として出題される評論文を読み解くために最低限必要な用語を、約100語に絞って基礎から解説している。 現代文の偏差値が50あたりで低迷している場合は、そもそも入試頻出のキーワードが理解できていないことが多いので、その対策に本書が適している。本格的な問題演習に取り組む前に済ませておけば、読解がかなり楽になる。 1日1テーマ(4〜6ページ)のペースだと、10〜15分×30日程度で終わるので、遅くとも夏休みまでに完了するのが目標。 その後でセンター対策書(「決める」や田村あなりがオススメ)をこなすと、40/50点以上はコンスタントに期待できるようになる。

日本語アレルギーの奴はまずこの本から! 数が少ないので何回周回しても苦じゃない! 自分の口でスラスラ言えるまで暗記だ!!

現代文を読む上で最低限の語彙を知っておかなければなりません。「アイデンティティ」「共同体」「メタファー」などの他人に説明できない人は必ず読みましょう。 他の参考書と比べて実際の大学入試の問題文が扱われており最も受験生よりの参考書となっています。

レビューをもっと見る
参考書名
現代文 キーワード読解 [改訂版]
著者
Z会出版編集部
ページ
360ページ
出版社
Z会

いらない人にはいらない こんなんやってるひまあったら全大入の国語やろうね そっちのほうが力づくンゴねえ 効率悪すぎる(合う人には合うらしい…自分が嫌いな教師が使ってたけどやらないで後悔するよりは一度買ってやってみよってなったけどやっぱ合わなかったわ〜残念

読書は元々好きだったが、極端に教養がなく、現代文を主観で読んでしまっていた。 しかし、本書を使用してから評論のテーマを容易につかめるようになった。 あとは他の問題集に着手して実力をつけようと思う。

本当にオススメできる。現代文のよく分からん横文字の言葉とかの意味とか思想について詳しく端的に説明してある。 背景知識あるだけで論説文の理解が全然変わった気がした

レビューをもっと見る
参考書名
読解を深める現代文単語〈評論・小説〉
著者
ページ
302ページ
出版社
桐原書店

評論文でよく扱われるテーマのキーワードから、初めて聞くような難単語まで様々な単語を網羅しています。後半の単語はかなり難しく、センター程度の評論文ではほとんと見かけないものが多いです。逆に二次や難関私立、日常での教養には役立つかと思います。一般的な語彙をある程度頭に入れた上で、さらなるボキャブラリーの補強として使うのがおすすめです。

評論などを読んでいくにあたって必要な語彙が多く入っています。 類語、対義語も一緒なので覚えやすいです。 似た単語であっても左ページにはそれぞれの単語を明確に区別できるよう詳細に解説がついているので便利です。例文もあり、そのページごとにその単語を使う練習問題もあるので定着しやすいです。 あと個人的にですが桐原書店の本には単語に関するおすすめの書籍が多いですので機会があれば見てみてください!

まず僕が思うに現代文で得点するのに必要な力は①語彙力 ②テーマ力 ③読解力 ④記述力だと思います この教材は①、②をかなり鍛えてくれるのでとてもオススメです、何周も使い込んだ方がいいと思います ただ①、②の強化だけでは目に見えて点数は上がってこないと思いますが飽きずに続けましょう よく、現代文はセンスとか言ってる人がいると思うけど、まぁ確かにセンスがある人は特別な勉強をしてなくてもある程度は高得点をとるのは事実だと思います、ですがこういう語彙力強化などの地道な努力を重ねていけば、間違いなくセンスがある人よりも安定し、また、より高得点が取れるようになります。 まだやってる途中ですが、ほんとにいい教材だなと思ったのでレビューさせていただきました、最後までお読みくださってありがとうございました

レビューをもっと見る

読解

「田村系」「船口系」「出口系」の以下の3つが有名な読解参考書として挙げられます。それぞれ読解のやり方が若干違っているので、自分に合うものを選んで勉強してみましょう。

『田村のやさしく語る現代文』
『船口のゼロから読み解く最強の現代文』
『出口汪 現代文講義の実況中継シリーズ』

参考書名
田村のやさしく語る現代文―代々木ゼミ方式
著者
田村 秀行
ページ
127ページ
出版社
代々木ライブラリー

[評価]難易度☆★★★★ わかりやすさ☆☆☆☆★ 問題量 ☆☆★★★ コスパ☆☆☆★★ 現代文の“読み方”を一からやさしく丁寧に教えてくれる一冊。 重要な接続語等の、目の付け所を教えてくれます。 2週ほどした後は、たまに見返すことをオススメします!

現代文(特に評論文)は感覚で答えていた所があったけれど、しっかり根拠を持って答えられるようになった。やさしく語る現代文というタイトル通り優しい口調なので、読み進めていくのが苦じゃなかった。 二講目から急に難易度が高くなるので、折れそうになる。ただそこを理解出来れば、かなり力がついてくると思う。

ここには入試現代文においてのすべての基本が書かれてあるのでちゃんと読み込みましょう。別冊の問題が少しむずめです。

レビューをもっと見る
参考書名
船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)
著者
船口 明
ページ
236ページ
出版社
学研プラス

現代文をセンスで乗り切ってきた人に良い。文章構造解釈の方法が練習問題の中で繰り返し説明されており、どうやって現代文を読んだらいいのか分かった。質問の意味の解説も勉強になる。一人一冊持ってほしい名作。

図が入っていてとてもわかりやすい。 センターが8割~6割の時と、安定していなかったが、これを読んだら文を図で理解できるようになり安定するようになった! また、国語だけでなく高いレベルの大学の、英語長文をどー捉えるかにもかなり役立つと思う!(英語に関しては個人差あると思いますが・・・)

私は国語が最も苦手で、この本は基礎固めに買いました。 選択肢の問題から記述まで網羅されており、解き方の様々な例が載ってます。 この本はタイトルの通り「読解力」を上げるために使えると思います。 私としては図で説明がされているのでとても理解しやすいです。 現代文が苦手な方は是非書店などで目を通してみてください。

レビューをもっと見る
参考書名
出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)
著者
出口 汪
ページ
236ページ
出版社
語学春秋社

筆者のキモチなんか知るか、と思ってるそこの君はぜひ!

正直ほかやった方がいい。。。

現代文できない人ってほんとに解き方分かってないだけだからそういう人はこれをやるべきです。模試で偏差値10ぐらい上がりました。自分がなんで今までできてなかったかよく分かった、これ何周かして実践系の問題解くといいと思います()

レビューをもっと見る
参考書名
出口汪 現代文講義の実況中継(2) (実況中継シリーズ)
著者
出口 汪
ページ
192ページ
出版社
語学春秋社
参考書名
出口汪 現代文講義の実況中継(3) (実況中継シリーズ)
著者
出口 汪
ページ
203ページ
出版社
語学春秋社

センター対策

『きめる!センター現代文』
センター現代文に特化した参考書です。傍線部の分析、設問の分析などが充実しており、センター現代文で高得点を取りたい人にはおすすめの一冊です。

『マーク式基礎問題集 現代文』
センター演習に適したシンプルな問題集です。解説が詳しく、復習に活用しやすいです。

参考書名
きめる!センター現代文【新旧両課程対応版】 (きめる!センターシリーズ)
著者
船口明
ページ
405ページ
出版社
学研マーケティング

この本をマスターすれば、センター現代文は敵なしです。 現代文が苦手で、「現代文はフィーリングだから」と諦めている人も、この本を一通り読むことで、安定した点をとることが出来ると思います。 既に現代文に自信がある!という人も、満点を目指せるのではないでしょうか。 センター現代文対策におすすめの一冊です。

この参考書の小説の基本、事態、心理、行動 を読み取ることができるようになれば満点近く取れるようになります! ただし何度も繰り返さないと全て吸収できないと思います。 本番は語句問題1ミスで47点でした。ごちそうさまです。(隙自語) ほんとおススメです。頑張って下さい!

自分は現代文に波があり良い時は8割以上、悪いと4割以下と安定して点数が取れませんでした。そんな中この本に出会ってからというもの現代文は7割を切らなくなりました。(センター本番は評論満点小説26点でしたが😓) とても分厚いですが(400ページ)サクサク読むことができ、1日1時間程度で100ページほど進むので見た目ほど難しくはありません しかし効果は絶大で分厚さ故の詳しい解説、センター特有のテクニックなどが満載です。 センター現代文の参考書の中では一番良いと思います。おススメです!

レビューをもっと見る
参考書名
マーク式基礎問題集 18 現代文 (河合塾シリーズ) 五訂版
著者
ページ
214ページ
出版社
河合出版

センター対策を自称している現代文の問題集は、本物と全く違います。これができたところで(センター試験のみ現代文利用の人は)何もならない。

レビューをもっと見る

難易度別記述対策

・センターレベル
『入試現代文へのアクセス(基本編)』
基礎レベルの問題が収録されている問題集です。問題難易度は易しいので、力試しというよりは読解本でインプットした知識をアウトプットするための問題集として使うと良いでしょう。センターレベルとは書きましたが、高得点を狙うためには、これよりもっとレベルの高い問題集に取り組まなければいけません。

・MARCH・中堅国公立レベル
『現代文と格闘する』
読解のテクニックを活かして問題を解いていく、というわけではなく、難しい文章をシンプルに読み込む訓練を行うための問題集です。小手先の技術を使わず、長文に真正面からぶつかっていくための能力と自信をつけるのが目的です。

『入試現代文へのアクセス(発展編)』
問題文のレベルが基本編より上がっており、巻末に各問題の150字要約が追加されています。この要約問題を解くことで、より効果的な現代文学習が望めます。

・旧帝大・上智レベル
『得点奪取現代文』
記述問題において「採点者に伝わるような答案」を書く技術を鍛えるのに適した問題集です。解説だけでなく生徒の解答も載せてあり、どこが足りないから何点減点など採点基準がわかりやすく書いてあります。

『入試現代文へのアクセス(完成編)』
問題難易度はシリーズの中で最も高く、巻末には各問題の200字要約もついています。しっかりと要約問題をこなすことで、難関大の試験にも対応できる力を身につけることができます。

・東大・早稲田・一橋レベル
『ライジング現代文』
東大の過去問を多く取り入れており、問題文の難易度、設問の難しさともにトップクラスの問題集です。読解のテクニックに頼るのではなく、まっすぐに正確に本文を理解することが解答への一番の近道だというスタンスをとっています。これをマスターできれば読解力は飛躍的に向上します。

参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)
著者
荒川 久志
ページ
190ページ
出版社
河合出版

第2巻も気になっちゃう

これを使うとカミが艶やかになった気がします。カミは真っ白ではなくクリーム色で落ち着きを与えてくれます。一度解けなさすぎて悩んだ時もありましたが、やり終えた後、達成感をカミしめ、また若干の脚色をカミしても、これは素晴らしい力を与えてくれたとそう思いますし、先輩が使っていたことをかんガミてもとてもいい本だと思います。まじカミ。

今までフィーリングで解いてた現代文も、この解説読んだら、正解根拠掴みながら解けるようになった気がする! 問題の形式が河合塾のテキストと似てるし、量こなしたい私にとってすごく合ってた! 語彙力も上がる👍

レビューをもっと見る
参考書名
現代文と格闘する
著者
竹國 友康
ページ
342ページ
出版社
河合出版

分かりやすぎる。これやって現代文伸びない方がおかしい。

今まで現代文をまともに勉強したことがなかっですが、所感としては良さそうです 読み方のところをひたすら繰り返し読んでます 駿台模試の結果が帰ってきたら更新ます

47ページ、12行目 ×マスナス ○マイナス

レビューをもっと見る
参考書名
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)
著者
荒川 久志
ページ
176ページ
出版社
河合出版

基礎編やってからするべき 本当にスムーズに入れたし 無理なくレベルアップって まさにこの事なんやなーと感じた 完成編まで頑張ります!!

現代文があまり解けなかった私はこの基本編から始め、文章の要約をしました。そしたらMARCHの現代文は安定して解けるようになりました。この後、田村のやさしく語る現代文〜難関私大編〜をこなしました。田村のやさしく語る現代文では早稲田立命館の現古融合問題なども載っており、国語の総合力も養えると思います。この3つをこなしたら過去問に移っていいと思います。MARCHの全学部文学部は問題傾向が似てるので最近3カ年のものを複数の大学分こなすほうがいいと思います。遡りすぎると傾向が変わってしまうからです。(文学部志望ならMARCHの文学部一通り解いてみる)MARCH全学部+MARCH自分の志望学部やるだけでも30年分くらいは解きました。それでも力はつくと思います。健闘をお祈りしています。質問などあればメッセージでもお待ちしてます。

国語と英語の高校の先取りは、数学と違って高校受験対策を包括します。 サンプルは息子しかないのですが、中1の時に定期テストで70点台、よくて80点台だった息子がZ会のVクラスで10番内になれたので、少しでも参考になればと思いレビューします。 中学の現代文の参考書や問題集で良書といわれるものでも、解答根拠を丁寧に説明するぐらいです。 それはよっぽどセンスがなければ伸び悩みます。 それよりも、読み方が大事で、電話帳や過去問、問題集などを手当たり次第やる前に、まずは読み方を丁寧に書いてある参考書を1回やっておくことをおすすめします。 我が家のこれまでの参考書ルートは難関大学のオーソドックスなルートである出口先生のシステム中学国語入門、完成→船口先生のゼロから→アクセス基礎編、発展編です。 出口先生で受験国語のエッセンスを身につけたら船口先生のゼロからで対比を勉強しての河合出版アクセスでアウトプットするのがいいと思います。あと開発講座、現代文と格闘するといった2~3冊で東大の過去問にとりかかれるレベルまでいけるのでアクセスまでやることは高校に入ってからのことも考えると無駄がないと思います。 あと、アクセスのお供にはことばはちからダ、もしくはキーワード読解を辞書使いすることで、抽象的な難関高校現代文においつけます。 難関高校の問題は息子がアクセス発展ぐらいの難易度あると言ってました。 イマイチの中学国語の参考書をやるぐらいならシステム中学国語を終わらせて、充実しているアクセスのような高校現代文の参考書や問題集を先取りすることをおすすめします。 大事なのは先取りしっぱなしではなく、少なくとも2~3周の復習は必要です。

レビューをもっと見る
参考書名
得点奪取現代文記述・論述対策 (河合塾シリーズ)
著者
天羽 康隆
ページ
197ページ
出版社
河合出版

東大オープンや全統記述模試で頻繁に出題を担当している河合塾トップ講師が中心になって書いています。そのため学校採用教材などでありがちな悪問・奇問がほとんどなく、良問でトレーニングを積むことができます。また、随筆や小説、明治期文語文といった練習素材が不足しがちなジャンルの問題も掲載されています。採点基準がはっきりと示されており、最初の5問では添削例も載っているため自学がしやすく、論述問題の解答をどのように作るかが分かるようになります。問題のレベルはそれなりに高いので、文章が読めないという人には向いていない(まだ早い)かもしれませんが、なんとなく本文は理解できるし何を書けばいいかも分かるけど、答案の作り方・答え方に自信がないという人におすすめです。 秋から過去問演習を始める前の、春から夏の時期にやっておくと良いです。志望大学によっては過去問を解き切ってしまい、演習素材が不足する場合があると思いますが、その場合の直前演習にも使えると思います。

私は国語が得意でしたが、段々記述の書き方が分からなくなってしまって、記述模試では酷い点数を取るようになってしまいました。 そこで先生にオススメされたのが得点奪取です。 解答の組み立て方が分かりやすく、読解の説明も分かりやすいです。 また点数も書いてくれてるので、先生はもちろん自分でも採点がやりやすいです。 文系でニ次試験に現代文があるという方はやって損はないと思います。

文系でありながら先生に記述添削で強烈ダメ出しを食らいどうしようものかと思って手に取ったのがこの本。 まだ例題しかやっていないけど、 ◎解説がとても充実している ◎解答例が載っているので自分の解答と見比べることができる なにより採点基準が細かく載っているからとても良い(^^) 記述力伸ばして先生をギャフンと言わせてやります👍

レビューをもっと見る
参考書名
入試現代文へのアクセス 完成編
著者
荒川 久志
ページ
187ページ
出版社
河合出版

発展編と比べて、記述が難しくなった 内容は少し難しくなったかなっていう感じ 特に記述かなー

圧倒的良問と良解説でどんどん読めるようになります! スタプラ勢みんなで国弱を治しましょう〜!!

入試現代文へのアクセスシリーズの最後にして最大の問題集。これを読みこなせれば一部の大学(東大京大阪大早大)を除き、得点源になると思います。一部の大学は現代文と格闘するにつなげれば間違いなく得点源となるでしょう。大抵の受験生はここで終わってもなんら文句のないレベルです。

レビューをもっと見る
参考書名
ライジング現代文―最高レベルの学力養成
著者
内野 博之
ページ
104ページ
出版社
桐原書店

テクニックなしの読解真っ向勝負!って感じです 1周すればこの人の考えもわかるしきっと身につく 理想ばかり先行して、「読めなきゃ解けない」という状況に陥ってもしょーがないので参考程度にどうぞ

最強。 この一言に尽きる。

大学は高校教育に何を求めるのか。 選択肢を見比べて選べる能力か。 傍線部を分解して同内容表現で置き換えられる能力か。 そこに書いてある文章をきちんと読める能力ではないのか。 勉強してるんだけど点が不安定。どうもうまくいかない。参考書もなんか胡散臭い気がする。現代文なんて出来たところでそんなにカッコよくないしな。 諦める前に、現代文に背を向ける前に、一度手に取ってみてください。 現代文はなまやさしい科目では決してない。 でも、読めれば、面白い。 ~~~ 中身は駿台予備学校での現代文の講義がもとになっているようです。講義部分は実際の講義を受けるつもりになってじっくり読み、問題演習では納得いくまで何度も答案を作成し直すことをおすすめします。(生の講義には多少劣りますが、それでも)著者の文章に対する誠実な態度にハッとさせられると思います。比較的薄い本ですが非常に質が高く、内容も濃い本ですので、腰を据えて現代文と取り組もうという意欲のある人は、ぜひどうぞ。 ※難関私大、国公立二次を中心とした構成ですが大学入試センター試験の小説に関して他にはない切り口が提示されています。必見です。

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

古文参考書・問題集

単語・古文常識

『読んで見て覚える重要古文単語315』
かわいらしいイラストを通して視覚的に重要古文単語を覚えることができます。巻末には古文常識も載っており、これ一冊で古文の基礎知識をカバーできます。

『古文単語ゴロゴ』
語呂を通して古文単語を覚えていくというスタイルの単語帳です。掲載単語数は565語とかなり多く、難関大受験者は是非抑えておくべき一冊です。

『マドンナ古文単語230 』
メインの単語数は230と少ないですが、関連語を含めれば実質的な掲載語数は350語を超えます。また単語カードが付属してくるので、単語カード派には嬉しい単語帳です。

『マドンナ古文常識217』
古文読解に役立つ古文常識の知識を厳選して掲載しています。単語や文法は完璧なのにどうも古文の読解が苦手だという人は、コレを使って古文常識力を強化しましょう。

参考書名
重要古文単語315
著者
武田 博幸, 鞆森 祥悟
ページ
304ページ
出版社
桐原書店

よき

まずはアメリカに行きます。 トランプタワーに行きます。 トランプさんのいるところに行きます。 この本を出します。 p233!おほとのごもる!と言ってください。 アメリカが君のものになります。

気に入った点:必要な単語を厳選されている。それに加え、イラストがあり覚えやすい。 個人的な使い方:読んで覚えた。 センター古文で文法が出来ていることを前提として、9割は安定して取れる。 また、難関大でも単語に関しては十分。

レビューをもっと見る
参考書名
古文単語ゴロゴ
著者
板野 博行
ページ
297ページ
出版社
スタディカンパニー

はじめは「なんやこの単語帳全部ゴロやん。こんなん古文できひんすぎるやつがやるもんやろ。」と思っていたんですが、最終的に合否を分けたのはこいつでした。 英単語と違って、古文単語は骨身になるまで、反射的に出るまで覚える必要はありません。 だから、ゴロを覚えることのデメリットは意外と少ないのです。 さらに、センター前完全にスランプに陥り、新しい知識を吸収することがなかなかできなくなってしまった中、この単語帳は全てゴロなのでびっくりするくらいすらすら入ってきました。 トイレで1時間半、最初から最後まで音読しながら覚えて、それを3回やりましたら全て覚えていました。 普通の単語帳なら本気で三周しても全て覚えるのは不可能ですが、ゴロとイラストがあれば「本気でやれば」全て覚えられます。 スランプの時なんてもはやこの単語帳は唯一私を笑わせてくれる味方でした。 これなめとったらいかんで。

人生はあっという間なので 周りは気にせずマイウェイで行こう! (パリピではない😎) ここからは真面目に書くと、 好きな人と嫌いな人が分かれる本だと感じました。 俺のような、古文に馴染みがなかったり、あとは暗記物が苦手な方にはオススメです。(少し...な表現の耐性は必要) そう言う表現が苦手な方や、絵のクオリティが苦手な方はオススメ出来ません。 ですが本の感覚でサラサラ読めて、しかもこれ500個くらいは意外とすぐ覚えれると思います😌 単語が分かるだけでは当然センター満点は取れませんが、意味は何となく取れるようになると思います。 頑張ってください🤗 (※上位互換があるらしい...😂)

私は古文単語を覚えられずに悩んでいた時に友達にこれを勧められました。友達に見せてもらって、これなら続けられそうかなと思ってAmazonで早速購入しました。冒頭に書かれているように、3日でAランクの単語168語を覚えました。そして、残りの単語を覚えるぞーと思っていたある日、私は他の参考書を探しに本屋に行きました。すると、本棚に古文単語ゴロゴプレミアムというのがあるではありませんか…!!それを手に取ってみると、なんと全ての単語にイラストが…!!私はそれを購入し、赤色のゴロゴを机の奥にしまいました。皆さん、ゴロゴを買うなら必ずプレミアムを買いましょう。

レビューをもっと見る
参考書名
マドンナ古文単語230 パワーアップ版: 別冊単語カードつき (大学受験超基礎シリーズ)
著者
荻野文子
ページ
245ページ
出版社
学研マーケティング

一つ一つの単語の説明が丁寧にされており、例文も非常に良いものばかりなので、覚えにくい古文単語でも自然に頭に入ってきます。そういった意味ではとても優秀な単語帳と言えます。しかしながら、収録されている語数は230語と若干少なく、「これさえ覚えれば完璧」とは言い難いと思います。 (まだ15語しかやってない)

荻野文子氏は「入試古文なんてこの230単語だけで十分」と息巻いて居られますが、はっきり言ってセンター試験レベルですらこの単語帳では足りないので、この単語帳だけで入試を乗り切るのは理系文系共々諦めたほうがいいでしょう。 ただし、基本的な古文単語を覚えるための単語帳としては非常に有用なので、この単語帳を修了してから入試レベルの古文単語帳に入るのはオススメです。

この単語帳は他の単語帳よりもその単語の解説が詳しいです。(語源、語呂合わせ、今で言うなら…など)あと絵も豊富で見てて飽きにくいです。それもあってか、たしかに他の単語帳よりは収録単語の数は少なくなっております。 僕は理系なので2次試験のことはわかりませんが、とにかくセンターレベルならこれで十分じゃないですか?もし載ってないのが出てきたらその都度ルーズリーフなどにその単語を書いて自分の単語帳を作ればいいだけです。 ちなみに、マドンナ古文単語230と書いてありますが、230は単語の数ではなく項目(?)の数なので、単語数自体は300近いのではないでしょうか? 最初は読んでも頭に入らないってことはあると思います。人間は忘れるので仕方ないです。だから覚えられなくても折れずに、覚えられるまで何回も繰り返しましょう。発音する、書くなどして五感をフル活用すると覚えやすいです。 この本の表紙に書いてあるように、「ラフに繰り返すのが近道!」です。巻末にある単語カードも利用しましょう。僕はトイレしてるときに単語カードペラペラめくってました。

レビューをもっと見る
参考書名
マドンナ古文常識217 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)
著者
荻野文子
ページ
287ページ
出版社
学研マーケティング

僕は古文が嫌いだったのですが、 この本があると面白い古文常識を学べるので、 読解にも役立つ上に何より古文嫌いが解消されます!! 買って損は絶対に無い素敵な1冊です!!

暇さえあれば読んでます! わかりやすいし、読んでて楽しい⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝♡

暗記必須になっている単語の意味は理解していたし、助動詞も助詞も覚えていると思っていましたが、模試での結果がふるわなかった私に先生が勧めてくださった一冊です。 春宮?弘徽殿?聞いたことあるけどよくわからない、、という感じでしたが由来や例をあげて説明してくれるこれを読んでいるうちに、古文が読みやすくなりました。 単語や文法に気を取られがちですが、あと一歩は古文常識!

レビューをもっと見る

文法

『吉野の古典文法スーパー暗記帖―わかる!覚える!受かる! 』
受験で必須となる古典文法知識を学習することができます。コンパクトに必要なところだけがまとめられているので、無駄がなくとても効率的です。何度も繰り返し学習し、要点を頭に叩き込みましょう。

『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル』
問題演習を通して古典文法を学習していくドリル形式の文法書です。より問題難易度を難しくした『ステップアップノート30古典文法トレーニング』もありますが、真新しい文法知識などは登場しないのであくまで余力がある人向けです。

参考書名
吉野の古典文法スーパー暗記帖―わかる!覚える!受かる! (快適受験αブックス)
著者
吉野 敬介
ページ
159ページ
出版社
学研プラス

吉野の古典文法スーパー暗記帖―わかる!覚える!受かる! (快適受験αブックス)これはかなり基本。ですけど絶対知らないと困る内容です。だから暗唱できるくらいまでやりました。元理系から文転した自分には本当にためになりましたよ。

レビューをもっと見る
参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)
著者
井上 摩梨
ページ
83ページ
出版社
河合出版

世界で一番愛してる古文参考書はどれかって?もちろんこの本です。僕の彼女のように親切で丁寧に書かれているので、非常に理解しやすい一冊。

とてもわかりやすい。最初の基本的古文の文法を抑えるのに役に立つ。助動詞の接続形の分類や、活用形はしっかりこれで抑えたい。

分かりやすく薄っぺらいのであまり気負わずにやれます。そんでもって結構しっかりめに基礎を固められるので個人的にはおすすめです。 が、超初歩ではない。例えば『いかで』を知らないと解けない問題を解説ナシで平然とぶちこんでくるし、単語を軽くは押さえておかないと「?」が頻発するかも。 なので私は『マドンナ古文単語230』や学校で配られたワークを使って分からないところを確認しながら解きました。 まあ難点も書きましたが、私は結局二冊目を購入するほどだったので、良書であることは間違いないです。やるなら何度もコピーを取って回すことをお勧めします。私はイキナリ本に書いてしまって後で泣きました。

レビューをもっと見る

センター対策

『センター古文満点のコツ』
センター古文対策に特化した参考書です。満点を狙うために必要なテクニックやコツが詳しく載せられています。

『マーク式基礎問題集 古文』
シンプルかつ質の高いマーク式参考書です。

参考書名
センター古文 満点のコツ[3訂版]
著者
北村七呂和
ページ
192ページ
出版社
教学社
参考書名
古文 マーク式基礎問題集
著者
ページ
147ページ
出版社
河合出版

これを1日2題ずつちゃんと復習して自分のわからないところをなくしてくと… あらびっくり! 古文が読めるではありませんか! 徐々に難易度が上がっていくのと共に成長できる。 いまいち古文なんでできないのか分からない人はとりあえずこれやってみて👍

英語力がかなり着きます

単語も文法もこれやれば大体身につく 重要単語もその演習ごとに書いてあるし、裏に覚えて起きたいもの全部あるからこの一冊ちゃんとやりきれば6割はいけると思う

レビューをもっと見る

難易度別記述対策

・MARCH・中堅国公立レベル
『首都圏「難関」私大古文演習』
主にMARCHで出題されたことのある問題を中心として、首都圏の難関私大といわれる大学の過去問が多数掲載されています。

・旧帝大・上智レベル
『古文上達 読解と演習』
難易度はかなり高く、目安としてセンター古文で8割が安定して出せるようになってはじめて取り組むべき問題集といわれています。

・東大・早稲田・一橋レベル
『最強の古文 読解と演習』
最高レベルの難易度を誇る問題集です。細かい古文の文法、枕詞までも問うてくるので、どちらかというと私大向きです。東大、京大など国公立を目指す受験生は、この問題集よりも過去問を優先して取り組みましょう。

参考書名
首都圏「難関」私大古文演習 (河合塾シリーズ)
著者
池田 修二
ページ
157ページ
出版社
河合出版

田舎の問題がでてました

基礎が固まってないと中々苦しいかなと思います。単語・文法の知識をしっかりとしたものにしてから取り組まないとあまり意味が無いかと思います。中には難問も見受けられますが概ね良問が多くやる価値はあると思います。古文が難しい難関私大を受ける人は是非やって下さい。

ちょっと難しい古文が入ってる バリバリ演習したい人におすすめ でも、志望校の過去問を解くのと変わらないから、過去問期なら過去問解いた方がいい

レビューをもっと見る
参考書名
古文上達 読解と演習56
著者
小泉 貴
ページ
176ページ
出版社
Z会出版

この問題集の演習編はなかなか難しかったですが、それらが古文の教科書に載ってたりすることはあったので、基礎固めにはもってこいですね。また解説についてあるズームアップも教養になるので読んで損はないです。

私はこれの読解編の文章を全文品詞分解と口語訳していました。読解編の文章は短いので、この作業にうってつけです!演習編はあまりの難しさに挫折し、結局時間がなくてやってないです。全文品詞分解と口語訳やるのはおすすめです!文法力も、古文として全体を通して読む力も付きます!

一応全て終わったので。 まず、演習編はとにかく難しい。 解説を読んでも古文が相当好きな人でなければ苦痛を感じるレベルで意味がわからない。 旧帝国大学や早慶を目指してる人以外はオーバーワークになるので不要。

レビューをもっと見る
参考書名
最強の古文 読解と演習50
著者
小泉貴
ページ
352ページ
出版社
Z会出版
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

漢文参考書・問題集

単語・文法・句形

『漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 』
これ一冊で初歩レベルからセンター8割を取れるレベルまで漢文力を上げることができる参考書です。漢文に必要な知識を満遍なく身につけることができる、正統派の参考書になっています。

『漢文早覚え速答法 パワーアップ版』
覚えるべき知識が厳選されて細かくまとまっており、どちらかというと漢文の勉強に割く時間がない理系向けの参考書です。無駄なことは全部切り捨てられてあるので、効率よく学習ができます。

参考書名
漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)
著者
三羽邦美
ページ
208ページ
出版社
学研マーケティング

漢文嫌いボーイでしたが漢文どんとこーいになりました 学校の独自試験なんかで高得点取れて嬉しいです(定期試験は授業で内容取れてるので内容がセンターレベルを超えているため) すぐ効果は現れませんが毎日句形一周してたら蕁麻疹はでなくなります 過去問やったらチョモランマくらい楽なんじゃないですか?(適当)

人生は山あり谷あり。 てことでこれは山しかありません。しかも山にさらに山があるということですよね?それはものすごく負担ではありませんか? 名前はマッキーで変えましょう! 漢文のヤマとタニって! 祭典まであと2日

漢文の参考書で調べたとき、これは低評価でした。時間がかかるなど...。でも、私のように漢文めちゃくちゃやったけど、この浪人になって全くやってないわすれてきた...という風な方にはおすすめです。というのも、句法のまとめが別冊子であるからです。そこには、句法・読み・意味・例文が載っています。 二次で漢文を使う方は知りませんが、センターだけなら割と良いかと思います。 早覚え速答法?と見比べてみて考えたら良いと思います。漢文はほんまに1週間でもどんどん伸びるので諦めかけているひと、とりあえずやってみて良いと思います!私も去年の受験では漢文1週間でセンター満点取れるようになりました。

レビューをもっと見る
参考書名
漢文早覚え速答法 パワーアップ版 (大学受験VBOOKS)
著者
田中雄二
ページ
197ページ
出版社
学研マーケティング

4月から漢文はこの本と過去問のみを使って勉強していました。 その結果、今年のセンター漢文は15分で解き終えられた上、50点満点を獲得することができました。 試験の点数に直結する事のみ詳しく、そして何より分かりやすく、頭に入りやすく説明してくださっているので、漢文をどの本で勉強するべきか迷っているなら迷わずこの本を使うべきです。

2019年センター試験 漢文満点取れました。 9月に購入し 2週間で2週ぐらいしました。 その後は後ろの最強の裏口メソッドを使い、 音読しました。どういう句法が使われているか、また内容はどのくらい把握できたかを点数化し、毎回付けていました。11.12はあまりしてませんでしたが、センターの2日前から2回ずつ音読しても再び理解出来ました。長期記憶になっており思い出すのは早かったようです。ほんとにオススメしますこの参考書。、

センタープレ後にこれ買って冬休みにやったら本番満点でした。ありがとう。

レビューをもっと見る

センター対策

『センター漢文解法マニュアル』
センター漢文対策用の参考書です。問題を解いていく際の考え方、目の向け方などが詳しく説明されています。演習問題も多いです。

『マーク式基礎問題集 漢文』
毎度お馴染みのシンプルなマーク式問題集です。

参考書名
センター漢文解法マニュアル (大学受験合格請負センター試験対策シリーズ)
著者
三羽 邦美
ページ
182ページ
出版社
ブックマン社

センター試験のみで漢文を使う人にはオススメです👌 特徴としてはとにかく量が少ない☺️ その分すぐ終わるし、その上覚えるべきポイントはしっかりと書かれている✏️📄 僕は理系ですが、この本と出会えたおかげで2年連続センター漢文は満点でした✌️😀 (2回もセンター試験を受けた事情にはツッコんじゃダメだぞ🙉) あまりメジャーじゃ無い(カイセド氏調べ)参考書ですが、この本をしっかり読めばセンター試験の国語で自動的に50点が入ってきますよ✋😀 これであなたも明日から漢文満点マン👲🇨🇳

レビューをもっと見る
参考書名
マーク式基礎問題集 20 (20) 漢文
著者
ページ
0ページ
出版社
河合出版

2019年度 センター試験漢文満点でした。 こちらは漢文早覚え速答法の後の演習用で2週ほど使いました。センターレベルよりは簡単ですが、なれるという意味では非常にオススメです。演習用にぜひ使っていただきたいです。

センター試験対策で過去問が足りなくなりそうな時に使えます。最も本番に近く解きやすい。また解説も分かりやすいです。

解説はかなり詳しく、解いていく中で漢文が読めるという感覚を得ることができました。 「マーク式基礎問題集 20 (20) 漢文」というタイトルで、あたかも20問収録されているかのような印象を受けましたが、収録されている問題は15問しかありません。少し残念です。 私は1日に1問ずつ順番に解きました。一回あたり、復習込みで40分程度で解けるため、無理のないペースで進められます。漢文が苦手な方でも、抵抗なくできるのではないでしょうか。 私はまだセンター試験を受けていないので、結果が出たかは不明ですが、それでも着実に力がついている感覚はあります。オススメです。

レビューをもっと見る

難易度別記述対策

・MARCH・中堅国公立レベル
『得点奪取漢文―記述対策』
解説が詳しく、漢文記述の基礎を身に付けるにはもってこいの問題集です。文章の難易度自体は比較的易しめです。

・旧帝大・上智レベル
『漢文道場 入門から実戦まで』
記述式・マーク式両方の問題が掲載されています。内容は、簡単な問題から徐々に難しくなっていき、最後の方の問題はとてもハイレベルなものになっています。

・東大・早稲田・一橋レベル
『最強の漢文 難関大をめざす』
名前に違わず難易度はかなり高いです。問題冊子より解説冊子の方が厚いという解説の充実ぶりが魅力です。

参考書名
得点奪取漢文―記述対策 (河合塾SERIES)
著者
天野 成之, 三森 一彦, 吉野 大作
ページ
116ページ
出版社
河合出版

滝川にもらいました。

この本を一冊やれば漢文記述に対する答え方、基礎知識がしっかりと付き、少なくとも大学入試の記述で戸惑うことはないと思われる。 漢文記述が必要な受験生に是非ともオススメしたい一冊。 まぁ、僕は漢文いらないんですけどね笑

レビューをもっと見る
参考書名
漢文道場 入門から実戦まで
著者
土屋裕
ページ
304ページ
出版社
Z会出版

東大OPで15/20程取れている自分でさえ難しく感じる問題集です。 東大漢文が読みやすく答えにくいという特徴があるのも一因だと思いますが。 中国史や故事成語を知らないとわからない問題もあります。 早稲田の文系学部志望者とかが一番適切なのかな?知らんけど。

入門から実践とあるように1部は句形、2部と3部が読解となっているが2部と3部の解説が初学者にとってはかなり物足りないと感じた。 初学者ならもう少し簡単な参考書を買うべきだと思う

難易度は高い(高かったと記憶している).センター向けにやるような問題集ではなく,2次にも漢文がある人が2~3周はするような問題集であると思った記憶がある(すでに受験から1年を経ており記憶が曖昧).逆にそのくらいやれば,そのまま希望の大学の過去問に取り組めるだけの実力はつくと思う.

レビューをもっと見る
参考書名
最強の漢文 難関大をめざす
著者
仁田峠公人
ページ
0ページ
出版社
Z会出版

早稲田大学などの文学史対策参考書

『早わかり文学史』
近代文学史の流れと細かい知識を身につけることができる参考書です。近代より前の平安文学などについては触れられていません。

『土屋の試験に出る文学史』
古代から近現代までの文学史が端的かつコンパクトにまとめられています。

『新・文学史チェックノート 10日で確認』
細かい解説がなされているというわけではなく、重要な知識だけが整理してまとめられている本です。文学史の勉強を終えた後に覚えたことを頭のなかで整理したり、試験の直前に知識をチェックするのに使うと良いでしょう。

参考書名
早わかり文学史 (中継新書)
著者
出口 汪
ページ
200ページ
出版社
語学春秋社

ただの暗記というよりその作者、作品の背景などを知ることによって文学史暗記をしやすくするというコンセプトですね。ただ暗記するより多くの情報を関連させて覚える方が効率がいいですしおもしろいので楽しく進められます。この本を最初にやるだけで随分楽に現代文文学史暗記を進められると思います。もしかしたら文学史にも興味関心を持てるかもしれません!

レビューをもっと見る
参考書名
土屋の試験に出る文学史―入試に必要な知識だけ覚えられる
著者
土屋 博映
ページ
160ページ
出版社
ライオン社
参考書名
新・日本文学史チェックノート―10日で確認
著者
ページ
47ページ
出版社
日栄社

最後に

国語は受験の中でもかなり重要な科目なので、世に出回っている参考書・問題集の数は半端じゃなく多いです。この記事で紹介したいくつかの参考書・問題集は、私や私の周りの現役合格者が実際に使用した、特に良質なものです。しかし、注意しておいてほしいのは参考書を買って集めただけで満足することだけは絶対にしないでください。一冊を完璧に仕上げる、その繰り返しがあなたの学力を確かなものにします。買った参考書・問題集の内容は隅から隅まで頭に叩き込む勢いで勉強しましょう!

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

〜センターから難関大記述まで〜【大学受験用】現代文・国語参考書のおすすめ一覧

【大学受験】MARCH合格の国語問題集7選!記述から古文まで

【国語】生きる漢字・語彙力の使い方と特徴

【大学受験国語】国語偏差値50を確実に突破するための厳選参考書

センター国語参考書まとめ!苦手を克服&偏差値UPにオススメの参考書

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に