慶應法学部に現役合格!勉強時間と本当に役立った教材紹介

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

「あの大学に合格するにはどのくらい勉強したら良いのだろう」
こんな風に迷ったことはありませんか?

勉強時間など誰も教えてくれないし、ネット上の意見も多種多様ですよね。
そこで今回は【慶應義塾大学 法学部】に合格した私の実体験をもとにして、時期別の勉強時間を紹介したいと思います。
そしてその勉強時間の中でも、私の受験科目である、「英語」「国語」「世界史」の時間配分や、時期別の勉強内容、実際に使っていた教材も紹介します。

同じく慶應義塾大学を志望しているあなた、ぜひ参考にしてみてください。
あくまで目安ですので、鵜呑みにしすぎないで”参考”にしてみてくださいね!
(※私は早稲田やMARCHも受験したので国語も勉強していました。)

【慶應合格】高3のはじめの勉強時間の目安

まずは高3のはじめ、この時期から受験勉強をスタートする受験生がほとんどだと思います。私もだいたい高3の4月あたりから勉強を開始しました。この時期から早慶を志望していたので、世界史のインプットと英単語の基盤づくりを中心に始めることにしました。

状態

私は高3になるまで受験勉強をほとんどやっておらず、もちろん慶應義塾大学はE判定でした。まずはすべての科目における基盤づくりからのスタートでした。

勉強内容

英語:英単語、英熟語の暗記
国語:古文漢文の単語や文法を覚える
世界史:通史1周目(教科書併用)

勉強時間

この頃はまだ部活もやっていたので時間がかなり限られていました。

平日:3時間/1日
休日:5時間/1日

時間配分

とにかくこの時期は知識量を増やすことを意識していたので、世界史と英単語に時間をかけていて、毎日世界史と英語には触れるようにしていました。国語は時間に余裕がある休日に手をつけていました。

〈平日〉世界史:2時間 英語:1時間
〈休日〉世界史:2時間 英語:2時間 国語:1時間

この時期のポイント

とにかく受験勉強スタートのこの時期は”勉強することに慣れる”ことが重要です。
この時期は量より質、何時間やったかで満足しないで、何をやったかで満足できるように勉強しましょう。
どれだけ長時間やっていても集中できていなければ意味がありません!最初は短時間でもいいのできちんとその時間は集中するようにしましょう。

そして夏に向けてより長い時間集中する訓練をしておきましょう。

この時期使っていた教材

参考書名
英単語タ-ゲット1900 大学入試出る順(大学juken新書)

ターゲット以外の単語帳は使ったことがないのですが、ぼくのような暗記苦手人間には例文が少し長くて覚えづらかったです。シス単はフレーズで覚える単語帳だったきがするので、シス単の方がぼくには向いていたと思います。 じんわりと火照った目じりが痛い。 今日もいつも通りの自分で居たいのに。 少し乱れたショートボブの黒髪が、彼の好きなこの髪型が今の私にとても似合ってしまっている。 鏡に映る物憂げな表情をこの小さなポーチは隠してくれるだろうか。 本当に楽しかった。まだ飾らない私を見せることは出来なかったけれど、いつも通りの自分で居られていた。 それなのに、それなのに夜のしじまの中でひとりぽっちで閉じこもって居たくなった昨日の私は、パステルブルーの恋のうたを聴きながら、少し遠回りをして家に帰った。 昨日の冷たい秋の夜風は純白の頬を撫でるだけで、とめどない涙を連れていってはくれなかった。 私は真面目で飾らない彼のことが好きだった。 昔から比較的異性から人気があるらしい私は、学年を問わず男子から声をかけられることが多かった。 私のことを「彼女」と呼びたい人たちはいつも激しく輝いていて、外へは鋭く冷たい空気を撒いていた。 そんな濁った輝きから目を逸らしたかった私は、あたたかい光の中にいる彼に恋をした。 どこにもトゲを向けない彼のことをもっと知りたかった私は、いつの間にか彼に声をかけていた。 こんな気持ちになったのは初めてだった。 それから受験勉強の合間に時間を見つけては彼と何度か遊びに出かけた。 そのことを誰にも言わないでいてくれた彼と私は内緒のふたりだった。 化粧を終えた私は変わらず物憂げな表情をしていた。 まだいつも通りの自分にはなれそうにない。 一昨日の夜整えた爪は今の自分そのものを投影しているようで、虚しく痛々しいものに見えてしまった。 窓の外からすべってきた風からは心地よい秋の朝の匂いがした。 こんな日は雨でも降ってくれていればいいのに。 彼に会ったのは高校卒業以来半年ぶりだった。 心躍らせて選んだキャメルブラウンのブラウスを彼は「似合っている」と言ってくれた。 そのとき私の頬に浮かんだチークに彼は気づいていただろうか。 誰にもトゲを向けない優しい彼は、しっかりと目を合わせて話をしてくれる綺麗な瞳をした彼は、高校時代から変わっていなかった。 そんな彼の一挙一動に私はドキドキしていた。 それだけでよかったのに。 たったそれだけでよかったのに。 ハンガーにかかっているブラウスを一瞥し、黒いTシャツと白いデニムパンツを取り出した。 今日も一限から授業がある。 学校では大好きな友だちが待っている。 パスタが食べたい、と微笑む彼と共に立ち寄ったレストランで、彼はお酒を飲んでいた。 不安気な私を見て彼は「確認されないから大丈夫だよ」と言っていた。 そうじゃないのに。 サークルに入ってから月に1回ほど飲むようになった、というなかなか目が合わない彼の話を聞いているとき、私はどんな表情でどこを見つめていただろう。 きっと彼の耳で揺れる小さなピアスを眺めていたと思う。 私は真面目で飾らない彼のことが好きだった。 色々な思考が落ち着いた時、私はコオロギの声と共に夜の川原を歩いていた。 耳にねじ込んだイヤホンからは女性シンガーが歌うシティーポップの伸びやかな歌声が聴こえていた。 「君といるのが楽しい。それだけでいい」という歌詞は、少し欠けた月の明かりを滲ませるのには充分なものだった。 どうせならもっと変わってくれていればよかったのに。 彼に恋人の1人でも出来ていればよかったのに。 たったそれだけのことで心に鉛の塊を落としてしまった私はこれからどのようにして恋をしていけばいいのだろう。 ふと時計を見ると乗る電車までの時間に余裕が無いことに気づく。 『-trifle- waste my time on trifles 些細なことで時間を浪費する』 受験生のときにくたくたになるまでめくっていた英単語帳に、そんな文章があった気がする。 なんであんなにも泣いていたんだろう。 きっと次に彼に会う時の私は、また性懲りも無くドキドキしているだろう。 玄関の姿見に映る目じりはまだ少し赤かったけれど、私のセンチメンタルなんか何処吹く風な、あの表紙に描かれたベーグルの顔を思い出したら、色々なことがどうでも良くなってきた。 それなのに電車に乗り遅れそうなことに焦って、靴を履くことにすら手こずっている自分がなんだか可笑しくて、ふと微笑んでしまった。 いつも通りの自分だ。 あのすました顔の犬に僅かな感謝をして、ひんやりとした金属の取っ手に手を伸ばした私は、大きく深呼吸をして玄関のドアを開けた。

大学入試に必要不可欠な単語を網羅しています。 単語帳の王道でしょう。 最初は長文全然読めませんでしたが、ターゲットを学習することで、知ってる単語の量が増え、だんだんと読めるようになってきました。 ちなみに私は猫派ですが、ターゲットは素晴らしい単語帳だと思います。

レビューをもっと見る
参考書名
解体英熟語ブック型

速読英熟語を30周はしたのですが、読み込みをしていると、どうしても熟語の確認が疎かになるのでこれを買いました。 速熟の確認+aみたいな認識で大丈夫ですかね?

細かいとこまで乗ってるけど普通に覚えづらい。 慣れればめちゃくちゃやりやすい。あんまおすすめはしない

熟語は1つ1つが単語に比べて長い上に、似たような熟語で全く違う意味になったりするので、熟語の暗記が死ぬほど嫌いって人は結構いるんじゃないかな。 そういう人はこれやっときゃ間違いない。文字通り1つ1つの熟語を”解体“して解説してくれるので、覚えやすさは他の比ではない。量的にも必要十分。

レビューをもっと見る
参考書名
古文単語FORMULA 600(東進ブックス)

絶対これをやるべきCDの声優はワンピースのルフィの人やから印象に残るはず 古文単語315とかマドンナ単語とか少ない過ぎる 覚えれないやつは耳を使うんだ‼️

600語入ってるのが神すぎるし、共通テストの単語問題とかもこのままでることが多くて、何より覚えやすいし、神。難関大はやっぱ600語あった方がいい気が

古文単語は英単語の3倍覚えにくいと聞いた事がありますが、確かに覚えにくいと思います。 しかし改訂版になったことにより、イラストが追加された事、また付属のCDを感情を入れて読んでくれること、またアプリにより覚えにくさを徹底して無くそうという著者の意思を感じます。 一冊覚えてしまえば古文単語で困る事はないのではないかと思います。現に2015,2016のセンター試験では適度に文法知識入れて単語力だけで十分な得点を得る事が出来ました。 おすすめの覚え方はCDを日常生活のあらゆる場面で聴きまくることです。ただスピードが遅いのでわたしは4倍速で使っていました。 またお世話になることになりそうです、1年間この単語帳と共に勉強します。

レビューをもっと見る
参考書名
ステップアップノ-ト30古典文法基礎ドリル(河合塾series)

高1で終わった ドリル形式で楽しかった。 時間かけるならマドンナとかやるべし

暑い日差しが降り注ぐ中、私は車輪が2つ付いた乗り物に跨り本屋へと急いだ。 本屋に入り、1番最初に目についたこの本を手に取って家に帰宅。 本を開いた瞬間驚いた。 「私の知っている日本語じゃない。」 本の内容を理解しようと様々な試行錯誤をしてみる。 まずは、英和辞典を開く。どうやらこの文は英語ではないようだ。 次に、数式に置き換えて解いてみる。おっと、恋の方程式以外にも解けない方程式が存在したようだ。 これはなんだ?と、考えること14ヶ月が経過したある日、ふと表紙が目に入った。 そう、古典である。これは古文だったのだ。 なぜ初めに表紙を見なかったのかって? なにせ、暑い中ペダルを漕いで家から本屋までを往復したために心拍数が上がり、極度の興奮状態に陥っていたからである。

すっごい良いと思います。思う。思うけどね? 文法何にも分からない人がいきなりこれに手を出すのは違うと思います。 何も知らないのにこれ出来たら才能です。 何か他の文法基礎を学べる参考書に取り組んで一通り文法が分かるようになってきたら取り組みましょう。 きっとその時、このドリルの本来の力が解放される(厨二)

レビューをもっと見る
参考書名
ステップアップノート10漢文句形ドリルと演習

問題を解きながら句形を体に染み込ませることができるので、類書よりも間違いなく学習効果が高いです。問題の難易度も難しすぎず、毎日解けるような手軽さ。共通テストで漢文使うなら買って間違いなし。

文転して漢文はほぼ初学の状態から始めたがこの教材に助けられた。大好き。これ一冊で...というのは難しいかもしれないが、この教材+センター過去問で共通テストレベルは突破できるはず。尤も、難しいのは時間配分だけれども。

書き込み式漢文句形→このドリルで基礎は固まる 今の時点でもこれだけやればセンター40点以上は安定して取れるから理系にはめちゃくちゃいいと思う、 文系はこの参考書でベースを作って問題解くのがいいのかな?って思う??

レビューをもっと見る
参考書名
これならわかる!ナビゲ-タ-世界史B 1 先史~中世ヨ-ロッパ史の徹底理解

僕自身、最初は世界史が苦手、というか嫌いでした。カタカナばっかりだし、人も多いし、、、 でも、この参考書に出会って全て変わりました!今では世界史が1番好きな科目です! 個人的におすすめの使い方は、 ①教科書を熟読する(おおよその意味を理解する) ②この参考書を2周する ③別冊付録のポイントチェックにオレンジペンで書き込んで赤シートで隠して何回も確認する この方法をしていけば、語句も世界史の流れもびっくりするくらい頭に入ってきます!何より、この参考書の長所は教科書ではあっさり書かれてる内容が詳しく解説してあったり、ちょっとした小話もあるので飽きずに読み進められる点だと思います!

予習、通史終わったあとの復習、センター明けに使いました。講義形式?で、流れや因果関係を掴むのには最高にわかりやすい参考書だと思います。(詳説世界史研究は字の小ささと分厚さとなんかお堅いので挫折しました)特に中世近世ヨーロッパら辺は一橋に役立ちます。

ナビゲーターを10周みて付録の冊子を50周くらいすればセンター9割取れます。ソースは国公立目指してる友達がナビゲーターしか使ってないからです。 ここまですればどんな参考書でも同じくらい成果が出るとおっしゃる方が出てくると思います。しかし私が言いたいのはそこではなくひとつの参考書を何周しかしただけで完璧と錯覚して他の参考書レベルの高い参考書に入るのではなくずっと一つのことを継続し続けることに偏差値アップの鍵が眠っていると思います。 お互い頑張りましょう

レビューをもっと見る

【慶應合格】夏休みの勉強時間の目安

次に夏休みです。夏休みは現役生にとってとても重要だと言われています。私もこの時期には部活を引退していたのでがっつり勉強をはじめていました。

状態

引き続き基盤づくり、それに加えて早慶レベルの暗記も始めていました。

勉強内容

英語:単語、熟語、文法、長文
国語:単語、演習
世界史:通史を一周して、センターなどの簡単めな問題演習、知識に肉付け

勉強時間

10時間/1日

毎日10時間やるぞ!と決めていて、それ以上やると自分の集中がもたないので、やりませんでした。時間帯は午前9時頃〜午後8時頃。早寝早起きを心がけていました。
そして学習した時間を記録していて、居眠りしてしまった時間も記録し、その分は延長して勉強していました。
記録することで自分の勉強時間の使い方がよくわかるし、達成感が味わえました!
このように長時間勉強する期間は時間などの自己管理が重要だと思います。

時間配分

やはりこの時期もメインは世界史と英語でした。でも時間がある分きちんと国語の時間もとるようにしていました。

世界史:5時間
英語:3時間
国語:2時間

この時期のポイント

さっきも言ったように夏休みをどう使うかで成績の伸びは大きく変わってくると思います。この時期を有効に使うためにも、記録をして分析して、調節していきましょう。
私のように10時間!などと時間を設定することがおすすめです。そうすることで夏休み最初にガンガン勉強しすぎて後半燃え尽きてしまうことを防ぐことができます。
無理なく、きちんと寝ることも重要です。毎日寝る時間、起きる時間を統一して良い習慣をつけましょう。
世界史と英語に時間をかけすぎて国語をおろそかにしてしまわないように注意です!

この時期に使っていた教材

・ターゲット1900
・解体英熟語
・古文単語FORMULA (これらは引き続き使っていました)

参考書名
成川の深めて解ける!英文法INPUT

元々この著者である成川先生の授業を受けていましたが、分かりやすかったためこの本も買いました。 授業と同様非常に分かりやすく、この本のおかげで入塾テストで0点な上に英語が嫌いだった私が標準レベルの文法語法問題はほぼ満点取れるくらいになりました。もちろん先生が授業で仰ってることが余すことなく書かれているので、先生の授業を受けてない人でもしっかり理解できますし、文法問題だけでなく読解問題にも役に立ちます。 また、本自体はかなり分厚いのですが、「要点ハンドブック」という文法の要点や受験に必須の語法が書かれた小さめの本が付属していて、持ち運びにも便利です。 特に英語に苦手意識を持ってる人におすすめですが、ある程度のレベルに達している人でも文法書として使うことができます。

文法だけじゃなくて長文読解の助けにもなってます!読んでいてそうだったのか!と驚いたり共感したり…凄く楽しかったです!初めて英語の参考書に対して拒絶反応なく読み切れました!読む価値大変あると思います!

この参考書は英語の考え方を180°覆します。いままで英文法や語法を暗記していて苦しんできた人には本当にオススメです。あなたは5文型の凄さ、to不定詞の持つ本当の意味、助動詞に含まれている主観性などを理解出来ていますか?この1冊で全て解決してくれます😊😊少し分厚めですが読んで見る価値は十分にあると思います。 対応大学→関関同立、GMARCH、神戸、大阪大学など

レビューをもっと見る
参考書名
成川の深めて解ける!英文法OUTPUT

この本は、今までの英語の難しい表現が、簡単に書いていて、とてもいい演習になりました。分厚いですが、小分けにして単元ごとに割いてやると持ち運びやすく出来ました。

河合塾、ONEWEX英語の桜井先生が猛烈に推していたので買いました。とても分厚いですが頑張れば2週間ほどで1周できます。学校で配られたScrambleを網羅してもなお英文法に苦手意識がありましたが、この問題集を5.6周したころにはほとんどの文法問題を根拠をもって解答できるようになり、それに比例して長文も読めるようになって偏差値が70以上で安定しました。巻末にランダムの問題集も付いているのでそれもやれば英文法は完璧だと思います。 英文法単体が入試で問われることは少ないかと思いますが、英文法が分かれば長文も読めるようになるので英語に苦手意識がある人、Scramble、vintageなどで満足できない人は騙されたと思って2.3周してみてください。 英語に関してはまとめノートをつくるよりも、たくさんの問題と長文を経験することが大事です。英語は高1高2で完成させると後々楽になるので、早めに本気の勉強を始めることをオススメします。

説明がわかりやすくて、すごくいいです。他の参考書よりすっと頭に入ってくる感じ。 好き嫌い別れます!成川先生の授業受けてる人はおすすめ

レビューをもっと見る
参考書名
古文上達 読解と演習56

基礎編から難易度は高めです‪ 実践編になると私は手も足も出ません 難関国立大を受験される高校三年生におすすめいたしやす

基礎的な參考書で一通りサラつた人が次にやるのは絕對これ。復習しつゝ新たに學べ、そして何よりレイアウトが洗練せられて居る。 これと「古典解釈の為の国文法入門」を合はせ學習すれば、おそらく平安ネイティブになれると思ひます。

どんな分かりやすい参考書にも勝ります。というのも、この参考書のいいところは、「古文が好きになれる」と言うところです。 まず入門編を隅から隅まで読みましょう。読み終わった頃には古文やってみたくて仕方ありません。(本当です) センター古文5点の僕もなんとかなりましたのでやる価値は大いにあります!!

レビューをもっと見る
参考書名
漢文道場 入門から実戦まで

いやむずくね?笑笑笑

受験までに4周ぐらいはしました、ごりごりの漢文を京大タイプの記述で出してくる大学に向けてはおすすめです。 問題自体は記号選択もあるし、解説薄いし、これだけでは知識は絶対足りないですが、完璧にすることにきっと意義があるんです。

漢文の基礎が固まってきて9〜10割ほどはマーク模試でもコンスタントに取れるようになってきましたが、よくわかりません。 原因はまず、人の名前を注釈につけてくれないので、どれが人なのかわからないことです。 次に、解説やはしがきが何故か、古典の参考書はおそらく全てこうなのですが、堅苦しい文章で説明してきます。もっと噛み砕いて説明してもいいと思います。 また、第2部の錬成編は筆者が作った問題らしいのですが、明らかに解かせる気のない問題が多いです。約20年前の問題を取り入れているものもあり、現代の入試にあってなかったり、難易度がおかしいと思います。 そしてこれが最も大きな原因ですが、 ただ単に実力不足です。認定します。

レビューをもっと見る
参考書名
センタ-試験過去問研究世界史B 2017(大学入試シリ-ズ 605 センタ-赤本シリ-ズ)

【慶應合格】秋〜冬の勉強時間の目安

次に夏休み明け、秋〜冬です。夏休みの復習や、やり残しをきちんとやりましょう。夏休みで燃え尽きてしまわないように注意です!
夏休みと違って授業があり時間が限られるので、夏休みと同じ時間の使い方をしないようにしましょう。

状態

夏休みで基盤をしっかり作っていたので、どんどん演習をして、できなかったところをインプットするようにしていました。そして早慶レベルの英単語や世界史のインプットも並行して行っていました。小論文対策を始めたのもこの時期からです。

勉強内容

英語:速読英単語、過去問演習
国語:過去問演習、小論文
世界史:過去問演習、実力をつける世界史

勉強時間

休日は夏休みと同様、平日は早起きして教室で勉強したり、早弁をして昼休みに勉強していました。

〈平日〉6時間/1日
〈休日〉10時間/1日

時間配分

英語の過去問演習の際は解く時間と同じくらいの時間を復習にかけていたので、今までより英語の比重が多くなってきました。
世界史は平日はアウトプット中心、休日はそれに加えて早慶レベルのインプットをやっていました。

〈平日〉世界史:2時間 英語:2時間 国語:2時間
〈休日〉世界史:4時間 英語:4時間 国語:2時間

この時期のポイント

この時期からは積極的に過去問演習をしていました。いきなり慶應義塾大学の問題を解くのではなく、MARCHの問題から少しずつレベルを上げていました。
問題演習をする時に一番重視してほしいのは”復習”です。英語は解いた時間と同じくらいの時間を復習にかけていました。それくらい丁寧に復習しましょう。
世界史の復習は間違えた問題の範囲を用語集や参考書でしっかり調べるようにしましょう。演習は量ではなく質です。解いた問題が次出たとき絶対に間違えないように復習しましょう!

この時期に使っていた教材

・赤本

参考書名
速読英単語2上級編

2冊目の単語帳として早慶とか英検準一受ける人は迷うと思う これかリンガメタリカかパスタン準1か けど1番これが中古で買うと安く

これはそこそこ重量級の武器です。 ですが恐れる必要はありません。5周とか10周とかしていくうちに使いこなせるようになります。 最初は無理だと思うけど慣れれば長文1時間ちょいで一周できるようになります。 毎日一周してたらとんでもなく英語強くなります。単語だけ周回していくのも良かったです。 いっぱい見つめ合って仲良くなっていってください

良書超えて聖書。新約聖書。 難関大を志望する方はやりましょう。 特に東大のように、問題が多くてかつバラエティに富んでいる上に時間が短いクソみたいな設定の試験では、大量の文章を正確に速く処理する能力が求められます。 そこで活きてくるのが速読力です(速く読めれば良いということではなく、正確に読む必要がある)。 まずは寝る前に「感謝の黙読5回・感謝のシャドーイング10回・感謝の音読20回」をルーティンとして継続しましょう。 いつの日か朝起きたら、外国人になっていることでしょう(見た目が)。

レビューをもっと見る
参考書名
実力をつける世界史100題

まず、相当難しい問題集と聞くけども基礎の流れを掴んでいればある程度対応出来る。基礎もやってないけど買っちゃった!って人はこれを枕にして4日寝るとパッと覚えられる。なんて素晴らしい参考書だ。。。また、時々かっこいい単語(シチリアの晩鐘)とかが載ってるので楽しい。好き。星マークが付いてるのは難しいとはいえどもカトー=カンブレジ条約が難しいもの扱いされてたのはびっくり。難関私大対策にいいかも。僕は毎日これ抱きしめて寝てます。社会主義のところだけ頭に入んないな‥何故だろう

範囲ごとに問題が分かれており、目標得点が定められていて勉強の指針になっていること、教科書に載ってはいないが早慶など上位私立大学の出題する問題が掲載されていること、短くはあるが記述問題も少々あること、長文の穴埋め問題が多く、世界史の流れが掴めるような構成になっていることは受験生にとって使いやすい要素であり素晴らしい。その一方で難単語が多いため、塾等で教わっていない人は演習確認用というより覚えるために用いた方が良いかもしれない。しかし、この本の最大の欠点は解説の少なさである。初学者にとって知らない単語が多いためしっかりと覚えたいと思っても、解説が薄すぎてその単語の世界史的意義が理解できず、上辺だけの暗記になりかねないし、そのような単語はあまり出題されないということも現実にある。世界史のプロフェッショナルにならなくてはならない私大受験生ならばじっくり調べることもできるかもしれないが、バランスを重視し、ひと科目ごとに効率を求めなくてはならない難関国公立受験生が特段本書を用いるべきとはいいがたい。それゆえ、私は普段塾で配られたチェックテストや『世界史演習S』テキストで演習していた。

歴史能力検定用に使用しています。 初見の情報も結構出てくるので 知識の確認兼読み物のような感覚。 高校生がセンター試験や共通入試用として 使うには時間が勿体なさそう。 やり込める時間がある人とか世界史好きには 有用な参考書だと思います。

レビューをもっと見る
この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

勉強のやる気が1時間も続かなかった私が送る!勉強のやる気を出す9つの方法

超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

【勉強場所】最強の勉強場所はどこ?勉強できるカフェを見つけよう!

勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

【大学入試ってどういう仕組み?】受験の種類と方法を徹底解説!

【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に