9割・満点狙うセンター日本史勉強法&おすすめ参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター日本史は配点は100点と高くはないものの、勉強法を誤ると一向に成績が伸びない科目です。
それゆえ日本史を勉強しているのに点数が伸びない…。
センター試験まで時間が足りない!

このようにセンター日本史対策に行き詰まってしまうことはありませんか?
一見簡単そうで難しい日本史の勉強ですが、日々の勉強方法やノートの取り方、教材の使い方を少し工夫するだけであっという間に得点が上がるようになります。
早めに勉強法を確立して安定して成績を残せるように頑張りましょう。
この記事では、センター日本史本番で確実に9割を超える勉強法とおすすめの参考書や問題集、過去問の使い方まで幅広く紹介します。
満点も狙えるだけの実力が身につきますので、今後の勉強の参考にしてみてください!

センター日本史とは

センター日本史の傾向や対策について軽く触れておきます。過去問を通してある程度取り組み方を確立している方もいると思いますが、ここで今一度振り返ってみましょう。

配点が100点と他の科目と比べて優先度が劣りがち

センター日本史は他の社会科目や理科と並んで配点が100点です。センター試験には、英語や国語など200点満点のものがあり。そちらに力を入れなければならないのは当然です。ですので、自ずと日本史に充てる比重は小さくなってしまいます。ですが、日本史覚える量が多く復習を重ねないと忘れてしまうので継続的に勉強する必要があります。配点が100点だからと甘く見ず、きちんと対策することを心がけましょう。

難しい問題は出ない

大学入試というと、とにかく難しいイメージが強いと思います。中学時代の勉強と比べると高校での勉強は内容が深く範囲が広いですもんね。ですが、センター試験は難しい問題が出題されることはなく、教科書の内容を浅く広くおさえるだけで十分です。センター日本史に照準を合わせて勉強する場合は、教科書中心の勉強を心がけてみてください。

それ本当に必要?今一度見つめ直してほしい勉強法

ここでは今一度見つめなおしてほしい勉強法を紹介します。勉強の仕方に絶対はありませんが、目標の試験に合格するのに遠回りをしているかもしれません。以下で紹介する内容を参考に、目標に応じた勉強法を心がけてみてください。

教科書や用語集の丸暗記に励む

センター日本史で9割・満点を狙うのであれば、教科書や用語集の丸暗記はできるだけ避けましょう。丸暗記には時間がかかってしまいますし、他の紛らわしい用語との区別が難しくなってしまいます。また、機械的に覚えた結果、丸暗記したものと同じようなフレーズが問題文にないと正解にたどり着けなくなるというデメリットもあります。こういった弊害を防ぐためにも、丸暗記の勉強を卒業し、しっかり歴史の流れを理解する勉強を心がけましょう。

資料集や史料集を使わないで勉強する

これは受験生の盲点となりがちなポイントです。ビジュアル的な問題に対応できるようになるためにも資料集・史料集を使って勉強する癖をつけてください。センター日本史では文章題だけではなく美術作品や建造物の写真を見て答える問題、地図やグラフに関する問題、古い文献を読んで解く問題も出されます。資料・史料が題材となっている問題は、基本的に作品と作者を覚えてしまえば簡単に得点できる美味しいポイントです。持ち運ぶのが大変かもしれませんが、日本史を勉強するときはいつでも取り出せるようにしましょう。

センター日本史で9割・満点を狙うおすすめの勉強法

ここではセンター日本史で確実に9割を取ることができる勉強法を紹介します。どれも簡単に実践できるものばかりです。満点にも手が届く実力が身につきますので、ぜひ試してみてください!

単語が出てくる時期や周辺の知識も覚える

日本史の用語には、近い時期に似た名前がいくつも登場することがあります。例えば9世紀末の滝口の武士、11世紀末の北面の武士、13世紀初頭の西面の武士などが挙げられます。こういった用語は、「用語の名前は知っている」というだけの理解で終わってしまって、「いつの時期に登場した用語?」「関わりのある人物は誰?」「背景事情はなにかあるの?」といった設問に対応できなくなってしまうことがあります。悔しい思いをしないためにも、1つの用語が登場する時期や関連用語もしっかりとおさえるようにしましょう。こうすることでセンター日本史の問題は格段に解きやすくなります。

流れを理解して暗記するものと単純に暗記するだけのものを分けて考える

日本史用語には、背景知識も含めて覚えるべきものと単純に覚えるだけでよいものがあります。センター日本史では正誤判別問題がよく出題されますが、出来事の背景知識をヒントに解答することが多いです。「どうしてこの事件が起きたのか」ともう一歩踏み込んで暗記することで時期や正誤問題に強くなりますよ。一方で、仏像や建築物など歴史の流れとは関係がないものもあります。こういった用語は単純に覚えるだけで大丈夫です。ただし、同じ時代の他の作品を見分けることができるようにしましょう。作品の特徴を捉えて暗記すると効果的です。

毎日の復習を心がける

日本史の試験範囲は非常に広く、高校では長い期間をかけて学習します。定期試験の範囲は一夜漬けで暗記できますが入試の範囲は広すぎて無理があります。そこで、日本史は毎日復習することが大切です。30分程度でいいので、毎日コツコツ教科書やノートを眺めるようにしましょう。徐々に知識が定着していきますよ。

区切りのいいところで復習を切り上げる

勉強したものを整理するためにも区切りのいいところで勉強を切り上げましょう。「もっと勉強したい!」と気がはやるかもしれませんが、復習した内容を整理する工夫も大切です。こうすることで紛らわしい用語の解答をミスする回数が格段に減るので、ぜひ試してみてください。

おさえるべきポイント
・時期も意識して覚える
・流れを意識すべきか単純暗記でいいかを考える
・毎日復習する
・切りの良い所で勉強を終わらせる

この記事を書いた人

関連するカテゴリの人気記事

【センター日本史】満点を取れる勉強法とおすすめの参考書を紹介

【センター日本史対策】私が9割を突破した勉強法とおすすめ参考書

センター日本史勉強法!おすすめ参考書・問題集で9割・満点対策

【センター日本史】1ヶ月で40点アップした勉強法と過去問の使い方

【センター日本史】おすすめ勉強法&参考書・問題集 8割以上目指す受験生必見!

9割・満点狙うセンター日本史勉強法&おすすめ参考書・問題集

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に