15905801

【英語問題集】UPGRADE英文法・語法問題の使い方と特徴

はじめに

大学受験の英語科目でよく使われる、『UPGRADE英文法・語法問題』の使い方と特徴を紹介します。
英文法・語法は英語力の基礎にあたる部分です。
『UPGRADE英文法・語法問題』はその英語力の基礎の中でも更に基礎の部分の力を高めるのに役立ってくれます。

2949
参考書名
【データ分析】 大学入試 アップグレード UPGRADE英文法・語法問題 (〈データ分析〉大学入試アップグレード)
著者
霜 康司, 刀祢 雅彦, 麻生 裕美子
ページ
416ページ
出版社
数研出版
Btn amazon

目的

英語の文法・語法強化

ボリューム

415ページ、1161題

目安勉強時間

100時間

使用期間

半年

使用レベル

センター~難関私大

学習効果

この一冊をマスターすれば、センター英語レベルの英文法・語法を大体網羅できる

【UPGRADE英文法・語法問題】の特徴

形式:
一問一答形式で、大きく文法・語法・語彙・熟語の四部構成になっています。
左ページに問題があり、右ページに問題に対応した解説が載っています。右ページにはたまに類似事項についてまとめたコラムのような項目もあります。

長所:
タイトルで【データ分析】と書いていて、10年間4,000回の入試問題を徹底分析したと本書内でも書いてあり、確かに出やすい問題がまとめられています。
また、出やすい問題というある意味王道の問題だけなく、出題頻度が特別高いわけではないものの、出たらやっかいな間違えやすい問題まで網羅されていて非常に助かる参考書です。入試で差がつく部分を集中的に対策できるというわけです。

短所:
量が多いのでまず一周するのに非常に労力がかかります。また、解説が全くない問題もあったりして不親切な部分があります。
別途英文法の参考書を傍らに置きながら解くなどの工夫が必要です。

8466535
参考書名
総合英語Forest 7th Edition
著者
ページ
655ページ
出版社
桐原書店
Btn amazon
22198102?w=80

桐原書店の公式HPによると、これからの大学入試に適した英語の参考書はforestではなくアトラス総合英語が良いそうです。詳しいことは桐原書店の公式HPに載ってるので、そちらをご覧ください。 アトラス総合英語についての公式からの説明↓ 『総合英語Forest』に代わる店頭品については、『アトラス総合英語』を推奨いたします。『アトラス総合英語』は、英語によるコミュニケーション力を付けることを強く求めた現行カリキュラム施行に合わせ、2012年12月に刊行されました。いち早く「読む・書く・聞く・話す」の4技能を念頭に置き、ロングマン・コーパスを参照したナチュラルな英文を収録し、イラストをふんだんに使用してわかりやすく解説した『アトラス総合英語』は、現在の学習状況に最も適した参考書であると自負しております。ぜひ手厚い取り扱いをお願いできればと存じます。 補足:アトラスのAmazonのレビューを一通り見てみたのですが、forestや一億人の英文法よりも使いやすいと言う評価が多かったです。もちろんそれは個人差があると思われるので、本屋で一度手にとって読んでみるといいと思います。

17586112?w=80

英文法の網羅系参考書として定番中の定番。 2016年に執筆陣が別の出版社に移って書名もエバーグリーンと変わったが、そちらはフォレスト第8版と言ってもいい程内容や構成は類似。本書は第7版がそのまま継続販売されていたが、桐原書店からは在庫限りで販売終了とのアナウンスがされ、書店で見かける機会も減ってきた。 今後は、エバーグリーンが本書の代わりになるだろうが、参考までに本書の使用感を残しておく。 ・・・・・・ 高校の指定書として購入することも多いので、最初のページから全て読み込もうという人もいるだろうが、流石に600ページを超える大巻なので無理は禁物。それより辞書のようにわからないことをその都度調べ、つまみ食いするように読む方が効果的。 各章のPART2で、ほぼ受験英文法を網羅しているが、苦手な分野はPART1もしっかり読み込むと理解が進む。さらに、難関大の新傾向問題に関しても、発展学習のPART3やコラム欄のPLUS、TIPSにしっかりと掲載されていたりする。そういう意味で、ここに書いてないことは受験には出ないと言い切ってもいいくらい安心して使用できる。 索引もしっかりしており、リファレンスとしての利用にも不安は感じさせないだろう。 あと、2015年くらいまでは高校用電子辞書の多くにも収録されていた。使い勝手も悪くはないので、手元にある人はこちらで活用を。

20755756?w=80

覚えるというより、文法は自動化すべきです。 普段日本語を使う私たちはいちいち活用形を考えて用言を活用し語と語を接続しているのではない。それと同じように英文法を感覚で操れるように自動化するのです。 ノートに文法事項を使用した例文をたくさん書いて、それを何回も口に出して読んでみましょう。この時ノートに文法事項そのものは書く必要はありません。日本語訳も書きません。

レビューをもっと見る

【UPGRADE英文法・語法問題】の使い方

毎日である必要はないが、日ごろからコツコツと進めていくのがよいでしょう。
一周したあとは間違えた問題を中心に復習すします。
また、他の英語問題集を解いていたり、センターや私大入試の過去問を解いて学習が足りないな、と思った分野だけ復習するのも有効でしょう。

この記事を書いた人
    14720702?w=72
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    15788518?w=120

    【鉄壁】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と特徴

    15840075?w=120

    【英語】話題別英単語 リンガメタリカの効果的な使い方と特徴

    15790568?w=120

    【英語】速読英単語 上級編の使い方と特徴

    15745880?w=120

    【英語】ドラゴン・イングリッシュ基本英文100の使い方と特徴

    15826168?w=120

    【英語】英語長文問題精講の使い方と特徴

    15839768?w=120

    【英語】解体英熟語の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に
    Foot bt appstore
    Foot bt googleplay