【世界史】世界史B一問一答 完全版の使い方と特徴

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

世界史B一問一答 完全版の使い方と特徴を紹介します。

参考書名
世界史B一問一答―完全版 (東進ブックス 大学受験 高速マスター)

細かい知識もあって情報量はほんと多いんだと思います。ですが私には多すぎて嫌になってやめてしまいました。世界史は基礎と反復が大切だと思うので、やり切れる自信がなければやめた方がいいと思う あとやるとき付箋はやる気がなくなるらしいので面倒でも鉛筆とかで印つけるといい

問題にレベルがつけられていて、センターだけなら☆3、一般なら☆2、難関私大・国公立二次なら☆1までとやるべき問題が厳選されていて非常におすすめ。 後、問題文がそのまま記述の回答になる問題も数問あるので記述がある人はやったほうが良いと思います。 また、問題文の方にも重要語句が赤字で書かれていて赤シートで隠すことができ、答えの語句から問題文を予想すると言う変わったこともできます。 問題の補足で年号の語呂合わせや、予備知識も記載されているので世界史の勉強が楽しくなりました。

とても簡潔だし、問題の順序が時代の流れに沿っており、これ一冊やれば暗記知識は付きます。あと総復習の時に一気にやってみるのもいい。

レビューをもっと見る

目的

世界史の暗記事項の確認

ボリューム

431ページ

目安勉強時間

80時間

使用期間

1年を通して使用

使用レベル

基礎〜難

学習効果

世界史の基礎的な知識が定着する。

【世界史B一問一答 完全版】の特徴

世界史1問1答問題集。山川出版のものとは違い、かなり細かい知識について書かれており、また、論述でよく使うポイントなどの解説がついている。

【世界史B一問一答 完全版】の使い方

教科書を読み、教科書に対応した箇所をこの問題集で確認する。また、論述に関するポイントなどもしっかりと読み込んで暗記する。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【世界史一問一答】山川?東進?レベル別のおすすめと使い方を徹底解説

    【世界史】世界史B一問一答 完全版の使い方と特徴

    【世界史】元祖世界史の年代暗記法の使い方と特徴

    【世界史】佐藤の世界文化史一問一答の使い方と特徴

    【世界史】東大の世界史25ヶ年の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に