日本史のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

日本史の勉強には一問一答も使える

日本史は一問一答問題集を使うことで、勉強がはかどります。スキマ時間に眺めてみたり、友人と問題を出し合うことで少しずつ知識が定着していきます。また、受験が近くなるにつれて古い内容を忘れてしまうこともあると思いますが、そういったときにも一問一答のおかげで勉強の習慣が身につきます。
なんとなく読んで用語を覚えて終わるのではなく、使い方も意識することで今まで以上に日本史の勉強が楽になります。

ですが、ワンパターンの問われ方しか対応できなくなってしまったり、順番並べ替え問題や正誤問題への対応力が弱くなってしまうので、使いすぎには注意が必要です。ですが、程よく使うぶんには日本史の成績アップに役立ちますので、一問一答問題集を使った勉強も取り入れてみてください。

私がおすすめする一問一答集は、『日本史B一問一答【完全版】2nd edition』です。基礎から応用まで、様々なレベルの問題が入っていて、さらに並べ替え問題、正誤問題もバランス良く載っています。

一問一答を取り入れた勉強も試してみてください!

参考書名
日本史B一問一答【完全版】2nd edition (東進ブックス 大学受験 高速マスター)

共通テスト終わってからやりました

みんな持っとる。とにかくみんな持っとる。 ★1から★3まであるのだが(★3が最難) ★1★2だけでも十分戦えた。(★3を推奨してないわけではない。早めに受験生を始めた賢いやつはやれ。クソデカアドバンテージだ) ひたすら回せ。 個人的にこれだけで日本史の勉強をするのは非推奨。(流れの理解に欠ける) 山川の教科書+これとかでいいと思う。(論述あるひとは他もプラスしてね) 参考までに 共通テスト日本史…87/100 早稲田文化構想日本史…80%弱(今年は易化したので参考にはならないかも) 九大日本史…語句問題で答えられないものはほぼなし

さんざん一問一答はなんの意味もないって言われ続けて12月から焦って手出した😇 確かに一問一答だけでは、意味なくもないけどあまり試験にいかせない。 一問一答をやる前に流れを単語と一緒に『時代と流れで覚える!』で覚えてからやると効果抜群! 教科書も併用するとめちゃくちゃいい!問題演習も必要、、正直日本史ってほんとに暗記だからやった分だけ点数とれるし差をつけられると思う 無駄な努力はあまりして欲しくないと思うからまず過去問を解いて傾向を自分なりに分析するのが近道です!!!!にしても、この一問一答は本当に試験に出るとこが分かるから神 でもすぐに忘れるから一度に覚えようとしないで繰り返すといい!受験生応援してます🙌🤧

レビューをもっと見る

日本史の勉強にオススメの参考書・問題集

ここでは、日本史の勉強におすすめの参考書や問題集を紹介します。センター日本史対策に特化したものから旧帝大や早慶上智など難関大学の日本史対策用まで広く紹介しますので、参考書や問題集選びに迷っている方がぜひ一読して、自分に合った対策本を見つけましょう!

『石川晶康日本史B講義の実況中継』

日本史が苦手という方にはおすすめの参考書です。①「原始・古代」②「中世・近世」③「近世・近代」④「近現代」の4部編成になっています。
政治史・文化史の理解だけではなく、年表や付属CDなどの補助教材も使って、段階的に日本史の勉強を重ねていくことができます。中身は入試を意識した作りになっていて、少し読むだけでも日本史の理解につながり、実際に解く力が身に着くこと間違いなしです。

ボリュームがあり受験直前となると勉強のペースが乱れがちになるので、実況中継シリーズを使って勉強したいと考えている方はなるべく早めに買って読むことをおすすめします。

参考書名
石川晶康 日本史B講義の実況中継(1)原始~古代 (実況中継シリーズ)

受験日本史のストーリー理解には最適の参考書だと思います。特に付属のまとめノートが優秀で重宝しています。これからも宜しく!

好き嫌い分かれるけど、少なくとも日本史のバイブルです。

まだ縄文くらいまでしかやってないけど一瞬で神参考書ってわかりました。要点のまとめがグッド!日本史bの教科書の通史を終えて、大まかに流れを掴んでからやるとめちゃいいですよ。

レビューをもっと見る

『センターはこれだけ!金谷俊一郎の日本史B』

こちらはセンター日本史に特化した参考書で、上下の2巻で成り立っています。中身は、表解・講義・過去問の3段階で整理されていて、日本史の内容を整理しながら体系的に理解することができます。
センターに的を絞って解説されているので、センター日本史ならではの解き方も紹介されています。センター試験ならではの着眼点を養い、9割、満点を取れるようぜひ活用しましょう!

参考書名
金谷俊一郎の日本史B[古代・中世・近世] (センターはこれだけ!)

直前期これだけしかしてないけど共テ87点とれた 問題演習で出て書かれてないことを随時書き足していけばスゴイことになる

共通テストには通用するかわかりませんが基礎を固める点で素晴らしい参考書だと思います ただし私立志望のかたはこの参考書だけでは足りないと思います 私はセンター1ヶ月前からこれを初めて50代から本試験90まであげることができました!この40点のおかげで後期試験まで粘れたと思います 本当に感謝してます

すみません今更ですが 現役の時センター2週間前に購入しました。 センプレ48→本試85 まで押し上げることができました。 今年は1ヶ月読み込んで94。 時代や文化の混同しやすいところを区別して理解できる。暗記が最低限まで絞り込まれている。この2点がスンバラスィ。 確かに細かい用語等はすっ飛ばしてますが、教科書全部目を通すより、これで時代の流れを掴むのが一番9割への近道だと思います。 私立対策には物足りないけど、この参考書は日本史の基礎をつくる上でこの上ない良書ですね……お世話になりました。

レビューをもっと見る

『新詳日本史ー地図資料年表』

繰り返しますが、日本史では資料集を使うことが大切です。多くの方は学校で配布されているかもしれませんが、資料集がないという方、別の資料集で勉強したいという方にはこれがおすすめです。頻出の地図や写真が過不足なく載っているので、資料問題はこの1冊があれば十分対応できます。
他にも教科書には載っていない出来事の背景事情や様々な出来事と関連付けた解説が載っています。時間があるときにこれらも読むとさらに日本史の理解が深まります。

参考書名
新詳日本史―地図資料年表

高3の時の日本史の先生がこれをメインに授業をしていました。その先生の授業が分かりやすかったのもありますが、この資料集のおかげで写真や資料はもちろん政権や事件の流れを年表で分かりやすく理解出来ました。 私は教科書は全く読まずこちらと過去問と用語集でセンター8割取れました。

表紙変わってる!

運営だりぃ

レビューをもっと見る

『詳説日本史史料集』

この本は数少ない貴重な史料集です。日本史の参考書・問題集は数多く売られていても、史料に絞って、かつ大学受験に役立つ参考書はこれしかありません。勉強の用途は史料対策に限定されますが、意外と日本史選択者には欠かせません。
出典のタイトル・作者・解説だけではなく、史料独特の言葉の解説・時代背景なども丁寧に書かれています。通史の勉強と重ねるとより試験で正解しやすくなります。また、全部読む必要はなく、重要な箇所をおさえるだけで史料問題の対策は完璧です。

一見あまり使わなそうに思える副読本ですが、こまめに読んで少しずつ理解を深めていってください。

参考書名
詳説日本史史料集

日本史を学ぶために必要な史料が網羅されており、日本史を深く学ぶのにはとても適した本です。 史料には重要事項が赤色で書かれており、また、難しい語には詳細な解説がついています。 それだけでなく全史料に口語訳がついており、史料に対する解説もついています。 この本の著者の一部が日本史の教科書を作っている人達なので、教科書に則して、歴史を学ぶのにうってつけの本です。 また国公立2次試験などで論述が必要な人にもとてもためになります。 日本史好きにはたまらない本だと思います!

日本史大好きなら読んでも飽きない

とても多いが、入試に出ないものなども書いてあり、これを闇雲にやるのはあまり良くない 史料は東進の一問一答が良いかと…

レビューをもっと見る

日本史の勉強におすすめの問題集

こちらでは日本史の勉強におすすめの問題集を紹介します。インプットだけではなくアウトプットもすることであなたの弱点を見つけ出し、補強するようにしましょう!

『ベストセレクション センター日本史B』

センター日本史対策用の問題集です。センターでかつて出題された問題や、それに類似する問題を多く載せているので、実力を確認するのにうってつけの本です。さらに、並べ替え問題や正誤判別問題など、多くの受験生を苦しめるタイプの問題の割合が高いため、1冊こなした後は非常に解きやすく得点しやすくなってきます。

また、ポイントとしては
・時代順に並んでいる
・解説が詳しい(正しい理由だけでなく誤りの理由も載っている)
・テーマ史(文化史・沖縄史など)の問題もあり、網羅的に理解を試せる
この3つが挙げられます。
力をつけやすく演習量が豊富なので、ぜひ買って解いてみるのをオススメします。

参考書名
ベストセレクションセンター試験日本史B重要問題集 2017年入試

同じ事でも様々なタイプで出題されるので流れ、用語をつかんだあとの力試し&知識を固めるといった使い方がいいかも。また過去のセンター試験から引用されてる問題も多く、実際の問題に触れられるのも良い。各単元ごとにちょっとした穴埋め問題も用意されていてウォーミングアップを兼ねてそこから取り組むのもあり。解説や解答のポイントも詳しく丁寧でわかりやすい。

レビューをもっと見る

『日本史B標準問題精講』

MARCHレベルの問題が豊富に載っている問題集です。過去問から厳選されたものなので、きちんと入試のレベルを知ることができます。実力試しにはもってこいの問題集ですので、ある程度実力がついた、復習を何度もしているから自分の力を試したい、という方はぜひとも買って解いてみてください。
間違えた問題があれば、1つにまとめた教科書なりノートなりを見て正しい解答を確認するようにしてください。また、解説が詳しいので、そこから学べるものは多いと思います。「弱点を見つけてそれを補強する」つもりで、多少まちがえても積極的に取り組んでみてください。

参考書名
日本史B標準問題精講

早慶上智はもちろん、GMARCH、関関同立など、難関私大の過去問が多く集録されています。 通史だけでなく、一問一答で単語力をある程度固めてからじゃないと、解ききるのは至難の業です。 他の問題集(実力をつける100題、HISTORIAとか)よりも圧倒的に詳しい解説は、この本の著者石川晶康先生の語り口でスッと理解できます。 この本の「精講」部分はテーマに合わせて重要な語句、キーワードを体系的に覚えられるので、かなりの価値があるかなと思います。 難関大を目指す日本史選択生なら一度はこの問題集を手に取ってみませんか?きっと病みつきになりますよ。

なかなかに難しい 秋以降にやるのがオススメです 東進の一問一答に載ってないやつもたまに出ます この一冊満点とれる知識があれば早慶は余裕です。

MARCH難問~早慶上智の標準問題(?)が中心の問題集です 問題数が多いので、たくさん演習ができますが、かなり難しいので注意してやった方がいいです march志望の方は(大学にもよりますが)、やらなくても大丈夫だと思います

レビューをもっと見る
この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

日本史のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

【日本史勉強法】参考書を最大限に活用するための暗記テクニック

【日本史早慶模試トップが教える】日本史の覚え方のコツ、勉強方法

【日本史のノートのまとめ方】わかりやすい作り方と覚え方を紹介!

【いますぐ始めよう】国立2次対策!日本史論述の勉強法とおすすめ参考書・問題集!

【日本史勉強法】偏差値40からはじめる偏差値別勉強法

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に