15894788

【数学】東工大の数学15カ年の使い方と特徴

はじめに

この記事では、東工大の数学15カ年の使い方と特徴を紹介します。
東京工業大学の入試問題を15年分集めた本で、東京工業大学の受験生はもちろん数学の難しい問題集を探している東京大学・京都大学・大阪大学等の志望者にもおすすめです。

200892
参考書名
東工大の数学15カ年[第3版] (難関校過去問シリーズ)
著者
ページ
304ページ
出版社
教学社
Btn amazon

目的

東工大の出題形式に慣れ、得点力を上げる
難問に触れ、数学の応用力を伸ばす

ボリューム

60問程度

目安勉強時間

60時間

使用期間

1〜2ヶ月

使用レベル

標準〜やや難

学習効果

東工大の問題は基礎がわかっているだけでは解けません。
この問題集をこなすことで簡単な問題なら解けるけど、難しい問題になると手も足も出ないという現象が減ります。

【東工大の数学15カ年】の特徴

東工大の15カ年分の数学が載っています。数学はそこそこ勉強してきた、しかしちょっと問題が難しくなると手も足も出なくなるという人はやる価値のある一冊といえます。
東工大の問題らしい大変な計算も粘り強く進めてなんとしてでも答えを出すという姿勢が実際にこれをやれば掴めます。
いかに今まで自分が分からないと言いつつ、分かるのに途中で問題を諦めていたか分かります。前提として『スタンダード演習』、『やさしい理系数学』レベルの問題集は終わらせてから取り組みましょう。基本的に東工大、東大志望向け。

【東工大の数学15カ年】の使い方

1カ年4問なので、1日2時間あるいは1時間とり、30分で1問解いていきましょう。
分からなかったところは解答を見てしっかり理解して、そのあとすぐに自力で再び答えを出すようにしましょう。

この記事を書いた人
    14720702?w=72
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15746910?w=120

    【数学】大学への数学 新数学演習の使い方と特徴

    15745182?w=120

    【数学】新数学スタンダード演習の使い方と特徴

    15789928?w=120

    【数学問題集】やさしい理系数学の使い方と特徴【やさ理】

    15896431?w=120

    【数学】大学への数学 1対1対応の演習/数学III (1対1シリーズ) の使い方と特徴

    19772939?w=120

    【数学】大学への数学 1対1対応の演習 数学Ⅰの使い方と特徴

    15790210?w=120

    理系数学の良問プラチカ(数学ⅠA・ⅡB)の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay