【センター世界史勉強法】高得点を取れる3つのポイント

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

センター世界史おすすめの教材

お待たせしました。ここではみなさんお待ちかね(?)の教材の紹介をしていきます。

教科書と参考書

参考書名
詳説世界史B 81 世B 304 文部科学省検定済教科書 高等学校 地理歴史科用

数十年ぶりに、世界史の教科書を開きました。昔と変わらず、知らない事や知らない人ばかりでした。 ただ、「ドイツ統一」「同時多発テロ」など、ニュースで見た事柄が少しずつ追加されています。 今の状況は、将来「一帯一路を標榜した中国が、パンデミックを引き起こし、世界経済に大打撃を与えた。」等と書かれるのでしょう。今後、国家間のパワーバランスや、社会生活の様式などが変わり、現在が「歴史上の分岐点」になるかもしれません。 世界史は、案外身近な気がします。

下手な参考書より、こちらを読みましょう。 どんなに小さい字、地図も隅々まで読んでください。

教科書の文体に抵抗がなければこれから始めてもいいと思います。わたしはそうしました。少し流れがわかりにくい部分もありますが、自分で整理することでなんとかなると思います。

レビューをもっと見る
参考書名
世界史用語集

自分が合格したうち、慶應法学部と商学部に特に有効と感じたのでレビューを書きます 慶應法学部…頻度1の用語の説明文まで読み込み、年号、人物名、地域などを記憶の断片に留まらせるレベルに持っていければ勝ち(慶法は全て記号問題なので)。過去問を解けば分かるが、教科書、用語暗記の他はこの用語集さえやっておけば全く問題ない。ホントにこの用語集から出る 慶應商学部…基本問題がメインの中、たまに出てくる難しい知識はほぼこの用語集でカバーできる。頻度1の用語まで把握できていれば、慶商の世界史で9割が確実になるはず その他国立志望であっても、教科書、単語暗記と並行して早い段階から利用すべき。たとえ国立志望だからといっても、私立を併願するのなら頻度1まで抑えておけば世界史でアドができる

この参考書の目玉は何と言っても「頻度表示」である。 最大の数字は7で、4以上の単語を赤字、3以下の単語を黒字にして用語を紹介しているが、これをぜひ活用すべきである。 センター黒本の「出題傾向」のページに 「出題されるレベルは、各種の高等学校教科書『世界史B』の半分以上に載っている用語を中心に出題されている。それ以下のレベルの用語が出題されても、他の選択肢との関係で正解できるようになっている。」と記載されている。 つまり用語集的に言えば、 「赤字の用語を中心に出題されている。黒字の用語が出題されても、他の選択肢との関係で正解できるようになっている。」 ということである。 センターのみでいい人々に尋ねたい。 「黒字の用語をたくさん覚えてないか?赤字の用語は抜けていないか?」 高校、予備校の授業では、世界史が好きな先生によって行われるためにどうしても細かいところまで教わりがちである。 しかし実際センターの問題はあまり細かい事項を尋ねることは少ない。あっても1、2問程度ある。 間違えた問題を用語集で確認し、もし黒字であればそこまで気にせず次に行く。それくらいの余裕を持って世界史の学習に取り組んでほしい。

個人的にはこれ全部覚えれば正誤問題や一問一答形式の問題であればどんな入試でも勝てると思います(早慶含め)。見出し語だけではなく、説明文に知らない用語がかなりあるのでチェックは必須です。しかし国公立とかの記述系は流れを抑えるほうが大事なのでお勧めはしません。

レビューをもっと見る

センター試験対策といったらこのセットが最適です。先程も述べたとおりセンター試験は山川出版のこの教科書から作られています。
他の講義型の教科書や参考書は私大向けのものが多く、センターでは必要ない細かい知識まで載っているので、山川の教科書を使うのが一番効率的でしょう。
そして用語集は、教科書に載っていない詳しい説明も載っているので、教科書に出てきた単語を調べてチェックすると、より一層頭に入ってきやすくなると思います。
私も覚えにくい範囲などは用語集を併用していたのですが、難しめの単語もしっかり因果関係などに絡めて覚えることができました。

一問一答

参考書名
山川 一問一答世界史

基礎知識つけてからやりましょう。 まっててなりり先生

この1冊を完璧にすれば偏差値60は取れる。 この本は記述問題に弱いから赤い文字を隠して勉強すれば記述問題もできる。だけど、記述問題の勉強の場合は教科書のほうがいい。

最初のページを開いてみてください。 サヘラントロプスとアウストラロピテクスがあなたを待ち構えています。 ここから歴史が始まるんだよ。 誘惑の声が聞こえてきます。きっとナポレオンが出てくる頃には、君は6月のことをメッシドールとか言い出します。 やり込んでください。愛してください。世界史はいつでもあなたを待っています。

レビューをもっと見る

山川の教科書を使うならもちろん一問一答も山川のものがいいと思います。
これは本当にセンターレベルの単語ばかりで、量もそこまで多くないので教科書でインプットしてから、アウトプット用として利用するのがおすすめです。逆に私大志望の方にとっては少し内容が薄すぎると思います。

過去問

参考書名
センター試験過去問研究 世界史B (2017年版センター赤本シリーズ)
参考書名
大学入試センター試験過去問レビュー世界史B 2017 (河合塾シリーズ)

これらの過去問は掲載問題数も多いので、直前ではなく早い段階から始めましょう。インプットが終わっていないうちはわかる問題だけでもいいので解けるものをどんどん解いていきましょう。ここでは時間などは気にしなくても良いです。
見直しはしっかりしましょう。

模試

参考書名
センター試験本番レベル模試 世界史B 2017
参考書名
大学入試センター試験実戦問題集世界史B 2017年版 (大学入試完全対策シリーズ)
参考書名
2017年用 センター試験実戦模試 (11)世界史B (2017年用センター試験実戦模試)

これらの模試型の問題集は総復習として、直前から始めることをおすすめします。
直前なので時間もしっかり計って、見直しの時間などもしっかり取りましょう。

最後に

ここまでセンター世界史の問題形式、満点を取るための3つのコツ、そして勉強法を紹介してきました。

センター試験において重要なのは基礎です。教科書でしっかり流れをおさえて、どんどんアウトプットしていきましょう。
その時の復習も必須です。復習をすればまた知識も増えていきます。しっかりと復習して似たような問題が出た時に絶対正解できるようにしましょう。

せっかく勉強したのに当日ケアレスミスをしたらとってももったいないので、
しないように普段から見直しをする癖をつけていきましょう!

世界史などの社会科目はやればやるほど点数が伸びていきます。
コツコツ積み重ねればきっと合格に繋がるので、最後まで頑張ってください(^^)

⇩あわせて読みたい世界史記事一覧⇩

【世界史勉強法】合格できる勉強の進め方とおすすめ教材

【世界史勉強法】世界史の人物・年号を確実に覚えられる暗記術

【世界史勉強法】レベル別参考書・問題集紹介&4つの勉強ポイント!

【世界史 参考書】激選7冊!世界史おすすめの参考書・問題集

【赤本の使い方】世界史の過去問は「いつから」「何年分」解く?

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【センター世界史勉強法】高得点を取れる3つのポイント

センター世界史勉強法!厳選参考書・問題集と過去問で9割〜満点を取る

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に