【東大合格勉強法】物理の勉強時間と高2から本番までのスケジュール

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

東大合格に向けて勉強中のあなた。物理の勉強は順調ですか?

この記事では、複数の科目を対策しなければならない東大受験において、物理の勉強を効率的に行うための勉強方法・勉強計画・物理の勉強に使用する参考書・問題集をご紹介します。

東大合格までの勉強時間の中で、物理の勉強をどの程度・どのように行うべきなのかを知りたい人は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

東大合格のための物理勉強計画

東大の物理は40点を目指しましょう。
東大に合格する物理勉強法の基本的な進め方として、化学と物理を1日おきに勉強していくことをお勧めします。化学と物理の基本事項を押さえたら、問題演習を通して知識を理解へと変えていきます。

東大合格のためには、物理の基本事項を押さえるのにあまり時間を使い過ぎないことが大事です。東大合格のために対策するべき科目は多いため、勉強時間は計画的に利用しましょう。基本事項の理解には学校の授業を有効利用しつつ、定期テストの進度に合わせ、重要問題集レベルの内容を完璧にしていきましょう。東大対策の勉強は、本格的には高2の11月から始め、東大入試の本番までに326時間学習する勉強計画が良いでしょう(英語・数学の1/3程度)。

東大を目指す受験生は、東大合格を見据えた物理の勉強計画をきっちり立て、勉強時間を無駄にせずに計画的に勉強していくこと重要です。東大物理の勉強を既にはじめている受験生のあなたは、もう一度自分の物理の偏差値と勉強スケジュールを見直してみましょう。

東大合格のための物理勉強法:使用教材

東大合格のため、東大物理の勉強では以下の参考書を使用しましょう。

・『物理のエッセンス』力学・波動と電磁気・熱・原子の2冊(以下「物理のエッセンス」)
・『実戦物理1・2重要問題集』(以下、「重要問題集」)
・『難問題の系統とその解き方物理I・II』(以下、「難系」
・『東大の物理25カ年』(以下、「東大物理25カ年」)

以下に、東大物理対策の参考書を使用して勉強する時期と勉強時間をまとめたので、参考にしてください。
また、参考書は東大物理対策の勉強計画・大学受験の時期別に使用時期を分けています。東大物理の参考書も計画的に使っていきましょう。

東大合格のための物理勉強法:勉強の流れ

東大物理勉強法では、高2の11月から5月末までで、物理のエッセンスと重要問題集を並行してやります。
この期間は、物理を勉強する日と化学を勉強する日を2日に1日ずつ設け、1回1時間の学習をします。高3の1学期までで学校で電磁気を未修であると想定して、それ以外の範囲を一旦高3の5月末で終わらせて、難系をやっていきます。

夏休みは毎日難系を進めて、9月、10月で物理のエッセンス・重要問題集・難系と電磁気の範囲も終わらせます。11月からは東大物理25カ年をやり、センター試験前はセンター物理対策、直前期は復習と東大物理25カ年を使用して仕上げに入ります。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

    【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

    【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

    【東大国語】おすすめの対策法や参考書!現代文と古文それぞれ解説!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に