15839924

基礎英文問題精講の使い方とレベルを紹介【英語おすすめ問題集】

はじめに

基礎英文問題精講の使い方とレベルについて紹介します。
英語のおすすめ問題集の一角ですのでぜひこれからの勉強の参考にしてみてください。大学受験生は必見です!

2988
参考書名
基礎英文問題精講 3訂版
著者
中原 道喜
ページ
272ページ
出版社
旺文社
Btn amazon
21789721?w=80

英語の長文に慣れさせてくれる良書だと思われ。ただ、直訳慣れしてる私にとってはあまりにも意訳すぎて(たまに日本語もぶっ飛んでる)すこぉ〜し難しいかなって感じないこともないです。べっ、別に難しいなんて言ってないんだからねっ!! とはいえ最終的に必要なのは意訳の力なので、きっとそのあたりを鍛えてくれるはずです。 学校で購入した教材の中では珍しくいいものだと思います。文章の内容もよきです。自分の生き方、考え方を改めてくれます。とりま一回手に取って確かめてみ。まじ卍やで。(激しいキャラブレ失礼致しましたで候)

21950414?w=80

英文解釈の基礎が詰まった1冊。英語が好き、だけどなかなか上達しない、といった人にオススメかもしれません。 使われている英文の全てに感銘を受けました。まるで人生の指針をくれるような、素晴らしい本です。

22091442?w=80

『単語(僕の場合はユメタン1と2です)がある程度頭に入ってるけど、長文であまり点が取れない人』におすすめです 最初は難しく感じるかもしれませんが、和訳しているうちにだんだん慣れると思います 僕は冬休みに毎日3題解き、冬休みが終わってからも毎日1題は解くことで1月の進研模試で英語の偏差値が70を超しました にもかかわらずまだ全範囲を学習したわけではないので、全てをじっくり何周もやり込めば駿台模試などでも通用するレベルになると思います 英語の偏差値が50付近の人は単純に単語が足りてなかったり、授業でやったはずの文法が理解できてないだけだと思うので、それらを克服した後に手を出すのがおすすめです

レビューをもっと見る

目的

英文解釈の力をつける

ボリューム

272ページ

目安勉強時間

45時間

使用期間

1月で1周

使用レベル

標準〜やや難

学習効果

英文解釈の基礎的な力がつく。

【基礎 英文問題精講】の特徴

短文〜中文の英文と、その英文の解釈法の説明が載っています。難易度としては、序盤は短く簡単な英文であり、徐々に英文が長く難しくなります。
テーマも様々で、たくさんの内容の英文に触れることができます。

【基礎 英文問題精講】の使い方

時間がかかっても良いので、英文をしっかりと和訳し、解説の和訳と照らし合わせます。次に解説を読み、和訳においてよくわからなかったところを重点的に調べましょう。

演習量が豊富なため後半は雑に扱いがちですが、最後まで丁寧に読み解くことを意識してみると良いですよ。

この記事を書いた人
    14720702?w=72
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15788518?w=120

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    15840075?w=120

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    15790568?w=120

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    15745880?w=120

    【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

    15826168?w=120

    【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

    15839768?w=120

    【英語】解体英熟語の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay