【受動態】英語の受動態を徹底解説!頻出表現を完全網羅!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

注意すべき受動態〜be made of と be made fromの違い

受験によく出る受動態に関する問題に、「be made of / be made from」の使い分けがあります。頻出問題のうちの一つなので、ここで理解してしまいましょう。be made of は「見た目でわかる」ものであり、be made fromは「見た目でわからない」ものです。例文でイメージを掴みましょう。

be made of (材料:〜でできている)
The desk is made of wood.

be made from(原料:〜から作られている)
Wine is made from grape.

この2つの例文を覚えてしまうだけで、be made of / fromの使い分けを問う文法問題には対応できます。繰り返し例文に触れることで頭に入れてしまいましょう!

最後に

英文法は一見複雑で、難しく見えます。「文法用語」から理解しようとすると、難しくて飽きてしまったり眠くなったりするのは当然なのかもしれません。

まずは最低限の、「受動態の形」と例文での「イメージ掴み」によって受動態の文章に慣れましょう。一度慣れてしまえば、「能動態の受動態への書き換え」やセンター英語でも頻出の「並び替え問題」といった複雑な課題にも余裕を持って対応することができるようになります。

たくさんの例文と出会うことで、受動態のイメージを固め、文法の応用力をどんどん高めていきましょう!

高校生必読!高校英語文法が驚くほどわかる45の記事を総まとめ

この記事を書いた人
早稲田大学文化構想学部卒業。大学では英語教員免許(中高)を取得しました。英国ロンドンのUCL Institute of Educationに在学中です。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に