【英語】基礎英語長文問題精講の使い方と特徴

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

基礎英語長文問題精講の使い方と特徴を紹介します。

参考書名
基礎英語長文問題精講 改訂版

解答がちょっと探しにくいけど、文章がいいです。文法書見ながら答え合わせしたほうがいいかもしれません。

私は高2の終わりに、文法等を一通り勉強した上で、英語読解力向上のためこの問題集を使用しました。 批判的なレビューもありますが、私はとてもこの問題集が好きです。 安価なのに大量の英文が掲載されています。内容もおもしろいです。 ただ、訳がおや?と思う部分もあります。 だから、多読用に使うのが最適です。問題は正直解かなくていいと思います。 自分で制限時間を決めて、文章を読み、文章の内容の大枠を掴む練習を繰り返しました。 文章を読んで訳せそうにないところには、下線を引いて、あとから該当部分の日本語訳を見たりして苦戦しながら文章を頭の中で訳していきました。 音読も何度もしました。 これで速読力が鍛えられたと思います。 ただ、このほかに記述式の問題集が必要だと思いました。 私は英語学習においてたくさんの英文に触れることにとても効果を感じました! ですので、この問題集を何周もしたあとは、速読英単語上級編の本文を何周もすることをおすすめします!

解説が無いに等しく、文章も古いものが多い。 問題の量は多いが、これなら量が少なくても解説が厚いものをやった方が良い。

レビューをもっと見る

目的

英語長文演習

ボリューム

288ページ

目安勉強時間

30時間

使用期間

1ヶ月で1周

使用レベル

易〜標準

学習効果

英語長文読解における基礎的な力が身に付く。

【基礎英語長文問題精講】の特徴

基礎レベルの英文を中心に掲載した問題集。英文もそれほど長くないので比較的早く問題が解ける。これから英語長文を勉強したい、という人にちょうど良い問題集。

【基礎英語長文問題精講】の使い方

基本的な流れとしては、問題を解き、解答・解説を確認する。英文を読んで分からなかったところは解答の和訳を読み、しっかりと分析する。また、知らない単語、文法が英文にあったときはそれを調べ、自分の単語帳などに書き込んで暗記する。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 入門編の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に