日本史のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

過去問に取り組むにあたって心がけてほしいこと

英語・国語と違って日本史は覚えたことをアウトプットできるかが得点に大きく関係してきます。文章の論理を考える必要はほとんどないので、合ってた、間違ってた、解説を読んで深い知識を得た、などと単調な作業となりがちです。
ですが、これで終わりではなく、「間違えたポイント・新しく得た知識をまとめたものに書き込んで復習のサイクルに取り込む」ことが一番大切です。
日本史の勉強では、過去問から新たな発見を得ることがしばしばあります。それに大学には頻出の単元や語句あるので、こういった「大学ごとのさらに具体的な入試のポイント」を発見できるというメリットもあります。

直前期になればなるほど片っ端からすべてを復習したくなります。記憶を維持するためにも総復習は必要ですが、入試の前日まで密に復習する時間はありません。ですが過去問から得た情報をマークすることで、得点しやすい単元だけを確認できるようになります。

ぜひ過去問の使い方も工夫してみましょう。

最後に

ここまで、日本史の勉強法、おすすめの参考書・問題集、一問一答の使い方、過去問への取り組み方について説明してきました。

日本史の勉強では、毎日の復習や切りの良いところで勉強を終わりにしたり、ノートを使った内容のまとめが大切でした。また、資料集・史料集を使っての勉強も意外と重要でしたね。参考書や問題集を使うことで大学受験を意識したインプット・アウトプットができるようになるので、そちらもぜひ活用してみてください。

日本史の勉強は意外とヘビーだと感じるかもしれませんが、正しい勉強の方法を身につけることで高得点を取れるようになります。
ぜひこの記事を参考に、日本史の勉強を頑張ってください!

この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

日本史のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

【日本史勉強法】参考書を最大限に活用するための暗記テクニック

【日本史早慶模試トップが教える】日本史の覚え方のコツ、勉強方法

【日本史のノートのまとめ方】わかりやすい作り方と覚え方を紹介!

【いますぐ始めよう】国立2次対策!日本史論述の勉強法とおすすめ参考書・問題集!

【日本史勉強法】偏差値40からはじめる偏差値別勉強法

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に