【古文】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴を紹介します。

参考書名
読んで見て覚える重要古文単語315
著者
武田 博幸, 鞆森 祥悟
ページ
287ページ
出版社
桐原書店

絵とかもあって覚えやすい🙂

1年間かかった だが覚えたら勝ち組 (^。^)🎶🙈🚗👀🎁🎶👌🏿‼️🎊😄🚗👌🏿😌😩⁉️⁉️👌🏿⁉️👌🏿🎊🙈‼︎🙈‼︎👌🏿😩🎶😁🎶😁🚗👌🏿🚗🎊👀‼︎🙈⁉️👀‼︎😩🎁🚗🚗👌🏿🎶‼️⁉️😉🎊😆😌😁‼︎😁⁉️😃🚹😃‼︎👀😌👌🏿☺️😭😊🙏‼️🙏‼️🙏‼︎😭🎊🚹🎊😭‼︎🙏‼️🙏⁉️🍕‼︎👌🏿😌😭😌😭🚗🍕🎁

この教材はこのアプリで見て買ったんですけど、かなりおすすめします。 本屋でおすすめされてた「ゴルゴ」とかも考えましたがやっぱり最終的にはド定番がいいかなと思ってこっちにしました。 まだ使いはじめて日は浅いですがとても使いやすく、丁寧に説明が書いてあり、絵もついていて覚えやすいです。 このレビューが役に立つかは分かりませんが、参考にしてもらえたら嬉しいです。

レビューをもっと見る

目的

古文単語の暗記

ボリューム

287ページ

目安勉強時間

15時間

使用期間

1,2ヶ月で1周

使用レベル

基礎

学習効果

古文単語や古文常識が身に付く。

【読んで見て覚える重要古文単語315】の特徴

古文単語のイラスト付きで解説と、その単語を用いた例文、そしてその単語の類義語や対義語が掲載されている。また、巻末には古文常識や古典文学作品の年表などがついており、単語以外の知識も身に付く。

【読んで見て覚える重要古文単語315】の使い方

1周目は単語の解説や例文をしっかりと読み、知識の定着を行う。2周目以降は単語の意味だけを軽く、素早く行い、あまり単語に時間をかけすぎないようにする。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    古文参考書問題集6選!GMARCH志望の方は文法・単語から学ぼう!

    【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

    古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

    【古文】古文上達 読解と演習56の使い方と特徴

    【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

    【古文】「源氏」でわかる古典常識の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に