【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

サークル活動と学生団体の違いは?

サークルとよく似たものに学生団体があります。明確な違いや学生団体の定義はなく、線引きが難しいのですが、この2つの違いについてみてみましょう。

サークルは楽しむため、学生団体は楽しませるため

サークルとは、自分たちで楽しむための、いわば閉鎖的な空間です。一方で、学生団体は、誰かを楽しませるために開かれた空間であることが多いです。学生団体は「お客さんがいる」「完全に主催者としてのポジション」と言い換えることもできます。

ダンスや飲み会の開催がほとんどの学生団体の活動内容であり、有名なものとしては慶応大学主催の「SEEK」があります。主に六本木でクラブイベントやダンスのイベントを行っているので、興味がある人は参加しても良いと思います。

多くの学生団体はインカレ+オーランの要素が詰まったサークルに近い

後程紹介しますが、インカレサークルとは複数の大学の学生から成り立っているサークルです。また、オーランとは、楽しむためならオールラウンドに活動するサークルを言います。また、オーランの活動内容は主に飲み会であることが多く、合わせると

インカレ≒集客
オーラン≒飲み会

このように考えることができます。実質的に学生団体はインカレオーランサークルと大差がありません。名前が違うだけで、学生団体の多くは単なる飲みサークルと考えても差し支えないでしょう。

極少数ですが、純粋にボランティアや国際交流活動を行っている学生団体もあります。ネット調べてみると、飲みサークルに近い学生団体はパーティの写真を掲載していることが多く、ボランティアや国際交流活動を行っている学生団体は、多くの植樹活動の写真や他の国籍の人と交流している写真を載せたりしています。

もしも学生団体に入りたいのであれば、活動内容はきちんと見極めましょう。

サークルの活動内容

サークルとはどのような活動をしているのでしょうか。活気のあるものを並べていますが、この他にもまだ見ぬサークルがあなたの大学にあるかもしれません。視野を広くして、自分に合ったサークルを見つけましょう!

運動系サークル

多くの学生はなにかしらの運動サークルに参加しています。例えば、

野球・サッカー・テニス・陸上・スキー・スノボ・フットサル・バスケットボール・バレーボール・バドミントン・ラグビー・アメフット・ホッケー・ゴルフ・武道(柔道・剣道・弓道・合気道・居合道)・格闘技・登山・マリンスポーツ・自転車・多種混合(館内競技全般)

などが挙げられます。これだけ多ければ興味のある競技があるのではないでしょうか?野球やサッカーなど、高校の部活でも活動できる種目は経験者が多いですが、ゴルフやスキーなど、部活にあまり無い種目やシーズンスポーツは初心者が多いので、誰でも楽しめます。
野球やサッカーなど、1つの種目につけてもサークルは複数あるかもしれません。それぞれ雰囲気や人数、活動日が違うことがあるので、しっかり確認したうえで入るサークルを決めましょう。この確認すべきポイントは後ほど詳しく紹介します。

文化系サークル

運動系サークルに並んで活発なのが文化系サークルです。活動例としては、

映画・演劇・ダンス・美術・文芸・古典芸能・写真・演芸・お笑い・工芸・マジック・ジャグリング・書道・生花・ロボット研究

などがあります。学校教育で触れてきたもの、趣味や部活で没頭してきたもの、興味があるもの、様々あるとおもいますが、サークル活動ではゆるく楽しむことをモットーにしているところが多いです。文化系サークルは目立たないと思われがちですが、新歓イベントや文化祭が盛り上がるのは、彼らがいるからこそです。
普段の活動では自分たちのスキルアップを目指し、イベントの時には縁の下の力持ちのような存在として、活動してみても良いと思います。
ただし、ダンスサークルは掘り下げていくとテーマが枝葉別れしていきます。チアリーディングかフラダンスかストリートダンスか、はたまたベリーダンスか、といった具合です。他のサークルも詳しく見ていくと細かい違いがあるかもしれないので、自分がしたい活動ができるかどうか、事前に確認しておきましょう。

また、文化系サークルの活動は、プロのスカウトも見ていることがあります。大会であれ学内のイベントであれ、ちょっとしたことでも目に留まって評価してもらえれば、一歩上のステージで活躍できるかもしれません。
将来これらの道を極めたいという人は、文化系サークルで頑張るのもありだと思います。

ボランティアサークル

ボランティアサークルは、様々な目的を持って活動しています。例えば、途上国で教育・植樹・インフラ整備をするボランティア、介護施設で高齢者の生活をサポートするボランティア、保育施設で保護者の代わりに面倒を見るボランティアがあります。最近では東日本大震災や熊本地震の復興を援助するためのサークル、助成金を支援する助成団体が多数結成されていて、国内外問わず活動の幅が広がってきました。
また、資金援助を求めて募金活動を行ったり、NPO法人と連携してより高度な活動を行ったりするところもあります。
ボランティア活動は基本的に無報酬ですが、サークルによっては学校や行政から助成金を得ることができるので、ボランティア活動のハードルがちょっと下がっているといえます。

ちなみに、ボランティア活動は主体性と献身性が求められることから、就活でアピールできると言われています。率先して行動できる力に魅力を感じるのかもしれませんね。就活のため、というと少しあざとくなってしまいますが、自己犠牲も厭わない人、誰かの役に立ちたい、と考えている人はぜひボランティアサークルも検討してみてください。

勉強系サークル

サークルには、勉強を第一目的としたものもあります。例えば

英語サークル・法律サークル・歴史サークル・政治サークル・言論サークル・数学サークル・語学サークル・金融サークル・資格サークル

などが挙げられます。学部カラーが強いものが多く、入ることでおすすめの授業や試験情報をたくさんゲットできる可能性が高くなるので、学部に関係あるものは一応入っておきましょう。
もちろん、純粋に興味があるサークルに入っても全く問題ありません。ですが、マイナーなサークルとなると勧誘していないところもあり、サークルの情報がゲットできません。インターネットを通して事前に調べる必要も出てきそうです。

「就活を有利に進めたい!」「ガッツリ資格を取りたい!」という人は、資格サークルに入ってみても良いと思います。公認会計士・行政書士・司法書士・英検・漢検・数検などたくさんの資格に対応した勉強ができます。先輩方が残してくれた教材を使って勉強することになりますが、メンバー共用にすることで費用が浮かせることができます。初めて見るような資格に出会って変に興味が湧くかもしれません。

活動内容は様々ですが、試験対策や将来に活かせるのが一番の魅力です。

また、英語サークルはちょっと特殊なポジションですので、別途詳しく紹介します。

英語サークル

英語サークルはほとんどの大学にありますが、多くはESSと呼ばれます。これは
「English Speaking Society 」または「English Studying Society」の略であり、会話部門と研究部門に分かれています。
「英語で話せるようになりたい!」「将来はグローバル企業に就職したい」などと考える人(通称:意識高い系)にとっては、英会話教室や塾に通う費用や手間が省けるので、ESSに参加してみましょう。

早稲田大学ではESSに大学の頭文字「W」を乗せて「WESS(ウェス)」と呼ばれています。このように大学ごとで名前にアレンジされているところもあるので、見落とさないようにしましょう。

ただ、中には英語の勉強は建前であり、実態は遊んでばかり、という悲しいサークルもあるので気をつけてくださいね。

メディア系サークル

メディア系サークルには、

放送研究会・広告研究会・アナウンス研究会・出版系サークル

この4つが当てはまります。この手のサークルは基本的に大学に1つしかないので、多くの学生が集まります。100人以上は集まるので、常に活発で友達もたくさんできるのが大きなメリットです。
これらのサークルは普段の活動に加え、学内のイベントの時にステージや放送機器の設営を行ったり、サークルの宣伝用のビラ作成を手がけたり、司会・進行を務めたり、フリーペーパーの作成・配布をしています。
出会いもあってイベントの中心的存在にもなれるメディア系サークルは、最も大学生らしい生活を送れると思います。

また、専門の企業(「放送系ならNHK」といった具合)とつながっているところもあり、実際に私の友人はバイトやインターンをコネで紹介されていました。なにかと大きい見返りを期待できるサークルといえます。

企画・イベントサークル

企画・イベントサークルは、様々な規模のイベントを主催しているサークルです。

散歩・クイズ・町おこし・ミスコン・ミスターコン・フラッシュモブ・無人島生活

このように、身近なものから奇想天外なものまで様々なイベントがあります。サークルに所属する人は、主催者(運営側)として活動するので、一緒にイベントを楽しむのではなくて参加者を楽しませることがメインの仕事です。
あくまでも参加者を喜ばせるつもりで活動しないと、思っていた活動と違った、なんてことになってしまうので、注意しましょう。ですが、参加者がいないと成り立たないので、オープンに楽しめるよう誰でも参加できるようになっています。
自分が主催者として盛り上げていきたいのか、参加者として楽しみたいのか、立場をはっきりさせたうえでサークルを選ぶようにしましょう。

また、ミスターコン・ミスコンは、大学で主催団体が違います。メディア系サークルが担っている大学もあるので、美男美女に近づきたい人は、欠かさずチェックしましょう。

オールラウンドサークル

「オールラウンドサークル」という言葉は馴染みがない人が多いと思います。これは、大学生活をより楽しくさせることを目的としたサークルで、「オーラン」と略されることが多いです。メンバーが楽しめるように、スポーツ・アウトドア・旅行・イベントなど、ありとあらゆる活動をしています。
多くのオーランサークルでは飲み会がメインイベントと化していて、その他の活動に踏み出せないところも多いです。飲み会はどのサークルでもありますし、個人的に飲むこともできるので、オーランサークルは「行き場を失った人が入るサークル」としてみなされることもあります。
また後ほど説明しますが、インカレサークル(他大の人も受け入れているサークル)が多く、特に女子大生を獲得しようとSNSや女子大の前で宣伝をしていることもあります。ただし、一部の女子大に危険視されているサークルもあるので、健全なサークルかどうか見極める目が大切です。
また、どこの大学が母体となっているのかわからないサークルもあります。大学名がわからないとトラブルがあっても揉み消されてしまうので、きちんと把握しておくことが大切です。

実態がわからず安全性が疑わしいオーランサークルですが、健全なサークルでは、メンバーが意見を出し合って、思うままに活動しています。全てのオーランサークルが良くないわけではないので、目的をもってきちんと選ぶのには問題ありません。

サブカルサークル

主にアニメやゲームを扱うサークルです。今流行の作品から昔の作品まで、幅広く扱っているので、アツく語りたい人にとっては居心地の良いサークルだと思います。
また、プレイテクニックを競う大会が全国規模・世界規模で行われているゲームもあり、サークルメンバーで大会出場を目指すところもあります。特に「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズは有名です。腕に自信のある人は頂点を狙ってみてはいかがでしょうか。

ファッションサークル

大学には、独自のファッションを生み出そうとするファッションサークルもあります。規模は大小ありますが、活動内容としては、メンバーがモデルになってフリーペーパー形式でファッションを宣伝したり、ファッションショーを開いたりしています。
メディアに取り上げられることや読者モデルとしてスカウトされる人もいるので、ファッション業界に興味がある人にはおすすめです。

ファッションも、原宿系・渋谷系などその種類は様々です。テーマやコーディネーションはきちんと確認しておきましょう。

その他のサークル

サークルには、今までに紹介した活動内容に属さないサークルもあります。特殊なサークルで活動してみたい人は1つ、2つくらい入ってみても良いと思います。

私の大学にあるちょっと変わったサークルには、

かくれんぼサークル・精神高揚会・バンザイ同盟

などがあります。名前から普通でない感じが伝わってきますね。
かくれんぼサークルは文字通りかくれんぼを、精神高揚会は100キロハイキングというキャンパスめぐりのイベントの主催を、バンザイ同盟はお祝いの場を盛り上げる活動をそれぞれしています。

活動内容が規格外で食いつきにくかったり、実態があるのか分からないサークルもありますが、ちょっと変わったキャンパスライフを送りたい人はぜひ探してみてください。

サークルの種類

サークルの活動内容の他に、サークルには種類があります。公認・非公認・インカレといった、今まで馴染みない言葉が出てきますが、それぞれのトピックで説明しているので、一度確認してみてください。

公認サークル・非公認サークルがある

公認サークルというのは、大学から活動内容を評価され、一定額の活動補助費や活動場所をもらえるサークルです。部活と違って充実しているわけではないですが、他のサークルと比べて活動しやすくお金もかからないというメリットが有ります。また、新歓ブースを優先的に割り当ててもらうことができたり、多くの活動を保証されています。
それ以外のサークルは非公認という扱いで、特に大学が活動を保証してくれるということはありません。活動費・活動場所・勧誘など、運営に関わるものはすべて自分たちでこなさないといけません。部活とサークルで待遇に差がありますが、サークルの中でも公認・非公認という格差があります。
思う存分サークル活動したいという人は、公認サークルに入ることをおすすめします。

インカレサークル・学内サークルがある

サークル選びでよく耳にするのが「インカレ」という言葉です。インカレとは、inter-college の略称であり、インカレサークルとは複数の大学の学生が所属しているサークルをいいます。運動系サークルのマネージャーやオーランサークル、ボランティアサークルに多く、女子大の学生をターゲットに勧誘しているサークルが多いです。他大の人との交流したいと思ってる人は、ぜひ入りましょう。たまに変なサークル、チャラいサークルがあるので、ダマされないようにご注意を。
学内サークルは、メンバーが同じ大学のメンバーで構成されているサークルであり、他学部の人と仲良くなって大学での楽しみを共有できるのが強みです。活動の時にメンバーが集まりやすく、気軽に遊んだりもできます。また、中にはキャンパス限定サークルもあります。

世界が開放的だったり閉鎖的だったりしますが、せっかく目をつけたサークルの入会資格をクリアできなかったら入れません。サークルの種類は確認しておきましょう。

この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

勉強のやる気が1時間も続かなかった私が送る!勉強のやる気を出す9つの方法

超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

【勉強場所】最強の勉強場所はどこ?勉強できるカフェを見つけよう!

勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

【大学入試ってどういう仕組み?】受験の種類と方法を徹底解説!

【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に