【勉強場所】最強の勉強場所はどこ?勉強できるカフェを見つけよう!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

プロント・エクセルシオールで勉強してみた

エクセルシオールやプロントでも勉強してみました。
どちらのカフェも雰囲気がよく落ち着いていて、勉強できるカフェでした。もちろん、店舗やその日の来客状況にもよりますが、価格・雰囲気・滞在時間のどれをとっても既にご紹介したカフェに劣らないと思います。また、エクセルシオールもプロントも大人のお客さんが多いイメージがあり、がやがやとうるさいこともないため、静かなカフェで勉強したい人に適していると感じました。

エクセルシオールもプロントも都内でたくさん見かけることができるので、勉強できるカフェを見つけたい人は一度入店してみると良いでしょう。

おすすめ!東京都内の勉強できるカフェ

ここでは、勉強できるカフェをご紹介します!
ゆったり勉強できるカフェから、しっかり集中して勉強できるカフェまで、様々なカフェの中から、あなたがもっとも居心地良いと感じるカフェを選んでくださいね!居心地が良すぎて眠ってしまうかも…そんなおすすめのカフェをご紹介しますので、参考にしてみてください!

勉強できるカフェ①:WIRED CAFE

WIRED CAFEは、とってもお洒落な空間、美味しいドリンクと料理を提供してくれるカフェです!
座席もゆったりとしたものが多く、リラックスして長時間勉強できるカフェになっています。なんと、wifiも無料で使うことができます。ちょっと居心地が良すぎるカフェかもしれませんね☕

高校生・受験生だけでなく、仕事をするビジネスマンや大学生のカップルや女性がくつろぐカフェでもあります。大変人気のカフェなので、一度試してみるとよいですよ。渋谷と新宿だけでも3店舗あるので、ちょっとした機会に試してみてはいかがでしょうか。

WIRED CAFE

勉強できるカフェ②:渋谷ボウリングカフェ

えっ?ボウリングカフェ?と不思議に思いませんか?
このカフェは、なんとカフェのとなりにボウリングのレーンが併設されている不思議なカフェです。その不思議さにも関わらず、料理は美味しく、席はゆったりしてwifiも使い放題!ゆったりできるカフェです。パソコンを開いて仕事をしている人も多く、作業に集中するのには最適!集中して勉強できるカフェだと言えるかもしれませんね!

また、照明が少し暗めなので、雰囲気が落ち着いていてリラックスできる環境になっています。席もソファが多いため、長時間の勉強で身体が痛くなることもありません。

また、受験生のあなたにはちょっと誘惑が多いかもしれませんが、ボウリングとカフェを同時に楽しみたい人にはおすすめのスポットかもしれませんよ!

渋谷ボウリングカフェ

勉強できるカフェ③:cafe 1886 at Bosch

cafe 1886 at Boschは、渋谷にあるカフェで、ヒカリエから10分弱歩いたところに位置しています。
cafe 1886 at Boschも、wifiが無料で使え、席がゆったりとしていて、リラックスして時間を過ごすことができます。コーヒーも美味しいので、とってもおすすめですよ!

静かに勉強できるカフェを探している人は、是非一度立ち寄って見てくださいね!

cafe 1886 at Bosch

「カフェ」はベストな勉強場所!?カフェで勉強するメリット&デメリットまとめ

勉強場所として人気のカフェですが、カフェは勉強場所としてベストな場所なのでしょうか。カフェで勉強することのメリットとデメリットをまとめてみました。

カフェで勉強するメリット

あなたは、カフェで勉強したことはありますか?
カフェでの勉強には、「ちょっとうるさくて集中できそうにない」というイメージを持っている人も少なくないと思います。では、なぜカフェは多くの人に勉強場所として愛されているのでしょうか。

まずは、カフェで勉強することのメリットをまとめてみました。

【カフェで勉強するメリット①:勉強に集中できる】

多くの人がカフェで勉強する理由として挙げるのが、「カフェで勉強することによって集中できる」というものです。
たしかに、自室での勉強には、スマートフォンをいじったり漫画を読んだりゴロゴロしたりと、誘惑に駆られる要素が盛り沢山です。ついスマートフォンをいじってしまい、気が付いたら1時間も経っていた、なんて体験をしたことはありませんか?カフェでは周囲の視線がそれらの誘惑を妨げてくれます。「勉強に集中せざるを得ない環境」に自分を追い込むことで、短期的に集中して学習をしたい人にとっては、「人目」のあるカフェは最適の勉強スポットなのかもしれません。

実は、カフェで勉強することで「なんだかよくわからないけど集中できる」のには理由があります。この状態は、「観客効果」と呼ばれるものです。「観客効果」とは、他者から見られる環境にいることで、作業の量や質が変化するという効果です。つまり、カフェで勉強している人は、「人目」を意識することで勉強の集中力が向上している状態なのです。

【カフェで勉強するメリット②:ちょっとうるさいくらいが丁度いい】

カフェで勉強するメリットのその①は、「観客効果」による集中でした。でも、図書館や自習室でも、「人目」はありますよね?ではなぜ、図書館や自習室よりもカフェを勉強場所に選ぶ人が多いのでしょうか。
それは、「ちょっとうるさいくらいが丁度いい」と感じる人が多いからです。私も受験生の時には、よく学校の近くのカフェで勉強していました。実は、予備校の自習室や近所の図書館を使うこともできたのですが、なんだか落ち着かなかったのです。私が自習室や図書館で勉強する時に、あまり集中することができなかった理由は「静けさ」でした。

自習室や図書館は、基本的に勉強したり本を読んだりする場所です。そのため、皆静かに勉強に集中しています。私は、実はその「静けさ」が苦手だったのです。些細なことかもしれませんが、自習中にお腹が減った時に、お腹が鳴るのを気にしたり、眠くなって仮眠をとる時にいびきを掻いたりしたらどうしよう、と気にしていました。また、予備校の自習室では、同じ学校の同級生が休憩のたびに外に行こうと誘って来たりもして、なかなか長時間勉強に集中することができませんでした。

私のように、自分の立てる音や周囲の「静けさ」が気になって集中が途切れてしまうというあなたには、ちょっとガヤガヤしているくらいのカフェが丁度いい勉強スポットになるのかもしれません。

カフェで勉強するデメリット

カフェで勉強するメリットを挙げてきましたが、カフェでの勉強にはデメリットもあります。

【カフェで勉強するデメリット①:お金がかかる】

カフェでの勉強は、集中できる時間と引き換えにお金がかかります。1杯数百円のドリンクで数時間粘ったとしても、毎日数百円の出費が積み重なれば、一か月で1万円を軽く超えてしまいますね。たしかに、カフェでの勉強は短期的な集中を後押しし、質の高い勉強を生むかもしれませんが、お財布と相談する必要があるでしょう。

【カフェで勉強するデメリット②:カフェでしか集中できなくなってしまう】

カフェで勉強するデメリットの2つ目として、カフェで集中して勉強することで「達成感」を得てしまうことがあります。たった数時間の「カフェでの勉強」で「やり切った」と満足してしまい、自宅での自習に集中できなくなってしまうこともあり得ます。

カフェで勉強することが自分に「合っている」と感じるあなたほど、本来の目的を忘れないようにしましょう。勉強すること、特に短時間集中して勉強することは、「手段」であって「目的」ではないはずです。大学受験生であれば、「カフェで集中して勉強すること」が目的になってしまわないように注意しましょう。「質の高い勉強ができる場所」は合格という「目的」を達成するための「手段」でしかないのです。

お金の面でも、カフェ以外の勉強時間を集中させるためにも、「カフェだけでしか集中できない」という状態に陥らないようにしましょう。
カフェでする勉強と、自習室や自宅でする勉強の内容を使い分けることで、目的のある勉強を日々行っていくことが重要です。

この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

勉強のやる気が1時間も続かなかった私が送る!勉強のやる気を出す9つの方法

【勉強場所】最強の勉強場所はどこ?勉強できるカフェを見つけよう!

超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

【大学入試ってどういう仕組み?】受験の種類と方法を徹底解説!

【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に