【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

この記事では「英語長文問題精講」の使い方と特徴を紹介します。この「英語長文問題精講」は実際の過去問を中心に英語長文が載っているので、より実践的な長文読解ができる問題集です。この記事を読んで、是非英語長文の教材選びの参考にしてみてくださいね。

英語長文問題精講

参考書名
英語長文問題精講 新装版
著者
中原 道喜
ページ
271ページ
出版社
旺文社

これと別バージョンの『英文標準問題精講』がアホみたいな難易度だったせいで不安だったが、こちらは翻ってとても解きやすい良問が並んでいる印象。 ほかの方も指摘なさっているとおり、1000円で60題も解ける圧倒的リーズナブル。長文1つ1つの分量もコンパクトにまとまっているから、精読力も速読力も磨ける。

センター問題などもあって、勉強しやすいです❗ 答えが見にくいですが、読みごたえもあって用語の解説もあるので、わかりやすいです。 英検等にも効果的だと思います‼️中原 道喜中原 道喜旺文社英検 準1級

解答が回答冊子と問題冊子の次のページに別れていて答え合わせと解説読みがしずらいですが、まぁ楽しいです

レビューをもっと見る

目的

英語長文演習

ボリューム

271ページ

目安勉強時間

60時間

使用期間

1ヶ月で1周

使用レベル

標準〜難

学習効果

英語長文読解における応用的な力が身に付く。

【英語長文問題精講】の特徴

まずは「英語長文問題精講」の特徴についてお話ししていきます。この「英語長文問題精講」は大学入試問題の過去問を中心に掲載した英語長文問題集です。収録されている文章自体は短いものが多いのですが、問題としてはやや難しいため、一周するのに時間がかかります。まだやや難しめの英語長文は読めないなと思う方は、この問題集を解く前に「基礎英語長文問題精講」をやると良いです。この「基礎英語長文問題精講」はより基礎的なものなので、本屋さんでどちらが自分のレベルに合っているかチェックしてみましょう。

【英語長文問題精講】の使い方

次に「英語長文問題精講」の使い方についてです。この問題集の基本的な流れとしては、【問題を解き、解答・解説を確認する】という流れで勉強していきましょう。もし英文を読んで分からない部分があれば、解答の和訳を読み、しっかりと分析することが重要です。また、知らない英単語、英文法が英文中にあったときはそれを調べ、自分の英単語帳などに書き込んで暗記するような復習方法がおすすめです。何よりも「復習」に比重を置いて、次に同じ英単語や英文法が出てきた時に、しっかり得点できるようにしましょう。

この記事で出てきたその他の問題集については以下の記事でチェックできますよ。

基礎英文問題精講の使い方とレベルを紹介【英語おすすめ問題集】

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録
この記事を書いた人
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 入門編の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に