【例文つき】間接疑問文の3つのポイントと関係代名詞との違い

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。内容が古くなっているのでご注意ください。

はじめに

間接疑問文の用法についてきちんと理解できていますか?関係代名詞との違いは説明できますか?一見複雑そうに見えるこの間接疑問文、実は3つのポイントさえ抑えれば誰でも使いこなすことができるのです。

そのポイントとは「①語順②if/whetherの使いこなし③時制」の3つです!
この記事では間接疑問文の概要を説明しつつ、それぞれのポイントについて触れていきます。そして最後に関係代名詞との違いを解説し、練習問題もついているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

間接疑問文とは

まず間接疑問文についてお話する前に、直接疑問文を確認しましょう。
・When will he finish his work?(彼の仕事はいつ終わるだろうか?)

これは疑問詞whenを用いた普通の疑問文ですよね。これは直接疑問文と呼ばれます。そしてこのような直接疑問文に対して、「間接疑問文」という用法が存在します。しかしこの「間接疑問文」はその名前とは裏腹に、疑問文の役割を担いません。まず例文をご覧ください。
・I don’t know when he will finish his work.(彼の仕事がいつ終わるのか私にはわからない)

このように直接疑問文が文中に入った時に「間接疑問文」となるのです。when以降の下線部は疑問文としては働いておらず、「彼の仕事がいつ終わるのか」という疑問文が「彼の仕事が終わる時間」という名詞節になっています。そしてこの名詞節(下線部)は「know」という動詞の目的語となっています。間接疑問文とは疑問文が形を変えて、名詞として文中に入ったものを言います。ここで“will”の位置が一つ目の例文と二つ目の例文で変わっていることに気づいたあなた、鋭い。ここについては次の項目で説明しますのでお待ち下さい!

間接疑問文の作り方

次に間接疑問文の作り方について確認していきましょう。

Wh疑問文を間接疑問文にする

疑問詞(what,when,where...)を含む疑問文を間接疑問文にする時、疑問詞はそのまま使うことができます。ここで注意してほしいのは【語順】です。さきほどの例文をもう一度見てみましょう。
・When will he finish his work?(彼の仕事はいつ終わるだろうか?)
  ⬇
・I don’t know when he will finish his work.(彼の仕事がいつ終わるのか私にはわからない)

元の英文では疑問文の語順になっているのに対し、間接疑問文だと平叙文の語順になっていますよね。間接疑問文を勉強するにおいて最大のポイントはここ、【語順】なのです!
間接“疑問文“と言ってもここでは疑問文の語順にはならずに〈S+V〉という平叙文と同じ語順になるのです!

これは間接疑問が含まれる文自体が疑問文の時も同じです。例文を見てみましょう。
・Can you tell me when he will finish his work?(彼の仕事がいつ終わるのか教えてもらえますか?)

つまりどんな英文でも間接疑問の中の語順は平叙文と同じ〈S+V〉になるのです!

ここで一つ注意してほしいのは、疑問詞が主語の時です。まずは例文を見てみます。
・Who wrote this book?(誰がこの本を書いたの?)

この疑問文は主語Sを問う疑問文であり、疑問詞whoがSの代わりとなっています。なのでこのような疑問文の時は、間接疑問にしても語順はそのままで大丈夫なのです。だって語順がそのままでも〈S+V〉の形になっていますよね。そういうことです。
  ⬇
・I don’t know who wrote this book?(私は誰がこの本を書いたのかわからない)
今までの話と〈S+V〉の語順という部分では変わりないので、その語順を意識していれば大丈夫です!

疑問詞のない疑問文を間接疑問文にする

次に間接疑問にしたい疑問文が「yes/no」で答える疑問文や「AorB」で答える選択疑問文だった時です。ここでも語順は平叙文〈S+V〉となります。Wh疑問文の時はそのまま疑問詞(what,when,where...)などを使ってきましたが、この場合は【if / whether】を用いて間接疑問文を作っていきます。百聞は一見にしかず、例文を見ていきましょう。
・Is she Anne?(彼女はアンですか?)ーyes/no 疑問文
  ⬇
・I don’t know if(whether) she is Anne?(私は彼女がアンなのかわからない)

・Is this pen mine or yours?(このペンは私のかあなたのかどっちだろう?)
  ⬇               ーAorB 選択疑問文
・I don’t know if(whether) this pen is mine or yours?(このペンが私のものかあなたのものかわからない)

If と whether の使い分け

ifとwhetherは「それらが導く文節が、文中でそのような役割を担っているか」によって使い分けられます。

If

・I asked Anne if she will come or not.(私はアンに来るのかどうか尋ねた)

Whether

①主語になる場合
・Whether she is Anne is not certain.(彼女がアンなのかは確かではない)
②補語になる場合
・The problem is whether she will come or not.(問題は彼女が来るかどうかだ)

つまり「if」は基本的に目的語としてしか用いられないのです!それ以外は「whether」と思ってしまって大丈夫です。

学習記録をつけて勉強をもっと効率的に!
受験生の3人に1人が使っているStudyplusで、勉強が続く!
無料会員登録

間接疑問文における時制

最後にもう一つのポイントとして「時制」があります。まず以下の日本語を英訳してみましょう。

①私は彼がどこにいるのか知らない。
②私は彼がどこにいたのか知らない。
③私は彼がどこにいるのか知らなかった。
④私は彼がどこにいたのか知らなかった。

まずこの日本語を英訳するにあたって2パートに分けたいと思います。
①私は知らない/彼がどこにいるのか
②私は知らない/彼がどこにいたのか
③私は知らなかった/彼がどこにいるのか
④私は知らなかった/彼がどこにいたのか

このように分けると一目瞭然のように、前半部分において①②は現在時制(I don’t know〜)、③④は過去時制(I didn't know〜)となります。次に各例文ごとに見ていきましょう。

①私は知らない/彼がどこにいるのか

まずは前半部分と後半部分の時制を見比べてみます。

「知らない」:現在→I don't know
「彼がどこにいるのか」:現在→where is he
両方とも現在時制なのでこのようになります。

・I don’t know where he is.(私は彼がどこにいるのか知らない。)
後半部分が〈S+V〉の語順になるのは前に説明した通りです。

②私は知らない/彼がどこにいたのか

時制を見比べてみます。

「知らない」:現在→I don't know
「彼がどこにいたのか」:過去→where was he
この英文では前半部分と後半部分で時制がずれていることがわかります。

・I don’t know where he was.(私は彼がどこにいたのか知らない。)

ここまでは日本語を見ればだいたい想像つくと思います。しかし③④は少し難しくなってきます。

③私は知らなかった/彼がどこにいるのか

時制を見比べてみます。

「知らなかった」:過去→I didn’t know
「彼がどこにいるのか」:?

ここで日本語が現在形だからと言って現在時制で書いてはいけません!なぜなら、前半部分が過去時制なのに後半部分が現在時制になると文が成り立たなくなってしまうからです。そのまま和訳すると「彼が現在いる場所を過去の私は知らなかった」当たり前です、知る由もありませんよね。
「知らなかった」ことと、「彼がどこにいるのか」ということは同時に起こっています。なのであたかも日本語では現在形のように書いてありますが、これは過去形ですよね。これを「時制の一致」と呼びます。

「彼がどこにいるのか」:過去形→where was he
・I didn’t know where he was.(私は彼がどこにいるのか知らなかった)
このようになるのです。このような時制の一致は間接疑問文において注意すべき点なので、頭に入れておきましょう!

ここで「彼がどこにいたのかを知らなかった」と訳してしまうとまた別の意味になってしまうので注意です。それをこれから説明します。

④私は知らなかった/彼がどこにいたのか

時制を見比べてみます。

「私は知らなかった」:過去形→I didn't know
「彼がどこにいたのか」:?

ここで過去形にしてしまうと③と同じ意味になってしまいます。この④の文は「彼がどこにいたのか知らなかった」、「その時彼が目の前に現れたが、それまで彼がどこにいたのか知らなかった」ということになるのです。つまり「彼がどこにいたのか」ということは「知らなかった」よりも前の時制となるのです。

このような理由から後半部分は過去形よりも前の時制、つまり複合過去形となるのです。

「彼がどこにいたのか」:複合過去形→where has he been
・I didn't know where he has been.(私は彼がどこにいたのか知らなかった)

つまり【前半部分が過去形の場合、後半部分は日本語よりも一つ前の時制になる】ということなのです。「彼がどこにいるのか知らなかった」の「彼がどこにいるのか」は一つ時制が前になって“過去形”に、「彼がどこにいたのか知らなかった」の「彼がどこにいたのか」も一つ時制が前になって“複合過去形“になるのです!騙されないように注意しましょう。

【まとめ】
・間接疑問文では語順は〈S+V〉
・疑問詞がない時は「if / whether」を使う
・間接疑問文では時制に注意(特に過去形の時!)

この記事を書いた人
いくらが好きです。現役で慶應義塾大学 法学部に合格しました。英語と世界史が得意なので、主に英語と世界史を中心とした文系科目に関する記事を書いています。3月末から海外逃亡を決意しました。

関連するカテゴリの人気記事

【大学受験英語】偏差値40から70までの参考書別英語勉強法

【大学受験英語】長文読解の5つのコツとおすすめ参考書・問題集

【大学受験】英語文法の勉強におすすめの文法書と問題集・参考書まとめ

【大学受験英単語】レベル別!あなたにぴったりの英単語帳を紹介

【大学受験英語】偏差値40から偏差値60までの英語勉強法

【センター英語】センター8割を確実にするマル秘テクニック

関連するキーワード

スマホアプリで
学習管理をもっと便利に