【東大合格勉強法】文系国語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

現代文は受験期に入るまでの読書量や教養がモノを言う世界で、受験期に入ってから時間をかけて伸ばそうとするのもなかなか難しいです。
一方で、古文、漢文は一定レベルまでは勉強量と得点が比例する傾向にあるので、古文と漢文でしっかり対策して、現代文はセンターと2次の過去問演習のみにします。
国語は全教科の中で最も差がつきづらい科目ですから、特別得意である人以外は得点源にはなりません。
古文と漢文で一定の点数を取り、現代文はある程度フィーリングで部分点を稼ぐのが賢い戦略です。
東大合格者の中でも、現代文をしっかり対策してのぞんだという人はあまり見られません。

使用教材

古文使用教材

・『読んで見て覚える重要古文単語315』(以下「古文単語315」)or『古文単語ゴロ565』(以下「565」)
・『荻野文子の超基礎国語塾マドンナ古文』(以下「マドンナ古文」)
・『古文上達 読解と演習56』(以下「古文上達」)
・『得点奪取古文―記述対策』(以下「得点奪取古文」)
・『東大の古典25カ年』(以下「東大古典25カ年」)

 漢文使用教材

・『田中雄二の漢文早覚え速答法』(以下「早覚え速答法」)
・『漢文 (河合塾SERIES―入試精選問題集)』(以下「河合漢文」)
・『得点奪取漢文―記述対策 (河合塾SERIES)』(以下「得点奪取漢文」)
・『東大の古典25カ年』(以下「東大古典25カ年」)

現代文使用教材

・『船口の現代文〈読〉と〈解〉のストラテジー』(以下「船口現代文」)
・『東大の現代文25カ年』(以下「東大現代文25カ年」)

学習の流れ

高2の秋から、マドンナ古文、古文単語315、早覚え速答法で古文の文法、単語、漢文の句法のインプットを終え、高3の1学期は週末に問題集を解いていきます。
夏休みは東大模試対策も考え、古文・漢文の記述式問題集、得点奪取をやりつつ、現代文の問題集を1冊だけやります。
夏休み以降は東大古典25カ年、センター前はセンター対策を行って、直前期は東大現代文25カ年、東大古典25カ年で本番に向けて総仕上げです。

学校の古文・漢文の授業はできるだけしっかり聞きましょう。基礎が身に付いているかどうかで学習効率は大きく異なります。

スケジュール

3.受験準備期(高2の11月~高2の3月末)

学期間中(高2の冬) ⇒ 土曜:2h(2h/週、合計34h)

高2の冬休み・春休み ⇒ 平日:0.5h、土曜:0.5h(3h/週、合計15h)

参考書名
マドンナ古文 改訂版(大学受験超基礎シリーズ)

ほんとに良い参考書です。 ひとつ気をつけたいのは、文法事項をある程度把握していないい人には厳しいかも… これだけ一冊!って感じではないかな。

レビューをもっと見る
参考書名
重要古文単語315(読んで見て覚える)

これ一冊と学校の勉強で古文はいけたとおもう

高3の春頃から使い始め、一週間20語ペースで毎日10分くらいやっていた。 最初は死ぬほど辛い。1日くらい休もうかとつい考えてしまう。だが俺は強くなるために、どんなに苦しくても、血反吐ぶちまけても、毎日続けた。足が動かなくなってもスクワットをやり、腕がプチプチと変な音を立てても腕立てを断行した。 変化に気づいたのは8ヶ月後だった。 俺はハゲていた。 しかし代わりに共通テスト古典94点という点数を偶然叩き出すことができた。全てこの単語帳のおかげだ。共通テスト翌日に捨てた。

絵が可愛いし覚えやすいです!赤シート付きなのでいいです〜古文頑張ります…

レビューをもっと見る
参考書名
漢文 早覚え速答法(大学受験Vブックス)

自分は学校の漢文の授業は全て寝ていたため知識があまりありませんでした。だけど、これをやったらクソザコからザコにランクアップしました。 漢文が共通テストだけの人とかはこれだけでいいと思うよ。

能力低くてもこれくらいとれるってことは多分これ結構いいと思ってる。

漢文なんもしてなくてセンター直前に漢文とれんとれんって焦り始めて、3分の1読んでほったらかしにしてたこの子を3日間で読んだら漢文満点とれました🙆🏻今年の漢文がそんなに難しくなかったおかげもあるかも? でもこれに乗ってる句形がしっかり出た!! 文章も長ったらしくなくてすぐ読めるからおすすめ

レビューをもっと見る

学期中の土曜日、マドンナ古文or早覚え速答法を1日2時間2章ペースで進めます。
マドンナ古文は、暗記事項をノートにまとめておくとよいでしょう。早覚え速答法はノートを使う必要はありません。どちらも、丸1日使えば1冊終わる程度の分量しかないのでさくっと終わらせてしまっても構いません。古文単語は空き時間に20,30分程度読み進める。古文常識は模試前に読む程度で十分です。

4.受験前期(高3の4月~7月半ば)

高3の4月~7月半ば ⇒ 土曜:2h(2h/週、合計30h)

参考書名
古文上達 読解と演習56

どんな分かりやすい参考書にも勝ります。というのも、この参考書のいいところは、「古文が好きになれる」と言うところです。 まず入門編を隅から隅まで読みましょう。読み終わった頃には古文やってみたくて仕方ありません。(本当です) センター古文5点の僕もなんとかなりましたのでやる価値は大いにあります!!

最初のやつは寝る前に読み 問題編はセンター対策の合間にやった 古文本当に嫌いだけどこれは解説がいい 有名作品ばっかだし

問題は良いのだけど解説がかなり不親切。もし受験生に戻れるなら別の問題集買うかな...

レビューをもっと見る
参考書名
漢文(河合塾series)

問題は約30問で、易・標準・難で10問ずつに分かれています。易はセンターより少し簡単か同レベル、標準は国公立中堅くらい、難は国公立中堅〜上位までくらいが目安だと思います。 漢文が相当苦手でない限りは標準から始めるでいいと思います。易は句形の確認とか、記述に少しずつ慣れていくための問題が多い感じがするので。 どの難易度でも書き下し文、返り点付け、内容一致、記述など、問題のパターンが豊富に揃っています。また解説も細かく、頻出句形も全部説明されているので、問題を解いて解説読むだけでも得られることがたくさんあります。 中堅レベルの国公立だったらこれと過去問で充分対策できると思います。 気になった方は是非1度本屋さんで手に取って見てください(^-^)

解答にはその問題文に出てくる重要な句形や単語がまとめて書いてあるし、書き下し文も訳もあっていいです!

レビューをもっと見る

週末に古文上達、河合漢文で問題演習していきます。
古文上達は1冊が入門編、基礎編、演習編の3つの部分に分かれています。入門編は簡単に感じるなら読み飛ばしても大丈夫です。基礎編で簡単な問題演習とそれについての単語・文法・古典常識の確認、演習編では実践的な入試問題の演習ができます。難易度は基礎〜標準レベルです。演習のステップアップ用の問題集です。
河合漢文は精選された良問が揃っている問題集です。難易度は標準的なレベルから難関大レベルまで対応できます。ボリュームは30程度なのでそれほど多くありません。

5.受験中期(高3の7月半ば~8月末)

高3の7月半ば~8月末 ⇒ 平日:1h、土曜:1h(6h/週、合計36h)

参考書名
船口の現代文

高2の夏に購入したが、筆者の言うことを真に理解できたのは浪人生の夏だった。 「うんうん、そうだね〜」って感じでただ読み進めることと、筆者の読み方のキモが分かることにギャップがあると思った。 イマイチだと思った人は、騙されたと思ってひたすら従順に従ってみるといいと思う。 問題数が少ないので繰り返し練習しやすいし、答案作成の過程が丁寧に書かれているので、センター慣れからのリハビリに良かった

読解のやり方が身につきます。とても丁寧に解説をしてくれるので、読解力がないという人にも勧めることができます。 また、とても見やすかったです😊

レビューをもっと見る
参考書名
得点奪取古文 記述対策(河合塾シリ-ズ)

古文の記述問題の演習としてかなり使えます。 解説はある程度の偏差値が無いと説明足らずな部分もあるような気がするので気をつけましょう。でも、一題一題の問題の質は濃いと思いますしきっちり自分の志望大学の問題の難易度を理解した上でちゃんとやれば記述模試とか結構良い成績出ると思います。

まぁタイトルの通り国公立大学の二次試験対策用です でもこれはなかなかに難しいのでできなくても凹まなくていいです。 市大の問題よりよっぽどむずかった! 俺はセンター終わった後に焦って記述対策してましたが、みなさんは自分の受ける大学の問題のレベルがどれくらいかをまず把握して、単語の意味は出るのか、内容説明が出るのか、理由説明が出るのかとか傾向をある程度考えた上で二次試験対策をしてください。この参考書をやっておけば効率のいい二次試験対策になるとは限りません。

レビューをもっと見る
参考書名
得点奪取漢文 記述対策(河合塾シリ-ズ)

はい、古文の方でも書きましたがこれもまぁ難しいです。 二次試験の漢文は古文より配点が低いこともあるので、漢文を古文と同じくらいの力をかけるべきなのかは自分が受ける大学での漢文の配点や自分がどちらの方が得意かを考えて決めてください。 とにかく言えるのは、大事なのはこの参考書が解けるかどうかではなく、自分の志望校の問題が解けるかどうかです 例)大阪市立大学 文学部 国語 200 現代文100 古文70 漢文30

滝川にもらいました。

この本を一冊やれば漢文記述に対する答え方、基礎知識がしっかりと付き、少なくとも大学入試の記述で戸惑うことはないと思われる。 漢文記述が必要な受験生に是非ともオススメしたい一冊。 まぁ、僕は漢文いらないんですけどね笑

レビューをもっと見る

船口現代文、得点奪取古文、得点奪取漢文で記述対策を行います。また、東大模試に向けて今までの復習を行いましょう。

6.受験後期(高3の9月~12月半ば)

高3の9月~12月半ば ⇒ 平日:0.5h、土曜:2h(4.5h/週、合計67.5h)

参考書名
東大の古典25カ年(大学入試シリ-ズ 706)

古文・漢文のみ東大25カ年を解き実力を付けていきます。
はじめにで書いた通り現代文にあまり時間を掛けるべきではないので直前期のみで構いません。

7.センター準備期(高3の12月半ば~高3の1月半ば)

参考書名
大学入試センタ-試験過去問題集国語 2013(駿台大学入試完全対策シリ-ズ)
参考書名
大学入試センタ-試験実戦問題集国語 2013(駿台大学入試完全対策シリ-ズ)

センター試験前はセンター試験の過去問演習に取り組みます。
国語はセンターの内容と東大入試の内容を比較すると、記述か選択式かという違いはあるものの、問題文の難易度的にはそれほど変わりません。なのでセンター対策をしっかりやることで2次試験対策にもなります。ですから、他の教科よりも力を入れてセンター対策に取り組みましょう。

8.直前期(高3の1月~2月半ば)

高3の1月~2月半ば ⇒ 平日2h、土曜2h、日曜2h(14h/週、合計70h)

東大25カ年、駿台模試問などの予備校の出している東大模試の問題集を時間を測って解いていきます。
入試本番に向けて実戦的な演習を積んでいきましょう。

参考書名
東大の古典25カ年(大学入試シリ-ズ 706)
参考書名
東大の現代文25カ年(大学入試シリ-ズ 705)
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

    【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

    【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

    【東大国語】おすすめの対策法や参考書!現代文と古文それぞれ解説!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に