【センター現代文勉強法】満点を狙う解き方のコツと厳選参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター現代文は、センター試験の科目の中でも最も難しい部類に入ります。安定して高得点を叩き出せる人は、難関大学を狙う受験生でもそう多くはありません。
多くの受験生の方は、ある時は満点に近い高得点が出たと思えば、またある時は100点を割ってしまうことすらあるというブレブレな状態なのではないでしょうか?
このままでは、これまでの勉強の成果を十分に発揮することはできず、センター本番はただの博打になってしまいますよ。

そんなあなたのために、このサイトではセンター現代文で「安定して」9割を取るための勉強法を紹介します!しっかりした勉強法を通してブレない国語力の軸を手に入れれば、センター現代文の得点も必ず安定します。解き方のコツさえ掴んでしまえば、満点も夢じゃありません。センター現代文の勉強の指針やオススメの参考書・問題集を紹介した後、評論と小説それぞれの問題を解く際の実践的なコツも付随してお伝えします。時間が足りなくて解ききれない…という人のために、センター現代文の時間短縮術も伝授します。

センター現代文が安定しない人の特徴

「センター現代文が安定しない人が多い」と言いましたが、実はそういった人たちに共通したある特徴があるのです。
解き方のコツの前に、まずはあなたが陥ってるかもしれない落とし穴について解説します。

問題は解きっぱなし

センター現代文の過去問にせよ、問題集の問題にせよ、解き終わった後マルバツをつけて得点だけに一喜一憂していませんか?自分の解答のプロセスを振り返らず、結果だけ見て満足していませんか?他の教科と同じで、現代文も「復習」が何より重要です。問題演習の段階において、結果はあまり重要ではありません。結果が大事なのは「センター試験本番」だけです。本番に向けた「練習」をしている時期は、「結果」よりも「過程」を気にしておきましょう。自分がどういった手順で問題を解いたのかを常に意識することが大事ですよ。問題が当たっていたら、自分の解き方は間違っていなかった、として自分の中の解法の軸を固められます。問題が外れていたら、どの段階で間違えたのかをしっかりとチェックしてください。確認と修正を繰り返して、自分が問題を解く方針が定まり、結果として得点も安定してくるのです。「復習」なくして「安定」なしです。

フィーリングで解いている

現代文、特に小説を自分の感覚だけで解いていませんか?ブレない解き方の指針を自分の中に持たずに、感覚的に解くだけで安定して9割近くの点数をとるなんてよほどの天才しかできません。現代文にも解法のポイントは存在し、それを抑えれば飛び抜けた才能なんてなくても9割や満点を取れます。確固たる解き方の手順を自分の中に作って、それを頼りにして問題を解くようにしてください。確立した解き方なしに現代文の問題を解くのは、地図もコンパスも持たずに大海原に出航するのと同じです。

センター現代文勉強法

漢字をまず落とさないように詰める

評論問題50点分中10点を占めるのが漢字問題です。センター現代文で安定して9割を取るためには、この漢字問題を取り切ることが欠かせません。知識があれば解けるし、解答時間も短く済むので、ここが苦手だという人は早急な対策が必要です。センター漢字問題の問題集を一冊でいいから隅から隅まで覚えましょう。

現代文のキーワードを知る

「二律背反」「アプリオリ」「弁証法」など、評論問題では普段聞かないような言葉がよく出てきます。注釈がつけられていないことも多く、もしそれらのような知らない言葉が傍線部に出てきたりしたら、もうお手上げです。文中に意味のわからない言葉がある状態では、問題に答えるのは厳しいです。そんな事態に陥らないためにも、基本的な現代文用語に関しては普段から覚えておきましょう。

活字が苦手なら慣れろ! 最低一日一問

活字が昔から苦手で、読むのが遅くて集中力も続かない…という人、まだ間に合います!今からでも十分「活字慣れ」はできます!活字に慣れるために、毎日現代文の問題に最低一問は触れるようにしましょう。この「毎日」というのが大事で、期間をあけずに継続することで、「慣れ」る速度は圧倒的に速まります。最初は苦しいかもしれませんが、ふと文をスラスラ読めるようになる瞬間がきっと訪れます。朝のスキマ時間に、新聞の社説を読むことを日課にするのもいいでしょう。社説は良質な文章が多く、読む力を鍛えるのには最適です。とにかく「毎日」活字に触れるように心がけてください。

読解の基礎を知る

漢字を一通り覚えて、現代文読解に必要な基礎知識も得て、活字にも慣れだしたら、いよいよ実践的な勉強に移行します。読解のやり方について書かれた参考書を読み、解法のメソッドを頭に入れましょう。といっても、参考書に書かれている解法をそのまますべて鵜呑みにする必要はありません。参考書によって書かれている内容は違い、その人の肌に合う合わないが結構分かれてくるからです。そういった点から、読解の学習については、まず参考書をいくつか読んでみて、自分に必要な情報を取捨選択していくというやり方が理にかなっています。下にオススメの参考書を何冊か挙げておくので、書店でパラパラとめくってみて自分に合いそうな本を選んでみてください。

マーク式問題集でひたすら演習

読解の基礎を学んだ後は、とにかく演習です。演習と復習を通して、自分の解法の軸をしっかりと固めていきます。数をこなせばこなすほど、自分の中の解答メソッドは強固になっていき、得点の安定感も増していきます。マーク式問題集や、センター試験の過去問を使い、演習を重ねていきましょう。やはり最後に物を言うのは、演習量です。

オススメの参考書・問題集

・漢字対策問題集

『漢字一問一答完全版』『新版完全征服 頻出 入試漢字コア2800』


・現代文用語対策

『ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20』

・読解参考書

『田村のやさしく語る現代文』 『入試現代文へのアクセス』 『出口汪 現代文講義の実況中継』『現代文と格闘する』


・マーク式問題集

『マーク式基礎問題集 現代文』
『大学入試センター試験過去問レビュー国語』(いわゆる「黒本」)

参考書名
漢字一問一答 完全版(東進ブックス)

漢字の問題集でありながら横書きという挑戦的な一問一答。単純にこの方が電車やバスの中で開きやすいと思います(書店で手にとって見てみてください)。 センター形式選択、二次および私大形式書き取り、読み、四字熟語、慣用句、難読漢字(動物と植物)が収録されています。 センター形式の選択問題はしょっちゅう同じ漢字が出てくる点が若干不満です…。 書き取りでは旧帝国大学とその他一部の国立大学(一橋大、神戸大など)および関東圏のいわゆる有名・難関私大(早慶上、GMARCH)の過去問題が収録されています。この問題集の中で最も厚い部分です。答えとともに当該漢字の意味も併記されているため、河合出版の某問題集のように、意味のわからない言葉を調べる二度手間がなくて済みます。 読み問題も上記の大学から出題。(書き取りが十二分に多すぎるせいで)問題数が若干物足りない気もしてくるのですが、ここに収録されていない漢字の出題頻度は低いようですので、心配ないと思われます。 四字熟語、慣用句は大学入試の過去問題でなく、定義から該当する四字熟語/慣用句を導き出す問題形式になっています。しかしながら、日本トップクラスの国語入試問題で有名な早稲田大学をはじめとして、文章中の空欄に四字熟語を補充させる設問は私立大学がこぞって好む形式ですし、(この問題集のコラムに書いてあったのですが)四字熟語の知識量が多い人ほど現代文の成績が高いという傾向が調査によってわかったそうですので、基礎的学力だと思って真剣に取り組むことをオススメします。どの問題集にも四字熟語や慣用句の問題が収録されているのはおそらくこのためです。 とは言っても最後の難読漢字はもはや一般教養という感を拭えません(言うまでもなく、大学入試の過去問ではございません)。笑 気が向いたときに楽しく取り組んでみるのがいいと思います。 僕はこの問題集を手に入れるや否や、書けない漢字を書けるようにするという感覚に夢中になり、四字熟語以降を除いて2週間で1周やり終えてしまいました。今は別の問題集に当たっているのですが、この問題集のおかげでもはや書けない漢字はほとんど出てこないです。 大学受験を控える全ての文系の方、漢字で泣きたくないとお考えの文系/理系の方、日本語を大切にしたいと思われる方に本書をオススメしたいと思います。

問題文の下に語句の意味が簡潔に書いてあります。なので一々調べなくてもすっと頭に入ってきます。漢字以外に故事成語、四字熟語などの対策が出来ます。 私的に本書1冊あると便利だと思います。これをメインでやるより少し空いた時間にやるといいです。

この問題集の漢字は、センター等の問題15年分をすべて含んでおり大変優秀な問題集となっています。またこの本の第1章はセンター形式となっており、大変有能です。この本を基礎に漢字を勉強していくことが有効であることは間違いないです。

レビューをもっと見る
参考書名
頻出入試漢字コア2800 新版完全征服

単語帳みたいで漢字が覚えやすい

表紙が可愛くて買いました。 っていうのもありますが、もちろん内容で決めました笑 この本のコンセプトは、「意味で漢字を覚える」ですね。 漢字のすぐ横に意味が書いてあって、漢字と一緒にそこ言葉の意味が理解できるようになっています。 レイアウトもわかりやすくてすごい好きです。勉強する上で、中のレイアウトってモチベーションの面で意外と馬鹿にできないと思います。 河合塾のやつも見ましたが、私は断然こっちのが好きでしたね。 悩んでるなら実際書店で自分の目で見る方が早いですよ!百聞は一見に如かず。 漢字は参考書何冊も買う必要はありませんので、気に入った1冊を買って、それを反復しましょう。

入試漢字の本は手に取ったことがなく高1で初めて国語の先生からの指示で買うことになりました。 読みと書きとがあって、さらに横に詳しい言葉の説明もあるので意味だけではなく、どんなときに使えるのかも予想することができます。 本は重くも大きくもなく赤シート付きでコンパクトです! アプリもあるみたいなので是非!

レビューをもっと見る
参考書名
ことばはちからダ!現代文キ-ワ-ド 入試現代文最重要キ-ワ-ド20(河合塾series)

4月に柳生先生の語彙問題が出るので、そちらに期待。ことばはちからダは読みにくいです。

とにかく語彙の説明に関しては何よりもわかりやすいです。 特に第1章では見開き1ページに渡って1つの語彙についてイラストも混じえて解説されていますし、次のページでは実際の入試問題を用いた語彙の確認、また簡単なチェックテストもすることができます。 私はこの本を勉強中の息抜きに毎日量を決めて取り組んだところ一気に現代文の内容を掴めるようになりました。 現代文キーワード読解も有名な参考書ですが、語彙の説明はこちらの方がわかりやすいので秋まではこれで勉強して、もし心配であればキーワード読解も使ってみればいいと思います。 (正直これだけでも全然いけます)

説明がくどくてかえってわかりにくい

レビューをもっと見る
参考書名
田村のやさしく語る現代文

中1の時に買った本にほぼ同様の内容がありましたね。 知らない人には良書かも知れませんが、知っている人からすると別の本買ったほうがいい。

何でこんな参考書が評価されているのか分からない。特にp54に書いてあることを真に受けるとどつぼにはまる可能性があり非常に危険な参考書。

僕のメンヘラの女友達が優しすぎて無理って泣いてました。受験で心疲れたメンヘラの方々は必読です。

レビューをもっと見る
参考書名
入試現代文へのアクセス 基本編(河合塾series)

キズキの話が衝撃でした

本誌に「どの問題集よりもわかりやすい解説」とあるように⭐丁寧な解説と実力をつけるのに最適な⭐良問で確実に力がつきます これさえやっておけば間違いありません! 断言できます! 語句解説 現代文のキーワード 本文の解説 読解へのアクセス など細かいとこまで丁寧に解説されてるので疑問が、しっかり解消できます レイアウトも見やすくて サイズもちょうど良いです! 基本編の他にも⭐発展編⭐完成編 があります!

現代文 小柴大輔の現代文が面白いほどわかる本→現代文キーワード読解→入試現代文へのアクセス基礎編 小柴大輔の現代文が面白いほどわかる本→入試現代文へのアクセス基礎編 前者と後者どちらがいいですか? 前者は確実性があるのですが、やはりオーバーワークでしょうか?それとも後者でも十分なのでしょうか?教えてくださったらとても嬉しいです。

レビューをもっと見る
参考書名
出口汪現代文講義の実況中継 1

先生に勧められて使ったけれど本当に良い。 間違ってる選択肢に関しては、何故間違ってるのか詳しく書かれてなかったりするけど正解の選択肢については根拠をちゃんと示してて納得できる。 現代文苦手な人におすすめ。

演習と読み物形式なので、一二年生で現代文の勉強何かしたいなあと思う人や、3年初期の基礎固めに適していると思います。読みやすいです。大事なところを意識して読むといいです。某MARCH、関関同立入試で満点出せました。

わかりやすい 効果を感じやすい

レビューをもっと見る
参考書名
現代文と格闘する(河合塾シリ-ズ)

現代文の解き方は全てこれに載っています。 これを1周した後に解けなかった問題はほとんどないです。 わたしは国語が得意だったから 現代文の参考書の1冊目がこれでも全然理解に及びました。(苦手な子は2冊目以降がいい、とよく聞く) 2週目以降で真の理解に及ぶ、ともよく聞くけれど わたしは1周しかしてません。 というか1周もしてません。(時間なかったので) 文量は多い。 でも理解して読んでいけば全く苦ではない。

バビブのようにしつこい。倒しても倒しても何度も立ち向かってくる。設問を解いた後の方が時間がかかる(✖️1.5くらい)。全国の高校生を叩きのめしてきた参考書(ハビブ・ヌルマゴメドフは29戦29勝)。

再受験の身なので全く参考にならないかもしれませんが、普通に現代文はじめる!て時に読んでも良いのではないかと思いました。 論理的に読む、解く、ことを初めに知っとくと、すごく解きやすくなると思います。 中身が濃いので確かに初心者の方にとってはかなり疲れるかもしれませんが。 あとこの本の冒頭にもありますが、現代文の頻出単語(具体、相対、など)はある程度頭に入れるべきです。(^O^) 英単語と同じように! それらの言葉がわかるだけでもだいぶ違う!と思いました!

レビューをもっと見る
参考書名
マ-ク式基礎問題集現代文

センター時代は過去問を解く前にこれ!と言う感じだったかもしれないが、共通テストになった今これを解く必要はあんまない気がする とにかく問題を解きたいならいいかも

『マーク式基礎問題集 現代文』は、センター・共通と同様のマーク式で現代文の問題演習がたくさんできる参考書です。解説も詳しいです。 収録されているのは、評論10題、小説10題の合計20題です。難易度としてはセンター試験よりもやや易しめな印象です。そのため基本的な読解のテクニックを身につけたばかりの状態であっても、しっかり対応でき得るので、効果的な学習が可能です。 解説は、どのようなプロセスを踏めば解けば正解にたどり着けるのかといった考え方の部分がかなり丁寧に書かれていますす。 しかし、図解はありません。全ての解説が文章のみから構成されているので、多少の抵抗感が生じるかもしれません。 けれど、この解説にある「読解のポイント」と『きめる!センター・共通』を適時復習・確認していけば、センター・共通に限らない現代文を読み解くための力がかなり身につくとおもいます。 ▼ 現代文の問題を解くときのテクニックとして、まず「これは絶対に違うぞ!」という選択肢を切っていく方法があります。選択肢がこれ以上切れないという段階までしっかりと自分で検討を行い、最後の絞り込みが不安な場合には、決して勘で選ばすに、その時点でもう解答解説を見てしまうのも手です。その上でなぜ正解の選択肢が選ばれるのか、他の選択肢がなぜ不正解なのかを説明できるようにしましょう。 問題を解く時間の目安としては評論が20〜25分、小説は15〜20分です。 ▼ 『マーク式基礎問題集 現代文』では、問題を解いた後間違ってしまったものについてのみで良いので、しっかりと解説を読み込み、それ以降に間違えないための読解・設問検討のポイントを自分なりに理解してください。 特によく間違ってしまうパターンや苦手な文章ジャンルを明確化しておくと、今後のセンター・共通に限らない現代文の勉強において、どこを重点的に対策するべきかに迷わず、効果的・効率的な学習を可能にします。

マーク式ということでセンター対策を目的としてるのかもしれませんが、難易度は明らかにセンターより低いです。ですが、基礎固めとして受験生が夏にするならちょうど良いかもしれないです。

レビューをもっと見る
参考書名
大学入試センタ-試験過去問レビュ-国語 2017(河合塾series)
この記事を書いた人
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

【センター現代文】満点を取る解き方とレベル別おすすめ勉強法

【センター現代文勉強法】おすすめ参考書と満点を取る解き方のコツ

【センター現代文勉強法】満点を狙う解き方のコツと厳選参考書・問題集

【センター現代文】解き方のコツからおすすめの参考書まで紹介!

【センター現代文の解き方】正しい勉強法と解き方で満点対策!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に