早慶難関大対策に!解体英熟語の使い方と特徴【英語】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

解体英熟語の使い方と特徴を紹介します。英熟語は慶応義塾大学や早稲田大学を始めとした多くの難関大学で出題されますので、ぜひ入試本番までに本書で熟語をマスターしましょう。

参考書名
解体英熟語 改訂第2版 [ブック型] 必修語~重要語までの1017語
著者
風早 寛
ページ
688ページ
出版社
Z会

私は塾の先生にこの本を勧められて買いました。熟語なんてやってられないと思っていたけど、1日20個だけ覚えようとやっていくと、すいすい覚えられました。しかも、模試でも知ってる熟語が出てきて得点につながりました。まずは裏ページの前置詞の意味や全体の意味を捉えて、そのあとに表ページを確認する。これを3回くらい繰り返していると、すごく覚えやすいです。

英熟語の意味を芯から理解できます ※分厚いからといって決して人を殴るためのものではありません、、 しかし、大切な人を守るためなら、使用方法は問いません。

他の単語帳にはまずないであろう、前置詞のイメージ表が付録で付いており、何度も目を通しているうちに自然とそのイメージがついてきます。これを身につけることにより、初見の熟語でもある程度イメージが湧きやすくなり、正解率がアップします。 熟語は1,000ちょっと載っているのですが、後半は早慶上智向けでかなり難しい&出題頻度が低いものが多めなので、急ぎで詰める人はさーっと見るだけ見るという方がいいかもしれません。 そしてこちらの熟語帳はレベルが高いため、初めからこれに手を出すと気持ちが折れてしまうかもしれないので、同じZ会から出ている速読英熟語をまずやるといいです。

レビューをもっと見る

目的

英熟語学習

ボリューム

200ページ

目安勉強時間

50時間

使用期間

3ヶ月/1周

使用レベル

センターレベル~難関私大

学習効果

基礎から難関レベルの広い範囲の熟語をこの一冊でカバーできる

【解体英熟語】の特徴

形式:見開きの右ページと左ページが対応している普通の単語帳、熟語帳と異なり、右ページと次のページの左ページが対応している。そして、右ページには空欄補充の熟語問題が三つ載っており、次の左ページで答え合わせができるようになっている。
また、別冊で熟語問題のみが簡潔にまとめられた例文集がついている。

長所:特徴は上述したユニークなページ構成とともに、左ページの解説の詳しさである。熟語の成り立ちや関連熟語などその熟語に関する情報がこれでもかと詰まっており、暗記の一助となる。
また、問題集の形式もいいのだが、単純に選ばれた熟語も無駄なものはほとんどない。筆者はこの参考書で学習し始めたころは、こんな熟語長文に絶対出てこないだろ・・・って熟語が自分の中で多くあった。しかし、受験直前になって見返してみると、今まで長文演習で出会った熟語ばかりで、最初の認識の間違いを痛感した。本書の熟語の選出は受験英語に確かに即したものであるといえる。
さらに例文集もなかなか有用だ。

短所:この一冊自体が分厚い。重い。そのため持ち運びにはあまり適さない。解決方法は次で述べる。

【解体英熟語】の使い方

日常的に少しずつ覚えていくのがスタンダードかつ最良の使い方だろう。一気に覚えられる量ではない。毎日電車の中で30分、などやる時間を決めるのもいいだろう。
しかしこの参考書は持ち運ぶには分厚すぎる。これを解決するために、筆者ははさみで分割した。これなら持ち運びにも苦労しなかった。
また、例文集は最後にヌケモレが無いか一気に確認するために有用だ。受験直前期などに赤シートで100個単位で復習するといいだろう。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 入門編の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に