【英語おすすめ問題集】基礎 英文法問題精講の使い方と特徴

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

基礎 英文法問題精講の使い方と特徴を紹介します。この問題集は文法単元を中心に扱っていますが、英文法の理解は英文読解には欠かせません。
ぜひこの問題集を使って文法の基礎を固め、長文読解に活かしましょう。

センター英語から難関大学まで幅広いレベルに対応していますよ。

参考書名
基礎英文法問題精講 3訂版

簡潔にメリット、デメリットを言う。 メリット→間違ったところのピンポイント解説ではなく、その問題に関連する部分の項を開いて解説している。 デメリット→解答はあるものの解説が無いとこがたまにある。

ここに書いている内容全て完璧にしたら英文法は東大だろうが早稲田だろうが対応できるだろう。ただし結構細かいところまであるので、時間が無い人は手を出さない方が無難であろう。

これ一冊を繰り返しておけば、穴が少なく他の受験生に負けることはない文法力がつきます。 他の受験生をリードするとは言いませんが、取り敢えず劣ることは決してなくなる。 結局文法は、これと同じシリーズの入門編(高2の頃学校で配られた)とこれしかやらなくて済みました。 センターと東大なら十分だと思います。 何しろ東大は恐らく細かい文法で差がつきにくいので。 但し学校の友達に勧めたところ、全員に「難しそうに見えるからやめとく」と言われました。 確かにカラフルでなく文字ばっかりで難しそうに見えますが... バランスのとれた良書だと思います。 是非見てみてください。

レビューをもっと見る

目的

英文法の基礎的な知識の獲得と定着

ボリューム

288ページ

目安勉強時間

30時間

使用期間

1ヶ月で1週

使用レベル

基礎〜標準

学習効果

この1冊で英文法の基礎的な知識が身に付く。

【基礎 英文法問題精講】の特徴

英文法の基礎〜標準的な参考書です。構成としては、軽い問題と、それに関する文法事項の解説、そしてそれらの文法事項を用いて解く類題からなっています。
携帯しやすく内容も簡潔に書かれているので、スキマ時間に取り組みやすいです。

【基礎 英文法問題精講】の使い方

まず問題を解き、その後各問題に関する文法事項を確認し、類題を解いてみましょう。また、1週した後は学校の定期試験や模試前に文法事項の確認を行うのに最適です。試験や模試で分からないところはその都度この参考書に書き込んでいき、暗記用の参考書として使用しましょう。

カバーしているレベルが広いからこそこれ1冊で事が足りる、といったメリットがあります。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 入門編の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に