【日本史のノートのまとめ方】わかりやすい作り方と覚え方を紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

日本史の勉強では、ノートを使った勉強法が効率的です。なので市販のノートやそれに近い参考書を買って勉強する人は多いのではないでしょうか。ところが日本史は入試が近くなるに連れて対策が難しくなります。というのも、英語・国語の対策を優先して日本史がおろそかになってしまったり、日本史は復習だけではなくまだまだ学習すべきものがあるからです。
高2まで順調に日本史の成績が伸びても高3の受験シーズンで成績が急激に落ちてしまうことは多々あります。こういった終盤のどんでん返しには注意したいですね。

この記事では、日々の勉強法やノートのまとめ方、そして日本史の用語の覚え方を紹介します。内容を整理したり受験対策にぜひ活かしてみてください。

日本史の試験において知っておきたいこと

日本史の勉強法の紹介に入る前に、受験日本史について知っておいてほしいことを2つほど紹介します。闇雲に勉強するよりもずっと得点アップにつながるので、ぜひ頭に入れておいてください。

1つ目!最新の内容も欠かさずチェックする必要がある

1つ目が、ごく最近の内容まで出題されてしまうことです。日本史は勉強の終わりが見えない科目です。大きな区切りとして第二次世界大戦まで、あるいは昭和の終わりまでしか勉強しない人がいます。ですが入試では平成の出来事まで出題されてしまい、最近では郵政民営化や消費税が8%に引き上げられたことまで出題されるようになりました。
新しい内容も、教科書や参考書を頼りに理解を深めましょう。

2つ目!早めに大学別・学部別の対策を始めると入試で有利になれる

日本史の試験は大学や学部ごとに傾向があります。大学の創設者や歴史に関する問題や、法学部なら法令に関する問題などそれぞれの特色が出るのです。対策すべきポイントが明確に見えてきますので、受験する大学・学部の傾向はなるべく早く確認しましょう。
例えば明治大学経営学部では近現代が範囲であり経済に関する問題がほとんどです。
このことを知った上で近現代以降を勉強すれば9割を超えることも簡単です。
古代から現代まで学習することは大切ですが赤本の傾向解説や大学別の対策本を買って傾向を把握しておくと的を絞った勉強ができるようになります。

日々の勉強で陥りやすいこと

日本史の勉強をしていて、少しずつ追いつかなくなることがあると思います。なぜそうなってしまうのか少し考えてみましょう。

過去に習った内容と現在習っている内容の整理ができない

習った範囲の復習を重ねて知識を定着させますが、その一方で新しい内容も勉強しなければなりません。日本史は今年起きた出来事まで出る可能性があり、復習が忙しくなっていくのは避けられないのです。新しく学んだことばかり復習していては過去に習ったものを忘れてしまいます。
しかし、古いことばかり復習していては新しく知識を得ることができないので今ある知識で入試に挑むことになってしまいます。
漠然と日本史の時間を決めて勉強するのではなく範囲を決めて取り組む必要があります。

他の科目に時間を充てたいので疎かになりがち

ほとんどの大学では英語・国語の配点が高いです。日本史は相対的に優先度が低くなってしまいますが、センター試験と違って日本史の配点が総合的な配点の大きな割合を占めることもあります。
つまり、日本史で点が取れなかったら入試では致命傷となり英語・国語が高得点でもカバーしきれない場合があります。
私大合格を目指すのであれば日本史も綿密に勉強するようにしてください。

ノートを使って着実に成績を上げる勉強法

ここでは3ヶ月で劇的に成績を伸ばす勉強法を紹介します。日本史の勉強で大切なことはノートにまとめることです。なぜなら、日本史は使用する教材の数が多く、情報が散在して整理ができないからです。そういった弱点を解消するためにも、1冊のノートに情報を集約することを意識してください。このまとめ方は多くの予備校で取り入れられています。定着のためには非常に効率がいい方法ですので参考にしてください。

政治史と文化史でノートをそれぞれ作る

日本史は主に政治史と文化史に分けられます。それぞれ別のノートにまとめると良いです。多くの受験生は時代ごとに情報を整理しますが、あまりにも凝縮してしまうと見づらくなるだけではなく、背景知識も合わせて覚えるべき用語と単純に暗記するだけの用語が整理できなくなってしまいます。内容ごとに大別するとスッキリします。見やすくてわかりやすいノートを作る手始めとして、政治史用ノートと文化史用ノートを用意してみてください。
私はA4版のノートを2冊用意し、政治史用ノートと文化史用ノートに分けて使っていました。
歴史の流れも含めて覚えるべき内容と、単純に暗記するだけで済む内容とに分けて暗記することができて非常に整理しやすかった覚えがあります。

見開きで時期や単元ごとにまとめる

ノートには見開きの状態で一つの時期や単元をまとめるようにしましょう。日本史の情報量は意外と多く、何ページにもわたってまとめていては見渡す量が増えて日本史に多くの時間を割くことになってしまいます。これでは教科書をもう1冊作るようなものですね。ここは大胆に見開きで1ページと見立ててノートを使いましょう。
入試では出題の時期やテーマがある程度決まっています。見開きにまとめることで関連する用語を鷲掴みするように覚えることができ、入試本番では関連した内容の問題も一緒に正解にたどり着くことができます。時期があまりにも長かったり政治や経済が複雑に絡んでいる場合は、数ページを使って一つの時代をまとめると非常にわかりやすいです。

例えば江戸時代は、前期の出来事・農村の仕組み・三大改革・開国から幕末まで、といった感じで適度に分けるようにしてください。
ページごとにタイトルをつけたり太字用フェルトペンをつかって枠で囲ったりしておくとさらに見やすくなります。また、資料を貼ったりメモを足せるスペースを確保してまとめると様々な教材に散らばっている情報がぎゅっと集まるので、勉強しやすくなりますよ。

色ペンごとにルールを決める

重要な用語は色分けすると思いますが、きちんとルールを決めましょう。赤シートで隠せるようにとオレンジ色ばかり使ったりペンをそろえるのが大変だからと1・2色だけ使うのは少し見栄えが悪いです。単調になってしまい、なぜ重要であるのか十分にとらえきれないことがあります。戦で勝者・敗者を同じ色であらわした場合、勝マークや負マークを書かなければならずせっかくまとめたのに少しずつ文字であふれてしまいます。ですので例えば功績のある人や争いの勝者は赤、敗者は青でまとめてみてはいかがでしょうか。勝敗と赤青のコントラストが印象的なので定着し、少ない言葉でまとめることができます。

他にも事件名や法令などで色分けすればノート上でどの範囲でどの色の用語が多く登場しているか一目でわかり、その色が重要だと理解できます。試験では紛らわしい用語ほど狙われますので力を入れて覚えるべきだと判断する材料にもなるのです。
5色あれば十分に色分けできます。買い足して今後の勉強で使うようにしてください。

用語だけをまとめ、適宜記号を使って簡潔にまとめる

教科書や参考書は文章で解説されています。ノートにまとめるときは余計な言葉は書かないで用語だけ書きまとめましょう。でないとノートが教科書などと同じくらいの文字数になりまとめる意味がなくなります。少し味気ないですが、出来事の順番になるべく箇条書きでまとめていきましょう。
そのときに矢印や記号を使うとコンパクトにまとまります。私は記号にもいくつかルールを作っていました。

原因・理由は黒丸(●)、結果は矢印(⇒)、志望校で頻出の内容は二重丸(◎)をつけるなどです。
ここで注意してほしいことが1つあります。それは、「流れをイメージしながらまとめる」ことです。なんとなくまとめていたのでは歴史の流れがわからなくなってしまいます。入試では用語を答えるだけではなく正誤問題も出されます。
歴史のストーリーを思い出しながら勉強することで正誤問題に対応する力はつきますので、何も考えず用語を書くことだけは絶対にしないでください。

余白を設けて情報を肉付けできるようにする

見開きでまとめることの重要性を指摘したときに軽く触れましたが、余白を作りましょう。復習を重ねるうちになにか発見できることがあるかもしれません。メモ書きができるスペースがあれば便利ですよね。メモの内容は人それぞれですが、私は語呂合わせや替え歌、志望校での傾向を書き留めておきました。
他にも地図や写真なども肉付けするといいです。政治史では地図問題が出ることがあります。教科書では〇〇の北東部などと説明されますがそれで地図上の場所がわかる人はいません。ですが教科書や資料集には地図が載っているので切ってノートに貼ると地名と場所がノートですぐにわかります。
文化史では美術作品や建築物が写真問題で使われます。パッと見て名前がわかるものもあれば、時代が同じで特徴が似ているものも多く意外と引っかかりやすいです。ノート上で似たものを並べて貼り付け、見分けるヒントや目立つ違いをマークすると資料問題でミスすることがなくなります。
持ち運ぶ教材が減ったりもするので必要な資料をノートに貼るよう心がけるのも良いでしょう。余白はどのようにも使えるのでぜひ活用してくださいね。

ストーリー化して声に出して復習する

復習の際に、単にノートを眺めるのではなく、ストーリー化して声に出してみましょう。完璧に理解している内容ともっと復習しなければならない内容が浮き彫りになります。
声に出すときには字面を読み上げるのではなく関連のある用語を使って文章化することが大切です。

私が紹介した方法でできるノートには、主に用語だけが書かれています。それをストーリー化して一連の流れをしゃべることができればほぼ完全に定着しているので自信を持って勉強を続けてください。流れを思い出せなかったりうまく言葉にできなかった場合、そこは弱点ですので補強が必要です。教科書や参考書を読んでもう一度理解しなおすようにしましょう。
しゃべって覚える勉強をすることで忘れにくくなり、しかも手っ取り早く理解度がチェックできるのでこれからは「自分の言葉に置き換えて、しゃべって覚える勉強法」にチェンジしましょう。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

【日本史勉強法】参考書を最大限に活用するための暗記テクニック

日本史のおすすめ参考書&問題集【センターから難関大対策まで】

【日本史のノートのまとめ方】わかりやすい作り方と覚え方を紹介!

【日本史早慶模試トップが教える】日本史の覚え方のコツ、勉強方法

【日本史勉強法】偏差値40からはじめる偏差値別勉強法

【いますぐ始めよう】国立2次対策!日本史論述の勉強法とおすすめ参考書・問題集!

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に