【英語問題集】UPGRADE英文法・語法問題の使い方と特徴

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

大学受験の英語科目でよく使われる、『UPGRADE英文法・語法問題』の使い方と特徴を紹介します。
英文法・語法は英語力の基礎にあたる部分です。
『UPGRADE英文法・語法問題』はその英語力の基礎の中でも更に基礎の部分の力を高めるのに役立ってくれます。

参考書名
【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 (〈データ分析〉大学入試アップグレード)

目的

英語の文法・語法強化

ボリューム

415ページ、1161題

目安勉強時間

100時間

使用期間

半年

使用レベル

センター~難関私大

学習効果

この一冊をマスターすれば、センター英語レベルの英文法・語法を大体網羅できる

【UPGRADE英文法・語法問題】の特徴

形式:
一問一答形式で、大きく文法・語法・語彙・熟語の四部構成になっています。
左ページに問題があり、右ページに問題に対応した解説が載っています。右ページにはたまに類似事項についてまとめたコラムのような項目もあります。

長所:
タイトルで【データ分析】と書いていて、10年間4,000回の入試問題を徹底分析したと本書内でも書いてあり、確かに出やすい問題がまとめられています。
また、出やすい問題というある意味王道の問題だけなく、出題頻度が特別高いわけではないものの、出たらやっかいな間違えやすい問題まで網羅されていて非常に助かる参考書です。入試で差がつく部分を集中的に対策できるというわけです。

短所:
量が多いのでまず一周するのに非常に労力がかかります。また、解説が全くない問題もあったりして不親切な部分があります。
別途英文法の参考書を傍らに置きながら解くなどの工夫が必要です。

参考書名
総合英語Forest 7th Edition

僕は1単元ごとにまずフォレストを読んで知識を定着させます。次にフォレストの解いてトレーニングをします。そうすると、理解するだけでなく、使えるようになります。おかげで、仮定法までしっかり理解し、使えるようになって、定期テストでも90点以上取れるようになりました。高1が終わるまでにフォレストを使って文法完璧にしたいです。

Forestが出版契約満了で重版されなくなったわけですが、解いてトレーニングも音でトレーニングも重版されないわけです。わたしは、どれも持ってますがForestをもう一冊買う予定です。Evergreenは、問題集がないのが致命的すぎますからね!ということで、いずれ買うかもしれませんが、まだイラネー( ´艸`) 【追記】 中古で冊子とCDが付いた物を追加購入しました。現在、解いてトレーニングを解き始めているのですが、各単元に参考書の参考ページ番号が記載されているので、Forest 7thはどうしても手元に置いておきたい一冊となっています!Evergreenも素晴らしい本だと思うのですが、問題集が一般販売されないため、価値が半減です…何でこんな出版社から出したんだろう(´・ω・`) 【追追記】 問題集が一般販売されました。今ならEvergreenもありですね。

再び英文法の深い森の中へ。きっと道案内してくれるだろう。たとえそれが Long and Winding Road でも。

レビューをもっと見る

【UPGRADE英文法・語法問題】の使い方

毎日である必要はないが、日ごろからコツコツと進めていくのがよいでしょう。
一周したあとは間違えた問題を中心に復習すします。
また、他の英語問題集を解いていたり、センターや私大入試の過去問を解いて学習が足りないな、と思った分野だけ復習するのも有効でしょう。

この記事を書いた人
    あなたの勉強を後押しします。

    関連するカテゴリの人気記事

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

    【英語】速読英単語 入門編の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に