【東大理1 合格体験記】合格につながる英語勉強法を学年別に紹介

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

英語の勉強はほかの科目と違い、中学から本格的にスタートします。小学生時代に英会話らしき授業はあり、そこで身に付いた能力はほとんどありませんが、得られた収穫は一つありました。

それは「英語の発音は難しくて、勉強したくない」というイメージです。こういうネガティブイメージで私の英語学習が始まったということを念頭に置いてください。

中学時代の英語勉強法

中学時代に私がどんな英語の勉強をしていたかというとたった一つです。ズバリ、「学校の授業の予習復習」です。英語は初修の科目であり、そもそも私は「英語って難しい」という負の印象を持っていたので、学校の授業をしっかり聞いてコツコツやろうと決めていました。

英語の予習

まず英語の予習でしたことは以下の四つです。

1.教科書の本文を読む。
2.本文付属の問題を解く。
3.教科書の初出の単語を調べる。
4.本文を和訳する。

1.は欠かさずに絶対にやっていました。英語は読まなければ力がつかないと思っていたからです。英語を読んでいくときに心掛けていたのは、知らない英単語にチェックを付けるということと構造解釈、つまりどんな形の構文をしているかをチェックすることの二つです。

次に 2.英語の教科書の本文の後ろについている簡単な問題を解く。これをやることで英語の長文読解の基礎が出来上がったのだと思います。つまり文章を読んで問題を解くという形に慣れていく作業をここでできたのではないかと思います。

最後に 3.これが一番時間のかかる作業でしたが、これをしっかりやることで英単語の力もある程度中学時代に付けることができたのです。

1.でチェックした単語を出てきた順番に英単語ノートに写していきます。
次に辞書でこの英単語を調べます。そして辞書の情報をノートに書き写します。
写すのは「発音」「品詞」「意味」です。これらを写したら予習はほぼ終わりです。

1, 2, 3 が終わったら予習で得た知識をフル活用して「4.本文を和訳する」をします。

この作業は本文が短いときはあっさり終わるので、できるだけやるようにしていました。
自分で和訳をするという作業をすることで英語長文読解の基礎となる力をつけることができたかなと思います。

英語の復習

予習が終わったら「英語の授業を受けて終わり」ではなく、復習にも力を入れました。
人間の脳のメモリーは瞬間的によく記憶しますが、長持ちしません。
授業中に分かったつもりになったことは、時間がたつと忘れてしまうのです。
それを定着させるためには必ず復習が必要です。

私が復習でしたことは三つです。

1.本文+和訳を読む。
2.単語ノートを読み返す。
3.授業で習った英文法を参考書+問題集で勉強する。

1.2.は特に説明しませんが、3.は私の英文法勉強の土台となっているものです。

授業で英文法が出てきたら、それに対応した参考書、私の場合はForestのその章を読む、ということです。

総合英語Forest 6th edition

参考書名
総合英語Forest 6th edition
著者
ページ
640ページ
出版社
桐原書店

めちゃめちゃわかりやすいです! 長文とか読んだ時にあ!これだ!ってなります。 あと、ネクステージを始める前段階としてやってます~

英会話が出来るまでいきたい

この本を完璧にしても実践には別メニューが必要。(スポーツ理論の本をマスターしても、そのスポーツが出来るようにはならないが、知識として知っているか知らないかは推して知るべし。の如し)

レビューをもっと見る

その後、その章のまとめノートを自分で作ります。

参考書は確かに必要なポイントをかなり纏めてくれていますが、自分に入らないなと感じる情報も存在しますので、自分に必要な情報だけを抜き出して自分だけの文法参考ノートを作りました。時間がかかりそうだと感じるかもしれませんが、章ごとにコツコツやれば以外と苦にならずにできました。

ノートづくりが終われば、Forest付属の問題集を解きます。章ごとに問題が用意されているので使いやすかったです。

中学三年間で私のやった勉強は予習の三項目と復習の三項目がほとんどの部分を占めます。
リスニングと長文読解と英作文はほとんど学校の定期テストの問題で解いただけで特に対策的な勉強はしていませんでした。

私は中一から英検を受け始めて、中二で準二級に合格して、英検に飽きてしまうのですが、英検の勉強としてやったのは過去問を解くことだけでした。それぐらいの力は上記の勉強で付いたと目安にしてもらえるかと思います。

春休みには単語ノートの復習を毎年必ずしていました。中学三年間で10冊近くになっていたかなと思います。単語は定期的に復習をすることが大事だと考えていたので、この作業で頭の中により強く英単語を定着させることができたかなと思います。

高校時代の英語勉強法

高校になってからの上記の勉強法にプラスして始めた英語の勉強法を紹介していきます。
高1では大きな変化はありませんが、教科書の英文が年ごとに長くなり、出てくる英単語・英文法がより難解になるので、予習作業の面倒さが増しました。そのために本文を読む作業における構文解釈はキーセンテンスであろうと推測した部分のみの行うようにしました。そして和訳の作業も自分が難しそうだなと感じた部分だけを訳すのみになりました。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

高校二年の英語勉強法

英単語・英熟語の参考書

ここでやっと市販の単語集を使い始めました。
使っていたのは、「速読英単語」「ドラゴンイングリッシュ」です。
それぞれの使い方を紹介しましょう。

速読英単語 入門編 改訂版

参考書名
速読英単語 入門編 改訂版
著者
ページ
0ページ
出版社
Z会

これは色々な物語を英語で書いてあり、しかも、日本語付きで、赤シートで確認することもできます。僕からして、これは、英単語を、文章と一緒に覚えたい! 文法の使い方を実際の文章で見てみたい!と言う人にオススメです! そうでもない人も物語をただ単に楽しみたい!と言う人でも、ぜひ一度読んでみてください。物語は世界中の凄いこと、もの、歴史などが取り扱われています。 例えば、砂漠の中の塩でできたホテルや、トマトの歴史などがあります。

レビューをもっと見る

速読英単語 (1) 必修編 改訂第5版

参考書名
速読英単語 (1) 必修編 改訂第5版
著者
風早 寛
ページ
396ページ
出版社
Z会

この単語帳はターゲット1900のような羅列型ではないため、これに従って単語を覚えるのはお勧めしません。 私は、1ヶ月かけてとりあえずターゲット1900で、単語を詰め込んだあと、これに取り組みました。と言っても単語を覚える目的ではなく、覚えたこと一つ一つの要素を派生させて、関連させて理解し、定着させるのに大いに役立ちました。 使い方次第で単語の定着を感じました。その面では、鉄壁なども似たような使い方ができるのではないかと思います。

基本移動時間しかやってませんでした。だいたい1日1時間くらいやりました。それを3ヶ月続けて3周してだいたい覚えました。覚えやすいし長文があるので飽きがこないのでおすすめです。早慶以上志望は上級編もやって良いと思います。

センター満点狙うならこれしかない。 シス単、ターゲット完璧に覚えたところで平均未満です。四日市大学志望者の皆様にこの単語帳をオススメします。

レビューをもっと見る

章ごとに最初のページにそこそこの長さの文章があり、次のページにその和訳があり、その次から英単語の解説が始まるという構成なので、私は文章を読む練習という用途でも使っていました。
どのようにこれを勉強していたかというと、「ひたすら読んで、出てきた英単語を書く」 です。

これはドラゴンイングリッシュも同様です。英単語を暗記するとなると、みんな工夫をしようとしがちですが、書いて覚えるという原始的な方法を私は最後までやり通しました。

ドラゴンイングリッシュ

参考書名
ドラゴン・イングリッシュ必修英単語1000 (講談社の学習参考書)
著者
竹岡 広信
ページ
376ページ
出版社
講談社

彼氏からオススメの本としてもらったのですが、まだ手をつけられてません、でも彼氏のオススメするときの熱心さから、早く取り組みたいなと思いました!

単語数は少ないけどその単語を使った熟語、英文が確認できるので英作にぴったりです。

他の単語帳に比べて単語数は少ないかもしれないが、一つの単語から学べることは多い。覚え方や使い方も載っているので楽しみながら進められる。特に使い方はよく読むことを勧める。英作文が書きやすくなる。 竹岡さんを神だと思ったことはないが崇めるべき存在だと感じることはある_φ(・_・ (べ…別に尊敬してるわけじゃないからね!(//∇//))

レビューをもっと見る

この英単語帳は語源や接頭語、接尾語の意味が詳しく載っていました。
私は英単語の意味を覚えるのが苦手だったので、これらを覚えて英単語の意味のイメージをつかむということをしていました。

受験問題では英単語テストのように英単語が単体で出てくるということはほとんどなく、文章の中で出てきた英単語がどんな意味でつかわれているんだろうということが分れば対処できる場合がほとんどです。なので英単語の大体のイメージが分っていれば何とかなると私は考えてこの英単語帳を使っていました。

英熟語ターゲット1000 3訂版―大学入試出る順 (大学JUKEN新書)

参考書名
英熟語ターゲット1000 3訂版―大学入試出る順 (大学JUKEN新書)
著者
花本 金吾
ページ
351ページ
出版社
旺文社

4訂版じゃないです。この3訂版。 シンプルさの究極がこれ。

これ全部覚えても東大は無理。

レビューをもっと見る

また英熟語の勉強のために「英熟語ターゲット1000」という参考書を勉強していました。
これは学校の定期試験のテスト範囲に100~150コ程度指定されていたので、それらをひたすら書いて意味を暗唱してということをやりました。

これらは章ごと、範囲ごとに勉強して、三か月に一回程度で今までやった内容全部総復習するということをやっていました。

英文法の勉強法

英文法の力を付けるために私がやっていたのは、勉強したら問題を解くということです。
それ以外は何もしていないといっても過言ではありません。

【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 改訂版

参考書名
【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 改訂版
著者
霜 康司, 刀祢 雅彦, 麻生 裕美子
価格
1,383円
ページ
424ページ
出版社
数研出版

この参考書は学校で配布される場合が多いと思います。だからと言ってナメちゃいけません。約1200問?の中に英文法のエッセンスが凝縮されています。 ちなみに私は高2→高3の春休みでこれを6、7周ほど周回キメた結果、それ以降のマーク模試では文法のミスをほとんどしないレベルになりました!これをやるまでは文法に苦手意識が強かったものです...。 間違えた問題には必ずチェックを入れて(フセンはおすすめしません)、何度も何度も読み直しして文法力を確実なものにしましょう!

これ一冊しかやってなくて十分な点数取れたんだからこれ一冊で間違いないでしょう 4択の問題のうち、正しい解答を確実に選べるようにすると良いでしょう。何度もやってるとつい答えを覚えがちですから、「これが正答であるのはなぜか」あるいは「他の解答がどこが間違っているのか」これを意識しながらやれば完璧になるでしょう。 私はこれを意識してセンターまでに3周しました(2年生のうちに1周、引退後2周目、センター直前3周目) あと、発音アクセントもセンター直前にみておくと良いと思います。今年はみたところが出てハッピーでした

ネクストと比べ、問題数は減るものの、本書に記載されている覚え方がとにかく覚えやすい。データ重視で頻出問題をピックアップしてある為、効率よく勉強を進め、知識をつけやすい構成となっていると思う。

レビューをもっと見る

高2からは「アップグレード」という英文法問題集が配られたのでそれを解いていました。
どんなやり方をしていたかというとまず章ごとに解きます。一章解き終わったら答え合わせします。これから先が大事で、間違えた問題を抜き出して、ノートにまとめます。これで一周します。

次に二周目はこのノートにまとめた問題だけを解きます。二周目で間違えた問題をチェックして、またノートにまとめます。
三周目ではこの新しいノートの問題だけ解きます。三周すればほとんどすべて解けるようになっていました。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

    【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

    【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

    【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

    【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

    【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

    関連するキーワード

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に