【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴を紹介します。どの古文単語帳を使おうか迷っている人は、ぜひこれを使ってみてください。古文の入試で最低限覚えるべき語句だけが紹介されています。
レイアウトがシンプルなこともあって、非常に読みやすく、おすすめの1冊です。

参考書名
読んで見て覚える重要古文単語315
著者
武田 博幸, 鞆森 祥悟
ページ
287ページ
出版社
桐原書店

1年間かかった だが覚えたら勝ち組 (^。^)🎶🙈🚗👀🎁🎶👌🏿‼️🎊😄🚗👌🏿😌😩⁉️⁉️👌🏿⁉️👌🏿🎊🙈‼︎🙈‼︎👌🏿😩🎶😁🎶😁🚗👌🏿🚗🎊👀‼︎🙈⁉️👀‼︎😩🎁🚗🚗👌🏿🎶‼️⁉️😉🎊😆😌😁‼︎😁⁉️😃🚹😃‼︎👀😌👌🏿☺️😭😊🙏‼️🙏‼️🙏‼︎😭🎊🚹🎊😭‼︎🙏‼️🙏⁉️🍕‼︎👌🏿😌😭😌😭🚗🍕🎁

この教材はこのアプリで見て買ったんですけど、かなりおすすめします。 本屋でおすすめされてた「ゴルゴ」とかも考えましたがやっぱり最終的にはド定番がいいかなと思ってこっちにしました。 まだ使いはじめて日は浅いですがとても使いやすく、丁寧に説明が書いてあり、絵もついていて覚えやすいです。 このレビューが役に立つかは分かりませんが、参考にしてもらえたら嬉しいです。

読んで見ていったん仮に覚えたとしてそれを書き出してみて実は完璧に覚えているわけではなかったのだということを痛感させられながら(自己嫌悪に陥り)今度はさらにしっかりと(特に先ほどうまく思い出せなかったところ)覚えようと努力し覚える重要古文単語315(サイコー!)

レビューをもっと見る

目的

単語力強化

ボリューム

287ページ、400語程度

目安勉強時間

60時間

使用期間

空き時間を活用して1,2ヶ月

使用レベル

標準

学習効果

これ一冊でセンター試験レベルの語彙力は十分身に着く

【読んで見て覚える重要古文単語315】の特徴

単語数は抑え気味ではありますが、決して不十分ではありません。各見出し語には例文が付されており、語源の解説などもなされていたりするため、単純暗記には陥ることはほぼありません。イラストが随所に使われていて、現代には馴染みのない言葉を暗記するのに役立ちますよ。
敬語や慣用句、古文常識はそれぞれまとめられているので、試験直前の確認に適しています。古文単語だけに目が行きがちですが、他のページの内容も暗記すると古文の問題を解くのが楽になります。

【読んで見て覚える重要古文単語315】の使い方

あくまで単語帳なので、まとまった時間を取って取り組むようなものではないと意識づけましょう。通学中などの「スキマ時間」を活用して取り組むと良いです。
章末に問題が付いていますが、こういった暗記事項の確認は時間があれば取り組みましょう。一方で序盤は語彙力を増強することが優先です。
品詞ごとに単語がまとめられているので、まとまりごとに二周、三周してから次に進むといったやり方がおすすめです。

この記事を書いた人
    Studyplus編集部です。あなたの勉強を後押しできるようなメディアにしていきたいという想いで運営しています。「役に立つ」と思ったら是非シェアをお願いいたします。

    関連するカテゴリの人気記事

    古文参考書問題集6選!GMARCH志望の方は文法・単語から学ぼう!

    【古文単語帳】読んで見て覚える重要古文単語315の使い方と特徴

    古文の勉強法とオススメ参考書・問題集【早稲田・MARCH対策】

    【古文】古文上達 読解と演習56の使い方と特徴

    【古文のおすすめ参考書・問題集】勉強法から勉強の手順まで紹介!

    【古文】「源氏」でわかる古典常識の使い方と特徴

    スマホアプリで
    学習管理をもっと便利に