〜英語の長文読解が苦手な人へ〜読み方解き方のコツとおすすめ問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

この記事では英語長文の読み方や解き方のコツとおすすめの問題集をお伝えします。英語の成績を上げるには長文読解を攻略することがカギです。
長文問題が解けないという方はぜひ一読してみてください。

英語長文問題の読み方のコツ

指示語の把握を徹底する

英語の指示語は主にthis, that, it, these, those の5つといえます。単数形・複数形といった数の違いや、「これ」「あれ」「それ」といった距離の違いなどで多くは指示語の内容を把握できます。ですが、難関大学となるとさらに一歩踏み込んだ指示語の特定の方法を知っておくと文章がスムーズに読めるようになります。
それは、「指示語を本来の語句に置き換えた時に文法的・文章的にうまくつながるかを確認すること」です。
こうすることで、「人が入るべきところに物が入ってきて文章がおかしくなった」などという間違いに気づいて正しい理解に軌道修正ができるようになります。特にこの読み方のコツが活躍するのが、関係代名詞やit …to 構文や it …that構文の関係詞や指示語の処理です。少し細かいところですが、こういった定型表現中の指示語の特定をしくじると、解答の時にミスを連発することになりかねません。ですが、指示語を理解すれば長文はすらすら読めるようになります。
英文を読むときは、指示語をより正確におさえられるようにトレーニングしていきましょう。

筆者の主張や要約・逆接を示す表現をおさえる

国語に限らず英語でも筆者の主張を理解することは大切です。たとえば、may…but, should, have to, I claim that… などのような主張を示す語句、that is, namely, in other words などの要約を示す語句、but, however などの逆接を示す語句は、設問に大きく関わってきます。見過ごしてしまったり、今まで重要性を感じていなかった方は、これからくまなくチェックするよう心がけて読解するようにしましょう。単に意識するだけではなく、見てすぐに該当箇所がわかるようにすれば、設問を素早く処理することができます。

同じ内容があれば線で繋いでおく

長文の内容は一貫性があるので、それを見抜けるかも読解の上では重要です。表現は少しずつ変わってくると思いますが、言いたいこと、示している内容は変わることはありません。ただ、文中では色々なところに同じ内容が登場するので、線でつないでわかりやすくしておきましょう。
特に難関大学の長文では、2つ・3つの事柄を比較する内容が出てくるので、このときに内容の整理が不十分の場合、読み取った内容が混合してしまいます。紛らわしい語句があっても惑わされないようにするために、線で繋いで見やすく・わかりやすく内容を整理しましょう。

全部読もうとせず、たまには飛ばし読みも

入試英語は時間とも勝負しなければなりません。全文読んでいたらとても時間が足りなくなってしまうので、メリハリをつけて読んでいくことが大切です。かといって、飛ばす箇所を見誤ったら思うように得点できなくなり、致命傷です。
飛ばしてはいけない箇所(=きちんと読むべき箇所)は主に、指示語・主張・要約・逆接・同じ内容です。また、解き方のコツと関連しますが、設問に関わりのある箇所(疑問詞・印象的な語句)もきちんと読まなければなりません。
これら以外は基本的に設問と関わりがないので、サラッと読み流すか読まずに飛ばしてしまっても得点には影響がありません。
大問ごとに飛ばし読みができそうな箇所を見極めて、ちょっと楽をして、時間に少しでも余裕を作って、正確に読めるように工夫していきましょう。

英語長文問題の解き方のコツ

大前提!本文よりも先に設問や選択肢を見よう

解き方のコツは、このトピックを含めて4つ紹介します。本文を読んだ後に解答するのが一般的ですが、本文を読む前に設問・選択肢をチェックしましょう。最初に確認することで、本文中で何を意識して読めばよいのかがハッキリわかります。
闇雲に読解せずポイントをおさえて読解できるようにするために、設問の確認を優先事項としましょう。これの他に紹介する3つの解き方のコツは、この最初の段階で実践してください。

英単語・英文法の知識で解ける問題は最初に片付けておく

読解問題は内容理解問題がメインですが、英単語や英文法など知識で解ける問題もいくつか存在します。長文問題では空欄補充や短い傍線部の問題が知識で解ける場合が多いので、先に解いて得点しておきましょう。知識系の問題を先に片付けることで残りの時間は内容理解に集中できるようになります。

疑問詞をチェックしておく

疑問詞を伴う設問は、その問いかけに対応する答えを本文中から探して答えるだけで良いので、ある意味単純で得点しやすいです。where があれば「場所」を探せば答えが見つかる、why があれば「理由」を答える、といった具合です。疑問詞が大ヒントとなって意識して読むべきポイントが分かるようになるので、疑問詞があればラッキーだと思って手早く該当箇所を探すようにしましょう。
疑問詞やそれに関わる設問の重要なポイントを問題冊子の余白にメモしておくといちいちめくって確認する手間が省けるので、適宜見えるところに書き込むと良いと思います。

数詞や固有名詞、長いつづりの単語など、印象的な語句は要チェック

その英文でインパクトのある語句って、少なからずあると思います。これらの語句は設問文や選択肢にあることが多いので、こういった語句の説明を本文で追いかけていけば、必ず正解できます。特に数詞は本文に軽く目を通すだけでも発見できる可能性が高いです。
印象的な語句をチェックしておくこともまた、読むときの意識づけにつながります。特にMARCHや早慶上智レベルの英語では、このような細かいところも遠慮なく設問の材料としてきます。それを逆手に取るように印象的な語句を拾って、メリハリをつけてよんでいきましょう。
読み方のコツと解き方のコツは両方対応させてこそ問題演習で活きてきます。どちらも上手く使いこなしてより多くの正解をもぎとっていきましょう!

英語長文の対策におすすめの問題集

『大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス』

テーマ別の長文問題集です。最新の入試傾向にも対応しているので、様々な内容の英文に触れたい方にとってはよい演習材料といえます。実際に入試傾向を詳しく書いているので、くまなく目を通して入試への対応力を高めることもできます。
また、読解のルールとして、品詞ごとに細かく記号を施しています。長文読解では、品詞の解釈ミスが原因で内容理解を誤ってしまったり、何度も読み直して時間を失ってしまうことがありがちです。読み方が確立していない方はこの本の方式に則って読解問題を攻略していってほしいと思います。
3冊から成っていて、レベルが3段階に分かれています。自分のレベルに合ったものを選んで取り組んでみてください。

参考書名
関正生の英語長文ポラリス 1 標準レベル

TOEIC900程度のものです。 英語・フランス語での論文購読を日常的にしており、ある程度の英語力はあると感じています。 結論からいうと、本シリーズはテーマ集として最適であると感じました。軽視されがちな背景知識の学習に最適です。 長文学習=語彙・文法学習と考えられがちですが、語彙・文法の知識がどれだけ豊富であろうとも背景知識のない文章は理解出来ません。 最近は音読学習も人気ですが、音読学習によって得られるのは「語彙・文法を高速で処理する能力」であり、長文内容の理解力ではありません。 こうした現状のなかで様々なテーマの長文を集めてくれている本書は非常に重要だと感じます。 ・品詞分解が出来るのにも関わらず、全体とし  て意味が取れない。 ・長文の日本語訳が理解出来ない。 こうした症状をお持ちの方、本シリーズで代表的な背景知識を学ぶことである程度解決出来るかもしれません。 ここまでテーマ集としての側面を強調してきましたが、本シリーズで英語力自体を向上させることも可能です。 長文毎に品詞分解・音読用英文・音声が付属しているため、以下のような使い方も可能です。 ・品詞分解を通して文法理解 ・音読を通して語彙/文法の自動化 ・シャドーイングを通してリスニング力向上

なかなか関係詞のとこがわからん

僕の本棚のビジュアル担当です この子がいるだけで本棚の顔面偏差値が4はあがりますよ 正直かわいいです笑笑笑笑笑

レビューをもっと見る
参考書名
関正生の英語長文ポラリス 2 応用レベル

面白い話題の英文ばっかりで読んでて楽しかった❗️ ウェイト重めだけどまじで好きです 問題冊子無くしたけど(🥲)

全部読みましたが、今までで1番良かった参考書だと確信しています🎶

語数はバラバラで、平均700~800くらい。 問題初っ端からムズいけど解説がめちゃくちゃ丁寧で、一文一文の訳、構文が乗ってるらしい! 早く読みたい!

レビューをもっと見る
参考書名
関正生の英語長文ポラリス 3 発展レベル

12題でよく纏まっていてsvocが振られた英文と日本語訳が一文ずつあり、使いやすく便利。 ただし難易度差が激しい。 特に11が難しく、12が簡単すぎる。

人生で一度は使ってみたい言葉ランキング第357位(俺調べ) 「リンガフランカ」 例:これからの時代はやっぱりリンガフランカとしての英語が大事だよね〜 1位は知らない

基本はここだ→基礎100→これ 同志社全訳できるようになります

レビューをもっと見る
この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

〜英語の長文読解が苦手な人へ〜読み方解き方のコツとおすすめ問題集

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に