15509102

【大学受験の勉強】スケジュールの立て方&やる気UPの方法

はじめに

この記事では勉強のスケジュールの立て方とやる気が出る方法を紹介します。
受験勉強は非常に長い道のりです。1年を通してどのように勉強すれば良いか分からない、不安でいっぱいだ、モチベーションが上がらない、といった悩みを抱えている方はぜひ本記事を参考にしてみてくだい。

受験勉強はいつから?

14717576?w=430

この疑問は多くの受験生が抱くと思いますが、大きく
「高3の春休みから」「高3の夏休みから」
この2つに分けることができます。

基本的には高3の春休みから

春休みは、学習塾や予備校が春期講習を行います。新高3生を対象としたものは受験対策用の講座ですので、受講することで入試に必要な知識や解き方を知ることができます。また、講師に質問に行くこともできるので、受験勉強のやり方や勉強までのプランを聞いてみるのも良いでしょう。
こういった受験に関する情報たくさんをゲットできることもあり、春休みは多くの高3生が受験勉強へと気持ちを切り替えます。この流れに乗れないと、貴重な入試情報を聞き逃してしまったり、他の受験生と比べて学力に差がついてしまいます。部活や習い事などがないのであれば、高3の春休みから受験勉強に本腰を入れましょう。

部活が忙しい場合は高3の夏休みから

部活に励んでいる方は、悔いのないように部活動生活を終えてからでも、受験勉強は十分間に合います。春休みからスタートした方と比べて勉強量を増やす必要がありますが、それでも部活で培った忍耐力や集中力、行動力は受験勉強で活きてきます。
夏休みは追い込みの時期ですが、持ち前の力で一気に成績を伸ばして行きましょう。
勉強の具体的な方法がわからないと感じた方は、勉強のペースメーカーとして夏期講習に参加してみても良いと思います。多くの受験生が参加し、復習のための講座や問題演習がメインとなる講座もあるので、必要に応じて講義を聴いてみましょう。

もちろん夏期講習に頼らずとも、参考書や問題集を使って勉強しても入試本番までに。その場合は勉強の時間配分や勉強場所など、気をつけるべきポイントが増えてしまうものの、周囲に流されず勉強できるのが大きな強みとなります。

塾に通うにせよ独力で勉強するにせよ、夏休みは多くの時間があります。夏から勉強する場合は上手に時間を使うようにしましょう!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

勉強時間のスケジュールの立て方

15086359?w=430

大学受験を乗り切るためにはスケジュール管理が大切です。どのように勉強のスケジュールを組み立てればよいのでしょうか。いくつかのポイントを紹介します。

学習内容の可視化が大切!具体的な勉強項目を意識しよう

勉強時間を基準にスケジュールを立ててしまいがちですが、まずは自分が何をすべきなのかをはっきりさせることが大切です。

例えば、
【英語】
単語・・・100語
文法・・・関係詞のおさらい・分詞構文の学習
読解・・・問題集1問

【現代文】
漢字・・・100語
読解・・・評論1題

【古文】
単語・・・50語
文法・・・助動詞の総復習・格助詞の学習
読解・・・センター古文を1題(2000年)

このように計画を立ててみると良いです。具体的に学習内容を可視化することで、知識に穴が空いてしまうのを防ぐことができ、計画的かつ網羅的にスケジュールを管理することができます。

また、勉強時間は学習内容を可視化させた後に調整すると良いです。勉強の開始・終了時間や就寝時間と相談しながら、その日の学習内容をきちんとこなせるように限られた時間をうまくやりくりしてみてください。

復習の時間も組み込む

勉強というと、とにかく新しい知識を得ることだと思いがちですが、復習をおろそかにしてしまうとせっかく覚えた内容を忘れていってしまいます。きちんと定着させて受験が終わるまで長期的に記憶するためにも、復習の時間を確保しましょう。
受験勉強を開始して間もない頃は比較的復習の時間は短くて済みますが、9月以降になると復習の量が膨大になってきて、それまでの復習をサボっていると新しい内容がなかなか頭に入ってこなかったり、どの科目の勉強も追いつかなくなってしまいます。
勉強の詰めが甘いと直前期に得意科目が不得意科目になって総崩れを起こしてしまう方はかなりいます。
復習の量が少ないうちでも油断せず、日々復習することを心掛けてください。

勉強のやる気を上げるためには?

15300239?w=430

受験勉強が辛く感じてやる気が出ない…なんてことがあると思います。そんな時は息抜きして、再び勉強に戻れる気持ちを調えましょう!

とりあえず数分椅子に座り続けてみる

まずは椅子に座り続けて勉強道具を眺めてみましょう。やる気が出ない状態が一時的だった場合、すぐに勉強を再開することができます。また、勉強は同じ姿勢で続けなければならないので、勉強に手がつかなくても我慢強さを鍛える事ができます。
私はせっかちであり、成果が出ないと納得出来ないタイプだったので上手く行かなくなると打たれ弱かったのですが、浪人したこともあり忍耐力もなければ勉強は続かないのだろうと思うようになりました。
受験勉強はやる気が大きな原動力となりますが、我慢強さも欠かせません。些細なところから図太さを身につけましょう。

軽く体を動かす

同じ姿勢で勉強すると疲れてきます。肩が凝ったり足が妙にしびれたり、なんて状態で勉強しても集中力が持たないですよね。
そういうときは肩をぐるぐる回したり立って足のストレッチをするなどして、体の凝りを解消してみましょう。激しく動かすと痛めてしまうので、ゆっくり大きく動かして体の緊張を少しずつほぐしていくとよいです。

散歩する

一思いに散歩するのもやる気を回復するための方法の1つです。眠くなったりぼーっとしていても、散歩して外の空気を吸ってみることで頭が活発に動くようになります。また、散歩は運動ですので、ストレッチや回旋運動を交えれば緊張をほぐしつつ心機一転することができます。
帰ってきて勉強を再開すれば、やる気は回復していきます。散歩をし過ぎると勉強量が減ってしまうので注意してください。このデメリットだけ気をつければ、散歩は最高のやる気アップの方法だと思います。

「ながら」勉強

「勉強は勉強で割り切るべき」と思う方も多いと思いますが、何かのついでに勉強をする「ながら」勉強を試してみても良いと思います。例えば、音楽を聴きながら勉強、入浴しながら勉強、などが挙げられます。
こうすることで、勉強に対する抵抗を弱めることができます。アメとムチのような関係でなにか楽しいことと合わせて勉強してみると、少しずつ勉強へのやる気が出てきます。

私は勉強が大の苦手だったので、音楽を聴きながら勉強していました。最初は勉強の辛さをごまかそうという気持ちで音楽を聴いていましたが、いつしか音楽から離れて自分で勉強できるようになりました。

何かのついでに勉強することに否定的な意見を持つ方もいますが、自分の気持ちを勉強に向かせるためのきっかてとして「ながら」勉強を試してみる価値は十分あります。やる気が出ない時に是非試してみてください。

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x

最後に

15303153?w=430

受験勉強は、志望校の合格に向けて計画的に勉強することが大切です。そのためには学習内容を可視化して、復習の時間も含めてスケジュールを立てましょう。また、入試は受験科目の総合力で勝負するので、偏りなく勉強することを心掛けてください。
やる気が出ない時は、様々な方法で息抜きしてみましょう。散歩して心身共にリフレッシュしたり、ながら勉強で勉強への抵抗を和らげたりと、さまざまな方法があります。独自の息抜き方法でやる気を回復させてみても良いので、気持ちのケアも怠らないようにしましょう。

受験勉強は大変ですが、1年間きちんと頑張れば志望校に合格して晴れて大学生になることができます。現役合格を目指して頑張ってください!

Studyplus slogo@2x
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
Pc@2x
この記事を書いた人
22116373?w=72

関連するカテゴリの人気記事

15377842?w=120

【受験生の勉強時間】1日何時間 受験勉強すれば良いのか

15509102?w=120

【大学受験の勉強】スケジュールの立て方&やる気UPの方法

15508577?w=120

高校数学が難しいと悩む高1高2生へ!数学との向き合い方と勉強のコツ4選!

15701037?w=120

勉強計画を立てる時の3つの順序

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に
Foot bt appstore
Foot bt googleplay