現代文の勉強法!正確な読み方解き方のコツ&参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

国語科目は現代文・古文・漢文の3つに分類されます。その中でも入試現代文の多くは大問が2つ出題されるので、勉強法を確立して高得点を狙いたいですね。ところが、「本文は理解できたんだけど正解に辿り着けない」「ダミー選択肢を正解と思い込んでしまう」人は結構います。これは、読み方が根本的に間違えていて、解釈も歪んでいってしまうからです。負の連鎖にはまってしまうと現代文の成績はいつまでも伸びませんが、ちょっと読み方を工夫してみるだけで現代文は正確に内容理解ができて、多くの問題で正解できるようになります。この記事では、国語科目の中でも特に現代文が行き詰っている人に向けて、センター試験・国公立試験・私立大学入試の全てに対応できる勉強法を紹介します。早く正確に正答できるようになる読み方・解き方のコツを中心にオススメの参考書や問題集も紹介しますので合わせて今後の勉強に取り入れてみてください。

現代文で求められるもの

現代文に取り組む上でどのようなことを意識すればいいのでしょうか。ここでは試験問題で求められる現代文の能力を3つ紹介します。

漢字の読み・書き

漢字や慣用句は中学校でも勉強しますが、継続して勉強しましょう。特に高校の授業ではこういった知識に関する勉強はおろそかになりがちで、自力でカバーする必要があります。試験で聞かれたときは知識を暗記したかどうかです。無意識に文章題を勉強したくなるでしょうが暗記も忘れないでください。

早く正確に読む力(読解力)

読解力は現代文の核の一つです。文章は早く正確に読めるようにならなければなりません。正しい理解が求められるのは当然ですが、早さも求められます。なぜなら、近年出題される文章が長い傾向にあるからです。現代は情報化社会であり、多くの情報が飛び交っています。その中から使える情報を取捨選択できる能力が必要です。試験でも同様に、解答に必要な情報を早く探さなければならりません。私が紹介する勉強法の中でも特に大切なポイントです。ぜひ意識して記事を読んでください。

正確に解く力(解答力)

文章は読んで終わりではなく、それに関する問題を解かなければなりません。高校では読む時間が圧倒的に長いので解き方は全く教わらなかったのではないでしょうか。教科書や準拠問題集に付いている問題も答え合わせをするだけで、いわばその問題の考え方しか身に付きません。試験では初めて見る問題に対応できる解答力も求められます。読解法に加えて、多くの問題で有効な解答法も詳しく解説します。

現代文の読み方のコツ

ここでは読解力を伸ばす勉強法を紹介します。どれも手軽に実践できますので問題集などを材料に練習してください。先に言っておきますが、恐れず本文に書き込みましょう。読み違えや失敗を気にせずチェックを入れることを習慣にしましょう。

縦線や波線を引いて比較されている内容を整理する

筆者はあるテーマについて賛成・反対の立場をはっきり示しています。日本人の考え方やヨーロッパ人の考え方など2つの事柄を対比していることもあります。文章で2つの事柄が比較されているときに片方だけの理解にとどまる人が多いですが、両方とも理解することが読解力の向上につながるので、筆者が比較した内容をきちんと整理しましょう。。私は整理するツールとして縦線・波線を引いていました。普段の学習では色ペンが使えますが試験本番では黒のペンしか使えません。黒一色で味気ないですが、早く見やすくチェックできる唯一の方法だと思っています。

同じ内容は直線でつないでわかりやすくする

接続詞は本文の流れを把握するのにとても大切です。分かっていてもうまく使いこなせないのが接続詞です。ここではいくつか例を挙げて接続詞の重要性についてお話します。1つ目は、「だが」「しかし」など「逆接」の接続詞についてです。これらは前と後で違うことを言いたいときに使いますが、縦線・波線を引いていると逆接の接続詞を境に線が逆転します。内容がガラッと変わるとわかればどんどんチェックを入れて読み進めることができます。また、譲歩・主張をするときにも使われます。譲歩・主張とは、「確かに…だが」「…かもしれない、しかし」という形の表現技法です。筆者が反対している内容にも少しだけ理解を示し、そのあとに筆者が主張を述べるのです。この構造を見抜くことで「だが(しかし)以下が筆者の主張であると一発で分かる」のです。時間がなければ「確かに」以下は読まなくても良いです。読むべき箇所と読まなくても良い箇所がはっきりするので必ずチェックしましょう。2つ目は、「たとえば」です。これは具体例を挙げるときに使う接続詞ですが、読者にとってイメージしにくい事柄を分かりやすく説明するためのものです。「たとえば」という接続詞に突き当たる前にいいたい事を理解してしまえば具体例を読む必要はありません。問題に関わる場合は読む必要がありますが、そうでなければ具体例は飛ばして読みましょう。3つ目は、「すなわち」「つまり」など、「言い換え」を表す接続詞です。これも読者にとってわかりにくい内容を筆者がわかりやすく説明しています。著者はいくつか難しいことをしゃべって最後に言い換えるので、「要約」する役割も果たしています。要約だけを読めばいいわけではないですが、何が言い換えられているかを丁寧に分析することで、言い換えの問題で間違えることはなくなります。このように、接続詞を頼りに読解をすることで、早く正確に読めるようになります。飛ばして読むことも可能になり時間にゆとりも生まれるので接続詞には注意を払いましょう。

何度も出てくる言葉は丸や四角で囲っておく

繰り返し出てくる言葉は筆者が重要視するキーワードです。作問者はこのキーワードを必ず問題で絡めてきます。キーワードと同じ表現を字数制限付きで抜き出させたり、「どういうことか説明せよ」という形式で出題したりとパターンは様々ですが、しつこく出てくる言葉こそ特にチェックが必要だという意識を持ってください。私は丸や四角で囲って目立つようにしていました。キーワードを見抜くコツは、本文中でカギカッコが使われているか、問題文中でたくさん出てくるかを確認することです。解き方のコツのコーナーで詳説するのでここではキーワードが多くの設問に関係することを覚えてください。読み方のコツの要点 ・比較されている内容を縦線・波線でチェックし、それぞれ直線でつなぐ ・接続詞の用法を意識したうえで本文を早く正確に読む ・キーワードを特定して設問に対応できるようにする

現代文の解き方のコツ

次に解答力を伸ばす勉強法を紹介します。試験は本文を正しく理解するだけではなく問題に正しく解答することも大切です。問題集には読解法と設問ごとの解答法は載っていますが、多くの問題で有効な読解法は載っていません。ここでは現代文のどの問題でも使える解答法を伝授します。尚、3番目までは長文問題に取り組む前に行ってほしいこと、消去法に関しては解答するときに行ってほしいことです。

本文よりも先に問題文を見て何について聞かれているかを確認する

本文から先に読むか、それとも問題文から先に見るか、どちらがいいか人によって分かれるポイントです。結論から言うと問題文から先に見るべきです。そうするメリットを理由を説明します。メリットは、「本文を読んで正解するためにどのような情報が必要かわかること」です。意識すべきポイントを抑えれば少ない時間で効率的に読みこなすことができます。「何について聞かれ」「どのように答えれば良いか」を考えるようにしましょう。問題文に「〇字以内」「抜き出して」「なぜ」「どういうことか」「正しいもの(誤っているもの)」などは〇で囲っておくと解答に必要な情報が強調されるので忘れずにチェックしましょう。

問題文・選択肢を見て多く出ている語句(キーワード)を確認する

問題文の他に選択肢にも役に立つ情報が転がっています。選択肢に共通する言葉があればそれがキーワードです。各設問ごとに必ず見るようにしてください。本文でそのキーワードを説明している箇所が解答の大きな手掛かりとなります。言い換えられていることが多いのでここで読み方のコツで紹介した内容が活きてきます。キーワードは筆者が重視する事柄なので縦線や波線のチェックが入ります。そして言い換えを追いかければ必ず分かりやすい言葉に変換されます。きちんと追っていけば必ず正解できますのでくまなく確認しましょう。

必ず消去法で答えを導く

意外にも消去法を使わない人がいてもったいないと思うのですが、どれだけ簡単な問題でも消去法で解くようにしましょう。消去法とは、間違った内容を含む選択肢を順番に消去して最後に残った選択肢を正解にするという解答法です。具体的な方法は、選択肢の誤った部分に線を引いて×印をつけていき、長い選択肢は読点(。)で切って2~3つに分けてそれぞれのパートごとに検討していきます。×印がついていない選択肢を正解にすれば良いのですが、その選択肢は本文の内容と一致するか必ず確認してください。もしも複数の選択肢で迷うことがあれば本文を読み進めてからまた検討すると良いです。消去法を取り入れるメリットは、ミスが激減することです。選択肢の誤りの内容は本文の内容から大きく逸れています。見極める事で間違った選択肢を選ぶリスクは激減します。決め手が無く2つで迷ったとしても、正解できる確率は50%に上がります。選択肢が5つだとしたらその率は20%ですので、消去法で攻略していけば正解率がグッと上がります。他の科目にも活かしてより確実に正解していくようにしましょう。解き方のコツの要点 ・本文よりも先に問題文を読んで聞かれている内容を把握する ・問題文や選択肢からキーワードを見つける ・消去法で解答する

この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

現代文の勉強法!正確な読み方解き方のコツ&参考書・問題集

【大学受験 現代文勉強法】現代文の解き方のコツとおすすめの勉強法

現代文のおすすめ参考書&問題集!語彙から読み方・解き方までマスターする勉強法

【現代文の問題集&参考書】苦手分野を克服して現代文を得点源に

【現代文勉強法】読解力+解答力を身につける参考書別勉強法

【現代文のおすすめ参考書&問題集】センターから難関大対策まで

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に