世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

国公立大学、難関私大などでは2次試験で世界史の論述試験が課されるところが結構あります。世界史といえば知識を詰めこむインプットはセンターのためにやってきたけど、論述というアウトプットに関してはどうやっていいのか分からない、なんて人は多いのではないでしょうか。そして、主要三科目の勉強もやらなければならない国公立大学受験生の方は、世界史の勉強にまではそうそう手が回らないでしょう。いつから勉強を始めるべきか迷っているはずです。
この記事は受験する大学で世界史論述問題が課されるけど、いつぐらいからどうやって勉強すれば良いのか分からない…というあなたにおすすめです!
勉強開始時期の目安、具体的な勉強の方法と使える参考書・問題集を紹介していきます!

世界史論述問題の難しさとは?

多くの人は、世界史をただ「覚える」だけで「理解する」ことを忘れています。用語や年号だけを覚えて、それが一体何を意味するのか、どんな流れで出来事が起こったのか、など背景の知識はあやふやです。「何が」「どうして」「こうなった」という有機的な繋がりを無視して名前だけを機械的に覚えていても、一問一答式の問題には答えられるかもしれませんが、論述となると手も足も出なくなります。
論述問題を解くには、歴史の論理構造がしっかりと頭に入っていなければいけないのです。知識を詰め込むだけで理解を疎かにしていると、とても太刀打ちできません。このようにただ漠然と知識をインプットすればいいわけではないというのが、論述問題の難しさです。
また、記述が求められる以上表現力も必要になってきます。問題を見て、頭のなかでイメージとしてなんとなくの解答ができても、それが採点官に伝わるように適切に答案用紙に表現できなければ意味がありません。
つまり、論述問題では世界史への深い「理解」と分かりやすくそれを伝える「表現力」が必要となるので、多くの人が難しいと感じるのです。

論述対策はいつから始める?

インプットは高2の秋からコツコツと

知識のインプットは早い時期から始めておかないといけません。世界史の範囲は膨大で、試験の直前になって焦って詰め込み始めても到底間に合いません。最低限、高2の秋ごろからインプットを始めておくべきでしょう。基本的には授業進度に合わせてインプットを進めていってよいですが、通っている高校の授業進度があまりに遅く、センター直前になってようやく通史が終わる、というような場合は自学で勉強を進めていきましょう。世界史の場合、必ずしも独学だと理解が深まらないというわけではありません。それに、まだ授業で進んでいない箇所についても、わからないことがあれば学校の先生にでも塾の先生にでもどんどん訊けばよいのです。特に嫌な顔せず教えてくれるでしょう。
できるなら通史は夏の終わりまでには終わらせておきたいところです。主要三科目にも力を入れないといけない国公立志望の受験生はその限りではないですが、私大志望の受験生はなるべく早く終わらせておきましょう。

私大志望のアウトプットは夏の終盤〜秋初め頃から

私大を志望する受験生は、通史のインプットが終わり次第アウトプットの練習に移りましょう。受験科目数が少ない分、一つ一つの科目の質を高めていかなければなりません。早ければ夏の終わりごろから、遅くても秋にはアウトプットの勉強を開始しましょう。

国公立志望はセンター終了後、早くても秋の終盤からでOK

国公立志望の人は、アウトプット練習に入るのは遅くても大丈夫です。センター試験を受けなくてはいけない上に、2次試験の比重を考えてみても、主要三科目の勉強を優先すべきだからです。基本的にはセンターが終わった後からでも、基礎のインプットがしっかり済んでいて集中して取り組めば十分に間に合います。

世界史論述問題の勉強法(インプット編)

過去問から傾向を知る

世界史の論述問題は、大学ごとに出題傾向が大きく違います。例えば、東大では600字論述という非常に長い論述問題があります。また、慶應経済の問題は、1500年以降が主な対象となります。首都大の問題は、50字や100字で教科書レベルの内容が問われるシンプルな論述です。
このように志望する大学によってどんな対策をすればいいか、どこを重点的に勉強すべきかが大きく変わってきます。よって世界史論述攻略の為に真っ先にすべきことは過去問研究ということになります。

教科書を中心に覚える

超難関私大といわれるような大学を除いて、多くの大学の論述試験では教科書の知識だけで合格点が取れるようになっています。そのためインプット用教材の基本は教科書です。太字になっている所の関連事項はよく入試で問われるので、特に注意して読み進めていきましょう。
教科書をただ読んでいるだけでは頭に入ってこない、という方も多いと思います。『大学受験 ココが出る!! 世界史Bノート』は、書き込み式のサブノートで、これを併用すれば教科書の知識をより定着させることができるのでおすすめです。
また私大では教科書レベルを逸脱した細かい知識も問われることがあります。私大受験者は教科書に加え『世界史B用語集』を使って、よりディープに世界史を学んでください。
一通り教科書は読み終わったけどいまいち流れがよく理解できていないという方には、『荒巻の新世界史の見取り図』がおすすめです。読み物としても面白く、歴史的出来事の背景や前後関係についての説明がとても詳しいため、世界史を「理解」するにはもってこいです。

参考書名
大学受験 ココが出る!! 世界史Bノート 三訂版 三訂版
著者
岩田 一彦
ページ
256ページ
出版社
旺文社

浪人生として世界史の勉強を受験後しばらくサボって6月ごろから使用。センターは9割超え、二次は7割超え(京大)程度の力でしたが、この参考書からは学べるものがいくつもありました。地域ごとにまとめられていることで見えてくるものがありました。この本は論述の際にも使えます。この本に書かれていない知識はこの本に書き込んで、この本を自分だけの参考書にするのもかなり勉強になっていると思います。駿台京大模試では世界史の偏差値が70に届きました。とにかく流れがわかりやすく整理された本ですのである程度通史が終わったら頭を整理するためにこの本に書き込んで学習し、復習の際にはこの本を参考にして授業を展開するのも良いと思います。見やすくするためなのか白紙が結構空いているのでそこに書き込んだり、付箋を貼ったり、地図を資料集から切り取ってはるとかなり良い!!

ズバリ めちゃくちゃいいです。 どれくらいいいかってゆったら 耳からジョンケイ出てくるくらいいいです。

テスト対策にも、演習にも、復習にもと、何度でも幅広く対応してくれる。

レビューをもっと見る
参考書名
世界史B用語集―新課程用
著者
全国歴史教育研究協議会
ページ
423ページ
出版社
山川出版社
参考書名
荒巻の新世界史の見取り図 上巻―大学受験 (東進ブックス 名人の授業)
著者
荒巻 豊志
ページ
396ページ
出版社
ナガセ

学校の先生が分かりにくいので家でこれ使って補強してます。学校の数倍わかりやすく、歴史背景も記憶に残りやすいです。

レビューをもっと見る
参考書名
荒巻の新世界史の見取り図 中巻―大学受験 (東進ブックス 名人の授業)
著者
荒巻 豊志
ページ
396ページ
出版社
ナガセ

この本の役割は教科書と同じで歴史の流れを説明するもの。 ただ、教科書って内容をうまくまとめるために歴史の流れを一部端折ったり表現が難しかったりする。歴史の勉強って、ただ単語だけを追うのではなく、歴史の流れを全体的に把握することが大事だと思うから、教科書的なものは必要不可欠になる。 だからこそ僕はこの本をオススメしたい。教科書よりも読みやすい字数で地図の掲載も多いし一回読んで理解できる。(学校の教科書って一回でスラスラ読めなくないですか?) この本はよくある、~~でも理解できる!的な色が多用され無駄に文字がでかい本とは違う。難関大,東大京大にも対応できるくらい十分な内容がある。全ての人に手に取ってほしい。今高1,2の人で難関大を目指す人(特に論述が必要な人)には是非手に取っていただきたい。

レビューをもっと見る
参考書名
荒巻の新世界史の見取り図 下巻―大学受験 (東進ブックス 名人の授業)
著者
荒巻 豊志
ページ
464ページ
出版社
ナガセ

メモリーツリーで連想力を鍛える

メモリーツリーとは、一つのことについて関連するキーワードを次々と書き連ね、ツリー状に派生させていくマインドマップのようなものです。『ドラゴン桜』で一躍有名になりました。例えば、「クリミア戦争」というキーワードからは、「東方問題」「ナイチンゲール」「オスマン帝国」などのキーワードが派生していきます。さらに、「オスマン帝国」からは戦争当時実行中であった「タンジマート」、「ナイチンゲール」からはこれが契機となって後に設立されることになる「国際赤十字」などが繋げられます。これらをノートに書いて線で結んでいくのです。詳しくは漫画『ドラゴン桜』の7巻に登場するので、気になった方は読んでみてください。
世界史論述の勉強におけるメモリーツリーの利点は、キーワードからの連想力が鍛えられることです。問題文に書かれているキーワードを見ただけで、パッと関連する事項がいくつも思い浮かぶようになり、その中から解答には何を書けばいいのか選べばよいということになります。思いついたことを何でも書いていいというわけではありませんが、一つのキーワードを見て思い浮かぶ関連事項が多いほど、より幅広い問題に対応できますよね。メモリーツリーは記憶力増強だけではなく、連想力の養成にも役立つんです。

参考書名
ドラゴン桜 全21巻完結セット (モーニングKC)
著者
三田紀房
価格
12,093円
ページ
0ページ
出版社
講談社

様々な角度から世界史を見てノートにまとめる

大学によっては「テーマ史」といってある特定の地域の歴史だけを問う問題だったり、時代の変遷を追う「タテの目線」ではなく同時代間の世界の繋がりという「ヨコの目線」に着目した問題だったりが出題されます。教科書どおりの流れに沿って学習していては、なかなか答えにくい問題も数多くあります。そのため、ただ教科書を流れ通り覚えるだけでなく、いろんな視点から教科書の内容を自作ノートにまとめ直してみてください。まとめなおす視点は、志望する大学の過去問を参考にするといいです。今までは見えていなかった流れや繋がりが発見できると思います。自分でまとめ直すほど時間にも労力にも余裕が無いという方には、下記の参考書がおすすめです。


『タテから見る世界史』

『ヨコからみる世界史』

『流れがわかる各国別・地域別世界史Bの整理』

参考書名
タテから見る世界史―試験で点がとれる (大学受験V BOOKS)
著者
斎藤 整
ページ
229ページ
出版社
学研
参考書名
ヨコから見る世界史―試験で点がとれる (大学受験V BOOKS)
著者
斎藤 整
ページ
181ページ
出版社
学研

今まで教科書使って勉強してきて、縦の流れはわかっても、横はイマイチ繋がりませんでした。 これを読んで横の流れ一気に繋がりました。 一通り縦の流れを理解してからこれを使うとすごい効力を発揮します。 このおかげで次の模試が楽しみです!

レビューをもっと見る
参考書名
流れがわかる各国別・地域別世界史Bの整理
著者
ページ
238ページ
出版社
山川出版社

教科書よりこっちやった方がいいです。 これメインで、たまに用語集で調べたりしてやってますが、マーク模試では9割以上安定して取れるようになりました。それほど時間をかけて勉強した意識もないので、コスパはかなり良いと思います。 今高3ですが、 もし高1から使っていれば、世界史最強じゃん、、、 と思っています。

赤文字は勿論、太い黒文字、ノーマル文字の用語まで全て流れ通りに頭に入れればマーチの世界史は網羅できています。過去問や実際に受けた入試で出た用語も9割カバーしていました。早慶はもっと細かい所まで聞かれるので、無駄では無いと思いますが受験間近に詰め込むテキストとしては足りないかと思います。 いかにも受験生向けという感じでは無いので、高1から使ってもいいと思います。むしろこの参考書を高1からやり込めば相当力はつくと思います。 私が一番良かったと思うポイントは地域、国ごとに建国から滅亡まで一気に書いてあるので見るだけで流れがわかる点です。レイアウトもすっきりしていて、地図も付いているのでとても良い参考書だと思います。この参考書で授業を進めて欲しいと思うくらい使いやすいものでした。

論述の時に凄くお世話になりました ポーランドの通史は?モンゴルの通史は?という微妙なところを書く時に、これを読むだけで書けるようになります。そして論述をやればわかるのですが、意外と論述のポイントをおさえています。うわ、知らなかった!これも書けるんだ!というところが多いです。論述がある子には特にオススメ。センターだけの子も、頭を整理させるのに凄く良いと思います。…買え!

レビューをもっと見る
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

【世界史勉強法】受験に勝つ超効率的な勉強法&おすすめ参考書一覧!

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

覚えられないのには理由がある!効率的&確実な世界史の覚え方

【世界史 参考書】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

世界史論述問題の対策はいつから?必見勉強法と参考書・問題集も紹介!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に