得意の英語で失敗し、1年の宅浪を経て東大に合格した私の英語勉強法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

高校1年生の頃から東京大学を意識していました。しかし、この頃は入試の仕組みすら分からず、東京大学に合格するにはどんな勉強をしなければならないかは全く分かっていない状態からの受験勉強の始まりでした。

高校生活・現役時代の勉強法

参考書名
システム英単語 (駿台受験シリーズ)

英単語の勉強は、定番の参考書から自分の好みに合ったものを選べば良いと思っているが、1冊だけを選んで合格まで使い込むことこもうと考えているのであれば、本書をお薦めする。 とかくミニマルフレーズの良し悪しが話題になりがちだが、本書の特徴は入試英単語の定番性を徹底的に突き詰めたところにある。 試しに他の2000語クラスの英単語集と読み比べると良い。本書にしか掲載されていない難語はほとんどないし、逆に他書の大半に取り上げていながら本書から漏れている単語もほとんどない。ある意味入試英単語の平均から一番ブレていないと言える。 入試問題で使われた語がどれだけ掲載されているかという「カバー率」だけを考えるなら、闇雲に掲載語数を増やせばいいが、本書は掲載語がどれだけ入試本番に出てるかという「的中率」の視点が徹底されており、そのバランスが絶妙である。 また、日本語訳も大学入試に取り上げられる語義に絞ってはいるが、ターゲットのように1語1義に固執してピントが外れることもなく、読んでいて小気味よい。使っていて、この単語集は本当に正しいのだろうか?と感じて、他の単語集へ浮気心の起きる心配も少ないだろう。 筆者もこの辺の分析には絶大なる自信を持っているようで、「はしがき」では「こんなものを毎年何万人もの若者に覚えさせることは、…重大問題」とか、「入試を1,000回受けても1回出会うかどうかわからない単語を覚える前に、覚えるべき単語はたくさんある。」と他の単語集をボロクソにこき下ろしている。覚えなくても良い語義なのに、他の単語集に掲載されている場合は、「かなりまれ」「超まれ」と書いて敢えて掲載し、自書の優位性をアピールする念の入れようである。(5訂版ではここまで激しい記載は少し控えている。) また動詞句を中心としたコロケーションもミニマルフレーズから覚えることができ、2周3周と繰り返すうちに語法の力も向上する。その意味では、名詞までもミニマルフレーズで覚えるのは、動詞や形容詞と比べて効果は薄いが、そこまで言うのは野暮だろう。 またミニマルフレーズは基本語だけで構成されており、他の単語が難しくて例文自体の意味がわからない、という他の単語集にありがちなバカバカしさもほとんどない。 敢えて欠点を挙げるとすると、ミニマルフレーズ&単語が掲載されているページとミニマルフレーズだけで構成されるページが混在し「今日は○ページやろう」というペースが掴みにくにこと、使いやすい連携アプリの提供がないこと、の2点くらいである。これらを気にする人は、本書ではなくターゲットを選択すること。 なお1章2章の基本単語と3章4章の難単語を比べると、出題頻度に明らかな差があるし、逆に5章の多義語は出題頻度が高い割に意外と盲点になりがちなので、1→2→5→3の順に勉強すると良い。4章の難単語は無理して覚えなくてもMARCHや地方国立大くらいならそれほど困らないが、さっと目を通して掲載語の半分は知っている、という状態にしておけば、精神的にはかなり楽になる。 ここで実際に買う前に注意する点を一つ。 まずは1章をペラペラとめくって、見たことの無い単語が3割以上ないことをチェックすること。 もし難しそうなら、無理して本書を選ばず、姉妹編であるBASICを買った方が良い。そちらは中学英単語と本書1,2,5章の英単語が収録された構成で、これだけでも日東駒専くらいまでならなんとかなる。 そこまでやりこんだ後で余裕があるなら、BASICから本書に移行しても良いし、1,2,5章の重複がいやなら、速単や鉄壁に接続して、読解力の増強や語彙研究の深掘りを目指しても良い。 そういう意味では、単語基礎力のある進学校の人を除いてBASICの方がお薦めだが、他人がやっている参考書の基礎版を使っていると、モチベーションが上がらないのも確か。だったら背伸びして本書を購入し、3章や4章を飛ばしてしまうのも、アリではある。 どちらにせよ、やればやるほど味も出てくるし、頻度順なので途中でやめても損にはならない。0周挫折組から10周コツコツ組まで万人にお薦め。 余談だが、2020年センターの発音問題で出題され、初っ端から未知の単語を目にして混乱する人を続出させた魔の単語cucumberも本書5訂版のジャンル別英単語のページにしっかり掲載されていた。パス単英検5級のような小中学生向けの単語集を別にすると、この語が掲載されている単語集は、ほとんどお目にかかったことがない。 センター2019年試験に謎のキュウリキャラクターが登場したこともあるのを見て、センターにはキュウリが必出と見て筆者が採用を決めたとしたらあまりにも慧眼である。 さすがにそこまでは考えすぎか?

ついでにレビューも書いときます。 ミニマルフレーズが優秀です。フレーズ単位で覚えると量が多くて大変って感じる人も多いかもしれませんが、逆に単語だけよりもフレーズの方が自然に頭に入ってきて覚えられるので、これまた不思議。 あと第5部は極めて優秀なので、模試の点数を上げてモチベ欲しいって人は先にやってもいいのかと。

dessert a friend in the dessertが忘れられません

レビューをもっと見る

高校1年生の頃は、まず出来る事から始めようと思い、「システム英単語」をやり始めました。1日100単語を音読しながら書いていき、何週もしたと思います。

参考書名
英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

あきれるほどの意訳。 中身はよいと思う。

考えさせられる問題が多く、やり甲斐があります。私の敬愛する先生の授業でも、これから引用したと思われる英文が使われていました。 多少解説は雑です。例えばskipが「飛び級する」と語句の欄に載っていますが、これは前後から推測しなければわからないので意訳するよう先導してほしかったです。 一長一短ですが、さすがロングセラーと思えるような本で、確実な力がつくでしょう。

骨董品を売り捌きがちな人におすすめです

レビューをもっと見る

単語の知識がある程度身に付いたら、「基礎英文解釈の技術100」をやりました。単文が100題載っていて、長文問題を解く前準備として、いい練習になったと思います。

英数国の中では英語の点数が一番高く、学校の定期テストでは90点をいつも取れるぐらい、模試では駿台模試で偏差値60前半だったと思います。高校2年生になると、意識も高くなっていき、勉強時間も増えていきました。

参考書名
基礎英文問題精講 3訂版

本書は間違っても「基礎」参考書では無い。センターで7割以下の英語力だと全く歯が立たない。 超難関大向けの「英語標準問題精講」(これだってどこが「標準」なんだか!?)と比べて優し目というだけ。 ただし、難関大向けの参考書として捉えると、非常に優れた内容である。 国立大が好みそうな評論文をメインに入試問題を収録し、構文解説が詳しくつけられている。 第1章の「構文編」と、第2章の「文脈編」は数行程度の短文の部分訳問題。特に第2章の指示語の解説は秀逸で、類書にはない特徴となっている。 第3章の「応用問題編」と、典型例題として追録の「演習編」は、100〜150語程度の総合問題が中心。解説がやや少なめだが、300語以上の難関大学向け長文問題集へ取り組む足がかりとしては手頃な内容だろう。 また、最近の時事テーマは、典型例題として追録されている。 以上、例題・練習問題・典型例題合わせて190問収録。コンパクトサイズの割に内容はかなり盛りだくさんである。 構文参考書として取り組むのであれば、解説の詳しい第1章と第2章の例題、計80問にだけ取り組むのもありだが、硬めの英文を読みこなすためにも、全190問を一通りこなすことをお薦めする。 毎日1時間で2,3題、およそ3ヶ月で完了するように取り組めば、評論文を読むのが苦にならないレベルに到達できるだろう。 初版発行は40年近く前ということもあって、1〜3章に収録されている文章はやや古めかしいが、典型例題で最近の入試問題を追録していることもあり、今でも充分活用できる。 ただ、旺文社の問題精講シリーズは最近になって大幅にリニューアルした改訂版の発行が相次いでおり、中原道喜氏の基礎問題精講シリーズも、原仙作氏の標準問題精講シリーズと合わせて、そろそろ終焉の時かもしれない。 [以上、2020年のレビュー] ・・・・・・・・・・・・・・ [ここから下は2021年のレビュー] 2021年2月に全面リニューアルされた4訂版が刊行されたので、早速本屋で読んでみた。 英文の多くは、最近のテーマに差し替えられ、WEBから音声データも提供されるなど、ほぼ予想通りの改訂。しかし硬質な評論文などクラシカルな趣きは消え、巷間の英文解釈書と同じになってしまった。かろうじて2章の「文脈編」に故中原道喜氏らしさが残されているが、分かりにくいSVOCマークや読みにくい訳文を付けたために、かえって後退した感が拭えない。 改訂によって最近のテーマも盛り込んだ最強の英文解釈書になるかと待ち焦がれていたが、完全に期待外れ。4訂版に手を出すのは控え、少しレベルが高くなるが『英文解釈クラシック』に乗り換えることにする。

ある程度基本の文法や単語が入っている人が、あやふやな和訳、読解で点を落とすことのないよう完成させていくための参考書です。 文法書での基本的な事項(in order to〜など)の和訳から始まりますが、本文は大学入試(東大や京大含む)からの引用が殆どなので簡単すぎることはないです。 単語も必ず分からないものが出てきますが、本文の下に難解単語がリストアップされていて、答えを見なくても和訳を続けられる構造で親切です。

意訳が多めだけどやる価値あり。大事な構文とかがたくさん詰まってるからたくさん周回して自分のものに出来たら相当偏差値伸びると思う。なるべく早く文法仕上げてこれやったほうがいい。

レビューをもっと見る
参考書名
基礎英語長文問題精講 改訂版

解答がちょっと探しにくいけど、文章がいいです。文法書見ながら答え合わせしたほうがいいかもしれません。

解説が無いに等しく、文章も古いものが多い。 問題の量は多いが、これなら量が少なくても解説が厚いものをやった方が良い。

問題に対する解説が読みにくい上に薄い。タイトルに基礎とあるが解説は基礎はわかっている前提で書かれている感じがする。 文法的に学ぶことは多いが「なぜ?」と思ったことが解決出来ずもやもやが残ることもまた多い。

レビューをもっと見る

「基礎英文解釈の技術100」をやり終えた後は「基礎英語構文問題精講」と「基礎英語長文問題精講」が学校で配られたので、重点的にやりました。大体毎日2時間勉強するなかで、英語だけで50分ほど使っていたと思います。

参考書名
解体英熟語 改訂第2版 [ブック型] 必修語~重要語までの1017語

塾でもらってこの一年間ずっと使いました。 量は多いですが、覚えきってしまいさえすれば、英語の総合力は格段に上がり、早慶レベルでも太刀打ちできるくらいの語彙力が身に付きます。 速読英熟語を覚えて満足しているそこのあなた!是非、本屋に行き、解体英熟語をその手にとってみてください。

前置詞の知識に関するページを頭に入れたあと、予備校の行き帰りで問題編をやり続けたら前置詞問題や会話問題にかなり強くなりました。問題編があることで毎回アウトプットの練習ができるので熟語がしっかり定着します! 量がかなり多いので現役生は迂闊に手を出せないかもしれませんが難関大受験にはほぼ必須なので、受験勉強を始める最初の段階であらかじめ勉強計画の一環に入れておき、時間をかけてしっかり覚えることをお勧めします

この参考書は早慶志望御用達みたいなイメージがありますが、熟語ごとの解説がかなり詳しく、何回も解説見て繰り返すうちに前置詞のイメージも身についてくるので、早慶志望でない人にも全力でおすすめしたい!オーバーワークって声もあるけど、英熟語を多く覚えて損はない。 ただ、解説を見ながら覚えるのを何回も繰り返すとなると結構時間かかるので、時間のあるうちから始めた方が良いです。 ⚠️CDがついてないので、音で覚えたい人には向かないかも。

レビューをもっと見る

単語の勉強は「システム英単語」だけでは物足りず、熟語集として「解体英熟語」を始めました。単語と熟語さえ分かれば問題は読めることが多いので、結果として模試の成績も65付近を保てるようになりました。

参考書名
吉ゆうそうの英文読解スーパー解テク101―代々木ゼミ方式

これはまじで神 ぞうさんの500倍わかりやすいし軽いから暇な時いつでもみれる。

レビューをもっと見る

高校2年の秋頃には「スーパー解テク101」もやり始めました。
高校3年生になるときに、鉄緑会の英語講座を取り始めました。鉄緑会の授業では前半がテスト、後半が解説という形でした。毎週、課題が出され、それを中心に勉強していくという形をとっていました。

夏の駿台東大模試では英語が全体の点数を引っ張り、A判定だったので、このままやれば合格は間違いないと確信していた記憶があります。秋の東大模試では英語が若干下がり、B判定という結果でした。

受験期と合格発表後

センタ−試験の英語対策は特にしなかったと思います。それでも9割はとれていました。入試本番では、英語で他教科の失敗した科目をカバーするという戦略で臨みました。しかし結果は不合格で、点数開示で分かったことは英語が模試の点数より20点以上少ない55点でした。このとき、嫌な予感は確信に変わりました。私のそのときの英語の実力は他の受験生と比較して、平均並みのものになっていたのです。

私の住んでいた場所は埼玉で、鉄緑会に通うのに往復2時間程度かかっていましたし、学校の授業も都内の進学校と比べるとかなり遅く終わり、毎回授業には遅れて出席し、課題は毎回少ししかやれない状況でした。そうしていくうちに、私の英語の実力は徐々に落ちていっていたのです。

模試の結果を見てもその様子がよく分かっていたのですが、長い時間をかけて鉄緑会に通っていたため、その労力を無駄にしたくないという思いから気付かないふりをしていたのだと思います。今度は塾には頼らず自分でやるという決意のもと、浪人することになり、最初からしっかり英語を勉強していく事にしました。

浪人時代

単語熟語はかなり勉強していましたが、他の分野、例えば文法やリスニングは全く勉強しておらず、そこもしっかりやらないといけないと思いました。

参考書名
英文法・語法問題ADVANCE 999 (駿台受験シリーズ)
参考書名
速読英単語 (1) 必修編 改訂第5版

まあ俺は使ってるんだけどね 酸素のとこが文法てきにおかしくてきになる 好きなんだけど少し疑問視するとこがある

単語が並んでるのを見て眠くなる人におすすめ。 長文になってて音読して気分転換にもなる。

長文読解が苦手な人に。単語帳としてはほぼ使えません。基本中の基本です。毎週2個ずつ長文読解をやると、ほぼ1年で60題終わります。わたしのオススメは、長文を紙に写して、そこに品詞分解を書き込んで、そして、訳すのがオススメです。・写す→一回読める、自分で書いた文章だと錯覚できる・品詞分解→記号化し、読みやすく!この段階で意味がわかってくる 全訳→細かいところまで訳して、意味を確実にとらえる! TOEIC 800点以上

レビューをもっと見る
参考書名
速読英単語(2)上級編 [改訂第3版]

まずレベルがちょうど良い、センター9割固まってからでもちょっと難しいなあくらいだけど、横に直訳に近い対訳があるし巻末にしっかり痒いところに手が届く解説もあるので難しい英文でもちゃんと理解することができて格闘のしがいがある。 長さもちょうど良いので音読に最も適した参考書だと思う、今年からリスニングの重要性が増したことを考慮するとCDはあって損はないかなと思う、高いけどメルカリで定価近くのまますぐ売れるから絶対買うべき!毎日ナチュラルスピードとハイスピード交互に聴いてると共通のリスニング雑魚に聞こえてきます。(もちろん英検とかteapとかも) 単語も構造もしっかり理解したあとに耳からも入れて音読すると正しい発音と英語特有の表現とかもただ読んでるより何倍も効率よく身についてスピーキングも余裕になれます

3版の12番の3行目のthisって何を指してるんですか?

いとこから譲ってもらったものだったので使い始めたが、まず挫折した読めない、東大とか集まってて読めない けど、読みやすい文章もあるのでその辺探して読むのはいいかも知れない 自分は数個をいつも反復している

レビューをもっと見る

具体的にはまず「文法問題999」をやりつつ、「速読英単語」はCDを聞きながら進めました。

参考書名
英語要旨大意問題演習 (駿台受験シリーズ)

この本の良いところは、Part2から東大実戦模試などで出題された問題に「読み方・要約の仕方」「解答方針・解答」「全訳」に加えて「採点基準・採点例」がついていることです! Part2から付いてくる「採点基準・採点例」には実際の受験生の答案と筆者の短評・減点の箇所が点数付きで記載されていて、本当に役に立ちました。 満点答案から0点答案まで、なかなか見ることができない他人の答案から多くのことを学べました。 もちろん問題ごとの解説も詳しいですが、巻末には構文研究も付いているので、今まで解いた30題をそれぞれ構文の共通項でくくり出して、確認することができます!これが案外役に立ちました。 古い本ですが、良い問題集だと感じました。 要約の必要な受験生は検討してみては? 約1ヶ月(1日1題 1時間~1時間30分)で終わります。

レビューをもっと見る

夏の東大模試ではA判定を取りたいと思い、要約問題対策として「英語要旨大意問題演習」は丁寧に毎日やりました。英語の勉強時間は毎日2時間30分だったと思います。

参考書名
CD2枚付 竹岡広信の 英作文が面白いほど書ける本

時間がなくて一周しかできませんでしたが、米英人の意見がよく反映されており、「使える英語」をよく学べると思います。かなり分厚いですが、書いてあることは難しくないのでやる気になればすぐに終わります。間に合わなそうでやめておくより、一周でもいいので迷ったらやったほうがいいです。難関大も完璧にすれば高得点を狙えると思います。ちなみに私はセンター後からやり始めましたが、本番でもこの本でやったことが使えました。

3週ほどすれば英作文の基礎が身につきます! 構文暗記だけでは足りないところを補える1冊です!!

レベルはそんなに難しいものではありません。 高3の秋からやるには、和文もそんなに難しくないので、自分の二次試験の問題とのギャップも大きくやる気にはなり辛いとは思います。 でも、このレベルがきっちり出来ることが本当に!ほんとに!大事なんです! 英語脳で英作をするということがどういうことか、この本を1冊やればわかると思います。私はこれをやってから、阪大外語や京大の二次の英作を割とスラスラ解けるようになりました。この本自体は簡単な問題しかないのに! とりあえず、やっておいて損はないです。本当に。

レビューをもっと見る

1週して解くスピードが早くなると、「面白いほど分かる英作文の書き方」も同時にやり始めました。

参考書名
東大の英語25カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ)
参考書名
京大の英語25カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ)

7月になるとそれらの問題集が一通り身に付き、いよいよ実践形式で勉強を始め、毎日、「東大英語の25カ年」か「京大英語の25カ年」の過去問を1年分解きました。なぜ京大英語と思うかもしれませんが、英文のレベルが非常に高く、またいろんな形式に慣れるという点でやって非常に良かったと思います。

これらを毎日繰り返し行い、夏、秋の3社全ての計6回の東大模試でA判定を取る事が出来たのです。英語は毎回平均より20点は高かったと思います。

参考書名
大学入試センター試験過去問題集英語 2013 (大学入試完全対策シリーズ)

センタ−試験では失敗したくなかったので、12月10日から毎日1年分の過去問を解きました。特に早く解く事にこだわりました。時間が足りずに….とはなりたくなかったからです。

センタ−後はひたすら東大と京大の過去問を解き、東大の入試では79点とまずまずの結果でした。後になってもっと取りたかったとは思っていますが、物理、化学が終わった時点で合格はある程度確信していたので決定的な失敗を恐れて、英語は1問1問時間をかけて解いたのです。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

    【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

    【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

    【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

    【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

    【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に