センター生物基礎勉強法!短期攻略の為の対策と参考書・問題集

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

センター試験の科目の中でも、生物基礎や化学基礎といった理科の基礎科目は最も軽視されがちです。
特に、生物基礎は化学や物理と違って暗記要素の強い科目なので、しっかりと勉強する必要はないと判断されて、後回しにされることが多いです。しかし、志望校に合格する上での最後の詰めとなりうるこの生物基礎で、一点でも多く得点しておくことが受験競争において大きなアドバンテージになります。生物基礎での一点、二点の差で合格不合格が決まってしまうこともあるのです。

生物基礎で是非高得点をとって他の受験生より一歩リードしたい!というあなたのために、この記事ではセンター生物基礎の基本的な勉強法とその流れ、おすすめの参考書・問題集を紹介していきます。

センター生物基礎の特徴

出題の範囲と傾向

「生物基礎」の教科書の内容は、「生物と遺伝子」「生物の体内環境の維持」「生物の多様性と生態系」の3つの分野に分けられます。センター試験の出題もそれに倣い、大問1「生物と遺伝子」20点、大問2「生物の体内環境の維持」15点、大問3「生物の多様性と生態系」15点となっています。正確な知識が要求されるので、用語をただ丸暗記しているだけでは対応できません。教科書や参考書の内容をしっかりと理解し、説明できるようになっておきましょう。

過去問が少ない

センター生物基礎の歴史は浅く、始まったのは2015年度からです。だから、他の教科に比べて過去問の量が圧倒的に少なく、大変演習しにくい科目であるといえます。過去問が少ないため、問題演習には各予備校の出版している予想問題集や過去のマーク模試をまとめた問題集を利用する必要があります。歴史の浅さ故に過去問研究はしにくいので、これらの問題集を使って問題演習量を増やし、どの分野も満遍なくカバーしておきましょう。

暗記科目に近い

センター生物基礎は化学基礎や物理基礎よりも求められる知識量が多く、理科科目の中でも暗記科目寄りといえます。文系の受験生は、生物基礎の他にも日本史や世界史といった大ボリュームな暗記科目を抱えているので、暗記が苦手だという人にとっては大変かもしれません。必要な暗記量の多さは、生物基礎>地学基礎>化学基礎>物理基礎の順になっています。

どうしても暗記が嫌だという人はいっそのこと生物基礎を諦め、受験科目を物理基礎化学基礎に変えてしまいましょう。おそらく物理への苦手意識から物理基礎を避けて生物基礎を選択した受験生の方が多いと思いますが、基礎レベルの物理ならしっかりと対策をすればなんとかなります。物理基礎に変更すれば覚えなければならない知識量は大幅に減るので、暗記が苦手な方は生物基礎での受験を諦めてみるのも一つの手です。
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

センター生物基礎勉強法 勉強のフロー

センター生物基礎勉強法①教科書、参考書を読む

まずセンター生物基礎勉強法の一つ目は、「教科書・参考書を読むこと」です。

物理や化学に比べて覚えなければならない事項が多いとはいえ、生物基礎はあくまで「基礎科目」なのでそこまで範囲が膨大というわけではありません。まずは勉強範囲の概観をつかみ、大雑把に知識を頭に入れていく感じで、教科書や参考書をサーッと読んで勉強しましょう。勉強法としては、細かいところは後にやる問題演習を通して詰めていけばいいので、とりあえず基本的なところをおおまかに抑えるようにしましょう。勉強だと思って気合いを入れると、受験におけるウェイトの低さも相まって途端にやる気が起きなくなるのが生物基礎ですので、軽い気持ちで何遍か読んでいきましょう。

センター生物基礎勉強法②問題集を解く

センター生物基礎の勉強法2つ目は「問題集を解く」ことです。

教科書や参考書を読んで一通りの知識をインプットしたら、問題演習というアウトプットを通して知識を定着させていきましょう。また、知識はもっているだけでは役に立たず、その使い方を知って初めて問題が解けるようになります。問題を解いていくことで、問題を解く際に身につけた知識をどうやって使うのかを学んでいきましょう勉強法としては問題演習を通じて自分の中にある知識を反芻するようにして、教科書や参考書の知識を自分のものにしてください。

センター試験本番の理科基礎科目では、時間が足りなくて解ききれなかった、となることはまずないでしょう。むしろ時間が余るくらいの人が多いと思います。だから問題演習段階においては解答スピードはそこまで意識する必要はなく、知識を定着させる、ということを重視してむしろじっくり丁寧に解いていきましょう。

センター生物基礎勉強法③弱点をノートにまとめる

最後にセンター生物基礎勉強法の3つ目は「弱点をノートにまとめる」ことです。

問題集を解いてみると、点数が取れなかった分野や知識が曖昧だった分野がはっきりわかります。問題を解き終わるたびに、教科書や参考書を読んで自分の弱点分野の知識を復習しましょう。また、勉強法としては、そういった自分の弱点とそれに関連する知識を見やすいようにノートにまとめておきましょう。こうやって作った弱点ノートは、センター本番直前で非常に心強い味方になります
学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

センター生物基礎勉強法 勉強のポイント

選択肢に基づき復習する

復習をする際、正解以外の選択肢もちゃんと活用しましょう。例えば、2015年度の本試験第1問の問2では、こんな問題と選択肢があります。

問2 下線部イ(細胞小器官)に関連する記述として最も適当なものを、次の①〜⑤のうちから一つ選べ。

① 細胞質は、ミトコンドリアを含まない。
② 細胞の中では、細胞小器官の間を細胞質基質が満たしている。
③ 葉緑体は、グルコースなどの有機物を分解して、エネルギーを取り出すはたらきをしている。
④ アントシアニン(アントシアンの一種)は、ミトコンドリアに含まれる。
⑤ 多くの動物細胞は、細胞膜の外側に細胞壁を持つ。

(出典:大学入試センター )

この問題では②の選択肢が正解なのですが、復習をする際には他の4つの選択肢についてもしっかりと見て欲しいです。例えば③の選択肢が何故間違っているのか考える上で、「葉緑体にはどういうはたらきがあるのか」「グルコースなどの有機物を分解して、エネルギーを取り出すはたらきをしているのは何か」という2つの事項が復習できます。⑤の選択肢は、「動物細胞の機能的特徴は何か」を復習するきっかけになります。
選択肢として出題をされているということはそれだけ重要な知識だということです。なので選択肢に基づいた復習が、最も効率的な復習方法であり、勉強法だということになりますね。

計算問題を解けるようにする

センター生物基礎にも、計算問題が出ます。しかし、化学基礎や物理基礎のそれと違って難易度は低いです。生物基礎の計算問題は計算自体は平易ですが、どの数字を使ってどのように計算すればよいのか、という点で知識を問われます。問題文や表の中には、解答には必要のない数字もいくつか出てきます。その中でどの数字を使えばいいか見抜き、計算式はどうすればいいのかを判断する能力が計算問題には必要です。勉強法としては、や参考書を覚えていく中で、その数字がどのような意味を持つのかにも注意して取り組んでいく必要があります。

この記事を書いた人
現役で早稲田大学 政治経済学部に合格しました。センター利用だったので主に国公立対策の記事を書いています。 得意科目は英語と国語で、歌うことが大好きです。精密採点DX-Gでの最高得点94.497。95点越えが目標です。

関連するカテゴリの人気記事

センター生物基礎勉強法!短期攻略の為の対策と参考書・問題集

【センター生物基礎】東大生イチオシの満点を狙う参考書&問題集を使った勉強法

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に