【東大合格勉強法】文系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

数学は最も点差のつきやすい科目なので、文系受験であっても英語と並んで最重要な科目です。
このプランでは、本番で50点を目指しますが、某予備校の調査によると、数学で50点以上得点できた人は8割合格するそうです。
この2年プランでは、高2の春から高3の直前期までずっと継続的に数学を勉強します。
全教科合わせて2年で約3,000時間の勉強計画のうち、1/3にあたる約1,000時間程度を数学に費やす計画となっています。

使用教材

・『チャート式 基礎からの数学』1A,2Bの2冊(以下「青チャート」)
・『1対1対応の演習―大学への数学』1,A,2,Bの4冊(以下「1対1対応」)
・『文系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B』(以下「良問プラチカ」)
・『東大の文系数学25カ年』(以下「東大25カ年」)
・『東京大学への数学ー実戦模試演習』(以下「駿台模試問」)
・センター過去問、予備校のセンター予想問題集(以下「センター過去問」「センター模試問」)

学習の流れ

学校の授業で教科書の問題が解けるレベルまで身についていることを前提として、高2から青チャートを傍用問題集と位置づけ、並行して進めます。
青チャートは教科書より少しだけ難しいレベルの基本的な問題を網羅している問題集です。
青チャートの基本例題、重要例題で数学の基本的な解法を暗記することが数学の学習の出発点です。これを高2の春から高3になる直前の春休み前までに終わらせましょう。

次に高2春休みから高3一学期、夏休みいっぱいまでかけて1対1対応を完璧にします。
1対1対応の演習では東大数学でも毎年2問程度出題される、入試標準レベルの問題を扱っています。

例題には各問題に関する解法上のポイントがついているので、それだけを確認していく使い方もできます。
入試標準レベルの難易度の典型問題を網羅しているので、この問題集を本当に完璧にマスターすればだいたい40点(4問中2問正解≒東大合格レベル)の実力がつくとも言われています。

高3の9月からはセンター1ヶ月前までは河合塾の『文系数学の良問プラチカ』で演習を積んでいきます。
『文系数学の良問プラチカ』は東大数学において40点よりさらに上の点数を安定して取りたい人向けの問題集で、入試本番で差がつく標準〜やや難、難の良問を扱っています。

センター直前一ヶ月は、センター過去問・模試問演習を行いの、センター試験後の直前期は良問プラチカの残りと過去問(東大の数学25カ年)で入試本番に向けて仕上げていきます。

スケジュール

1.高校エンジョイ期(高2の4月~高2の7月半ば)

(高2の4月~高2の7月半ば) ⇒ 平日:1h、土曜:2h、日曜:1h(8h/週、合計120h)

参考書名
新課程チャート式基礎からの数学1+A
著者
チャート研究所
ページ
511ページ
出版社
数研出版

僕の家は江戸時代から代々続く老舗の漬物屋だ。将来は僕も家業を継ぐ予定であるため、 幼い頃から仕込み場に立ち、両親やその仕事仲間の作業を手伝ってきた。 転機は、15歳になり高校に入学した時だった。 僕は漬物屋を継ぐのに勉学など必要ないと考えていたが、両親の強いすすめで高校に進学することにした。 両親曰く、よい漬物職人になるためには数学力が不可欠であるらしい。聞けば両親は、三角関数を用いて漬物石が漬物に与える負荷を漬物に対する垂直成分と並行成分に分解して力積を算出することで、漬物を美味しく仕上げるのにベストな漬け期間を脳内で瞬時に計算しているそうなのだ。 とは言っても今まで漬物作りに青春を捧げ勉強などろくにしてこなかった僕。書店に行って本を選ぼうにもどの教材で勉強したら良いのかわからず途方に暮れていたら、まるでナスの浅漬けのような幽玄たる深青色を湛え書架の上に厳然と屹立する一つの分厚い参考書が目に留まった。それが青チャートと僕の出会いだった。 その日から僕は来る日も来る日も青チャートに対峙して数学と格闘した。今まで半分に切ったキュウリやヘタを除いたカブしか扱ってこなかった僕にとって、数学はまさに、探求しがいのある未知の世界だったのだ。 そんなある日、僕はふいに福神漬けの樽に載せてある漬物石を小脇に抱え、代わりに青チャートを載せてみた。 これは…!!! その瞬間、僕は決して外れなかった扉の錠前がカシャっと音を立てて外れるような声が聞こえたように錯覚した。これだ!この重量感、この密度、この力積。まさにこれが漬物石として最適な物体だ。15年間漬物作りに携わり、しかも数学を勉強することで漬物作りに対する数理的なアプローチまでを手にした僕の観察眼にもはや狂いはなかった。 3ヶ月後。出来上がった福神漬けを実食する時となった。青チャートをどけ、樽の福神漬けをさらによそって箸で少量をつまみ、恐る恐る口に運んだ。 おいしい…! おいしいぞ……!!! 今まで世界中のありとあらゆる漬物を食し、腕利きの漬物職人の技巧にもたびたび触れてきた僕、その僕にとってすらこの福神漬けはありとあらゆるほかの漬物を凌駕するほどの鮮烈な刺激を持っているように感じられた。全ての具材が絡み合い、その素材の良さを何倍にも、いや何十倍にも増幅させるかのような味の奥行き。 間違いなく最高傑作だった。 30年経った今でも、僕はその日の驚きを忘れることができない。きっとこれからも、一生忘れることはないだろう。僕はふと側にあるべったら漬けの樽に目をやった。上に置かれているのは、あの日購入し、今では色あせてぼろぼろになった青チャートだった。 こんなにも驚きと喜びを与えてくれた青チャートは、生涯にわたって僕の漬物作り、そして僕そのものにとってのパートナーでい続けるのであろう。 なお、漬物石として使用することになったことにより青チャートを勉強用に使うことはできなくなった。こうして数学の成績は急落し、それが祟って高校は2年の秋に退学となった。だが、そんなことなどどうでもいいのだ。 青チャートさえ、僕のそばにいてくれれば。

IA IIB IIIを総括したレビューです。 結論から言うと、数学嫌いまたは苦手な人は、青チャ買うのだけはやめといた方がいいと思います。 数学好きな人は買ってもいいと思います。 と言うのも、何がしたいのか分からないんですよね。 難易度の上下が激しい割には解答の質は全て同じくらいの簡潔さ。 教科書レベルの問題と大数レベルの問題が混在していて、確かにこれ一冊完璧に出来れば、どの大学でも合格点は取れるだろうとは思います。 ただ数学苦手な人がこれやると、その問題数の多さも相まって潰れてしまいます。 独学なら尚更です。 正直、簡単な問題に関しても、最近は大数シリーズが進出して来たので(プレ、基礎徹底等)……これ買うくらいなら大数シリーズ制覇した方が学力の伸びに直結するだろうなって感じです。 ↑のようなレビューが嘘のように分かりやすい

基礎問題もできるし、発展問題もできる。上のほうの大学を目指すなら使うべき。 数学が苦手な人は、基礎を身につけるために、黄チャートを使うほうが良いかもしれない。赤チャートは、思っていたより量が多くて大変だった。青チャートが私にとってはちょうど良い。 青チャートをやると決めたら、何回も取り組んで完璧にすると良い。

レビューをもっと見る

青チャートは、学校の授業とで扱っている分野をやるのと同時に、学校で既習の範囲を1Aから自分でも進めていきます。どちらも例題のみを最低でも3周以上やり、例題を完璧にしましょう。あまり時間を掛け過ぎるのも良くないので重要例題、Exerciseまではやらなくてよいです。

青チャートは基本的な解法を暗記するために使います。そのやり方としては、1分考えて解法がわからなければすぐに答えを見て、理解しながらやり方を暗記するというものです。
ここでは自力で解くことにこだわるのではなく、問題の解法を効率よく身に付けることを優先しましょう。

1周目は4題/日程度のペースで進めます。

2.プレ準備期(高2の7月半ば~10月末)

高2の夏休み ⇒ 平日:1.5h、土曜:1.5h、日曜:1.5h(10.5h/週、合計63h)

学期間中(高2の秋) ⇒ 平日:1h、土曜:2h、日曜:1.5h(8h/週、合計72h)

参考書名
チャート式 基礎からの数学2+B 改訂版
著者
チャート研究所
ページ
0ページ
出版社
数研出版

チャート式 基礎からの数学2+B 改訂版

基本的にはもってるだけで頭が良くなります。私は購入してから半年ほど経ちますが偏差値絶賛爆上げ中です。他にもいろんな色があるらしいですが青色が1番好きな色なので選びました。数学2Bは難しいところですが頑張りましょう。私立受験で2Bを使わない私でも2冊購入したほどです。志望校目指して頑張りましょう。頑張れ、受験生。

レビューをもっと見る

引き続き青チャート。まずは1A2Bの全範囲、例題を3周し、完璧にします。
そして余裕があれば青チャートの演習問題もやりましょう。

3.受験準備期(高2の11月~高2の3月末)

学期間中(高2の冬) ⇒ 平日:1.5h、土曜:1.5h、日曜:1.5h(10.5h/週、合計178.5h)

高2の冬休み・春休み ⇒ 平日:2.5h、土曜:2.5h、日曜:1.5h(10.5h/週、合計52.5h)

参考書名
新課程チャート式基礎からの数学1+A
著者
チャート研究所
ページ
511ページ
出版社
数研出版

僕の家は江戸時代から代々続く老舗の漬物屋だ。将来は僕も家業を継ぐ予定であるため、 幼い頃から仕込み場に立ち、両親やその仕事仲間の作業を手伝ってきた。 転機は、15歳になり高校に入学した時だった。 僕は漬物屋を継ぐのに勉学など必要ないと考えていたが、両親の強いすすめで高校に進学することにした。 両親曰く、よい漬物職人になるためには数学力が不可欠であるらしい。聞けば両親は、三角関数を用いて漬物石が漬物に与える負荷を漬物に対する垂直成分と並行成分に分解して力積を算出することで、漬物を美味しく仕上げるのにベストな漬け期間を脳内で瞬時に計算しているそうなのだ。 とは言っても今まで漬物作りに青春を捧げ勉強などろくにしてこなかった僕。書店に行って本を選ぼうにもどの教材で勉強したら良いのかわからず途方に暮れていたら、まるでナスの浅漬けのような幽玄たる深青色を湛え書架の上に厳然と屹立する一つの分厚い参考書が目に留まった。それが青チャートと僕の出会いだった。 その日から僕は来る日も来る日も青チャートに対峙して数学と格闘した。今まで半分に切ったキュウリやヘタを除いたカブしか扱ってこなかった僕にとって、数学はまさに、探求しがいのある未知の世界だったのだ。 そんなある日、僕はふいに福神漬けの樽に載せてある漬物石を小脇に抱え、代わりに青チャートを載せてみた。 これは…!!! その瞬間、僕は決して外れなかった扉の錠前がカシャっと音を立てて外れるような声が聞こえたように錯覚した。これだ!この重量感、この密度、この力積。まさにこれが漬物石として最適な物体だ。15年間漬物作りに携わり、しかも数学を勉強することで漬物作りに対する数理的なアプローチまでを手にした僕の観察眼にもはや狂いはなかった。 3ヶ月後。出来上がった福神漬けを実食する時となった。青チャートをどけ、樽の福神漬けをさらによそって箸で少量をつまみ、恐る恐る口に運んだ。 おいしい…! おいしいぞ……!!! 今まで世界中のありとあらゆる漬物を食し、腕利きの漬物職人の技巧にもたびたび触れてきた僕、その僕にとってすらこの福神漬けはありとあらゆるほかの漬物を凌駕するほどの鮮烈な刺激を持っているように感じられた。全ての具材が絡み合い、その素材の良さを何倍にも、いや何十倍にも増幅させるかのような味の奥行き。 間違いなく最高傑作だった。 30年経った今でも、僕はその日の驚きを忘れることができない。きっとこれからも、一生忘れることはないだろう。僕はふと側にあるべったら漬けの樽に目をやった。上に置かれているのは、あの日購入し、今では色あせてぼろぼろになった青チャートだった。 こんなにも驚きと喜びを与えてくれた青チャートは、生涯にわたって僕の漬物作り、そして僕そのものにとってのパートナーでい続けるのであろう。 なお、漬物石として使用することになったことにより青チャートを勉強用に使うことはできなくなった。こうして数学の成績は急落し、それが祟って高校は2年の秋に退学となった。だが、そんなことなどどうでもいいのだ。 青チャートさえ、僕のそばにいてくれれば。

IA IIB IIIを総括したレビューです。 結論から言うと、数学嫌いまたは苦手な人は、青チャ買うのだけはやめといた方がいいと思います。 数学好きな人は買ってもいいと思います。 と言うのも、何がしたいのか分からないんですよね。 難易度の上下が激しい割には解答の質は全て同じくらいの簡潔さ。 教科書レベルの問題と大数レベルの問題が混在していて、確かにこれ一冊完璧に出来れば、どの大学でも合格点は取れるだろうとは思います。 ただ数学苦手な人がこれやると、その問題数の多さも相まって潰れてしまいます。 独学なら尚更です。 正直、簡単な問題に関しても、最近は大数シリーズが進出して来たので(プレ、基礎徹底等)……これ買うくらいなら大数シリーズ制覇した方が学力の伸びに直結するだろうなって感じです。 ↑のようなレビューが嘘のように分かりやすい

基礎問題もできるし、発展問題もできる。上のほうの大学を目指すなら使うべき。 数学が苦手な人は、基礎を身につけるために、黄チャートを使うほうが良いかもしれない。赤チャートは、思っていたより量が多くて大変だった。青チャートが私にとってはちょうど良い。 青チャートをやると決めたら、何回も取り組んで完璧にすると良い。

レビューをもっと見る
参考書名
チャート式 基礎からの数学2+B 改訂版
著者
チャート研究所
ページ
0ページ
出版社
数研出版

チャート式 基礎からの数学2+B 改訂版

基本的にはもってるだけで頭が良くなります。私は購入してから半年ほど経ちますが偏差値絶賛爆上げ中です。他にもいろんな色があるらしいですが青色が1番好きな色なので選びました。数学2Bは難しいところですが頑張りましょう。私立受験で2Bを使わない私でも2冊購入したほどです。志望校目指して頑張りましょう。頑張れ、受験生。

レビューをもっと見る
参考書名
1対1対応の演習/数学II―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
168ページ
出版社
東京出版

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る

引き続き青チャート。2月末までで終わらせるつもりで取り組みましょう。3月からはいよいよ1対1対応の演習に入っていきます。

高3の4月~7月半ば ⇒ 平日:1.5h、土曜:1h、日曜:1.5h(10h/週、合計150h)

参考書名
1対1対応の演習/数学II―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
168ページ
出版社
東京出版

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る

4.受験前期(高3の4月~7月半ば)

参考書名
1対1対応の演習/数学B―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
104ページ
出版社
東京出版

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
参考書名
1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
著者
ページ
116ページ
出版社
東京出版

青チャートやるくらいなら今すぐこれをやりなさい

マトモに基礎問題を網羅してない人間が手を出したところで、小賢しい解法だけ知ってる数学ウンチク野郎に仕立て上げられるだけだ。 地方出身の人間が上京して派手に髪を染めて入学式を迎えるのと同じくらいの痛々しさがある。教材の名の通り「大学デビュー」である。 こんな事をやる前に一度自分の学力と「1対1対応」すべきではなかろうか

当たり前ですけど、数学って、本質で出来てるんですね。1+1=2とか、6は5より大きいとか、3とか4は実数で、-1の平方根は虚数とか、xの定義域が指定された瞬間2次方程式は一瞬で解の配置問題と化すとか、でも、ぼくたちが数学ができないって言ってるのは、結局、当たり前のことを、確実に暗記してないからなんですね。 話が飛びますが、英語の場合、 英単語、文法 ↓ 英文解釈 ↓ 英語長文 ってある程度決まってます。 この順でやりゃ良いんです。 突っ走るだけなんです。 ところが数学ときたら 〜どっから覚えんねんおい〜 ってなりますよね。 例えば、公式を暗記したからと言って、必ずしも数学の実力が伸びるわけでもないし、 だから、みんな言うんです。 「参考書を何周もしなさい。」 と。 あぁ、しました。何周も だけどダメでした。 ってことは何か原因があるはずと苦しみました。苦しみに苦しみました。だって数弱の理系ですもん。結果、ある一つの答えにたどり着いたのです。 〜本質暗記〜 これに尽きると。 まぁ、要は本質を覚えて、それを組み合わせ解法を暗記し、それを活用していくと言うのが数学の勉強なんだなと悟りました。 さっきの英語みたいにやることを流れ図で書くと、 数学の本質暗記 ↓ 数学の解法暗記 ↓ 解法を使いこなす ((早い計算法の発見と暗記は平行して行う)) こんな感じです。 必ず複雑だと思ったものは単純な事に分解できます。ホールケーキを一口で食べれないですよね? 僕は「無意識に」本質を暗記する事など皆無でした。だから、そこで単語帳を導入しました。 単語帳を使うとしつこいほど、反復できるので、暗記、理解が加速しまくりました。おすすめします。 さて、本題ですが、一対一はものすごく、上記の勉強をする上で役に立つと思います。 数学の本質暗記は見事なまでに整理され、その上、解法を体系的に暗記でき、さらにさらに、解答解説に無駄がないから美しい記述の方法を学べます。本当にすごいです。絶句しました。 ただ、最初からやるには鬼すぎるので、チャートでも基礎問でも挟んでください。 基礎問だけでも全然オーケーだと思っています。先ほど言った要は「本質暗記」と言うところさえ、意識的でも、無意識的でも覚えてしまえばクリアなのですから。

レビューをもっと見る
参考書名
1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
著者
ページ
120ページ
出版社
東京出版

基本から一歩踏み出した感じの難易度。人にもよるけど場合の数と確率はしんどいかな

1対1対応は6冊すべて取り組みました 全問k回繰り返し解き、どこに何の問題が載っているか覚えています(k=5~9) そんな私が言うので以下のことは間違いないです(断言) 6冊の中で最もおすすめできるのが数Aを扱うこの本です 理由は2つあります ①場合の数、確率を攻略する上ですべての問題に共通して意識しなければいけない場合分けの方法や、対称性の吟味、定性的な判断の方法が、これぞ東京出版という解説で紹介されている ②個人的に苦手だった初等幾何の諸性質の使い所が学べる 見ての通り、①が大きな点です 所謂数強とは、どのようなことを考えて数学の問題に向かっているのか これを考えなかった日はないと言ってもいいでしょう その一端をかじることが出来る、数学を得意にしたい、しなければならない人が比較的簡単に手を出せる参考書です もちろんこの後にはまだ東京出版の優秀な参考書でいくらでも数強に近づくことができます 私はスタンダード演習2冊、微積分基礎の極意を取り組みました もっと数学にかける時間が取れるなら、マスターオブ整数、はっと目覚める確率といった一単元に特化した参考書もおすすめです 1対1対応6冊、スタンダード演習2冊、この計8冊を全問解けるようにすれば東工大レベルであれば赤本の問題にも太刀打ちできました (微積が頻出ということで、基礎の極意を行ったのは東工大受験のためです) 最後に一言 東京出版万歳 宅浪生であれば、月刊大数を定期購入するのもオススメです(学コンを提出するのはモチベになります)(私は迷いに迷い、Z会数学の通期添削を利用しました) (最終的には駿台全国模試で6~7割、東工大模試で8~9割ほどの実力がつきました)

学校の図書室にあるけど、みんな知らないからもったいないね

レビューをもっと見る

1対1対応は、Ⅱ→B→Ⅰ→Aの順に進めます。
青チャートで基礎的な解法は網羅できているので、入試で差が付く難しいポイントから勉強するほうが効率が良いためです。

ペースとしては、まず一周目はⅡのみ2ヶ月、それ以外の3冊は1ヶ月で進め、7月末までにひと通り終わらせるつもりで取り組みましょう。

5.受験中期(高3の7月半ば~8月末)

高3の7月半ば~8月末 ⇒ 平日:2h、土曜:2h、日曜:1.5h(13.5h/週、合計81h)

参考書名
1対1対応の演習/数学II―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
168ページ
出版社
東京出版

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
参考書名
1対1対応の演習/数学B―大学への数学 (1対1シリーズ)
著者
ページ
104ページ
出版社
東京出版

例題は難関大学を目指す人が、試験で必ず解かないといけない問題が収録されています。使用者レベルは河合全統記述模試で偏差値60以上の人。『青チャート』『黄色チャート』『理解しやすい数学』『総合的研究』のいずれかを学習し終えた人がこの本を学習すれば、新たな解法の発見に驚くでしょう。解説は簡潔に書かれていますが、二次試験で求められるレベルの答案を意識した解答。練習問題は、例題よりもやや難しい問題が収録されており、例題だけで終える学生もいるようですが、練習問題までしっかりとこなせば、東大、地方医学部が合格できるレベルの数学力が身に付きます。

レビューをもっと見る
参考書名
1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
著者
ページ
116ページ
出版社
東京出版

青チャートやるくらいなら今すぐこれをやりなさい

マトモに基礎問題を網羅してない人間が手を出したところで、小賢しい解法だけ知ってる数学ウンチク野郎に仕立て上げられるだけだ。 地方出身の人間が上京して派手に髪を染めて入学式を迎えるのと同じくらいの痛々しさがある。教材の名の通り「大学デビュー」である。 こんな事をやる前に一度自分の学力と「1対1対応」すべきではなかろうか

当たり前ですけど、数学って、本質で出来てるんですね。1+1=2とか、6は5より大きいとか、3とか4は実数で、-1の平方根は虚数とか、xの定義域が指定された瞬間2次方程式は一瞬で解の配置問題と化すとか、でも、ぼくたちが数学ができないって言ってるのは、結局、当たり前のことを、確実に暗記してないからなんですね。 話が飛びますが、英語の場合、 英単語、文法 ↓ 英文解釈 ↓ 英語長文 ってある程度決まってます。 この順でやりゃ良いんです。 突っ走るだけなんです。 ところが数学ときたら 〜どっから覚えんねんおい〜 ってなりますよね。 例えば、公式を暗記したからと言って、必ずしも数学の実力が伸びるわけでもないし、 だから、みんな言うんです。 「参考書を何周もしなさい。」 と。 あぁ、しました。何周も だけどダメでした。 ってことは何か原因があるはずと苦しみました。苦しみに苦しみました。だって数弱の理系ですもん。結果、ある一つの答えにたどり着いたのです。 〜本質暗記〜 これに尽きると。 まぁ、要は本質を覚えて、それを組み合わせ解法を暗記し、それを活用していくと言うのが数学の勉強なんだなと悟りました。 さっきの英語みたいにやることを流れ図で書くと、 数学の本質暗記 ↓ 数学の解法暗記 ↓ 解法を使いこなす ((早い計算法の発見と暗記は平行して行う)) こんな感じです。 必ず複雑だと思ったものは単純な事に分解できます。ホールケーキを一口で食べれないですよね? 僕は「無意識に」本質を暗記する事など皆無でした。だから、そこで単語帳を導入しました。 単語帳を使うとしつこいほど、反復できるので、暗記、理解が加速しまくりました。おすすめします。 さて、本題ですが、一対一はものすごく、上記の勉強をする上で役に立つと思います。 数学の本質暗記は見事なまでに整理され、その上、解法を体系的に暗記でき、さらにさらに、解答解説に無駄がないから美しい記述の方法を学べます。本当にすごいです。絶句しました。 ただ、最初からやるには鬼すぎるので、チャートでも基礎問でも挟んでください。 基礎問だけでも全然オーケーだと思っています。先ほど言った要は「本質暗記」と言うところさえ、意識的でも、無意識的でも覚えてしまえばクリアなのですから。

レビューをもっと見る
参考書名
1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)
著者
ページ
120ページ
出版社
東京出版

基本から一歩踏み出した感じの難易度。人にもよるけど場合の数と確率はしんどいかな

1対1対応は6冊すべて取り組みました 全問k回繰り返し解き、どこに何の問題が載っているか覚えています(k=5~9) そんな私が言うので以下のことは間違いないです(断言) 6冊の中で最もおすすめできるのが数Aを扱うこの本です 理由は2つあります ①場合の数、確率を攻略する上ですべての問題に共通して意識しなければいけない場合分けの方法や、対称性の吟味、定性的な判断の方法が、これぞ東京出版という解説で紹介されている ②個人的に苦手だった初等幾何の諸性質の使い所が学べる 見ての通り、①が大きな点です 所謂数強とは、どのようなことを考えて数学の問題に向かっているのか これを考えなかった日はないと言ってもいいでしょう その一端をかじることが出来る、数学を得意にしたい、しなければならない人が比較的簡単に手を出せる参考書です もちろんこの後にはまだ東京出版の優秀な参考書でいくらでも数強に近づくことができます 私はスタンダード演習2冊、微積分基礎の極意を取り組みました もっと数学にかける時間が取れるなら、マスターオブ整数、はっと目覚める確率といった一単元に特化した参考書もおすすめです 1対1対応6冊、スタンダード演習2冊、この計8冊を全問解けるようにすれば東工大レベルであれば赤本の問題にも太刀打ちできました (微積が頻出ということで、基礎の極意を行ったのは東工大受験のためです) 最後に一言 東京出版万歳 宅浪生であれば、月刊大数を定期購入するのもオススメです(学コンを提出するのはモチベになります)(私は迷いに迷い、Z会数学の通期添削を利用しました) (最終的には駿台全国模試で6~7割、東工大模試で8~9割ほどの実力がつきました)

学校の図書室にあるけど、みんな知らないからもったいないね

レビューをもっと見る

1対1対応を繰り返しやっていきます。夏休み中に、1対1対応のどの問題を出題されても瞬時に模範答案を再現できるレベルを目指して繰り返し徹底的にやっていきます。ま
た、ここまでの学習で相当力がついているはずなので、夏に行われる代ゼミの東大入試プレ、河合塾の東大オープン模試、駿台予備校の東大実戦模試の3回の東大模試ではぜひ手応えをつかんでください。

6.受験後期(高3の9月~12月半ば)

高3の9月~12月半ば ⇒平日:1.5h、土曜:1.5h、日曜:1.5h(10.5h/週、合計157.5h)

参考書名
文系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B (河合塾SERIES―入試精選問題集)
著者
鳥山 昌純
ページ
47ページ
出版社
河合出版

高1の僕からすれば難しい

理系のは評判が悪い。いちえーにびーは文理共通でこっちをやろう。個人的には1体1より好きやけど、それは個人の好み。解説が好き。問題は多め。ご利用は計画的に。これが出来れば過去問500年分やりましょう。

よかったです

レビューをもっと見る
参考書名
大学入試センター試験過去問題集 2013 数学1・A,2・B (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫

文系数学の良問プラチカに入ります。問題一つ一つが難しく、問題数も多いため、無理に12月半ばまでに全範囲を終わらせようとしなくてよいです。

7.センター準備期(高3の12月半ば~高3の1月半ば)

高3の12月半ば~高3の1月半ば ⇒平日:3h、土曜:3h、日曜:3h(12月中)(10.5h/週、合計21h)

参考書名
大学入試センター試験過去問題集 2013 数学1・A,2・B (大学入試完全対策シリーズ)
著者
ページ
0ページ
出版社
駿台文庫

数学が得意な人でも、2次試験と傾向の違うセンター数学では足元をすくわれる人がいるので、数学に関してはセンター対策を入念にやるほうが無難です。
10年分のセンター本試の過去問、駿台のセンター模試問5回分、河合のセンター模試問5回分をやりましょう。

8.直前期(高3の1月~2月半ば)

高3の1月~2月半ば ⇒ 平日2h、土曜2h、日曜2h(14h/週、合計70h)

参考書名
東大の文系数学25カ年[第6版] (難関校過去問シリーズ)
著者
本庄 隆
ページ
304ページ
出版社
教学社

東大25カ年、駿台模試問などの予備校の出している東大模試の問題集を本番通り時間を測って解いていきます。
難易度の低い問題を見つけ、確実に合格点を取るトレーニングをします。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【東大合格勉強法】現役東大生の考える東大受験に必要な勉強時間・計画まとめ

    【東大合格勉強法】理系数学の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    【東大合格勉強法】英語の勉強時間と高2〜本番までのスケジュール

    【東大英語】現役東大生が教える対策とおすすめの参考書

    【東大数学】めざせ満点!東大文系数学の傾向&対策とおすすめの参考書!

    【東大国語】おすすめの対策法や参考書!現代文と古文それぞれ解説!

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に