ベストは3回!復習のタイミングとやり方を覚えて効率的に勉強しよう!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

受験勉強とは何でしょうか。本番で問題が解けるように、練習することですよね。でも、その練習が翌日になって身についていなかったら、その練習を永遠に繰り返していくことになってしまいますよね。
練習は身についてなければなりません。勉強で考えると、「練習」が授業で、「身につける」作業が勉強では復習になります。
復習の最大目的は、一度授業で触れた問題は絶対に解けるようにする、同じ問題が試験で出ても解けるようにすることです。
ここでは、復習の効果的なやり方を、私の実際の受験生活を振り返りながら述べていこうと思います。

1.タイミングの前にまず回数が大事!復習は三回やる!

皆さん、「復習」何回やっていますか?

一回?まだまだですね。

二回?もう一息!

…0回?…受験はこれからです!

復習は、三回必要です。これは一つのセクションや問題につき、実際に私がやっていた復習の回数になります。
もちろん三回以上もありますが、最低限三回ということです。

三回もやる理由は、後述します。

2.三回の復習の効果的なタイミングとは?やり方を紹介

前項で復習を三回やることはお話しました。では、いつやるのか。いくらなんでも、一日の中で三回復習をやっても意味はありません。

三回やる理由と、このタイミングでやる理由をお話します。

タイミングは、
その翌日
授業一週間後
長期休暇
の三回です。

1回目(翌日)の時は、授業そのものを思い出しながら復習できますよね。この時は授業内容もほとんど覚えていると思います。

だからといって疎かにしてはいけません。この瞬間を逃せば、授業のフレッシュな記憶は二度と戻ってきません。この後の復習は何回でもできますが、この復習だけはやり直しがききません。この復習があるかないかで後の復習の質は天と地の差です。

2回目、3回目の復習により、1で覚えたことを短期記憶から長期記憶へと徐々にシフトさせていきます。この時重要なのが、復習の間隔をだんだん広げていくことです。一週間→長期休暇と述べましたが、覚えている自信が無い人は一週間→二週間でも構いません。

3.効果的な復習方法・やり方

「復習」と言っても人によっては様々です。ノートをひたすら眺める人もいれば、ノートを別紙に再現する人もいます。

私が行っていた復習法は、予習の段階で正解した問題は解法を目で見て確認するのみにとどめ、間違えた問題は実際に何も見ずに書いて解く、というやり方でした。

これは時間の節約がまず一つの理由です。もう一つは、実際の試験で同じような問題が出た時完璧に解けるかどうか、ということを確認するためでした。それを確認するためには、やはり実際の試験会場を、つまり白紙から何も見ずに解くという状況を再現する必要がありました。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    勉強のやる気が1時間も続かなかった私が送る!勉強のやる気を出す9つの方法

    【勉強場所】最強の勉強場所はどこ?勉強できるカフェを見つけよう!

    超効率的な勉強計画の立て方!【現役早大生がこっそり教えます】

    勉強の名言25選!受験生に贈る読むだけで頑張れる名言集

    【大学入試ってどういう仕組み?】受験の種類と方法を徹底解説!

    【大学サークル完全版】選ぶ際の注意点から楽しみ方まで全て教えます!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に