慶應法学部に現役合格!勉強時間と本当に役立った教材紹介

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「あの大学に合格するにはどのくらい勉強したら良いのだろう」
こんな風に迷ったことはありませんか?

勉強時間など誰も教えてくれないし、ネット上の意見も多種多様ですよね。
そこで今回は【慶應義塾大学 法学部】に合格した私の実体験をもとにして、時期別の勉強時間を紹介したいと思います。
そしてその勉強時間の中でも、私の受験科目である、「英語」「国語」「世界史」の時間配分や、時期別の勉強内容、実際に使っていた教材も紹介します。

同じく慶應義塾大学を志望しているあなた、ぜひ参考にしてみてください。
あくまで目安ですので、鵜呑みにしすぎないで”参考”にしてみてくださいね!
(※私は早稲田やMARCHも受験したので国語も勉強していました。)

【慶應合格】高3のはじめの勉強時間の目安

まずは高3のはじめ、この時期から受験勉強をスタートする受験生がほとんどだと思います。私もだいたい高3の4月あたりから勉強を開始しました。この時期から早慶を志望していたので、世界史のインプットと英単語の基盤づくりを中心に始めることにしました。

状態

私は高3になるまで受験勉強をほとんどやっておらず、もちろん慶應義塾大学はE判定でした。まずはすべての科目における基盤づくりからのスタートでした。

勉強内容

英語:英単語、英熟語の暗記
国語:古文漢文の単語や文法を覚える
世界史:通史1周目(教科書併用)

勉強時間

この頃はまだ部活もやっていたので時間がかなり限られていました。

平日:3時間/1日
休日:5時間/1日

時間配分

とにかくこの時期は知識量を増やすことを意識していたので、世界史と英単語に時間をかけていて、毎日世界史と英語には触れるようにしていました。国語は時間に余裕がある休日に手をつけていました。

〈平日〉世界史:2時間 英語:1時間
〈休日〉世界史:2時間 英語:2時間 国語:1時間

この時期のポイント

とにかく受験勉強スタートのこの時期は”勉強することに慣れる”ことが重要です。
この時期は量より質、何時間やったかで満足しないで、何をやったかで満足できるように勉強しましょう。
どれだけ長時間やっていても集中できていなければ意味がありません!最初は短時間でもいいのできちんとその時間は集中するようにしましょう。

そして夏に向けてより長い時間集中する訓練をしておきましょう。

この時期使っていた教材

参考書名
英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

5万周しなきゃ入んない

英単語参考書として定番中の定番。 アプリの他に単語カードや問題集も充実している。 しかし収録語や語義にはかなりクセがある。 例えば、難しいと評判の鉄壁と比べてみても、本書しか掲載されていない難語が、basin,cavity,hollow,lawsuit,superfluous,warfareなどざっと50語以上ある。反対にall,each,bothといった中学基本語がひねりもないそのままの意味で掲載されている。 basin (洗面器)は、本当に大学入試で出るのか不思議でならないし、他の単語集でもまず見かけない。「攻めている」と評判のStock4500だけは掲載されていたが、こちらの語義は「盆地」である。出題されるとしてもこちらの意味だろう。 ・・・・・ ここまでは、5訂版を使ってのレビューだが、6訂版を見ると掲載語が約250語入れ替わった。ちなみにシス単や鉄壁の改訂では100語程度しか変化がない。穿った見方をすれば、5訂版の内の250語はその後の入試でほとんど出題されず、そのために6訂版で削られたとも言える。 6訂版掲載語には、contagious,dementia,entrepreneur,placeboといった今後のトレンドとなりそうな語もあるが、errand,hay,numb,shunのように次の7訂版で削除されそうな語も多い。 最終章の難語400語はこの手の単語が多いので、最初の1500語だけに絞って取り組むのも、アリといえばアリ。 ちなみにbasin は「流域、盆地、海盆。洗面器[台]」と大幅に語義を増やして掲載され続けている。よほど筆者にとって思い入れのある単語のようだ。 逆にreceptionのように、5訂版では「歓迎会、受付」と普通に収録されていたのに、6訂版では「反応、宴会、受付、受信(状態)」と迷走しているものもある。crudeが「天然の」ではなく「大まかな」になってしまったのをみると、悲しみすら感じる。 ・・・・・ また、例文が意外と難しいのもマイナスポイント。本書にも掲載されていない難語が往々にして文中に含まれている。 ただし、連携しているアプリの出来だけは絶賛できる。網羅型の単語集やアプリが好きな人には、デメリットに目をつぶってでもお薦めになる場合もあるだろう。

正直10周はすべきです。つまり試験が終わるその日までやり続けましょう どんな単語帳でも、何周もかけて根気よく覚えることです

レビューをもっと見る
参考書名
解体英熟語 改訂第2版 [ブック型] 必修語~重要語までの1017語

塾でもらってこの一年間ずっと使いました。 量は多いですが、覚えきってしまいさえすれば、英語の総合力は格段に上がり、早慶レベルでも太刀打ちできるくらいの語彙力が身に付きます。 速読英熟語を覚えて満足しているそこのあなた!是非、本屋に行き、解体英熟語をその手にとってみてください。

前置詞の知識に関するページを頭に入れたあと、予備校の行き帰りで問題編をやり続けたら前置詞問題や会話問題にかなり強くなりました。問題編があることで毎回アウトプットの練習ができるので熟語がしっかり定着します! 量がかなり多いので現役生は迂闊に手を出せないかもしれませんが難関大受験にはほぼ必須なので、受験勉強を始める最初の段階であらかじめ勉強計画の一環に入れておき、時間をかけてしっかり覚えることをお勧めします

この参考書は早慶志望御用達みたいなイメージがありますが、熟語ごとの解説がかなり詳しく、何回も解説見て繰り返すうちに前置詞のイメージも身についてくるので、早慶志望でない人にも全力でおすすめしたい!オーバーワークって声もあるけど、英熟語を多く覚えて損はない。 ただ、解説を見ながら覚えるのを何回も繰り返すとなると結構時間かかるので、時間のあるうちから始めた方が良いです。 ⚠️CDがついてないので、音で覚えたい人には向かないかも。

レビューをもっと見る
参考書名
古文単語FORMULA600 CD付

声が気になって集中できない。

目次で680単語総復習出来るのが素晴らしい。 もう他のには戻れません、え戻らじです。

これをやれば、ひとまず古単で困ることはなくなりますし、古文常識語も身につきます(というか、これやっても分からない単語は誰もわかんないと割り切れます) 後は、古文は一語一訳当てはめるだけでは上手く訳せないので読解演習を続ければ圧倒的な力がつくと思います CDがついているのが意外とでかいです 登校中歩いている時とかに流して復習していると、しばらく単語帳開いてなくても覚えていられます あと表紙がカッコイイです デメリットとしては、古単としてはめちゃめちゃ覚えづらいです。 自分は軽くゴロゴ流してから入りました。

レビューをもっと見る
参考書名
ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

これを持ち歩いているだけで顔がかっこよくなって彼女も出来ました! 河合塾さんには感謝してもしきれません!

ほんっとに初歩から固めたい人におすすめ!!基礎大事!! 問題は、これやっとけばOKっていうものを項目ごとに数問まとめてあるから、いつからはじめてもよく理解できてかつすぐに終わらせられる 例外とかポイントを自力じゃまとめきれないよって人には嬉しい参考書だと思う!

古典文法を学びたい初学者への一推し。 高校入学して取り敢えずこの参考書と単語帳やれば生きていけると思います。

レビューをもっと見る
参考書名
漢文句形ドリルと演習 (河合塾SERIES―ステップアップノート10)

問題を解きながら句形を体に染み込ませることができるので、類書よりも間違いなく学習効果が高いです。問題の難易度も難しすぎず、毎日解けるような手軽さ。共通テストで漢文使うなら買って間違いなし。

文転して漢文はほぼ初学の状態から始めたがこの教材に助けられた。大好き。これ一冊で...というのは難しいかもしれないが、この教材+センター過去問で共通テストレベルは突破できるはず。尤も、難しいのは時間配分だけれども。

書き込み式漢文句形→このドリルで基礎は固まる 今の時点でもこれだけやればセンター40点以上は安定して取れるから理系にはめちゃくちゃいいと思う、 文系はこの参考書でベースを作って問題解くのがいいのかな?って思う??

レビューをもっと見る
参考書名
これならわかる!ナビゲーター世界史B 1 先史~中世ヨーロッパ史の徹底理解

予習、通史終わったあとの復習、センター明けに使いました。講義形式?で、流れや因果関係を掴むのには最高にわかりやすい参考書だと思います。(詳説世界史研究は字の小ささと分厚さとなんかお堅いので挫折しました)特に中世近世ヨーロッパら辺は一橋に役立ちます。

ナビゲーターを10周みて付録の冊子を50周くらいすればセンター9割取れます。ソースは国公立目指してる友達がナビゲーターしか使ってないからです。 ここまですればどんな参考書でも同じくらい成果が出るとおっしゃる方が出てくると思います。しかし私が言いたいのはそこではなくひとつの参考書を何周しかしただけで完璧と錯覚して他の参考書レベルの高い参考書に入るのではなくずっと一つのことを継続し続けることに偏差値アップの鍵が眠っていると思います。 お互い頑張りましょう

世界史の勉強は6月からこれだけでやりました。最初のうちは読んでもまったく理解できず何書いてるのかわかりませんでした。8月のマーク模試では48点でした。ようやく理解し始めたのは10月頃です。世界史に関しては参考書よりも映像授業の方がいいです。その方が頭に入りやすいと思います。他のレビューでこの参考書がわかりやすいという人はあらかじめ流れが頭に入って世界史を勉強してた人だと思います。つまり初学者向きではないです。勉強方法として参考書を読むより穴埋め問題を8割ぐらいとけるようにしてください。それができたら読んでいく感じの方が頭に入りやすいですし、時間を無駄にせずにすみます。 この参考書と付録の穴埋め問題だけでセンタープレでは93点取れました。本番は満点目指します。

レビューをもっと見る

【慶應合格】夏休みの勉強時間の目安

次に夏休みです。夏休みは現役生にとってとても重要だと言われています。私もこの時期には部活を引退していたのでがっつり勉強をはじめていました。

状態

引き続き基盤づくり、それに加えて早慶レベルの暗記も始めていました。

勉強内容

英語:単語、熟語、文法、長文
国語:単語、演習
世界史:通史を一周して、センターなどの簡単めな問題演習、知識に肉付け

勉強時間

10時間/1日

毎日10時間やるぞ!と決めていて、それ以上やると自分の集中がもたないので、やりませんでした。時間帯は午前9時頃〜午後8時頃。早寝早起きを心がけていました。
そして学習した時間を記録していて、居眠りしてしまった時間も記録し、その分は延長して勉強していました。
記録することで自分の勉強時間の使い方がよくわかるし、達成感が味わえました!
このように長時間勉強する期間は時間などの自己管理が重要だと思います。

時間配分

やはりこの時期もメインは世界史と英語でした。でも時間がある分きちんと国語の時間もとるようにしていました。

世界史:5時間
英語:3時間
国語:2時間

この時期のポイント

さっきも言ったように夏休みをどう使うかで成績の伸びは大きく変わってくると思います。この時期を有効に使うためにも、記録をして分析して、調節していきましょう。
私のように10時間!などと時間を設定することがおすすめです。そうすることで夏休み最初にガンガン勉強しすぎて後半燃え尽きてしまうことを防ぐことができます。
無理なく、きちんと寝ることも重要です。毎日寝る時間、起きる時間を統一して良い習慣をつけましょう。
世界史と英語に時間をかけすぎて国語をおろそかにしてしまわないように注意です!

この時期に使っていた教材

・ターゲット1900
・解体英熟語
・古文単語FORMULA (これらは引き続き使っていました)

参考書名
深めて解ける! 英文法 INPUT (大学受験Nシリーズ)

元々この著者である成川先生の授業を受けていましたが、分かりやすかったためこの本も買いました。 授業と同様非常に分かりやすく、この本のおかげで入塾テストで0点な上に英語が嫌いだった私が標準レベルの文法語法問題はほぼ満点取れるくらいになりました。もちろん先生が授業で仰ってることが余すことなく書かれているので、先生の授業を受けてない人でもしっかり理解できますし、文法問題だけでなく読解問題にも役に立ちます。 また、本自体はかなり分厚いのですが、「要点ハンドブック」という文法の要点や受験に必須の語法が書かれた小さめの本が付属していて、持ち運びにも便利です。 特に英語に苦手意識を持ってる人におすすめですが、ある程度のレベルに達している人でも文法書として使うことができます。

文法だけじゃなくて長文読解の助けにもなってます!読んでいてそうだったのか!と驚いたり共感したり…凄く楽しかったです!初めて英語の参考書に対して拒絶反応なく読み切れました!読む価値大変あると思います!

この参考書は英語の考え方を180°覆します。いままで英文法や語法を暗記していて苦しんできた人には本当にオススメです。あなたは5文型の凄さ、to不定詞の持つ本当の意味、助動詞に含まれている主観性などを理解出来ていますか?この1冊で全て解決してくれます😊😊少し分厚めですが読んで見る価値は十分にあると思います。 対応大学→関関同立、GMARCH、神戸、大阪大学など

レビューをもっと見る
参考書名
深めて解ける! 英文法 OUTPUT (大学受験Nシリーズ)

なんと言っても、解説がわかりやすいです。 厚すぎるのが欠点ですが、二つに分冊化すると一般の参考書程度の厚さになるのでオススメです! VINTAGEには戻れません!w

めちゃくちゃ厚い(約45mm)で持ち運びも不便ですが、問題数は1316問でネクステ等とそこまで変わりません。構成も左ページに問題、右ページ解説と基本のスタイルですが、見開きに問題が2問しかないなど左ページの解説がかなり充実しています。 ネクステ等やってもイマイチ何を言ってるかわからないという人にはおすすめできると思います。意外と知られてないみたいですがかなり良書だと思います。

枕としては少々分厚いところがあるが、別冊の問題集を挟むことによって自分好みの厚さに調整できるのがgood👍 これを枕にして寝ると英文法がスラスラと頭に入ってきて感動しました

レビューをもっと見る
参考書名
古文上達 読解と演習56

どんな分かりやすい参考書にも勝ります。というのも、この参考書のいいところは、「古文が好きになれる」と言うところです。 まず入門編を隅から隅まで読みましょう。読み終わった頃には古文やってみたくて仕方ありません。(本当です) センター古文5点の僕もなんとかなりましたのでやる価値は大いにあります!!

最初のやつは寝る前に読み 問題編はセンター対策の合間にやった 古文本当に嫌いだけどこれは解説がいい 有名作品ばっかだし

問題は良いのだけど解説がかなり不親切。もし受験生に戻れるなら別の問題集買うかな...

レビューをもっと見る
参考書名
漢文道場 入門から実戦まで

漢文はやったもんがちなところがあると思うんです。わりかし知識殴りが効いたり、逆に知識がないと即死みたいなこともあるというのが私見です。だから、易しい問題から実戦レベルまでやれるこれは最強なんス。

漢文の基礎が固まってきて9〜10割ほどはマーク模試でもコンスタントに取れるようになってきましたが、よくわかりません。 原因はまず、人の名前を注釈につけてくれないので、どれが人なのかわからないことです。 次に、解説やはしがきが何故か、古典の参考書はおそらく全てこうなのですが、堅苦しい文章で説明してきます。もっと噛み砕いて説明してもいいと思います。 また、第2部の錬成編は筆者が作った問題らしいのですが、明らかに解かせる気のない問題が多いです。約20年前の問題を取り入れているものもあり、現代の入試にあってなかったり、難易度がおかしいと思います。 そしてこれが最も大きな原因ですが、 ただ単に実力不足です。認定します。

この本の解説が詳しいと言っている人はさぞかし脳が卓越しているんでしょうね。 解説ははっきり言って雑です。返り点をつける問題は特に。「一レ点をつけるのがどういう時かがわかっていれば解ける」などと明らかに解説ではなく助言みたいなことをぬかしてます。 まぁ漢文は現代語訳見れば本文は理解できるものなのでそこだけが残念なところですね。量自体はあるので練習にはなるかと。

レビューをもっと見る
参考書名
センター試験過去問研究 世界史B (2017年版センター赤本シリーズ)

【慶應合格】秋〜冬の勉強時間の目安

次に夏休み明け、秋〜冬です。夏休みの復習や、やり残しをきちんとやりましょう。夏休みで燃え尽きてしまわないように注意です!
夏休みと違って授業があり時間が限られるので、夏休みと同じ時間の使い方をしないようにしましょう。

状態

夏休みで基盤をしっかり作っていたので、どんどん演習をして、できなかったところをインプットするようにしていました。そして早慶レベルの英単語や世界史のインプットも並行して行っていました。小論文対策を始めたのもこの時期からです。

勉強内容

英語:速読英単語、過去問演習
国語:過去問演習、小論文
世界史:過去問演習、実力をつける世界史

勉強時間

休日は夏休みと同様、平日は早起きして教室で勉強したり、早弁をして昼休みに勉強していました。

〈平日〉6時間/1日
〈休日〉10時間/1日

時間配分

英語の過去問演習の際は解く時間と同じくらいの時間を復習にかけていたので、今までより英語の比重が多くなってきました。
世界史は平日はアウトプット中心、休日はそれに加えて早慶レベルのインプットをやっていました。

〈平日〉世界史:2時間 英語:2時間 国語:2時間
〈休日〉世界史:4時間 英語:4時間 国語:2時間

この時期のポイント

この時期からは積極的に過去問演習をしていました。いきなり慶應義塾大学の問題を解くのではなく、MARCHの問題から少しずつレベルを上げていました。
問題演習をする時に一番重視してほしいのは”復習”です。英語は解いた時間と同じくらいの時間を復習にかけていました。それくらい丁寧に復習しましょう。
世界史の復習は間違えた問題の範囲を用語集や参考書でしっかり調べるようにしましょう。演習は量ではなく質です。解いた問題が次出たとき絶対に間違えないように復習しましょう!

この時期に使っていた教材

・赤本

参考書名
速読英単語 (2)上級編 [改訂第4版]

※個人的な意見を含みます。 他の有名単語帳と異なり、速読英単語は必修編・上級編共に単語の配列に関連がありません。そのため、似た意味の単語でも同時に載っていません。しかし、これは、前回出てきた同意義の単語を思い出すという練習にもなり得うのではないでしょうか。個人的に、この単語帳は周回しまくることが鍵なのだと思います。(鉄壁のように語源が載っているわけでもなく、「理解する」ということはありません。) 速単からの情報は平坦であるために、覚えるためのフックを自発的につくることが大切だと思います。自分は覚えにくい単語を、シス単のようなミニマルフレーズを長文の中から作り、覚えています。 最後になりますが、始めの方に載っている単語の推測法はおすすめですので、是非読んでみてください。それを48ある長文で実践練習できるのは強みだと思います。参考になれば幸いです。 (気がついたことがあれば追記します。)

他の単語帳ではあまり見かけない単語が長文中に散りばめられているのを期待しているのであれば買わない方が良い。多読目的であればお勧めする。

一応早稲法に現役で合格した者です。僕が英語の勉強を本格的にしたのは高3の10月からであすが、短期間で英語が得点源となったのは間違い無くこの本のおかげでしょう。そこで後輩達にオススメしたいと思います。 ①文を読んでいて分からない単語が出てきたらどのように推測をすればいいのか、知っていますか?この本では文ごとに一語単語の意味を推測させるを問題と、その考え方が紹介されています。文は48個もあるのでこの本を終える頃にはかなり単語の意味推測能力が向上することでしょう。 ②周回する事でこの本の真価が発揮されます。普通なら、過去問や問題集を解いてその英文を復習するだけなので1日に読む英語は2〜4000語程度でしょう。僕は朝と夜にこの本を一周し一日に最低2万語くらい読みました。この本のCDを使えば一周音読するのにかかる時間は僅か1時間。めちゃくちゃ効率的でしょう? (補足)さらに効率を上げるとなると、勝負所は何を考えながら音読するのか。そこでまた、この本をやっている者の間にも差が出てくるでしょう。僕の場合は、「この部分がここの具体例の抽象化で、この段落はこの文で〜の役割を果たしていて、ここで一旦意味段落が切れてるな!」などと構造的な読みを意識して読んでいました。だから、個人的には速単の前に文読み方を何かの参考書で学ぶことをおすすめします。

レビューをもっと見る
参考書名
実力をつける 世界史 100題 [改訂第3版]

大学入試では必要性感じません。そりゃ京大東大で満点取りたいなら話は別ですが、受験はあくまで合格点を取りに行くのが至上命題ですので、英語、数学がんばりましょ。

歴史能力検定用に使用しています。 初見の情報も結構出てくるので 知識の確認兼読み物のような感覚。 高校生がセンター試験や共通入試用として 使うには時間が勿体なさそう。 やり込める時間がある人とか世界史好きには 有用な参考書だと思います。

学校の先生が京大志望者は買えと仰っていたので購入したところ、マイナーな知識がたくさん詰まっていてのめり込み高速で1周やってしまいました。他では潰せない細かい知識を網羅するのに最適な本です。(解説にも難しいことが沢山書いてあるので、熟読すると尚良し) 個人的には現代史が難しめだと思いました。 1周目、2周目での目標点が各ページに設定されているのでそれを目安に取り組むのが良いと思います。 東進の一問一答でもカバー出来ていない知識も多数載っており、僕はこの2冊を併用しています。世界史が好きな人は面白いし楽しめます。(苦手な人は挫折すると先生が仰っていました) もちろんセンターには全く役に立ちません。

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

勉強のやる気が1時間も続かなかった私が送る!勉強のやる気を出す9つの方法

超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

【勉強場所】最強の勉強場所はどこ?勉強できるカフェを見つけよう!

勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

【大学入試ってどういう仕組み?】受験の種類と方法を徹底解説!

【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に