【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

世界史の勉強法で迷ったことはありませんか?

この記事では大学受験を経験した私が、これから世界史の受験勉強を始めるあなたに「世界史勉強法のポイント」を伝授します。そして本当におすすめな世界史の参考書・問題集を紹介したいと思います。またその中で、世界史勉強のペース配分の目安や、勉強のプロセスを細かく伝授したいと思っています。

先に言ってしまうと、世界史の勉強を進める上で重要なのは「基礎・流れ→アウトプット→復習」なのです。
レベルは「センター試験」から「早慶」まで網羅していますのでぜひ目を通してみてください。

この記事を読んで、良い受験勉強のスタートダッシュを切りましょう!

大学受験における世界史って?

まず受験勉強を始めるにあたって、各試験における世界史の問題について説明したいと思います。自分がどの試験を受けるつもりなのか考えながら読んでみてください。また志望校がきっちり決まっている人は、赤本などを見ることも重要です。なぜなら、その大学の出題傾向を把握しておくことで効率的に勉強を進めることができるからです!

センター試験における世界史

センター試験は全マーク式の試験です。問題は山川の教科書から出題され、きちんと勉強して挑めば解ける基礎問題ばかりで、出題形式は多種多様です。それは例えば「正誤判定問題」「時代問題」「地図問題」であり、教科書から出題されると言っても、きちんと“時代の流れ”や、“地図”、“写真”を抑えておく必要があります。なのでマーク式だからと言って舐めてかかってはダメですよ!得点率の目安として、マーチに受かる人は8割、早慶レベルだと9割、東大となると満点近くは取らなければなりません。

国公立2次試験における世界史

国立文系の2次試験において世界史を必要とする大学の大半が「難関国公立大学」と呼ばれている大学です。そしてその大学の多くでは論述問題が出題されます。特に東大・一橋などのトップクラスの大学だと、400〜600字の大型論述が出題され、内容的には「歴史の流れ」を掴んでいないと解けない問題です。なので国公立を受験する人はセンター対策に加えて国公立の論述対策をしなければならないのです。そこで今から「流れ」を抑えつつ教科書を読んでいくことで論述対策にもなり、後に効率的に勉強することができます!基盤づくりの時にどう勉強するかで、後々の勉強も変わってくるのです!

私大(MARCH、早慶)における世界史

まずMARCHレベルまでの私大について。このレベルまでだと教科書の範囲内からの出題が多く、センター試験と同じくらいの難易度と考えて良いと思います。センター試験と違うのは、マークではなく記述式の試験が多いということです。MARCHレベルでも地図問題や文化史、論述が出題されますが、いずれも基礎的なものなので特別な対策は必要ないと思います。なのでMARCHレベルまでの大学を志望するあなたは、基礎を完璧にしましょう。

そうはいかないのが早慶上智です。早慶上智レベルになると山川の教科書以上の知識が必要となってきます。問題形式も大学によって多種多様であり、論述、文化史、現代史なども多々出題され、これらは教科書だけでは足りないのでそれなりの対策が必要です。上智大学ではキリスト史が多く出題されるのでそこに重きを置きながら勉強していきます。このような出題傾向は、その大学の赤本でチェックできます。私立文系、特に難関私立になればなるほど社会科目はネックとなってきます。早慶上智レベルだと、教科書レベルの基礎問題は正解して当たり前、教科書プラスアルファの問題をどれだけ正解できるかで合否が分かれてきます。なので最初は教科書で基盤をきちんと作って、細かな知識を詰め込んでいきましょう!おすすめな教材は後ほどご紹介しますね。

世界史勉強の3つのポイント

次に世界史の受験勉強を始めるあなたに心に留めておいてほしい3つのことを紹介します。これからの勉強に役立つことだと思うのでぜひ参考にしてみてくださいね。

世界史勉強のポイント①ペース配分

1つ目のポイントはペース配分です。いつインプットを終えてアウトプットを始めたらいいのかよくわからないですよね。赤本なんかもいつから始めたらいいんだろう、と。なのでここでは目安として私が個人的におすすめするペース配分をご紹介します。

まずインプットから。通史の暗記は6〜7月までには最低でも1周しましょう。1周で覚えられないのは当たり前、何周もすることでだんだんと知識は定着していきます。なので6〜7月を1周目の目安としましょう。そしてその後にまた何周も通史の暗記をしていきましょう。とにかくインプットは何回も繰り返すことが重要なので、1周目で完璧にしようとして時間をかけすぎるのもよくありません。1周目は流れを掴む程度、2周目3周目でどんどんと細かな知識を上から塗っていくイメージで勉強しましょう。

次にアウトプットです。これは教科書を1周したら、つまり7月頃からどんどん問題を解き始めましょう。最初は教科書に即したような簡単な問題集で構いません。簡単な問題集でも、まだ1周しかしていない状態で解けない問題がたくさんあるのは当然なので、解けなくてもめげずにどんどん解いていきましょう。一度覚えたことを考えて考えて頭の奥から引っ張りだすことが効率的なインプットにつながります。そしてどんどん問題集のレベルを上げていって、11〜12月頃には志望校の過去問を解くようにしましょう。

赤本の使い方は以下も記事で詳しくお話しているので、チェックしてみてください。

【赤本の使い方】世界史の過去問は「いつから」「何年分」解く?

世界史勉強のポイント②目標をたてよう

2つ目のポイントは目標を立てることです。目標にも【大きな目標】【小さな目標】の2種類があります。 これは前項のペース配分にも繋がる話なのですが、例えば6月までに教科書を1周する、これがまず【大きな目標】です。そして大きな目標を達成するために、つまり6月までに教科書を1周するために、1週間で◯ページ、1日◯ページ進めようと決める、これが【小さな目標】です。目標に細かく具体性を持たせることでイメージしやすいですし、達成しやすくなります。ここで注意してほしいのはあくまでも実現可能な目標を立てることです。小さな目標から達成できずに気持ちが萎えてしまっては本末転倒です。ここでは自分が立てた目標をきちんと達成するころに意味があるので、自分が達成可能な目標を立てましょう!

【大きな目標】数ヶ月単位の目標
【小さな目標】1週間、1日単位の目標
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

世界史勉強のポイント③おすすめの時間帯

3つ目のポイントは勉強する時間帯です。なかなか頭に入ってこないような暗記科目を勉強するときにおすすめの時間帯をご紹介します。これは世界史に限った話ではないので、他の科目にも参考にしてみてくだい。
まずこれは一般的に言われているおすすめ時間帯で「寝る前」です。寝る前と言っても眠気と戦いながら、ウトウトしながら、これはあまり意味がありません。一日の勉強の最後に、きちんと意識がある時に暗記科目をやると効率的に覚えられると言われています。
それに加えて私が個人的におすすめするのは「午前中」です。私は受験生の時、暗記科目は午前中にやっていました。これは個人的な感覚なのですが、午前中は午後よりも時間が過ぎるのが遅く、よりたくさん勉強できるイメージでした。
夜更かしをして、ウトウトしながら勉強して、翌日は早起きしても眠気が取れず昼間に居眠りしてしまう、こんな受験生も多いと思います。しかしそんな風に勉強するよりも、早寝早起きの習慣をつけて規則正しく勉強するほうがよっぽど効率的だと思います。なので一番のおすすめは午前中に暗記科目を覚えて、寝る前(意識があるうち)に復習することです。

【まとめ】世界史勉強の3つのポイント

・インプットは夏前に一周、そしてそこからアウトプットもスタート
・大きな目標、そしてそこから小さな目標をたてる(実現可能な!)
・寝る前と午前中がおすすめ時間帯

世界史勉強のプロセス

次に世界史勉強のプロセスを紹介します。これはどの試験を受ける人にも共通する勉強法なので、ぜひ勉強のスタートに役立ててほしいです。

世界史勉強のプロセス①まずは基礎と流れ

まずは基礎づくりです。これはどの試験でも重要となってくるのですが、大学受験世界史における基礎とは山川の教科書です。これをしっかり熟読して基礎作りをしましょう。この基礎作りの時にしっかりと流れを掴みながら勉強すると、後にとてもに効率的に勉強することができます。そこで流れの掴み方についてですが、それは「歴史の因果関係をきちんと把握する」ことから始まります。歴史のそれぞれの出来事の関係や繋がりを意識して教科書を読んでいくことがポイントです。なぜここまで流れを掴むことを強調するのかというと、私立や国公立の論述問題はそのような因果関係を問うものが多く、流れを掴んでいないと解くことができません。それだけでなく、センター試験における年代問題では、流れを掴んでいれば年号を正確に覚えていなくても因果関係で答えが分かることも多々あるのです!このように基礎における流れはとっても大事なのです。

世界史勉強のプロセス②そしてアウトプット

次にアウトプットです。先に言ったようにアウトプットしないことには記憶の定着をはかることは難しいです。問題集を解く時も、完璧に全問正解する必要はありません。全問正解は本番でできればよいので、問題演習などのアウトプットの時はどんどん間違えていきましょう!アウトプットすることに意味があるのです。まず教科書を1周したら、簡単なものからでいいのでどんどん問題演習をしていきましょう。

世界史勉強のプロセス③最後に復習

最後に復習です。これは世界史勉強において一番重要と言っても過言ではありません。前項でアウトプットをしっかりしましょう、と言ったと思いますが、そのアウトプットにおいて復習は肝となります。そのような問題演習における復習とは、間違えた問題をしっかり復習するということです。問題集に然り過去問に然り、答え合わせをして終わり、これは一番NGです。復習をしないとアウトプットの効果が半減してしまいます。きちんと間違えた問題の解説を読んで、参考書を読んで、用語集を読んで、復習しましょう。間違えた問題は新たにインプットするチャンスですのでそれを無駄にしないようにしましょう!

【まとめ】世界史勉強の3つのプロセス

①まずは基礎づくりと流れ!
②どんどん問題を解いていこう
③復習は一番大事

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

覚えられないのには理由がある!効率的&確実な世界史の覚え方

【世界史 参考書】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に