18025495

日本史のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

はじめに

日本史は何から手を付ければよいかわからない…。
教材が多すぎてどれを使えばいいの?
センター試験と国立二次と私大で傾向が違いすぎる!

これは多くの受験生が抱える悩みです。日本史の勉強は、暗記量が多く、教科書や資料集など多くの教材を使う必要があるので大変です。

それゆえ日本史の内容を整理しきれず、苦手意識が芽生えてしまう方は多いのではないでしょうか。参考書を買おうとしても、実況中継、一問一答、センター対策など種類が豊富でますます悩みに直面することもあると思います。

受験本番で高得点を取れるように、前日まで出来る限り知識を詰めていきたいですね。

この記事では、ノートを上手に使う日本史の勉強法や一問一答集の活用法、分野別のおすすめ参考書、問題集について紹介します。
センター試験から国立二次、私大の日本史まで、幅広いレベルを網羅していますので、ぜひ受験勉強のスタートダッシュを切りましょう!

日本史の成績が伸びない…その原因と対策は?

22529240?w=430

日本史が苦手だ、勉強しているのに日本史の点数が上がらない、なんて方は多いと思います。
その原因はどこにあるのでしょうか。今までの勉強法を見直してみましょう。

復習の習慣がない→毎日復習しよう

日本史は新しい知識を覚えることも大切ですが、一方で以前習った内容を復習することも大切です。新しい内容ばかりに気を取られていると、古い内容を忘れてしまい、ライバルに差をつけられてしまいます。
実際、復習がおろそかであるせいで直前期に日本史の得点率が悪くなったり、日本史に力を入れて他の科目で伸び悩んでしまうケースは多々あります。
こういった終盤のどんでん返しが起きないように、日本史は毎日復習することが大切です。

復習の習慣がなかった方は、風呂上がり、寝る前など、時間帯を決めてノートや参考書を眺めるようにしましょう。

教科書や用語集の丸暗記をしてしまう

これは日本史を勉強するうちにハマってしまいやすい落とし穴です。

日本史は教科書や用語集を中心に勉強しますが、気がつくと書かれている言葉を丸暗記している場合があります。ここでは「丸暗記」という勉強法が問題であり、断片的に知識を覚えていっても、あまり得点には繋がりません。
というのも、日本史の問題は、似た用語の時期で引っ掛けてきたり、出来事の背景事情を聞くことが多いからです。

ですが、きちんと「内容」の暗記はぜひ行ってほしいです。機械的に覚える丸暗記は卒業し、内容理解を意識した勉強を心がけましょう。

内容の深追いをしすぎてしまう→視野を広くして勉強しよう

日本史で得点するには暗記が欠かせません。教科書や用語集の丸暗記はもちろん危険なのですが、内容の深掘りも実は落とし穴となる場合があります。
というのも、一つ一つの単元や時代を完璧にしてから次の内容に移ろう、この大学はこの単元がよく出るから大切だ、というこだわりが邪魔してしまい、新しい内容が頭に入ってこなくなってしまうからです。
こうなってしまうと簡単に得点できる問題を落としてしまう可能性があるので、注意が必要です。

深さが大切な部分もありますが、全体を通して歴史の流れを見通す勉強を心がけましょう。

大学受験の日本史とは?

22529276?w=430

ここで日本史の試験の傾向について軽く触れておきたいと思います。傾向を確認しておくことで、日本史への力の入れ具合や学習スケジュールの目処が立つからです。
センター試験、国立2次試験、早慶上智など難関私大の日本史に分けて紹介していきますので、あなたが挑む試験についてきちんと分析しましょう!

センター試験の日本史

センター日本史は、全問マーク式です。問題数は35〜36問ほどで、時間が60分です。
暗記量が点数に大きく関わるため、サクサク解くことができ、多くの受験生は時間を余らせることになります。ですが、余った時間を見直しの時間に使ってケアレスミスも含めて失点を防ぎましょう。

センター日本史では、教科書レベルの問題しか出ません。ですので、教科書の内容を完璧に理解できれば満点を取ることは可能です。ですが、広い範囲から出題されますので、政治史だけではなく文化史も欠かさず対策しましょう。具体策として、地図や写真を定期的に眺めておくと良いです。

また、順番(時期)並べ替え問題や正誤判別問題など、問題形式も多岐にわたります。これらの問題を得点するためには、時期を意識して(◯世紀、◯◯時代前期など)日本史を暗記していくとベストです。

センター日本史を受ける方は浅く広く、かつ大まかな時期を意識した勉強を心がけてみてください。

国立2次試験

国立の二次試験で日本史を必要とする大学の多くは、難関国立大学と呼ばれています。そしてほぼ全ての大学で、論述形式の問題が出されます。200字程度、400字程度、600字程度など字数はまちまちですが、覚えた内容をストーリー化してアウトプットできる能力が求められます。つまり、「歴史の流れ」を理解することが大切なのです。断片的な知識をつなぎ合わせて整理する訓練をしておきましょう。

また、一行問題や資料読み取り問題など、出題形式やテーマが様々です。受験校の過去問をしっかりと見て、傾向と具体的な対策をチェックしましょう。

私大(早慶上智、MARCHなど)の日本史

MARCHまでの日本史は、センター日本史と同等のレベルです。大学によってよく出る範囲が違いますので、傾向を見ておく必要がありますが、基本的にはセンター対策が私大対策にも直結します。

一方で、早慶上智などいわゆる難関私大と呼ばれる大学の日本史は、癖が強くなかなか得点できない場合があります。というのも、大学ごとによく出る範囲、学部ごとによく出る範囲があり、さらに見たこともない用語を答えさせる場合や、リード文に未見資料が使われる場合があるのです。全ての問題がこのような難問奇問ではないですが、中途半端な対策では高得点は期待できません。
日本史を得点源にしたい場合は、よく出る用語やテーマを詳細に理解しておく必要があります。他の科目(国語・英語)を得点源にしている方でも、センター日本史で9割以上を取れるだけの知識量がほしいところです。

難関私大を受験する場合、より高水準の知識を覚えるよう心がけましょう。

おすすめの日本史勉強法

22529319?w=430

ここでは、日本史のおすすめの勉強法を紹介します。どれも簡単に実践できるものばかりですので、復習に悪戦苦闘していた方やテストで点数が伸びなかった方はぜひ試してみてください!
スッキリと日本史を暗記できて、テストの点数も安定して高得点をキープできますよ。

勉強時間は決めない!ちょうど良いところで切り上げる

日本史の勉強では、切りの良いところでその日の勉強を終わりにしましょう。具体的には、縄文時代、源平合戦というように区切れを意識するとよいです。
こうすることで紛らわしい用語や複雑な内容を整理しやすくなります。また、日本史の問題は1つの時期や文化史で大問が構成されているので、切れを意識すると試験本番でダミー選択肢に気付きやすくなります。

今まで「1日◯◯時間!」とノルマを設定していた方は、ノルマではなく切れを重視した勉強を意識してみてください。

情報は出来る限り1,2冊のノートにまとめる

教科書・ノート・参考書・資料集・史料集など、日本史の勉強で使う教材はいくつかあります。もちろん受験に必要な知識が詰まっていてどれも大切ですが、情報がバラバラでは復習の時に効率が悪くなってしまいます。
そこで、知識をまとめることを横着せず、ノートに情報を整理しておくことをオススメします。こうすることでスムーズに復習ができるようになります。持ち運ぶ荷物も少なくなるので一石二鳥です。

日本史のノートのまとめ方については後ほど紹介しますので、ここでは情報をまとめることのメリットを認識しましょう。

資料集や史料集を使おう

日本史の試験では、地図や文化史で目にする写真などを材料にした問題も多く出題されます。こういったものは教科書のみの勉強ではカバーしきれません。
1点足らずで涙を流さないためにも、資料集を使って勉強することも心がけましょう。よく見る地名や、絵画作品・仏像の特徴的な部分をマークしておくと資料問題で間違えることがなくなります。
今まで資料集を使っていなかった方は、これからは資料集を使うようにしましょう。

また一文字違いの参考書に史料集というものがあります。「史料」とは主に文献のことを言います。『漢書地理誌』『後漢書東夷伝』などの資料が有名ですね。
史料を材料にした問題には、空欄補充・出典・作者・成立時期等々、問題としてのネタは意外と豊富です。史料からしかわからない内容も実は多いので、普段の勉強で文献や史料の名前が出てきたときは、史料集を使って理解を深めていきましょう。

語呂合わせや替え歌も暗記に役立つ!

日本史の勉強は、用語の暗記がメインですが、表記が少し違う用語やまとめて覚えるべき用語も多々あります。こういったものは整理がつかず、覚えるのに苦労してしまいますよね。

そこで、語呂合わせや替え歌を作って覚えるというのも日本史の勉強では役に立ちます。というのも、リズミカルにインプットをすることで同じようにアウトプットできるようになり、解答時のミスが激減するからです。
有名なものの例に徳川将軍や歴代内閣総理大臣を歌詞にした替え歌がありますが、他にも語呂合わせ化・替え歌化すると覚えやすくなるものはたくさんあります。

自分なりの語呂合わせや替え歌を作って、暗記に苦労した用語をまとめて覚えてしまいましょう!完成したらノートに書き留めておくと復習に役立ちますよ。

【日本史早慶模試トップが教える】日本史の覚え方のコツ、勉強方法

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

日本史の勉強ではノートを上手に使おう!

14641153?w=430

ここでは日本史のノートのまとめ方を紹介します。今まで情報の整理がうまくできなかった方はぜひ以下のまとめ方を実践してみてください。見やすくてスッキリまとまったノートが完成しますよ。

太ペンを使って枠を書く

ノートにまとめるときは、まとまった内容を太ペンで囲うなどして、ページ内の内容をさらにカテゴリ分けできるようにしましょう。こうすることで、見やすさが増して暗記がはかどります。

罫線に沿って横長にまとまりがちですが、改行して縦長にまとめるなど、多少のアレンジを加えてみても良いです。

なるべく用語だけをノートに書く

日本史のノートは、時期や単元の要点をまとめるためのものです。それなのに教科書や参考書のように長々と情報を書き留めてしまっては、ある意味模写するのと同じですね。

そこで、ノートには出来る限り用語のみをまとめるようにしましょう。こうすることで本当に必要な情報のみをピックアップして覚えることができます。
今まで冗長にまとめていた、なんて方は用語だけをノートに書く意識を持ってみてください。

用語の種類ごとに色分けする

日本史の勉強で覚えるべき用語は、人・物・出来事・制度(法律)などに分けることができます。これらを色ペンを使って整理しておきましょう。人物なら赤、出来事なら緑のようにルールを作っておくと良いです。
色分けすると、事件が多い時期、様々な人物が活躍する時期など、時期ごとの特徴やおさえるべきポイントが見えてきます。

重要な用語だから赤、赤シートで隠れるようにオレンジで書きたいといったこだわりを持つ方もいると思いますが、種類別で色分けするともっと暗記がはかどります。
用語の種類を意識したノートづくりもぜひ実践してみてください。

イラストや写真を貼り付ける

日本史の勉強では地図や美術作品なども眺めておく必要があります。ですが、こういった目で見て覚えるべき内容は、教科書や資料集に散りばめられているため、いちいちチェックするのが大変です。

そこでノートに日本史の内容をまとめるときは、必要なイラストや写真を貼るようにしましょう。適宜コピーしたり直接切り抜いたりして関連する情報をコンパクトにまとめてしまえば効率的に勉強できますね。
さらに、日々重い教材を持ち運ぶ必要がなくなるので、一石二鳥です。

【日本史のノートのまとめ方】わかりやすい作り方と覚え方を紹介!

日本史の勉強には一問一答も使える

日本史は一問一答問題集を使うことで、勉強がはかどります。スキマ時間に眺めてみたり、友人と問題を出し合うことで少しずつ知識が定着していきます。また、受験が近くなるにつれて古い内容を忘れてしまうこともあると思いますが、そういったときにも一問一答のおかげで勉強の習慣が身につきます。
なんとなく読んで用語を覚えて終わるのではなく、使い方も意識することで今まで以上に日本史の勉強が楽になります。

ですが、ワンパターンの問われ方しか対応できなくなってしまったり、順番並べ替え問題や正誤問題への対応力が弱くなってしまうので、使いすぎには注意が必要です。ですが、程よく使うぶんには日本史の成績アップに役立ちますので、一問一答問題集を使った勉強も取り入れてみてください。

私がおすすめする一問一答集は、『日本史B一問一答【完全版】2nd edition』です。基礎から応用まで、様々なレベルの問題が入っていて、さらに並べ替え問題、正誤問題もバランス良く載っています。

一問一答を取り入れた勉強も試してみてください!

1053305
参考書名
日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)
著者
金谷 俊一郎
ページ
440ページ
出版社
ナガセ
Btn amazon
23125286?w=80

これやって100題やって年号覚えたら偏差値70いったし、立教も自己採だけど90点とれました。日本史に時間割きすぎると落ちるからまず英語をやらないといけないと思います。でも、早めにこれに手をつけておくとすぐに日本史の偏差値上がって楽しいかも😄1ヶ月で15くらい上がりました現役時😶今年は英語がそうなってくれるとありがたい!🙏

22768964?w=80

現役時代、この本の★★★と★★だけ覚えてセンター受けたら一応7割取れました

23104986?w=80

私の思い出の一冊で、いつもカバンの中に入れて移動してました!日本史の一問一答の中で最も網羅性に優れておりこれに乗っている以外の単語は暗記しなくてもいいと思います。私は星一まで覚え、全統でいつも偏差値70くらいだったので星1までしっかり覚えれば偏差値70は超えると思います。しかし、一問一答なので流れがわかりにくいという短所もあるので、マーチ〜早慶の問題で日本史で稼ぎたい人には併用して石川の実況中継をお勧めします。なぜ一問一答だけじゃダメなのかというと、早慶(マーチでも)では暗記のみでは解けない問題を意図的に出すからです。例えば防人は三年というのは一問一答で覚えますが試験では防人の三年に九州に行くまでの期間が含まれるかなど少し手を加えた問題を出してきます。なので一問一答のみならず石川の実況中継も併用することをおすすめします。受験勉強頑張ってください

レビューをもっと見る

日本史の勉強にオススメの参考書・問題集

14641447?w=430

ここでは、日本史の勉強におすすめの参考書や問題集を紹介します。センター日本史対策に特化したものから旧帝大や早慶上智など難関大学の日本史対策用まで広く紹介しますので、参考書や問題集選びに迷っている方がぜひ一読して、自分に合った対策本を見つけましょう!

『石川晶康日本史B講義の実況中継』

日本史が苦手という方にはおすすめの参考書です。①「原始・古代」②「中世・近世」③「近世・近代」④「近現代」の4部編成になっています。
政治史・文化史の理解だけではなく、年表や付属CDなどの補助教材も使って、段階的に日本史の勉強を重ねていくことができます。中身は入試を意識した作りになっていて、少し読むだけでも日本史の理解につながり、実際に解く力が身に着くこと間違いなしです。

ボリュームがあり受験直前となると勉強のペースが乱れがちになるので、実況中継シリーズを使って勉強したいと考えている方はなるべく早めに買って読むことをおすすめします。

8562185
参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)
著者
石川 晶康
ページ
362ページ
出版社
語学春秋社
Btn amazon
23413683?w=80

かなりいいです。 その根拠は文転して初学の私でもわかりやすく、会話体で書かれていて授業を受けているかのように勉強出来るからです。 見やすく、わかりやすいので是非ともオススメ致します。 ちなみに武田塾の独学マニュアルにも載っています。 (最後に) 個人的な意見ですが武田塾のレビュー動画では初学の人にはきついかも(?)と書かれていましたがそんなことはないと思います。

20938709?w=80

実況中継→山川の教科書音読→問題集(自分で他に買う)の流れが完璧✨ ・教科書を吸収しやすくするための教材 ・神やけど時間のある人向け ・付属のCDは暇なときに聞きましょう💿

18910819?w=80

学校の授業が役立たずor進度遅い場合におすすめ🙆 これを高2の終わり頃からやれば余裕を持ってできます👍 暗記にはあまり向いてないのでノートにまとめましたが、これは時間がかかるので少し覚悟がいるし、必要かどうかは正直微妙なところです😅 とにかく、毎週授業とるより自分のペースで先に進めるのですごい良かったです🙏

レビューをもっと見る

『センターはこれだけ!金谷俊一郎の日本史B』

こちらはセンター日本史に特化した参考書で、上下の2巻で成り立っています。中身は、表解・講義・過去問の3段階で整理されていて、日本史の内容を整理しながら体系的に理解することができます。
センターに的を絞って解説されているので、センター日本史ならではの解き方も紹介されています。センター試験ならではの着眼点を養い、9割、満点を取れるようぜひ活用しましょう!

8973021
参考書名
金谷俊一郎の日本史B[古代・中世・近世] (センターはこれだけ!)
著者
金谷 俊一郎
ページ
248ページ
出版社
文英堂
Btn amazon
21083373?w=80

ここの評価が良かったので購入しましたが、買ってガッカリ… 外見も中身も薄っぺらい本です。 開国前後で2冊に分けて販売してるのは目を覆うばかり… 教科書をのらりくらりと読んでた方がマシですね^ ^…

18185273?w=80

日本史、嫌いじゃないけど頭の中で整理できない・・・と思ってた時に出会った参考書です。 とにかく見やすい!!!!!!わかりやすい!!!読みやすい!!!!こういう本が欲しかった!!!という感じです。 二次だとこれだけでは足りないと思うので、この本で流れを確認してから、一問一答などをやるといいと思います。 本当にわかりやすいので感動しています。 とてもオススメです。

20290569?w=80

スタディプラスのレビューを見て購入を決めましたが、本当に素晴らしいなと思いました!内容がとても分かりやすく、センター日本史の勉強がはかどっています!センターで日本史を受験する方に是非おすすめします!

レビューをもっと見る

『新詳日本史ー地図資料年表』

繰り返しますが、日本史では資料集を使うことが大切です。多くの方は学校で配布されているかもしれませんが、資料集がないという方、別の資料集で勉強したいという方にはこれがおすすめです。頻出の地図や写真が過不足なく載っているので、資料問題はこの1冊があれば十分対応できます。
他にも教科書には載っていない出来事の背景事情や様々な出来事と関連付けた解説が載っています。時間があるときにこれらも読むとさらに日本史の理解が深まります。

12168
参考書名
新詳日本史―地図資料年表
著者
ページ
337ページ
出版社
浜島書店
Btn amazon
21893914?w=80

正直今まで教科書や資料集を侮っていました。授業中にパラパラと見る程度。 でも最近になって資料集を使った勉強始めて、資料集の素晴らしさに気づきました。教科書→資料集→問題集→(わからなかったところを詳しく)資料集 という流れで確実に実力はつきます。

20754715?w=80

表紙変わってる!

20365103?w=80

運営だりぃ

レビューをもっと見る

『詳説日本史史料集』

この本は数少ない貴重な史料集です。日本史の参考書・問題集は数多く売られていても、史料に絞って、かつ大学受験に役立つ参考書はこれしかありません。勉強の用途は史料対策に限定されますが、意外と日本史選択者には欠かせません。
出典のタイトル・作者・解説だけではなく、史料独特の言葉の解説・時代背景なども丁寧に書かれています。通史の勉強と重ねるとより試験で正解しやすくなります。また、全部読む必要はなく、重要な箇所をおさえるだけで史料問題の対策は完璧です。

一見あまり使わなそうに思える副読本ですが、こまめに読んで少しずつ理解を深めていってください。

34872
参考書名
詳説日本史史料集
著者
ページ
394ページ
出版社
山川出版社
Btn amazon
20658221?w=80

日本史大好きなら読んでも飽きない

20214237?w=80

とても多いが、入試に出ないものなども書いてあり、これを闇雲にやるのはあまり良くない 史料は東進の一問一答が良いかと…

レビューをもっと見る

日本史の勉強におすすめの問題集

14650371?w=430

こちらでは日本史の勉強におすすめの問題集を紹介します。インプットだけではなくアウトプットもすることであなたの弱点を見つけ出し、補強するようにしましょう!

『ベストセレクション センター日本史B』

センター日本史対策用の問題集です。センターでかつて出題された問題や、それに類似する問題を多く載せているので、実力を確認するのにうってつけの本です。さらに、並べ替え問題や正誤判別問題など、多くの受験生を苦しめるタイプの問題の割合が高いため、1冊こなした後は非常に解きやすく得点しやすくなってきます。

また、ポイントとしては
・時代順に並んでいる
・解説が詳しい(正しい理由だけでなく誤りの理由も載っている)
・テーマ史(文化史・沖縄史など)の問題もあり、網羅的に理解を試せる
この3つが挙げられます。
力をつけやすく演習量が豊富なので、ぜひ買って解いてみるのをオススメします。

14510445
参考書名
ベストセレクションセンター試験日本史B重要問題集 2017年入試
著者
ページ
159ページ
出版社
実教出版
Btn amazon
15137928?w=80

同じ事でも様々なタイプで出題されるので流れ、用語をつかんだあとの力試し&知識を固めるといった使い方がいいかも。また過去のセンター試験から引用されてる問題も多く、実際の問題に触れられるのも良い。各単元ごとにちょっとした穴埋め問題も用意されていてウォーミングアップを兼ねてそこから取り組むのもあり。解説や解答のポイントも詳しく丁寧でわかりやすい。

レビューをもっと見る

『日本史B標準問題精講』

MARCHレベルの問題が豊富に載っている問題集です。過去問から厳選されたものなので、きちんと入試のレベルを知ることができます。実力試しにはもってこいの問題集ですので、ある程度実力がついた、復習を何度もしているから自分の力を試したい、という方はぜひとも買って解いてみてください。
間違えた問題があれば、1つにまとめた教科書なりノートなりを見て正しい解答を確認するようにしてください。また、解説が詳しいので、そこから学べるものは多いと思います。「弱点を見つけてそれを補強する」つもりで、多少まちがえても積極的に取り組んでみてください。

4739
参考書名
日本史B標準問題精講
著者
石川 晶康
ページ
399ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
22956687?w=80

実力をつける100題は意外と基礎問も多いしもう少し解きごたえのある参考書がやりたくて、もっと日本史オタクになりたい!偏差値70以上ほしい!という人にはオススメです。 ですが、基礎は完成しているという状態でないとほとんど太刀打ちできないと思います。 個人的には基本資料問題の穴埋め、とても詳しい解説があって、そこがすごい良いと思います。 対象大学は早稲田、慶應、MARCH程度だと思います。日東駒専志望の方は必要ないので、英語や国語に時間を費やすのがいいと思います。

21754913?w=80

この問題集本当にいい

22850535?w=80

内容は結構難しい、 けど個人的に解説が丁寧だと思う! 分野別に分かれてるから、 凄く細かいかな? 早慶目指すor日本史大好き!ならやったらいいかもって感じ!

レビューをもっと見る

過去問に取り組むにあたって心がけてほしいこと

14641465?w=430

英語・国語と違って日本史は覚えたことをアウトプットできるかが得点に大きく関係してきます。文章の論理を考える必要はほとんどないので、合ってた、間違ってた、解説を読んで深い知識を得た、などと単調な作業となりがちです。
ですが、これで終わりではなく、「間違えたポイント・新しく得た知識をまとめたものに書き込んで復習のサイクルに取り込む」ことが一番大切です。
日本史の勉強では、過去問から新たな発見を得ることがしばしばあります。それに大学には頻出の単元や語句あるので、こういった「大学ごとのさらに具体的な入試のポイント」を発見できるというメリットもあります。

直前期になればなるほど片っ端からすべてを復習したくなります。記憶を維持するためにも総復習は必要ですが、入試の前日まで密に復習する時間はありません。ですが過去問から得た情報をマークすることで、得点しやすい単元だけを確認できるようになります。

ぜひ過去問の使い方も工夫してみましょう。

最後に

14641479?w=430

ここまで、日本史の勉強法、おすすめの参考書・問題集、一問一答の使い方、過去問への取り組み方について説明してきました。

日本史の勉強では、毎日の復習や切りの良いところで勉強を終わりにしたり、ノートを使った内容のまとめが大切でした。また、資料集・史料集を使っての勉強も意外と重要でしたね。参考書や問題集を使うことで大学受験を意識したインプット・アウトプットができるようになるので、そちらもぜひ活用してみてください。

日本史の勉強は意外とヘビーだと感じるかもしれませんが、正しい勉強の方法を身につけることで高得点を取れるようになります。
ぜひこの記事を参考に、日本史の勉強を頑張ってください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
22116373?w=72

関連するカテゴリの人気記事

18009287?w=120

【日本史勉強法】参考書を最大限に活用するための暗記テクニック

18025495?w=120

日本史のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

14704382?w=120

【日本史のノートのまとめ方】わかりやすい作り方と覚え方を紹介!

15304445?w=120

日本史の問題集と過去問の使い方【有効活用して志望校に合格しよう】

18598571?w=120

【日本史勉強法】偏差値40からはじめる偏差値別勉強法

15405387?w=120

国立2次対策!日本史論述の勉強法とおすすめ参考書・問題集!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay