【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

早稲田大学や慶應義塾大学など難関私立大学の受験生によく使われている英単語帳『話題別英単語 リンガメタリカ』について、効果的な使い方と特徴を紹介します。

参考書名
話題別英単語 リンガメタリカ [改訂版]
著者
中澤幸夫
ページ
392ページ
出版社
z会

みんなこれのことリンガとかメタリカとか呼んでる。絶対に話題別のほうが楽なのに。 さておいて、この単語帳は単語帳ではないです。長文を読み、背景を捉え、単語を確認するといったある種長文の参考書のようなものです。 要求されるレベルは高く、精読はもちろん速読もある程度できないと辛いでしょう。 しかしこの単語帳に手を出す人(≒難関大志望者)ならばそれに怖気付くようでは話になりません。 さっさと取り掛かり、吸収できるものは吸収して、さっさと過去問を研究しましょう。そうすればやってよかったと思えるでしょう。

相当多い量の英文解釈、精読を経て、殆どの確率で英語の文構造がわかる今、一つの壁にぶち当たったーーー英語が読めない。ーーーーこれは誰しもある問題だと思う。つまり、これが多読のステップへの入り口だと思う。結局受験勉強はいつかは量が質を超えていく。その「いつかは」が多読の段階に違いないと思った。入試問題はとっかかりにくくて難しい。だけどちんたら一日英文をたったの500単語読んでなんかいたら、その実力がつくのに何年かかるだろうか。リンガメタリカは内容が難しい。だからこそ、日頃の問題が簡単に感じたりする。要はいい意味で「基準が下がる」のだと思う。

この本は京大などの最難関大学から中堅私大までの二次試験の問題文をテーマ別に分けている者です。 自分は英語が得意教科だったので調子こいてやってみましたがなかなかの難易度に手こずりました。 でも英文の隣に日本語訳が付いているので頭の中で訳をまとめて日本語訳を見るというやり方でやってみると結構力つきました! 背景知識とか専門用語とかたくさん載っていて無駄とは言いませんがあくまでも教養をつけるためで受験には直結しないと思います。 新2年の下手なレビューで申し訳ありませんが一周してみた感想を書いて見ました よかったら参考にしてみてください!

レビューをもっと見る

目的

英単語学習・英語長文学習・教養

ボリューム

392ページ

目安勉強時間

100時間

使用期間

3ヶ月(1周)

使用レベル

難関私大~国立二次試験

学習効果

普通の単語帳には載っていないが、知っていたら役に立つ英単語を学習できる また、テーマ別に長文に慣れることができる

【話題別英単語 リンガメタリカ】の特徴

形式:
まずテーマ別に章が分かれています。このテーマは環境・医療・心理・言語など多岐にわたっています。
そのテーマごとにいくつか長文が載っていて、その長文に載っている単語を覚えます。この単語は連語で載っています。そのテーマごとに英作文用の例文も掲載されています。
さらに、そのテーマに関して教養が深まるようにページが大きく割かれています。

長所:
テーマ別に単語を整理して覚え、さらにそれに関する長文を繰り返し読むので、テーマごとに専門的な単語が身につきます。また、少しレベルの高い長文を大量に読むのでそういった長文に慣れ長文読解後からも身につきます。
さらに、受験勉強に直接役立つかはわかりませんが、その読んだテーマに関する教養を学ぶことができるのもリンガメタリカの特徴だといえます。
日本語で詳しく説明されているので、英語長文対策というよりも教養が深まる読み物だといえます。。しかし、専門性が高い長文になると、そのテーマについて少しでも知識があればかなり有利になるので受験勉強に対しても有用といえるかもしれません。

短所:テーマが少々専門性が高く、長文のレベルも高いので、電車で気軽に読む、というのは最初は難しいでしょう。また最初は単語の難しさに苦労するかもしれません。
リスニングCDもついていますが、単語が難解なためかなり聞き取りづらいです。
相当レベルの高いリスニングを問われる大学にしか効果は無いでしょう。
ボリュームがかなりあるので、繰り返し学習して身につけるためにはかなりの労力を必要とします。

【話題別英単語 リンガメタリカ】の使い方

単語学習というより普通に長文集のように使うといいでしょう。医学や環境問題等テーマごとに読み応えのある長文が集まっています。
何回か繰り返し読んでいるうちに単語を覚えてくるので、それから集中的に単語学習に移ると効果的です。
特定のテーマを扱った長文なので、関連性の高い英単語を一纏めに覚えることができます。
文章・単語共に難易度は高めなのでこなすのはなかなか大変ですが、早稲田や慶應など難関大学受験に必ず役立つ高いレベルの単語力が身につくはずです。

また、この参考書はただ単語をさらうのではなく隅から隅まで読んでほしい本になっています。
他のよくある参考書と違って、リンガメタリカは受験勉強を終えたあとも見据えています。大学での教養学習、人生において役に立つ内容が書かれているので受験に関係なさそうだから、といって飛ばさずに読みましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 入門編の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に