無機化学の勉強法!暗記事項を減らす覚え方のコツ!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

無機化学は覚えることが多くて大変ですよね!
暗記事項が多い無機化学に困る理系大学受験生は多いと思います。

「歴史が苦手」というシンプルな理由で理系を選んだ私もそんな受験生の一人でした。

しかし、化学選択者にとって、無機化学は化学の科目全体の1/4~1/3を占める超重要分野です。「暗記が苦手だから」といって無視することはできません。

しかし実は無機化学に出て来る反応式は、理論化学で学んだ知識を使えば0から作ることができるものも多いのです。
この記事では、理論化学の知識を使って無機化学の暗記事項を減らすとっておきの勉強法を教えます!

無機化学の勉強法!意識すべきポイントは3つ!

無機化学の勉強をやっていく上で、意識すべきポイントを3つ紹介します。
・完全な暗記事項と理論化学で理解できる事項を整理する
・一つの反応から様々な情報を得る
・「酸素とその化合物」など縦の方向と「気体の発生」など横の方向から理解する

これらの3つのポイントを意識すれば、無機化学に出てくる内容をマスターするまでに必要な労力を大幅に削減することができます。

覚えなければいけないこととそうでないことを整理しよう

無機化学を勉強していくとたくさんの知識が出てきます。
それらの知識を効率的に覚える覚え方として大切なのは、「共通するルールを覚えれば対処できるもの」と「個別に暗記していかなければいけないもの」の2つにしっかりと知識を分類することです。
そうすることで暗記しなければいけない量が大幅に減らせます。

例えば炭酸カルシウムCaCO3と塩酸HClとの反応をみてみます。
これは
CaCO3+2HCl→CaCl2↓+H2O+CO2
という反応式になり白色沈殿が生じます。
HClとCaCO3を反応させるとCaCl2が生じるというのは強酸と弱酸の塩とを反応させると強酸の塩ができて弱酸が遊離するという理論化学の知識に則ればわかることです。しかし、CaCl2が白色の沈殿物として沈殿するというのはカルシウムの化合物の特性として覚えて置かなければいけないことです。
つまり、無機化学の勉強をしている時に特に気をつけて覚えなければいけないのはCacl2という沈殿物が白色であるということです。反応式は覚えなくても作ることが出来ますし、問題を解いていく内にいずれ覚えてしまうでしょう。

また、こういった知識の分類を確実に実行するためには、「塩とは何か」(酸性塩、塩基性塩がどういったものか正確に説明できますか?)、「イオン化傾向をしっかりと覚えているか」など理論化学の内容の内無機化学と関連するものをしっかりと覚えておくことが必要になってきます。理論化学の復習って、無機化学の勉強につながるんですね。

同じ反応を様々な角度から見よう

教科書の無機化学分野を読んでいくと、「気体の発生法」「ハロゲンの化合物とその性質」「典型金属の化合物とその性質」「遷移金属の化合物とその性質」などの章からなっていることがわかります。
「気体の発生法」のところでは水素を得る方法として水素よりもイオン化傾向の高い金属の単体と希酸との反応、例えば
2Al+6HCl→2AlCl3+3H2↑
という反応が出てきます。
これと全く同じ反応式は、アルミニウムの性質の部分でも登場します。「アルミニウムの単体や水酸化物、酸化物はHClと反応して塩化アルミニウムを生成する」という文脈になります。
全く同じ反応ですが、気体の発生反応としてみれば水素の製法ですし、金属の性質としてみればアルミニウムの性質を示す反応といえます。
このように、ある反応も角度を変えれば別の意味を見出すことができます。
そういった観点を持つことで、前後の単元がつながり、効率よく必要事項を覚えていくことが可能になります。

無機化学は縦と横から理解しよう

前の2項と関連する部分もあるのですが、私は無機化学の勉強というのは「縦糸」と「横糸」から成っていると思っています。
特に後に紹介する『フォトサイエンス化学図録』などの参考書はそれを強く意識した構成になっています。
縦糸というのは、「アルカリ金属元素とその化合物の性質」といったを内容を指します。
アルカリ金属Li,Na,K,Rb,Csに共通する性質(ex、炎色反応の色、空気中や水中ではなく石油中に保存する)やその化合物や単体の製法などを学びます。
一方で横糸というのは、「沈殿反応」など、ある特定の元素や化合物によらず「沈殿が起きる」「気体が発生する」「中和反応である」といったような共通の性質から幾つかの反応を見ていく勉強になります。
この2つの方向から同じ「無機化学」というものを見ていくことによって頭のなかが整理され、暗記が深いものになっていくのです。
また、「横糸」にあたる内容のほうが「理論化学に則ればわかる」ものになります。

無機化学に使う理論化学の復習

ここまで見てきた通り無機化学を勉強する上では理論化学をしっかりと学んでいることが必要です。
理論化学の中でも、無機化学を学ぶのに重要に必要なものについて解説します。

イオン化傾向

イオン化傾向というのは、水溶液の中での各元素のイオンへのなりやすさを示すものです。
高校化学の範囲では
Li K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb H Cu Hg Pt Au
という順番をしっかりと覚えておく必要があります。
かそうかなまあ当てにすんなひどすぎ借金 と言った語呂合わせで覚えている人も多いかもしれません。
イオン化傾向に応じて、水との反応、希酸との反応、酸化力のある酸との反応が変わってきます。
これらの反応は気体を発生するので、「気体の製法」に深く関わってきます。

酸・塩基の強弱

理論化学の「酸と塩基」の単元も無機化学でとても重要な単元です。
各々の酸が強酸と弱酸どちらか、また塩基が強塩基と弱塩基どちらかをしっかりと整理しておくこと
また酸性塩や塩基性塩の性質などを理解しておくことが必要です。
無機化学で様々な物質を生成する反応が、そのものずばり中和反応であることはとても多いです。
それらの反応を「共通するルールを覚えておけば対処できるもの」として扱うために、酸と塩基の単元をしっかりと把握しておくことが必要です。

酸化還元反応

酸化還元の単元を勉強すると、「半反応式の作り方」を習いますね。この半反応式、無機化学においてかなり重要です。
半反応式そのものを完璧に覚えた人、反応式の前後に現れる物質を覚えている人など様々なレベルで覚えている人がいると思いますが、酸化還元の勉強をしっかりとしていれば必ず半反応式を作ることが出来るはずです。

無機化学において様々な物質の生成反応を覚える必要があります。「半反応式の右側に現れる物質が何か」を覚えているとそれをそのまま応用できるのです。
例えば希硝酸の半反応式では一酸化窒素が右側に現れます。これは酸化還元の範囲で必ず覚えることです。
裏を返せば、希硝酸が酸化剤として働いた時、一酸化窒素が生成されるということになります。
つまり、この希硝酸を酸化剤として使う酸化還元反応は一酸化窒素の製法になるというわけです。
実際参考書の窒素のページを開いてみると、一酸化窒素の製法として以下の銅と希硝酸の反応が載っているかと思います。
3Cu + 8HNO3 → 3Cu(NO3)2 + 4H2O + 2NO
この反応は、酸化還元を理解していれば銅と希硝酸の反応という情報だけで作れるものになります。
このような形で、酸化還元を理解していることは無機化学を勉強する上で絶対必要になってくるのです。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

無機化学のおすすめ問題集・参考書

最後に、無機化学を効率的に勉強していくために有効な参考書や問題集を紹介します。

リードα

参考書名
リードα化学基礎+化学

問題は難易度毎に分かれていて一番難しい分類だと地方国立レベルくらいとかもあるのでやり込めば力になります。個人的にはリードdまでやるとなると初学者はちょっと取り組みにくい気がします。重問の前にやるべき参考書です。

教科書レベル〜地方国公立レベルまで対応しています。 理系の方はこれを一通りやりましょう。 難関大志望の方はこれをやり終えたら重要問題集や新演習がオススメです。 ps.個人的にはリードαよりはセミナーの方が論述問題も豊富な上に解説も分厚くて詳しいのでセミナーの方が優秀だと思います。

レビューをもっと見る

無機化学を勉強する前に、理論化学の「酸と塩基」や「酸化還元」を理解していることが必要だということはここまで見てきたとおりです。
これらの単元の基礎の基礎を漏れなく抜けなく理解できていることが大切です。

そのため無機化学の勉強に入る前に素早く理論化学の基礎を復習することが望ましいです。
それにはやはり教科書傍用レベルの問題集、例えば『リードα』の該当分野を一回通して解くことが効果的でしょう。
もちろん無機化学の範囲に関しても、このレベルの問題集を確実に解けるようにしておくことは重要です。

化学一問一答

参考書名
化学一問一答 完全版

🎀いつでも化学の復習ができるとこ 🎀私立・二次試験対策の朝勉強とかですごく役立った! 🎀東大京大や一流の医学科を除くほぼ全ての大学入試対策においてはドンピシャでカバー!ただ、最難関大学志望でも基礎確認が身近にできるとこ! この問題集のおかげで第一志望校に受かった、と言っても過言じゃありません(*'▽'*)‼︎ ⚠️河合模試で偏差値50程度を安定してオーバーできる向け、つまり、定期テストレベルを確実に熟せる人向け! →それを満たない場合、化学においては、教科書を熟読すればすんなり実力アップできると思います! 私の体験だと、現役の時はセンター化学4割しか取れなかったのですが、教科書のおかげで安定してマーク7〜8割オーバー取れるようになり、その上、早慶や医学科でも手を出せるくらい(偏差値60超)に伸びました!

暇な時にやっているといつの間にか1周している(結構時間はかかる) 買って1日目は挫折しそうになるけど最後までやり切ると化学の典型問題は大抵解けるようになる。 時間がない場合は計算問題を飛ばしても良いと思う。

暇なときこれやるようにしてたら小門集合とかはパッと答えが浮かぶようになった。 化学受験者はこれをボロボロにしつつ愛すべき。 最後に自分的には無機はこれの無機分野と福間の無機さえあれば知識はほぼ付くと思う。

レビューをもっと見る

『化学 一問一答』は一問一答形式になっている化学の問題集で、知識の点検にはとても効果的な問題集です。
私がこの本をオススメする理由は、一問一答形式が暗記が重要になってくる無機化学と相性が良いということの他にもう一つあります。
それは、様々な知識の覚え方を語呂合わせで紹介してくれているところです。
やり方次第で暗記量を減らすことが出来るとは言うものの様々な沈殿の色などどうしても暗記しなければいけない内容も一定量あるのが無機化学の難しさです。
単純な暗記物を攻略するためにはやはり語呂合わせは効果的です。
語呂合わせも駆使して間違いのない知識を覚えていきましょう。

『フォトサイエンス化学図録』

参考書名
視覚でとらえるフォトサイエンス 化学図録

『フォトサイエンス 化学』は生成物の色や実験の様子などがカラー写真で載っている参考書です。
「銅(Ⅱ)イオンにアンモニアを加えると薄い青の沈殿が、多量に加えると深い青の水溶液が出来る」と言われても、実際の写真を見ないと薄い青や深い青のイメージが湧かないと思います。
それを解消するには写真を見る他ありません。
無機化学を勉強していて、「色」が出てきた時は必ず『フォトサイエンス』を参照するようにしましょう。

化学の新研究

参考書名
化学の新研究―理系大学受験

受験に要らない要素てんこ盛りですが反応や物質の状態などを踏み込んで理解したい人にはいいのではないでしょうか。よく内容が間違っていると言われますが高校生に理解できるギリギリのラインで解釈しているからではないかと思われます。そしてそう言った範囲は受験には十中八九出題されないですし、されたとしても丁寧に誘導がつくものと思われます。 内容が役に立つかはともかく読破後の化学に対する考え方の変化は良いものだと思います。

個別塾の化学講師です。 基本的な使い方は分からない分野があった場合に参照する辞書になると思います。 しかし、化学に時間を割く余裕のある高2生や私学受験生は頭から読むことをお勧めします。 また、もし貴方が偏差値70は越えたが75を突破できず、伸び悩んでいるならscience boxを読み込むことをお勧めします。(高校生のときに先生に同じことを言われ、無事その基準を突破できました。)

考えてみてください、あなたが新研究を買ったことでどれだけ木が泣いてるか。想像してみてください、北欧の木々が切り倒されてどれだけ木が泣いてるか。よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!よくもそんなことを!How dare you!

レビューをもっと見る

一問一答やリードαを経て基礎的な知識を完璧に入れることができた後は、入試問題の演習に入っていくと思います。
入試問題も教科書に載っている知識をしっかりと覚えておけば解けるものが基本ですが、稀にとても専門的な内容について出題されることがあります。
そういった時は勿論問題文中に誘導やヒントがあるのですが、その場で思考して解くのは難しい上に、その手の問題は復習がしにくいことがあります。
『化学の新研究』はとても詳細に書かれた化学の参考書で、大学受験に登場する知識は全て網羅されているといっても過言ではないものです。
問題演習をしていく中で、難しいもの、解説を読んでもわからないものが出てきた時にこの本を参照するというような辞書的な使い方がおすすめです。

この記事を書いた人
あなたの勉強を後押しします。

関連するカテゴリの人気記事

高校化学の勉強法を1から解説!理論、有機、無機化学全てをマスター!

化学のおすすめ参考書・問題集を紹介!【センターレベルから二次対策】

有機化学の勉強法!有機化合物の覚え方・構造決定の解き方を解説します!

無機化学の勉強法!暗記事項を減らす覚え方のコツ!

化学式とは?その意味から大学受験に役立つ化学反応式の覚え方まで!

酸化還元反応を解説!酸化数を理解して半反応式を覚えよう

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に